CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 被災地ボランティア体験談 | Main | 笑顔の展覧会»
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大谷 彰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
高木伸泰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
大谷 彰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
高木伸泰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
ブログ起業論、後期学んだことと、将来への決意 [2012年01月12日(Thu)]
このブログは、明大商学部、久米信之先生による授業(ベンチャービジネス論、起業プランニング論)をきっかけに始めました。

そして、2011年の前期からこのブログを書き続けてきました。
一つのテーマに絞り、多くの方とのご縁をつなぎ、実際に行動に移して、記事を書いてきました。



そんな中で、NGOチームスリーミニッツの太田さん、足助の高木さん、毎日RTの佐藤さん、タオルソムリエの寺田さん、東京Tシャツ部のクラゲさん、遠野まごころネット、平野Akeyさん、日本金属工芸の山田さん。
ブログ起業論の仲間、先輩、勿論久米先生

多くの方にお世話になりました。




進路選択の真っ只中で多くの方にアドバイス頂き、ご飯をおごっていただいたり、多くの経験を積ませて頂きました。

僕が一年ブログを書いて、授業に邁進し、情報発信できたのは、皆さんのおかげだと思っています。




この授業で得られたのは、”行動すること”が自分の血肉になるということです。


行動とは、現場に行って、情報を得て、next to doにつながる情報発信することです。
その行為が他の人を動かすことになりますし、自分にしか得られない経験になると学びました。

今後は、今まで得たご縁を継続し、自分ができる社会貢献を継続して行きます。




社会貢献とは、ボランティアに行くことではありません。各自が今すべきことをすることです。




家族を持っているなら、しっかり働いて、家族を養うこと。
経営者なら、しっかりと利益を出して、社員を食べさせて行くことだと思います。




そして、可能ならば、その溢れた利益や、愛情を、お金や愛情が足りていない人に分けてあげる。

それは、日々を一生懸命生きている人こそ可能だと思います。




私は、そんな溢れた愛情や時間、経験を他の人に分け与え、みんなが幸せな生活を送れるようにすることを目指します。






今後もブログ起業論OBとして、行動し続け、頑張って行きます。



明治大学商学部四年 大谷 彰
ブログ起業論 〜前期講義で学んだ事と後期の決意〜 [2011年07月21日(Thu)]
このブログは、明治大学商学部のブログ起業論という授業の一環で書かせて頂いています。
http://blog.canpan.info/meiji_venture/


その授業も本日で最終日となります。

この講義で私は、人とのご縁を繋いでいくことの重要性を実感しています。少しづつですが体現も出来てきたと思います。(マダマダ足りないとも思っています)

先輩の皆様の刺激とご支援を受け、ボランティアに行けたこと、毎日RTにボランティアツイートの記事を掲載させて頂いた事、笑顔の展覧会の企画をご紹介頂き、参加させて頂いてることはご縁を頂いた皆様のおかげだと思います。

ご縁を頂き、繋いでいくためには人に自分の想いを積極的に伝えたり、自分を相手に売り込む必要があると思いますが、まだそこが自分には足らないと思っています。

そこを後期はもっと高めたいと思っています。自分を売り込み、ご縁を頂き、何かアウトプットさせて頂く、後期もそのような流れでより多くの活動をしていきたいと思います。

宜しくお願い致します。



明治大学商学部4年 
ブログ起業論受講生 大谷 彰
考えすぎて動けない人のための「すぐやる技術」久米信行さん著 [2011年07月19日(Tue)]
久米信行さん著の「すぐやる技術!」を拝読させていただいたので、書評を書かせていただきます。




久米さんが学生のために書かれた本です。自分を変えたい、何をしていいかわからない学生に読んでほしいと思いました。

この本を拝読して、面白かったと思う事を5つあげます。



1. ググって、ウィキして、ブログに書いて、メールしてから、人に会う。

初めて会った人とのおつきあいの原則です。

私もこれを読んでから、実際に実行していますが、今まで以上に多くの人とつながれるようになったと思います。税理士のランチ会に参加させて頂き、そのつながりでセミナーにご招待頂いたり、その場で新たな出会いを頂いたり多くのつながりが増えました。


2. 1日10人の知らない人に挨拶する。
これも意識するようにしています。例えば、駐輪所のおじさん。なるべく笑顔で元気に挨拶。
なんだか、楽しく一日過ごせるようになりました。


3. 1番前に座って、挙手して、質問して、名刺交換する。
講義を聞くときに先生とつながるための方法です。
ちょっとまだまだ足りないかもしれませんが、明治大学商学部のブログ起業論では、いつも一番前に座るようにしています。


4. お店選びでどこでもいいとは言わない。
正直、どっちでもいい、と多くの人は言いがちではないでしょうか。
今日家族との会話で、今日のご飯どうする?
と聞かれて「何でもいい」が兄弟の即答でした。
決断する力をつけるためには、決断するしかないですね。


5. 人に笑われてもその瞬間に人は忘れる。
何かをがんばればがんばるほど、他人と異なる道を進めば進むほど、他人からは笑われることもあると思います。
そのときに、この言葉を思い出すと楽な気持ちになれそうです。




人とのおつきあいを結び、周りを気にせず、失敗を怖がらず、自分に負けずにすぐやる!

