CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
海の再生支援プロジェクト(海の再生力探査事業)を網地島ほか全10か所で実施します [2011年07月28日(Thu)]
東日本大震災に関する復興支援の一環として、日本財団海洋グループは「海の再生支援プロジェクト(海の再生力探査事業)」を実施しています。

■プロジェクトの趣旨
被災地域の水産業・漁業の再開、再生に向けて大きな障害となっていることの一つががれきです。水面に浮かぶ大量のがれきはもちろんのこと、水中に沈んでいるがれきについては実態の把握すら進んでいません。

水中の実態把握については、がれき、視界不良、海流の変化等の危険が大きいため、ダイバーによる調査が難しい状況です。また、津波による海底地形の変化等により、海の環境がどのように変化したのか、そして、その変化が漁場や水産資源に対してどのような影響を与えたのか分かっておらず、今後の漁業の本格的再開や復興に向けてその実態把握が急がれています。

そこで、本プロジェクトでは、

@水中に沈んでいるがれきや海の環境変化を把握するために、水中ロボットを使用してビデオ撮影を行う。
A撮影したビデオ映像は原則公開とし、特に、地元漁業関係者のみなさんに見ていただくことで、今後の再開、再生に向けた希望の灯りをともす。
B調査により把握された海の状態の周知及び専門家による今後に向けた提言につなげる。

ことを目的として、岩手県、宮城県の主な湾部10か所をめどに、地元漁業関係者からの要請のあった地域の海で、水中ロボットによるビデオ撮影調査を実施することといたしました。

本プロジェクトは、東京大学海洋アライアンス全漁連日本財団による運営委員会を立ち上げて実施をしている共同事業で、実際の調査については、(株)東京久栄三井造船(株)に協力をいただいています。

■調査実施場所
○実施済みの場所
@網地島(宮城県石巻市):2011年7月5・6日
A表浜(宮城県石巻市):2011年7月7・8日
B狐崎浜(宮城県石巻市):2011年7月9・11日
C宮古(岩手県宮古市):2011年7月16・17日
D重茂(岩手県宮古市):2011年7月19・20日

○今後計画している場所(予定)
E越喜来(岩手県大船渡市):2011年7月30・31日
F気仙沼大島(宮城県気仙沼市):2011年8月2・3・4日
G亘理(宮城県亘理町):未定
H田老(岩手県宮古市):未定
I未定
以上10か所(予定)
※地図はこちら

■網地島のレポート
本プロジェクトによる調査第1か所目となる網地島(宮城県石巻市)の模様をレポートします。

○調査は津波被害を免れた船をお借りして実施


○水中ロボットを海に投入する


○地元の漁業関係者への報告会の模様(東京大学海洋アライアンス黒倉先生による解説)


○水中の映像が流れた途端にみなさんの目が変わりました


■本プロジェクトに関するマスコミ掲載
「水中ロボ海底調査 宮城の離島」(下野新聞2011年7月7日)
「東大グループロボット使い海中調査 漁再開へ浜に光明」(河北新報2011年7月7日)
「がれき調査 水中ロボ活躍」(SANKEI EXPRESS2011年7月7日)
「養殖・定置網 再開に光 石巻で水中調査 がれき見えず」(読売新聞2011年7月7日)
「水中探査ロボット、漁場撮影 がれき少なくて安心」(朝日新聞2011年7月7日)
「日本財団、被災地の海中調査を開始」(海事プレス2011年7月8日)
「がれき分布、水中探査ロボットで調査」(建設通信新聞2011年7月8日)
「漁業大丈夫?水中ロボット調査 漁業者に映像公開」(朝日新聞2011年7月9日)
「日本財団、水中ロボットの海中状況調査スタート」日刊海事通信(2011年7月11日)
「水中ロボで海底調査 早期漁業再開に希望 石巻・網地島『がれき少ない』」 (みなと新聞2011年7月12日)
以上
青バイ隊が全国各地へ展開(藤沢、浜田、伊万里、有明で地域の青バイが発足) [2011年07月19日(Tue)]
2010年度に発足した日本青バイ隊。この日本青バイ隊の旗振りのもと、全国で地域の青バイ隊が発足し始めています。2011年度は、5月に藤沢(神奈川県)、6月に浜田(島根県)、7月には伊万里(佐賀県)と有明(佐賀県)と、4つの隊が正式発足しています。

