CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年02月 | Main | 2010年04月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
団体・個人・中・外の4象限でとらえる [2010年03月24日(Wed)]
昨日、久しぶり(10か月ぶり)にCANPANのアドバイザリー会議に出席しました。

今回は、ETIC.の山内さん、加勢さん、ユナイテッドピープルの関根さんがゲストとしてお招きされ、「次世代育成に関する情報共有とディスカッション」というお題で情報共有た意見交換するということでしたので、私もオブザーバー参加させてもらいました。

この会議には、せんだい・みやぎNPOセンターの加藤哲夫さん、IIHOEの川北秀人さん、ダイバーシティ研究所の田村太郎さん、ユースビジョンの赤澤清孝さんが定例メンバーとして参加されています。

そこに山内さん、加勢さん、関根さんというメンバーまで加わっての場ですので、これはもう刺激的なことにならないわけがない(笑)

そんな刺激的なメンバーから大いに刺激を受けたわけですが、その刺激から自分なりに頭を整理した時に、ひとつ新たな視点として「団体・個人・中・外という4象限でとらえる」ということを考えました。

これは、図で表示できればよいのですが、「団体←→個人」「中←→外」という2つの軸で4つの象限に区切った図をイメージしてください。この4つの象限で仕事を捉えていくと、仕事の幅が広がりやすくなるぞということです。

これまでも、組織の中だけ見ててもだめだ、外とつながらないと思考の幅、人脈の幅、人間の幅が広がらないぞ、ということは言われてきました。

これに加えて、ブログやツイッターの登場などによって個人のメディア化が促進されてきているので、団体としての看板だけでなく、個人としての看板で何ができるのかということが、これまで以上に問われるようになってきたという感じです。

NPOのみなさんにとっては個人という看板は当たり前のように感じるかもしれませんが、財団法人という固い(硬い)ところでは当たり前ではないんですね。むしろ個人という看板はご法度という雰囲気すらあるようなところです。

日本財団は会長自身がブログで積極的に発信し、個人という看板をどんどん出していますので例外的なんですよね。だから私もこうやってブログやツイッターでがしがしと発信して荻上という看板を出していけるんですけど。そんな日本財団ですら、まだまだ個人の看板を積極的に出しているのは少数派だったりします。

これからも、公式にはといいますか、事務手続き的にはといいますか、組織と組織で仕事をするということは基本になると思います。やっぱり、組織として仕事をするなら組織としてコミットするということは大前提ですから。

ですが、仕事の入り口というのか、きっかけというのか、出会いというのか、そういうものは個人と個人のつながりから生まれることが、ますます増えていくんでしょうね。ツイッターを始めてから、そういう予感を特に強く感じるようになりました。

だからこそ、これからの仕事の仕方は、「団体・個人・中・外という4象限でとらえる」ということが重要になると思った次第です。

と、ここまでは私の感想ですが、最後に、今回のアドバイザリー会議の貴重な内容から、五月雨式ですが、記憶をひもといてみると・・・

■NPOの情報開示の現状と課題
せんだい・みやぎNPOセンターさんが実施した宮城県内のNPO法人の実態調査で、事業報告書の弱さ、IT活用の弱さなどが改めて浮き彫りになった。詳しくはこちら→
http://www.minmin.org/archives/413

■助成機関による団体情報の共有・連携
CANPANの団体情報データベース(https://canpan.info/dantai_list_view.do
)を共有、連携することで、中国ろうきんさん、島根県さん、せんだい・みやぎNPOセンターさん、ちばNPOクラブさんなど、様々な助成機関や助成制度で申請書の省略化などの動きが進んでいる。

■ツイッターが個人のメディア化を促進
ツイッターの登場で、個人のメディア化がますます進んでいる。この個人メディアにより、団体よりも個人という単位の重要性が、共感や信用の創造やファンドレイジングにおいても高まるのではないか。

■大学での社会起業支援の課題
大学で学生の社会起業を支援する取り組みが行われているが、資格取得などの小手先で終わってしまうことも多い。
大事なのは社会起業家になることではない。社会に対する思いや課題を解決する起業家マインドが幹となり、それを実現する手段として何を選ぶか。

■CANPANに期待すること
CANPAN自身が課題解決者になるというよりは、課題の大小に関わらず、社会的な課題の解決に向けたアクションを起こすきっかけを見つけられる、提供できる場にCANPANにはなってほしい。

■チェンジメーカーになる旅を支援
人は人生という終わりなき道を歩く旅人。旅をしながら様々な出会い、気づきを積み重ね、社会に変化を引き起こせるチェンジメーカーへと成長していく。

■内閣府の地域社会雇用創造事業
70億円という大きなお金が動く。このお金は社会起業家にどんな効果を与え、地域にどんな影響をもたらすのか、そして2年後にはどんな状況を創り出すのか。日本財団は助成財団という立場から経過を見守ることはもちろん、その後も見据えて考えていかなければ。
(地域社会雇用創造事業の詳細はこちら→http://www5.cao.go.jp/keizai1/koyou/koyou.html

以上です。

おぎ
テスト成功 [2010年03月23日(Tue)]
職場のメールから更新するテスト、無事に成功しました!

