CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 講演会 | Main | イベント »
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kanko
奇跡の紙面 (12/10) じゅん
「未来の友達」〜スイスから (12/04) あきさん
「未来の友達」〜スイスから (12/03) さかえだ
秋のお散歩〜デジカメ同好会 (11/30) kanko
再び・・・!(^^)! (11/10) kanko
負けじとばかり〜♪ (11/07) じゅん
負けじとばかり〜♪ (11/07) kanko
『ニューヨークに行きたい!!』 (11/04) kanko
パワースポット (10/29) じゅん
パワースポット (10/29)
最新トラックバック
発想の豊かさにびっくり(^^♪[2017年05月09日(Tue)]
連休前に伊豆そらいろを通じて
伊豆の美味しい筍を南相馬市の保育園に
送ってもらいました。

早速に子供たちの様子を園長先生から
ご報告いただきました!

1.jpg

!cid_8DCA9E71-7DC9-4533-8BC4-7822E92F04C9.jpg

みんなでタケノコごはんと煮物を食べたそうですよ。!(^^)!

お手紙です。↓
---------------------------
このたびは、たくさんのタケノコを贈ってくださり
ありがとうございました。
タケノコの大きさに驚いて子どもたちは「わぁーっ」と
歓声をあげていました。

当地のたけのこは、地域によって放射線量の
高いものもあって、屋敷地内に生えていても
安心して食することはできません。
(放射線の測定結果を見て、各自が食べるか
食べないかを判断します。)

早速、子どもたちと一緒に皮向きをしました。
みんな張り切って喜んでむいてくれました。
子どもたちは大きな皮を使って遊びだし、
その発想の豊かさに感心してしまいました。
---------------------------

お願いしたのが5月連休前でした。
森のボランティアさんにお願いしたところ
連休は筍堀のお客さんが多く、いい筍を
ほってしまうため、急きょ連休前に
美味しい立派な筍を掘ってくださいました。
嬉しい限りです。ありがたいです。

子どもたちの様子!
筍をまるで兜のように身に着けて
凛々しい姿!靴のように足につけたり
帽子代わりにかぶる子どもたち(^^♪

大人には考えつかないこの遊び心!!
可愛らしいですね。

カルミアはお休みでも、皆さんの代わりに
引き続き子どもたちへの支援を継続して
います。どうぞ安心してくださいね!!
ありがとうね〜青淵12月号掲載!![2016年11月29日(Tue)]
カルミアメルマガ11月号に一足早くエッセイを
掲載させていただきました。

早速12月号が届きました。今回もトップを飾らせていただき
大変恐縮しています。

img253.jpg

img256.jpg

img257.jpg

   画像の上にマウスをあわせるとを手のマークに変わります。
   そこでカチャしてください。画像が拡大されます。

毎年このような場を提供していただけてうれしいです。
また障がいのある方たち、そしてご家族の代わりに思いを
皆さんにお伝えしないと
と気持ちが引き締まる思いでいっぱいです。
ありがとうございます。

子供たちの笑顔(相馬市)[2016年11月03日(Thu)]
福島県南相馬市にある原町聖愛保育園から
お手紙と子供たちのかわいい写真をいただきました。


img246.jpg

 写真のところでかちゃしてください。
 大きな写真を見ることができます。

先生のお手紙
-------------------------
過日には、子どもたちのためたくさんの
サツマ芋のプレゼントを
ありがとうございました。

26日には、園で「食育教室」を行いました。
「食べ物の大切さを理解して、感謝の気持ちを持つ。」
を狙いにして、自分たちが普段食べているものが、
どのようにしてできるかも学びました。
調理体験は、贈っていただいたサツマ芋を使って、
「ココア団子」(さつまいもを上手に丸めたら、
ココアパウダーに転がしてまぶす。)にして
食べました。

先日は、給食で「かき揚げ」にして
もらいましたが、子供たちはどちらもよく
食べます。
ココア団子はさらに喜んで、
たくさんおかわりをして食べていました。

皆様のご健康が守られますように
お祈り申し上げます。感謝して

2016年10月27日
原町聖愛保育園 遠藤美保子
-------------------------

img251.jpg

お芋そのものの味わって…美味しい!!

img250.jpg

ココアパウダーをつけて、、、
4.5歳児が、自分たちのおやつと、
小さいクラスのお友達の
3時のおやつを作ってくれました。

-------------------------

こんなにたくさんのお子さんたちが
喜んでいただけてとっても嬉しいです。
こちらこそ!

素敵な笑顔をありがとうございました!!!

こんなにたくさん!!![2016年11月02日(Wed)]
見てください!!このサツマイモの山♪
みんなが大好きなさつまいも!!

