CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 被災地支援企画 | Main | ご縁の繋がり»
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大谷 彰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
高木伸泰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
大谷 彰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
高木伸泰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
笑顔の展覧会@ありがとう東松島元気フェスタ [2011年09月22日(Thu)]
8月20日のありがとう東松島元気フェスタでの笑顔の展覧会の様子について書きます。


チームひゃくせんの大谷と松崎は、笑顔の展覧会主催のチーム3ミニッツの太田さん、一般ボランティアのようこさんとお昼頃に矢本駅近くの会場に入りました。


会場になる道路はもう関係者の方々でいっぱい!熱気に満ち溢れていました。

スタッフの方のため?の炊き出しもあり、さんまを乗せたカレーとドリンクを頂きました。お腹ペコペコだったのでとても美味しかったです!


そして、笑顔の展覧会の設営をしようと思ったのですが・・・

なんと!会場に事前に送付してあった、展示予定のメッセージ、展示のために必要な備品、たんころりんが行方不明に!!(泣)
元気フェスタスタッフの尾形さんが必死に探してくれていたのですが、見つからず・・・


正午から何もできず数時間ただ待つだけ・・・


そもそも俺何しにきたんだっけ?という感じになり始めました笑


因みに、確保していただいていたはずのテント、発電機なども無く、開催はもう無理かなと。


太田さんも僕らもしょんぼり・・・


せめてメッセージだけでも帰ってこないか・・・


と願ってるうちに、メッセージと備品がなんとか発見!!


ほんとに安心しました!!


しかし、テント、たんころりん、発電機は見つからず・・・


しょうが無くテント設置予定だった近くの木にタコ糸を括りつけ、そこにメッセージを展示しました。

しかし、木と木の距離がありすぎて、うまく展示できず・・・
すると隣でお化け屋敷をやっていた方が快く脚立を貸してくれ、それを間に噛ませる形で設営することができました。(本当にありがとうございました!)




本当に仮設というレベルの展示でしたが、机と椅子を並べると徐々にメッセージを書いてくれる人が集まる様になりました。

入れ替わり立ち代り、多くの方がメッセージを書いてくれました。



そんな中でも、社会人や大人にもメッセージを書いてくださった方が!
会社入りたての新入社員の方々(ってことは僕と同い年かな?)が楽しくグループで絵を書いてくれました!

それがこちら!




僕自身が書いてくださるのを見ていてとても嬉しい気持ちになりました。有難うございました!

メッセージ書いてくださるのを見てこんなに僕自身が笑ってしまうとは思いませんでした。あれは間違いなくサークルのノリで書いてくれました笑



18時ごろまで展示を行いましたが、灯りを用意することが出来なかったので、展示を終了し、片付けを行いました。可能ならもっと遅くまで展示したかったですが、無念。



行方不明のたんころりんを探すため、花火終了までその場にいました。

しかし、見つかるあてもなく、当日の宿もなかった僕と松崎は太田さんに泊まる宿をなんとかとってもらい、たんころりんはスタッフの尾形さんにお願いし、その場をあとにしました。

というのも太田さん曰く、
1 被災地では、どんな混乱があっても当たり前のことだと考える様にしている
2 自分たちが無理矢理探すことをしては、混乱してる地元の運営委員会が更に混乱するから(ただし、荷物がないことを知らせる)
3 荷物はからなず出てくると確信する
4 荷物が出てきたら、それで出来ることをしていくとに決めていた
5 どんな状況であっても、最後に笑えばいいのだ。「どきどき、はらはら、うっしし」の精神
6 「たんころりん」が出てきたら、仙台空港での「世界の1000人のメッセージ」に展示すると会場で企画変更をした。
7 10月8日から11月6日まで仙台空港で「世界の1000人のメッセージ」が決まり、たんころりんが紹介されます
というお考えがあってとのことでした!
確かに当日の判断はかなり難しかったのですが、結果できるかぎりよい行動ができていたと思います。


後日談

なんとかたんころりんは見つかりました。一安心です。
たんころりんは、現在、尾形さんの自宅に保管されているそうです。

スタッフの尾形さん、東松島商工会の方々ありがとうございました!


今回笑顔の展覧会の醍醐味を目の当たりにすることができました。

二時間ほどの展示で約50人の方々にメッセージを書いて頂き、皆さんが笑顔になってくれるのを見て僕はとても嬉しかったです。あんなに自分自身が展示をしていて笑うとは思っていませんでした。

皆様本当にありがとうございました。

後日開かれた、実行委員会反省会で笑顔の展覧会が、展示のベスト3に上げられたそうです。仮設ともいえる展示でベスト3を頂けるとは!


ブルーインパルス、花火、お祭り、多くの方々が関わって東松島を盛り上げようとしていたのがヒシヒシと伝わってきました。そして、実際に僕は皆さんの方に沢山笑顔にさせてもらいました。本当にありがとうございます。

東松島はいい街だと心から思いました。
是非また来たいです!ありがとうございました!
ありがとう東松島元気フェスタ 花火の巻 [2011年09月22日(Thu)]
花火は会場が暗くなって、7時くらいから始まりました。

丁度松島基地の中くらいで上げていたと思いますがまさに目と鼻の先の距離!
松島基地に近い場所で笑顔の展覧会を行っていたので、そのまま椅子に座って見れたので最高でした!