方法について書いてある本です。学生にはとても読んでほしいです。



毎日RTのつぶやきまとめ ベスト10 [2011年07月19日(Tue)]
Twitter上で行ってきました毎日RTのツイートへのRTを今まで行ってきましたが、その中でも特に感慨深いツイート10個をまとめました。


akkkira3
大谷 彰
ボランティアで作業してから被災地関連ニュースが当事者として今まで以上に感じられる様になった。
ニュースだけ見て国難だって思っていたけど、行くとそれが腹落ちする。
社会貢献したいとかいう学生は被災地へ必ず行きましょう。
今、日本の一番の社会問題です。
#rt_mv #rt_eq


akkkira3
大谷 彰
任務を終えて帰還中です。結果田んぼ三つの瓦礫撤去に成功しました。30人掛かりで一日本気で作業して三つです。復興には年単位、何千、何万人ものご協力が必要です。皆さんご協力を。東北は日本の一部ですよ。 #rt_mv #rt_eq


akkkira3
大谷 彰
無力さを知るとともにそれを理解しつつ、自分ができることを周りと協力してやって行きたい。行動あるのみ。 #rt_eq


akkkira3
大谷 彰
陸前高田で田んぼの瓦礫撤去を行いましたが、また絶対陸前高田にきたい!復興後の陸前高田に行って、太陽が反射し、綺麗に写った田んぼを目にしたい!そして、その田んぼで取れたお米を口にしたい!お米を頬張りながら涙するのが目に浮かぶ。 #rt_mv #rt_eq


akkkira3
大谷 彰
学校を津波が来ない場所に移転する。いい考えだと思います。しかし、地方自治体はお金出せるのかな。集落まるごと移転することが不可能なくらいお金無いくらいだし。政府は財源をここに出してほしい。そりゃ自治体じゃお金まかなえるはずない #rt_eq


akkkira3
大谷 彰
全然今年雨降ってないよね。しかもめっちゃ暑いし。節電でエアコンつけないし時代が逆行 RT @mainichiRT: 気象庁は9日、九州北部と関東甲信、北陸地方でそれぞれ平年より10〜15日早く梅雨明けしたとみられると発表 ow.ly/5Aino #rt_sd


akkkira3
大谷 彰
正直どれだけのお金あってもたぶん現状の財源じゃどう転んでも足りない。早期復興を目指すなら全ての選択肢を使用することには同意する。しかし、適切な運用をするためのビジョンが足りない。もっと詰めてくれー。地方自治体とうまく連携してくれー。 #rt_tx


akkkira3
大谷 彰
日本は火山列島なので地熱発電の有用性はかなり前から言われてるんですが、どうも実現してきてないんですよね。 RT @Asakatsu_Boy: それにしても、地熱を資源として捉える考え方は斬新だなぁ。利用しない手はないね!RT @mainichiRT #rt_cn 


akkkira3
大谷 彰
安全という言葉はほぼ100%を意味します。原発に安全という言葉が使えない事は、今回の事故でも明らか。安全だという発言から危機管理の甘さがうかがえる。原発は危険だ、だがそのための安全対策をしっかりと行うという認識が必要。 #rt_eq


akkkira3
大谷 彰
今夏はオフィスやキャンパスは例年以上の暑さが予想されます。そんな中就活生は長期化した就活に暑さに耐えながらも、リクルートスーツに身を包みます。ネクタイ、ジャケット着用不要で面接を行う会社があれば面白いと思います。 @mainichiRT #rt_eq
情報収集における行動の優位性〜タオルソムリエ寺田様の情報収集 [2011年07月07日(Thu)]
前回の記事に引き続き、経営者会報ブログの【学生・社会人との毎週一問百答】経営者会報ブログの質問に頂いた回答を紹介させて頂きます。


私の質問とその詳細はこちら
【学生・社会人との毎週一問百答】第236弾は「日常の効果的な情報収集法」について
http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=11&theme=25