今年も皆様のおかげで福島の聖愛保育園の子供たちに
さつまいもを送ることができあました。

朝一に伊豆高原の農家さんのおじさんがほってください、
「そらいろ」鈴木美紀さんが宅急便で送ってくださいました。

さぞかし、、重かっただろうに、、、
子供たちの笑顔をみたい一心で重たいさつまいもを
運んでくださいました。

大感謝!!です。
ありがとうございました。

きっと子供達大喜びでふかしてたり、、もしかしたら
スイートポテトを作ってくれてるかも、、
とっても楽しみです。

IMG_9001.JPG

IMG_9002.JPG

チャリティーコンサート[2016年10月08日(Sat)]
第10回チャリティーコンサートのご案内
エリザベスサンダースホーム(大磯)

恒例の児童養護施設エリザベスサンダースホームへの
チャリティーコンサート開催されます。

●日時:2016年11月6日(日)
開場13:30 開演14:00 終演16:00

●会場:JR大磯駅前・聖ステパノ学園内
「海の見えるホール」
(一番下の写真がコンサート会場です。
ガラス張りの会場です。ガラスの向こうには
海が見えます!)
      
●演奏者:
小林洋平(サックス)、
桃瀬茉莉(ピアノ)、
伊藤友馬(ヴァイオリン)
と7名のストリングスセクションの皆様

●演奏曲: 1.追憶  2.フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン 
3. 赤とんぼ 4. ディズニーやビートルズ、
昭和の名曲、ジャズからクラッシックまで

●入場料:2,000円
(収益金はすべてエリザベスサンダースに寄付させていただきます。)
●定 員: 200名
 (定員になり次第締め切りとさせていただきます)
●申込期限:10月21日(金曜日)

img245.jpg

昨年からクラッシックだけでなく
昭和の曲が演奏されたり、、と
楽しいコンサートになることは間違い
ありません。よろしかったらご一緒に
行きませんか?

ご連絡は祢津宛にご連絡くださいね。
お待ちしております。

祢津 netsu@msa.biglobe.ne.jp

大磯 (5).JPG
頑張れ!そらいろ[2016年08月17日(Wed)]
伊豆の[そらいろ]から会報誌と
報告書が届きました。

元気いっぱい!そらいろの仲間の様子が
楽しく見ることができます。

img241.jpg


img242.jpg

それだけでなく、2015年度の収支報告、
応援金報告書には、領収書まで添えられて!

しかも、[そらいろ]で販売される商品の材料は
すべて伊豆の地元の作業所から購入してるので
その収益で、通所されている障がいをお持ちの
方々へ工賃として支払われています。

きちんと運営している様子がうかがえて
うれしい限りです。!(^^)!

頑張れ!!そらいろ♪
ゴスペル チャリティコンサート[2016年07月04日(Mon)]
大和駅から徒歩5分にある

「崔さんのお店」
http://r.gnavi.co.jp/p619100/

ゴスペルチャリティコンサート
参加しました。

熊本地心支援コンサートです。
このコンサートの収益金は
終了後すぐに赤十字社に
寄付の贈呈式が行われました。

もちろん中華のコース料理を
いただきながらの美味しい
コンサートです。

まぁ〜〜盛り上がったこと!
しかも古い曲ばかりなんで
すぐに口ずさみ、踊れる曲ばかり、、

ABABや、ダイアナロス、、、
懐かしい曲ばかり、、わーい(嬉しい顔)

コンサートでも選曲は大事exclamation×2
いくら上手な歌や演奏でも
普通のおば、、いやおねー様方には
知らない曲、、盛り上がりようが
ありませんものるんるん

!cid_47A1D37B-0DCC-48B8-B8D5-ABA263BE46BD.jpg

えっ、、、なんで中華?ですよね。。

ここのお店のオーナーさんは
名前の通り「崔さん」

中国の音楽学校を卒業後
日本にいらしたかたなんです。

バイト暮らしでいろいろな
偏見に合いながらも
明るく乗り切り、やっと
ご自分のお店を持つことができた
正真正銘なオペラ歌手です。exclamation×2

そこで若い音楽家たちに
自分の音楽の提供の場をと
いうことで、自分のお店を
コンサート会場にして地域を
盛り上げています。

http://sai-sohou.hatenablog.com/

これだけでなく、日本の田舎を
活性化するために日本人も
知らないようなど田舎に行き
小学校の体育館でオペラを披露
しています。

そんな偉業をなしているのに、
崔さんトークは最高に面白く
いつも大笑いしてしまいます。

そんな崔さんの活動を支援する
人たちの多いこと!

そんな崔さんがテーブルで
給仕をしてくださったり、、
ふっと横をみると普通に
スープを運んでいる姿には
驚き大笑いしてしまいました。

ただの中華のお店でない
「崔さんの店」

機会がありましたら
行ってみてくださいね。るんるん


[夢のはな奏であい] コンサート〜6月12日(日)[2016年05月30日(Mon)]
2015年4月、東急本店開催
「ハート展」で入賞した
太田純平君!

jun2.jpg

http://blog.canpan.info/kalmia/archive/912
純平君の作品 
「ありがとうね」

今度は純平君の詩に曲をつけて
コンサート披露されることに
なりました。

純平君が土曜学級の活動で
発表した「声を聞いて下さい」
と言う詩を公民館の職員さんの
勧めで「夢のはな奏であい」
という音楽活動をしている所で
詩を募集していたので応募
したところ採用になりました。