江ノ島の花火はよく見に行きますがここまで快適に素晴らしい花火を見られたのは初めてでした。
打ち上げられた花火の数は1万1千発だったそうです。

一番素晴らしく、一番大きかった花火は、天高く駆け上り、柳を空いっぱいに広げました。
空いっぱいに広がった柳の中から、赤と青の玉が出てきて柳の中を回りながら駆けていった様は今でも脳裏に焼き付いています。

因みに、ありがとう東松島元気フェスタの花火大会は全国で3位になっています!!
すごい!
「行ってよかった花火大会ランキング」
http://hanabi.walkerplus.com/yokatta/

それだけ多くの人を感動させた花火大会だったと思います。

運営なさったHANABI Project×11111の方々はすごい。

でもこの花火は皆さんの寄付から成り立っていたということですから、一人ひとりのお気持ちがこの花火大会を作ったかと思うと感慨深いものがあります。

現地の方々よりも僕自身がとても楽しいお祭だったのは間違いありません。

でも、現地の人が楽しめる、それ以外の人が楽しめるイベントこそ需要があるのかなとも感じました。

一方の人が何かを我慢して提供したり、お世話したりするのではなく、区別をしないでみんなが楽しむ。
そんなイベントが一番復興にはいいんではないかと思いました。

ありがとう東松島元気フェスタ

このお祭りでは”みんなが楽しむ”その大切さを察することができました。

東松島最高!!

http://socialimagine.com/hanabi/
HANABI Project×11111
ありがとう東松島元気フェスタ! 会場、イートくん、屋台の巻 [2011年09月22日(Thu)]
今回は会場と屋台がどんな感じだったのかお伝えします!


このブルーインパルスの飛行をもって、お祭りが開始!

そして開始の15時からみるみるうちに人は増え・・・

こんな状況に!和太鼓のや子供たちの演奏もありました!





人がいっぱいでトイレが混んで大変なことになり始めました笑


因みにこんなキャラクターを発見。

後々調べてわかりましたが、東松島のゆるキャラ、”イートくん”だそうです!

けっこう可愛い笑


イートくんブログ(ありがとう東松島元気フェスタの様子がかなりわかりやすく記事になっています。)
http://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/cnt/blog/index.html


僕らの右隣でやっていたお化け屋敷や、目の前の呼び込みがとても元気があったドリンク屋さん、食べ物屋さんなどたくさんの屋台が出店されていました。

どこから来たのか何人かに聞いてみると、被災地以外からも多くの方が来ているとわかりました。

ある方は会社の研修で被災地支援に来ているとか。

素晴らしいと思います。
ありがとう東松島元気フェスタ ブルーインパルスの巻 [2011年09月22日(Thu)]
ありがとう東松島元気フェスタの目玉企画の1つ、”ブルーインパルス”

ブルーインパルスをご存知ない方のために紹介致しますと、航空自衛隊のアクロバット飛行を専門とした部隊がブルーインパルスです。http://www.mod.go.jp/asdf/blueimpulse/(航空自衛隊ブルーインパルスHP)

そのアクロバット飛行をこの元気フェスタでは観ることができました!

そもそも僕が東松島に足を運んだのはこのブルーインパルスを観るためと言っても過言ではありませんでした。(ほんとにかっこいいんです。)


お祭りの開始時刻15時に始まったブルーインパルスのアクロバット飛行

飛行時間は10分ほどでしたが、大興奮!!

機体が僕らの頭上を、元気フェスタの会場に沿って飛行する様は圧巻!

手を伸ばせば届きそうな位近い距離でした。


そもそもブルーインパルスは東松島基地が拠点の部隊です。

参考記事
「ただいま、松島の空 ブルーインパルスが飛行再開」河北新報社
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/08/20110821t15003.htm


地震発生時は偶然にも別の基地にいたので、機体と部隊は助かりました。ブルーインパルスが東松島で飛行するのは3.11からは初ということで、現地の方々はとても嬉しそうでしたし、そのアクロバット飛行は力強く、僕にもその飛行はとても印象深く刻まれました。


軍隊やガンダム好きの僕の心もくすぐられました(笑)

今回のお祭り自体も航空自衛隊の協力の元行われているということで、東松島と東松島基地が一体となって地元を盛り上げようというきもちが見えて、ほっこりした気分になりました。

子供たちが我先にと列を作って航空自衛隊の制服を着て写真を撮っている様を見て僕はニヤニヤしてしまいました笑
ありがとう東松島元気フェスタ 花火の巻 [2011年09月22日(Thu)]
ありがとう東松島元気フェスタは東松島商工会が8月20日に開催する、お祭りです。
開催地は東松島の松島基地の側の道で開催され、屋台が沢山出店される予定です。
お祭りの始まりには、松島基地を拠点としていた曲芸飛行を専門とするブルーインパルスが曲芸飛行を行います。
曲芸飛行は全く見たことがないので、是非観てみたいです!!

また、夜には花火がたくさん打ち上げられる予定です。
松島の夜空に素敵な花火が打ち上がって、松島の方々が元気になればとてもうれしいなと思います。

このフェスタで、チーム3ミニッツが笑顔の展覧会を開催する予定なので、私も笑顔の展覧会をお手伝いさせていただきます。
合わせて平泉の観光や宮城の被災地も見てきたいと思います。

現地の様子などをこれからお伝えしていきます。

ありがとう東松島元気フェスタ公式HP
http://genki-festa.com/