おぎ
職場のメールから更新するテスト [2010年03月23日(Tue)]
日本ソーシャルブログ協会代表の山田さんから、携帯メールアドレスの登録を、携帯の代わりに職場のメールにすると意外と便利だよ、というアドバイスをいただき、試しに設定してみました。

たしかに、以前は一年中出張してるような感じだったので、出張先で携帯からブログ更新できることが必須でした。ですが、最近は職場にいることも多く、携帯の必要性は薄らぎ、むしろ長文が打ちやすい職場のメールからの方が便利かも?と思っていたところでした。

ということでテストです。画像も添付して送信してみます。

おぎ
【レポート第2弾】企画力実践講座〜民間助成金攻略編〜in宮崎(2010年3月6日開催) [2010年03月12日(Fri)]
3月6日(土)に、宮崎県宮崎市で、宮崎県NPO活動支援センターさん主催により、

企画力実践講座
〜民間助成金攻略編〜


が開催されました。

そのレポートを先日アップしましたが、その第2弾をお送りします。
第1弾のレポートはこちら

今回お送りするのは、ワークで使った生申請書の審査を担当した担当者の生の声です。

<審査担当者の生の声>
・課題や問題(ニーズ)ではなく、自分たちがやりたいこと(ウォンツ)が書かれている。
・ウォンツでは助成したいと思えないし、助成できない。自分で頑張ってくださいとしか言えない。
・書いてある情報が整理されておらず、つながりが分からないので理解できない。
・事業目標は、定量的な情報も大事だが、定性的な情報でも大丈夫。
・やっぱり箇条書きは読みやすく、分かりやすい。
・手書きはつらい。
・事業をすることによる成果や変化がイメージしやすいと良い。
・申請担当者以外の人に連絡しなければいけなくなる場合があるが、その際に話が通じないことがある。これはマイナス。
・予算の妥当性も大事なポイント。
・専門用語が多く専門性の高い内容は分からない。そういう申請書に限って分かるのが当たり前という書き方になっている。
・定例的な事業や毎年開催されているイベントなどは、なぜ今回は助成しなければいけないのかという理由が見つかりにくい。
・継続して取り組んでいる活動でも、発展や強化などの要素があれば検討できる。
・記入例をちゃんと参考にしているなど、傾向と対策をしっかりしている姿勢は評価できる。
・事業の現場の特徴が分かると、イメージがしやすく評価しやすい。

以上です。
【レポート】企画力実践講座〜民間助成金攻略編〜in宮崎(2010年3月6日開催) [2010年03月10日(Wed)]
3月6日(土)に、宮崎県宮崎市で、宮崎県NPO活動支援センターさん主催により、

企画力実践講座
〜民間助成金攻略編〜


が開催されました。

この講座で久しぶりに助成金をテーマにした講座で講師をつとめましたが、今回は、企画の打ち合わせ時に主催者のおいちゃんと悪だくみをしているうちにノリ過ぎてしまい(汗)、規格外の企画講座をすることになってしまいました。

どこが規格外か?といいますと、なんと、日本財団に申請された生の申請書を用いて模擬審査を体験してもらうワークまで盛り込んでしまったということです。

もちろん、生の申請書とはいえ固有名詞等は黒く塗りつぶして配慮はしましたけど、にしても、こんなワークをやってしまう助成財団職員は私くらいではないでしょうか・・・

さて、その講座のレポートをお送りします。

<企画力実践講座〜民間助成金攻略編〜>
■講座の構成
(午前)講義:民間助成金の活用・攻略法

(午後)ワーク:@生の申請書で模擬審査を体験 A人の振り見て我がふり直す申請書作成ワーク

■講座のレジュメ
○民間助成金の活用・攻略法


○ワークの進行法


○助成金活用マニュアル


■講座の模様
○主催者からのご挨拶


○模擬審査盛り上がりました。


■質疑応答から
当日の質疑応答をもとに、少し補足して質疑応答集にしてみました。

Q.事前相談のアプローチ方法は何が適切か?
A.基本は電話からスタート。
まずは電話でアプローチするのが一番適切。まずは電話で先方の事情やルールなどを確認した上で、相談をスタートする。その上で、詳細はメールで企画書を送るなどして相談内容を深めていく。
もし時間的、コスト的に可能であれば、事務所まで訪問してみるのもよい。コミュニケーションの密度は紙orメール→電話→面談と高まっていく。