一足早く、純平君の詩を
送っていただきました。

img233.jpg
 ↑
かちゃしてください。
大きな字で読むことができます。

どんな曲になるか、、
楽しみですね。

こちらのNPO法人
[夢のはな奏であい]
http://npo-yumekana-music.org

音楽活動では障がい者や震災に
遭われた方々の気持ちを
歌にして、歌い続けている
グループです。

お時間のある方、
ぜひ聞きにいってくださいね。
よろしくお願い致します。

日時:6月12日(日曜日)
開場14:00 開演14:30

会場:和光大学ポプリホール
鶴川地下2階ホール
( 鶴川駅北口から徒歩3分)

チケット:前売り券 999円
当日券 1500円
全席自由席 未就学児無料

申し込み:tel/fax
03-6411-1800 (サロン愛音)
e-mail info@npo-yumekana-music.org

伊豆高原 森のボランティアさんに感謝![2016年05月10日(Tue)]
今年は筍が少なめ、ということで早めにそらいろ代表の鈴木さんが森のボランティアさんにお願いしておいてくださいました。
筍を南相馬市に送る予定の朝、森のボランティアさんが美味しそうな大きな筍を朝一に採ってくれました。かご一杯の筍を背中に担ぎ山からこうやって降りてきて、一つずつ大切に新聞紙にくるんでくださいます。

5.jpg

6.jpg

7.jpg


祢津も昨年ご挨拶に伺いました。優しく笑顔で迎えてくださいました。
森のボランティアさんの優しさが筍を通じて子どもたちにも伝わるのでしょうね。
お陰さまで今年も筍を子どもたちに喜んでもらえました。

いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

4.jpg

http://blog.canpan.info/morivora/
森のボランティア〜伊豆伊東市の桜と竹林の保全活動
上記のブログに地図も掲載されています。

どこまでも続く竹林…まるで京都の嵯峨野のようです。
しかも美味しい筍の見分け方、掘り方も教えていただけます。
伊豆に行く機会がござましたらこちらまで足を延ばしてくださいね。

子どもたちの笑顔〜南相馬市[2016年04月30日(Sat)]
早速原町聖愛こども園 
園長遠藤美保子先生から
お礼のお手紙が届きました。

かわいい子ども達〜原町聖愛こども園(南相馬市)
お礼のお手紙をいただきました。

いつも子どもたちのためにご支援をくださり、感謝申し上げます。
今年も筍のプレゼントをありがとうございました。今年は、かぜ組(3.4.5歳児)の子どもたちが皮を抜いて準備をしてくれました。
始めたの触る子ども達は見るものも初めてなので、箱の中から次々でてくる黒い大きな筍を、何が出てきたのだろう…という表情で見ていました
1人のひとりの様々な反応と表情はこれからの保育を考えてる上で、何かの示唆するものがあることを感じました。祢津様をはじめ、かかわってくださる皆様のご健康が守られるようにお祈り申し上げます。感謝。

原町聖愛こども園 園長 遠藤美保子


1.jpg

先生からそれぞれのグループに、筍を手渡されて、すぐに取り掛かれる子と、友人がやるのを見てからようやく、手をだしてみるという子どももいました。
毎回感じることですが、子どもたちの経験不足が、興味関心の低下に繋がっているのではないか…。
幼児期に感じる不思議を、たくさん体験させたいと思います。

2.jpg

写真上の左端の男の子は5歳児。
下の写真の女の子は3歳児。

二人とも避難先から昨年10月、先月3月に戻ってきて、今年度4月から入園しました。
様子を見ていると汚れるのを嫌がって、指先でちょっと触ったり、感触をいぶかしがって一回切り確認をしていました。男の子も、じっくり観察をしてから少しずつ手伝い始めて、最後までかかわっていました。
2人は砂遊びをしても、手や足に砂がつくのを嫌がって、遊べなかったのですが、その理由を、大人顔負けの説明をしていました。

3.jpg

今年のてんし組(乳児)メンバーです。
泣いたり笑ったり賑やかですが、そこにいるだけで周りのみんなを喜ばせてくれています。
2歳児の川遊び、水はちょっとまだ冷たいですが、大はしゃぎ


生まれて初めて見る筍!
箱から次々とでてくる
茶色も物体ダッシュ(走り出すさま)

不思議ですよねexclamation&question

---------------
毎回感じることですが、
子どもたちの経験不足が
興味関心の低下に
繋がっているのではないか…。

幼児期に感じる不思議を、
たくさん体験させたいと思います。
-----------------
前は普通にしていた屋外の
鬼ごっこ、泥んこ遊び、、、

子どもたちの心と発達にも
いろいろな影響が
出ているんでしょうね。。

でも、写真の子どもたちの
笑顔をみていると、とっても
癒されてます。こちらこそ、
ありがとうございます。ぴかぴか(新しい)

| 次へ
プロフィール

NPO法人カルミアネットさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/kalmia/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kalmia/index2_0.xml