CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年09月 | Main | 2010年11月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2010年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
【レポート】県民活動への助成金活用に関する意見・情報交換会@山口(2010年10月1日開催) [2010年10月05日(Tue)]
2010年10月1日(金)に、山口県山口市で開催されました、

県民活動への助成金活用に関する意見・情報交換会

のレポートを、ツイッターでしてますのでご参考まで。

レポートはハッシュタグ「#yamaguchi20101001」でご覧いただけます。

この会には、山口県内から、やまぐち県民活動きらめき財団やまぐち女性財団山口県文化振興財団山口県ひとづくり財団、中国地方からエネルギア文化・スポーツ財団中国ろうきん、そしてトヨタ財団日本財団が参加しました。
【レポート】2010市民活動団体のためのパワーアップセミナー@川崎(2010年10月2日開催) [2010年10月05日(Tue)]
2010年10月2日(土)に、神奈川県川崎市で、かわさき市民活動センターさんと川崎市社会福祉協議会さん共催により、

2010市民活動団体のためのパワーアップセミナー

が開催されました。

この講座のレポートをお送りします。


<【レポート】2010市民活動団体のためのパワーアップセミナー>
■参加人数
17名(男性11名、女性6名)
※荻上カウントです。

■講座のレジュメ
○講義資料「資金調達のコツ」


○助成金活用マニュアル


■講座の模様
○主催者のごあいさつ


○ワークの模様


■質疑応答から
Q.申請時点では収入見込みがまだはっきりしないがどうしたらよいか?
A.申請時点ではあくまでも予算として見込みをしっかりと立ててほしい。
予算はあくまでも予算なので、決算とは異なってもある程度は許される。ただし、予算だからと言って適当にならないように。

Q.目的と目標の違いは?
A.目的はゴール、目標はゴールにたどり着くための通過点(指標)としてとらえてほしい。
例えば、健康維持のために山に登ろう、せっかく登るなら日本一の富士山に登ろうという場合、健康維持が目的、富士山に登るというのが目標。

Q.助成する側にもトレンドがあるのか?
A.ある。
例えば、全国区の助成であれば、トヨタ財団の助成制度のように、連携による取り組みや仕組みづくりを応援するという思考が高まってきている。あるいは、情報発信を重視する傾向も強まっている。

Q.助成する側とのコミュニケーションの取り方は?
A.まずは電話から。

Q.報告書にも書式があるのか?
A.ある場合が多い。
日本財団の場合も書式がある。

Q.成果の評価は行っているのか?
A.日本財団の場合は行っている。
一方で、助成財団も数人規模というところも多く、成果の評価にまでは手が回っていないというところもある。

Q.助成金がなくてもどこまでできるかが大事ということか?
A.そのとおり。
助成金はあくまでも一時的なお金である。
助成金を活用してどうやって助成金がなくても大丈夫な状態を作り上げるかを考えてほしい。

Q.一度や二度であきらめるなというが、同じ内容で申請してもよいのか?
A.申請はできる。
ただし、前回ダメだった理由をしり改善しないと、同じことの繰り返しになる可能性が高い。

以上
【レポート】助成金もっと活用セミナー〜助成金事業が、より効果的な公益活動・地域づくり活動につながるために〜@山口(2010年10月1日開催) [2010年10月05日(Tue)]
2010年10月1日(金)に、山口県山口市でやまぐち県民活動促進実行委員会さん主催により開催された、

助成金もっと活用セミナー〜助成金事業が、より効果的な公益活動・地域づくり活動につながるために〜

のレポートをお送りします。

このセミナーには、山口県内から、やまぐち県民活動きらめき財団やまぐち女性財団山口県文化振興財団山口県ひとづくり財団、中国地方からエネルギア文化・スポーツ財団中国ろうきん、そしてトヨタ財団日本財団が参加しました。


<【レポート】助成金もっと活用セミナー〜助成金事業が、より効果的な公益活動・地域づくり活動につながるために〜>

■参加人数
61名(男性41名、女性20名)
※荻上カウントです。

■レジュメ
○ミニセミナーのレジュメ「助成金獲得と活用のための7つのコツ」


○助成金活用マニュアル


■セミナーの模様


■当日の中継
○ツイッター中継
ハッシュタグ「#yamaguchi20101001」で検索してください

以上
全国ボランティアフェスティバルひろしまの分科会レポート [2010年10月01日(Fri)]
2010年9月25・26日に広島県で開催された「全国ボランティアフェスティバルひろしま」の第22分科会「ボランティア・NPOの資金調達の課題と展望」にフロアパネリストとして参加しました。

そのときの模様をツイッターでつぶやきましたが、トゥギャってもらいましたので、こちらにリンクでご紹介します。

■分科会「ボランティア・NPOの資金調達の課題と展望」のレポート
http://togetter.com/li/53903

ちなみに、この分科会には、NPO支援財団研究会からは、

シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
助成財団センター
トヨタ財団
損保ジャパン記念財団
損保ジャパン環境財団
キリン福祉財団
読売光と愛の事業団
日立環境財団
電通育英会
笹川平和財団
日本財団

が参加しました。