Q.助成財団が求めるリターンとは?
A.求めるリターンは制度によって異なる。
助成をすることで得られる、期待するリターンは助成財団によって異なる。また、同じ助成財団でも助成制度によっても異なる。
例えば、50万円の助成金と1000万円の助成金では求めるリターンは当然異なる。また、企業系の財団などでは、間接的に企業のイメージアップにつながることなどを求める場合もある。

Q.申請書は手書きとワープロで評価が異なるのか?
A.それだけで判断されることは少ないが、読みやすいワープロの方が良い。
手書きだから即不採択ということはまず少ないが、審査においては読みやすいということは重要な要素である。
特に、外部審査員による審査方式の場合、時間がない中でたくさんの申請書を読まなければいけない外部審査員にとっては、読みにくいというのはそれだけで大きな負担となり、マイナス評価にもなってしまうこともある。

Q.この団体は大丈夫?(信頼性、実現性など)という時の判断の仕方は?
A.電話等での確認と情報開示・発信状況からの判断をする。
特に日本財団のように職員自身が審査をする場合は、申請書に書かれている情報だけでは判断が難しい場合、電話等によるヒアリングを行い追加情報を得ることで判断の材料にしている。
また、申請書だけではなく、日頃からの団体の情報開示・発信状況も重要な判断要素となる。申請書はある意味ではよそ行きな情報であり、お化粧されているともいえる。そうではなく、お化粧されていない素顔の団体の様子を、今ならWebサイトでどのように情報開示・発信しているかを確認する。
なぜWebサイトでの情報開示・発信が重要かといえば、Webサイトは誰でも、いつでも、どこからでもアクセスすることが可能な手段である。つまり、その団体がより広く社会に対してアプローチをしようという姿勢の現れであり、社会に対する説明責任を果たそうという姿勢でもある。

Q.間接経費は助成金の対象にならないのか?
A.多くの助成制度では対象にならない。
日本の場合、間接経費は対象とならず、事業の実施に必要な直接経費だけが対象となる制度が多い。
間接経費が対象にならないということは、事業をすればするほど持ち出しも必要になるということであるという点を見落としては行けない。助成金貧乏なんて言葉もあるくらいであり、場合によっては団体の経営破綻を招くことにもなりかねないので、十分な注意が必要。

Q.助成金による事業どうしがもっと連携するような取り組みがあるとよいのでは?
A.その通り。
助成金による事業が点と点で終わってしまい、線や面へと広がっていないのはたしか。
日本財団の場合は、助成先どうしをつなげる試みとして、CANPANの活用に取り組んでいる。CANPANという共通の情報発信ツールを利用してもらうことで、CANPANにくれば他の助成事業や助成先の情報を発見しやすくなり、つながりやすくなるという効果をねらっている。
また、助成金どうしの連携という点では、NPO支援財団研究会のような民間助成財団どうしのネットワークもある。既存の助成制度の枠の中ではあるが、助成財団どうしで情報交換したり紹介し合ったりするなどの連携は行われている。

Q.日本財団の審査基準の意味をもう少し詳しく教えてもらえるか?
A.日本財団の場合は非常に幅の広い助成制度なので、審査基準の解釈もかなり幅広いので、実際に申請を検討した際に事前相談で確認してほしい。
ちなみに、事前相談での確認の方法は、「私たちはこういう内容で申請を検討しているが、こういう内容は日本財団にとっては先駆性が高いと判断されるのか?」というように具体的に質問してもらうことが効果的。前述のように審査基準と照らして自分たちがどのようなポジションに位置するのか?を確認することが、傾向と対策を考える上では非常に重要になる。
事前相談の際に、よく「私たちは助成対象になりますか?助成してもらえますか?」という質問の仕方をする方が多いが、これはアプローチの仕方としては不適切。助成金は審査によってしか採否は決められないので、相談の段階で採否を質問してもヒントとなる答えは得られにくい。(ただし、そもそも対象になるかならないかなどの回答は得られることも多い)

以上
宮崎で規格外な企画講座を開催 [2010年03月06日(Sat)]
宮崎県NPO活動支援センターさん主催による、

企画力実践講座
〜民間助成金攻略編〜

が開催されます。

日本財団に申請された生の申請書を使って模擬審査をしてしまう、規格外なワークをします。