CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«毎日RTのつぶやきまとめ ベスト10 | Main | 学生のボランティアツイート»
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大谷 彰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
高木伸泰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
大谷 彰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
高木伸泰
笑顔の展覧会@足助 (07/21)
考えすぎて動けない人のための「すぐやる技術」久米信行さん著 [2011年07月19日(Tue)]
久米信行さん著の「すぐやる技術!」を拝読させていただいたので、書評を書かせていただきます。




久米さんが学生のために書かれた本です。自分を変えたい、何をしていいかわからない学生に読んでほしいと思いました。

この本を拝読して、面白かったと思う事を5つあげます。



1. ググって、ウィキして、ブログに書いて、メールしてから、人に会う。

初めて会った人とのおつきあいの原則です。

私もこれを読んでから、実際に実行していますが、今まで以上に多くの人とつながれるようになったと思います。税理士のランチ会に参加させて頂き、そのつながりでセミナーにご招待頂いたり、その場で新たな出会いを頂いたり多くのつながりが増えました。


2. 1日10人の知らない人に挨拶する。
これも意識するようにしています。例えば、駐輪所のおじさん。なるべく笑顔で元気に挨拶。
なんだか、楽しく一日過ごせるようになりました。


3. 1番前に座って、挙手して、質問して、名刺交換する。
講義を聞くときに先生とつながるための方法です。
ちょっとまだまだ足りないかもしれませんが、明治大学商学部のブログ起業論では、いつも一番前に座るようにしています。


4. お店選びでどこでもいいとは言わない。
正直、どっちでもいい、と多くの人は言いがちではないでしょうか。
今日家族との会話で、今日のご飯どうする?
と聞かれて「何でもいい」が兄弟の即答でした。
決断する力をつけるためには、決断するしかないですね。


5. 人に笑われてもその瞬間に人は忘れる。
何かをがんばればがんばるほど、他人と異なる道を進めば進むほど、他人からは笑われることもあると思います。
そのときに、この言葉を思い出すと楽な気持ちになれそうです。




人とのおつきあいを結び、周りを気にせず、失敗を怖がらず、自分に負けずにすぐやる!

方法について書いてある本です。学生にはとても読んでほしいです。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/648112

コメントする
コメント