⟨質問⟩----------------------------------------------------

 経営者の方々は常に新しい情報をインプットし、経営に活かすことが求められると
 思います。ただし、ご多忙だと思われる経営者みなさんは、普段どのように情報収
 集をされているのでしょうか。

           (明治大学商学部 大谷 彰さん)
          大谷さんのブログ:神奈川県民のための「初めての災害ボランティア」

--------------------------------------------------------------


「読書やネット、テレビを使って、上手に情報を得て、その中でもとくに気になる記事を
アーカイブするなどして読み直すことを心がけています。ただ、そのように努力している
ものの、効率よくできているとはいえず、実践し切れていない面もあります」


私は完璧主義的な人間なので、何でも効率よくやりたがったり、完璧にこなそうとする傾向があります。
例えば、新聞だったら1回読み始めたら最後まで読まないと気が済まないとか。

ただ、時間がある学生なら露知らず、経営者ともなると、普段の情報収集の時間はより有効に使っていく必要があると思います。

ということで、上記の質問をさせて頂きました。


今回は【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田様にご回答頂きました。有難うございます。

寺田様のブログ更新頻度、写真を使われたとても見やすい記事とても素晴らしいと感じました。


寺田様から頂いたご回答はこちら


情報には、人の情(なさけ)感情が入ってこそ情が報いる。

寺田様の会社の理念でもある【行動の中に感動がある、行動の中に喜びがある】

現場100回は真実も心情も感情も友情も情熱も愛情もその場にあると感じるからです。
それは他人の意見を自分のものに落とし込むのに一番早く、確かだと思っているからです。



つまり、現場での行動こそ、一番確かで深い情報収集ということですね。

私自身、このブログのテーマでもある、被災地ボランティア。

現地の情報や、ボランティアの必要性など、現地に行かないと感じられないことは山ほどあります。

瓦礫の山を見た時の感情は、本当に行った人でなければわかりません。

現地に行ったことがない人の述べる復興プランは、行ったことがある人から見れば、絵に描いた餅でしょう。


行動から得る情報の重要性をまた気づかせていただきました。

私自身もっと行動し、現場での気付きをもっと得て行きたいと思います。

今後このブログで、現地に行った人のインタビューをして、現地での気付きについてまとめてみたいと思いました。

どうも、ご回答ありがとうございました。


また、ボクシング 宮田ジムの記事はとても素晴らしいです。

お相手の宮田さんのお人柄の良さがすっと心に伝わってくる記事だと感じました。

私もこのようなブログを書けるよう見習いたいです。

GOOD LUCK!!
久米信行様による情報収集7つの秘訣〜経営者会報ブログでの質問〜 [2011年07月07日(Thu)]
皆さまお久しぶりです。暑い夏如何お過ごしでしょうか。

今日は雨が降り少し涼しいです。私は朝早起きしてこのブログを書いていますが、朝早いととても気持よく作業ができるので、夏の早起きは素晴らしいと思います。

さて、今回は経営者会報ブログの【学生・社会人との毎週一問百答】という企画で質問を取り上げて頂きましたので、その紹介をしたいと思います。



私の質問とその詳細はこちら
【学生・社会人との毎週一問百答】第236弾は「日常の効果的な情報収集法」について
http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=11&theme=25


⟨質問⟩----------------------------------------------------

 経営者の方々は常に新しい情報をインプットし、経営に活かすことが求められると
 思います。ただし、ご多忙だと思われる経営者みなさんは、普段どのように情報収
 集をされているのでしょうか。

           (明治大学商学部 大谷 彰さん)
          大谷さんのブログ:神奈川県民のための「初めての災害ボランティア」

--------------------------------------------------------------


「読書やネット、テレビを使って、上手に情報を得て、その中でもとくに気になる記事を
アーカイブするなどして読み直すことを心がけています。ただ、そのように努力している
ものの、効率よくできているとはいえず、実践し切れていない面もあります」



私は完璧主義的な人間なので、何でも効率よくやりたがったり、完璧にこなそうとする傾向があります。
例えば、新聞だったら1回読み始めたら最後まで読まないと気が済まないとか。

ただ、時間がある学生なら露知らず、経営者ともなると、普段の情報収集の時間はより有効に使っていく必要があると思います。

ということで、上記の質問をさせて頂きました。経営者会報ブログの田中様取り上げて頂き有難うございます。


それに対してお二人の経営者がお答え頂きました。

今回はまず、お一人紹介させて頂きます。

久米繊維工業 代表取締役社長 久米信行様

久米様には、授業の中でお答えいただきました。有難うございます。


経営者の情報収集とは・・・


1.『新聞はちゃんと読まない』

  小さなトレンドに注目してしまうので、新聞を毎日読んでいると判断を誤る。
  経営者は広い目で社会を見る必要があります。これは久米様が証券会社時代に、気づいたそうです。