■青バイ隊とは?
水上バイクのユーザーが中心となって始まった活動で、マナーの向上、海・川・湖の安全のためのパトロール・レスキュー活動や、きれいな海・川・湖を守るための環境保全活動、さらには、地域と海・川・湖のつながりを広げ深めることを目指しています。

■経緯
青バイ隊は、2007年度に伊万里(佐賀県)で発祥しました。伊万里湾小型船安全協会さんが活動母体となって伊万里青バイ隊を結成し、警察、消防、海上保安署、行政等と協力し、コツコツと実績を積み重ねながら活動してきました。

この活動の積み重ねの中で、当時より伊万里湾小型船安全協会さんとおつきあいのあった日本財団より、せっかくであれば、この伊万里青バイ隊の取り組みを、もっと大きなウェーブへと変えていくことができないかご相談をし、ちょうど別事業でおつきあいのあった、ウォーターリスクマネジメント協会さん、パーソナルウォータークラフト安全協会さんも含めて話し合った結果、青バイ隊の取り組みを全国展開するために、青バイ隊連絡会議を設置し、定期的に意見交換や今後の取り組み関する検討を2009年度より行うことになりました。

そして、連絡会議による検討を重ねた結果、2010年度に、伊万里湾小型船安全協会さんが母体となる形で、日本青バイ隊というNPO法人が設立されました。現在は、この日本青バイ隊、ウォーターリスクマネジメント協会、パーソナルウォータークラフト安全協会、日本財団の4者で青バイ隊プロジェクト運営委員会を構成し、プロジェクトの推進を行っています。

今後は、青バイ隊の理念に共感し、設立条件に合致した地域の隊を、プロジェクト委員会で判断した上で、認定、発足し、活動を展開していく予定です。

■青バイ隊プロジェクトの運営委員会
日本青バイ隊
ウォーターリスクマネジメント協会
パーソナルウォータークラフト安全協会
日本財団

■青バイ隊の理念
一・青バイ隊は、名誉を重んじます。
一・青バイ隊は、海・川・湖を愛するボランティアの活動グループです。
一・青バイ隊は、安全で美しい海・川・湖を守るためにパトロールと環境保全活動をします。
一・青バイ隊は、人命救助に必要なレスキュー支援と操船技術のスキル向上を目指します。
一・青バイ隊は、水上バイクで楽しく活動し、ルールとマナーを守り他の模範となります。

■地域の青バイ隊が発足
上記の経緯のもと、2011年度は、全国各地で地域の青バイ隊が発足しました。発足した隊は下記のとおりです。

○No.1藤沢青バイ隊
・発足年月日:2011年5月28日
・活動場所:神奈川県藤沢市
・活動母体:サーフ90藤沢ライフセービングクラブ

○No.2浜田青バイ隊
・発足年月日:2011年6月26日
・活動場所:島根県浜田市
・活動母体:浜田ライフセービングクラブ

○No.3伊万里青バイ隊
・発足年月日:2011年7月3日(日本青バイ隊認定による新生として)
・活動場所:佐賀県伊万里市
・活動母体:伊万里湾小型船安全協会

○No.4有明青バイ隊
・発足年月日:2011年7月17日
・活動場所:佐賀県太良町
・活動母体:太良町B&G海洋センター

■各地で開催された発足式&贈呈式の模様

○浜田青バイ隊の発足式&贈呈式


○伊万里青バイ隊の発足式&贈呈式


○有明青バイ隊の発足式&贈呈式


○青バイ隊仕様の水上バイク


※藤沢青バイ隊だけ写真が見つかりませんでした・・・すいません。

以上