CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2月のほっとカフェを開催しました。 | Main | 4月ほっとカフェを開催しました。»
3月のほっとカフェを開催しました! [2019年03月18日(Mon)]
暖かくなったりわーい(嬉しい顔)、寒くなったりがく〜(落胆した顔)を繰り返しながら、少しずつ春かわいいに近づいているのを感じられるようになりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回も3月12日(火)にほっとカフェ喫茶店をかみんで開催しました。
当日は約61名の皆さんが参加していただいて、盛況に開催することができました。

今回もほっ友サポーター5名の方々に、お茶を運んだり、参加者の話し相手になってもらいました。

今月の看板
サポーターさんに看板を描いてもらいました。今回は先月のバレンタインデーのお返しのホワイトデーぴかぴか(新しい)をイメージして作成されました。
1.jpg

ちょっとしたお話しは、「認知症は接し方で変わる!〜上手なコミュニケーションについて〜」と題し、ケアマネージャーの職員全員で寸劇手(パー)を実施しました。
6.jpg

内容は、認知症のおばあちゃんに対する家族の接し方について、悪い例もうやだ〜(悲しい顔)と良い例わーい(嬉しい顔)を紹介しました。
相手が認知症であることを理解した上での声のかけ方耳や対応の方法を工夫することが大切であることを伝えてもらいました。
4.jpg

最後にトイレットペーパーの芯を使って、認知症になった時の疑似体験を皆で行いました。
芯の穴に目を当てて視野目が狭くなるのを体験してもらいました。

参加者からは「参考になった」「面白かった」という声をいただき、楽しく手(パー)学んでもらうことができました。

レクリエーションは、職員の黒川から@風船バレー、A山手線ゲーム(一つの題目について色々な種類を順番に答えていくゲーム)、B@とAを合わせたゲームをおこないました。

Bでは、2つのことを同時に意識してゲームをしてもらえました。
3.jpg


ほっ友サポーターの方から、前回の脳トレゲームの回答と新たな出題をしてくれました。

次回は4月9日(火)に開催します。
「春の茶会」と題しイベント、表千家 大谷社中の3名の方々にお茶を点てて振る舞っていただく回を予定しております。

どなたでも参加できますので、是非足足を運んでください


また引き続き、ほっ友サポーターを募集していますので、お気軽にご連絡ください。
(45-3505)

Posted by 上富良野町社会福祉協議会 at 09:46 | ほっとカフェ | この記事のURL