2.『見出しだけでも新聞を時間軸を長くして読む』

  例えば、3ヶ月まとめて新聞を読む。この事で広い視野が得られる。長い期間で社会がどのように変わっていったか。記事が正確でないことなどに気づく。

3.『他の新聞の社説なども併せて読み、比較する』

新聞社が同じことを書き始めたら危ない。多くの新聞社がどういう事を言っているか、トレンドを読む。
これに関しては新聞社一面比較サイト「あらたにす」は便利だと思います。

4.『歴史を調べ、危機から脱したことについて調べる』

 過去の先例を知り、現代に生かす。原発事故についての先例は水俣病。

5.『Twitter10人の師匠を持つ』

Twitterも情報収集として、最近ではとても重要です。というのは、マスメディアの情報よりも、Twitterなどのソーシャルメディアの方が情報伝播の速度が早いということ、更にマスメディアの情報が間違っている事に気づくということがあるからです。
また、ここで久米様が仰っている師匠を持つというのは、様々な分野(ex:経営、マーケティング、政治などなど)で10人の師を決めて、情報を常に拾い、参考にすることで、自らの知見を深めることが出来ます。
因みに、僕のTwitterアカウントはこちらです。

6.『本当の情報はお会いしたときに頂く』

Twitterなどでの情報はその方の発する情報の一面にしか過ぎません。
より多くの情報を得るためにも直接お会いすることが重要です。
先程のTwitter10人の師にもコンタクトを取り、直接お会いできればいいと思います。

7.『好きなこと以外のことも沢山経験する』


経験することで自分の意見、考えを持つ。そういう人が経営者から見て面白い人になれる。
失敗した情報がどれだけあるかが大事。


最後に、「情報とはnext to doにつながるもの」と教えていただきました。
具体的には、「これから景気がよくなります。今のうちに日経indexを買っておくと利益が出るでしょう。」
などと、次の行動が示されていることです。

最近のメディアでは、これが示されていないものが多いようです。

next to do がないもの=情報ではない

逆にnext to doに気付けないならば、自らそれを導き出せるようになるまで、調べる必要もあると思いました。

久米様からとても大事な事を教わることができました。有難うございます。

日本財団JMAAチャリティTシャツアート展 [2011年06月17日(Fri)]
本日は日本財団JMAAチャリティTシャツアート展にお邪魔しました!

ここでは、社会貢献とアートという観点でクリエーターの方々がTシャツを作っておられ、とても素敵なTシャツが沢山飾られていました。

詳しくは以下をどうぞ。
http://t-art.jmaa.info/modules/tinyd5/index.php?id=5


明治大学商学部「ベンチャービジネス論/起業プランニング論」公開講座がここであったからです。

久米信行先生を講師として、クリエーターの方々にパネルディスカッション形式で3.11以降の考え方の変化があったかどうかや、実際に行動に移したことなどをお聞きすることが出来、私も刺激を受け、もっとなにかやりたいと思いました。

また、会場からの質問の「好きなことを仕事にすると続かないと聞くがそれについてどう思うか」について、

AKIKO TAKEMOTOさんは、漫画家のちばてつやさんとのラジオでのお話をご紹介下さいました。
それは、ちばてつやさんは「子どものころは漫画が大好きで、親に隠れて漫画を書いていた。しかし、漫画でお金をもらうようになった途端に、プレッシャーを感じて、書くのが辛くなった。
でも、辛くなって初めてプロになるんだ。」とおっしゃっていました。

これには、私自身とても、感銘をうけました。

こちらyoutubeです。




以下クリエーターの皆さんと、ご自身が作られたTシャツです。



松川久美さん


誉田哲朗さん


KeithSuzukiさん


AKIKO TAKEMOTOさん

そしてなんと!僕の肖像画まで書いていただきました!

T�������(11.6.16 ��財���)�����5�#mcbv11... on Twitpic


左のスーツが僕です。

この肖像画を近いうちに色々と使わせていただきたいと思います!

誉田さんありがとうございます!

もう感謝感激です!!


Tシャツアート展に参加しているクリエーターの方々のTシャツは上記Webサイトで購入出来ますので、気に入ったものがあったら購入しましょう!

こちらから購入できます。
http://clubt.jp/myshop/S0000040061.html


社会貢献するクリエーターの方々。是非見習いたいものです。