CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年01月 | Main | 2010年03月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
リンク集
月別アーカイブ
2009年度日本財団助成事業マップ(海洋グループ編)を作成 [2010年02月24日(Wed)]
海洋グループに異動してから早9ヵ月。

自分にできることは何か?を考えながら過ごしてきましたが、このたび、できることの一つとして、「2009年度日本愛団助成事業マップ(海洋グループ編)」を作成しました。


より大きな地図で 2009年度日本財団海洋グループの助成実績マップ を表示

このマップは、googleマップの機能を利用し、日本財団の助成先を地図にマッピングしてみたというものです。

私自身にとっても、出張時にはどんな助成先があるのかすぐに分かりますし、だったらこの団体とあの団体をくっつけて新しい事業を考えようとか、色々考える材料に役立ちます。

みなさんにとっても、いろんな形でお役に立てればと思い、このマップを作成した次第です。
妻の絵本が出版されました! [2010年02月16日(Tue)]
最近ツイッターばかりしてますぅ・・・

さて、このたび、妻の本が出版されました!

こちらがその本です。

最高のクラスのつくり方(教育技術ムック)


この本はどんな本かといいますと・・・

<本の内容紹介(Amazonから引用)>
前代未聞の子ども達が書いた学級経営本!?

最高のクラスになった!」と
子ども達自身が確信を持てるまでに成長した、
6年1組の子ども達。

実在するその子どもたちが、
自分たちが学んだ経験をもとに、
「こうすれば、最高のクラスが作れる!」
という、
全国の子どもたちや先生のために
"最高のクラスをつくるための説明書"
を卒業論文で書き上げました。

その説明書をもとに
ステキな絵本ができました。

子どもたちでしか語れないセリフがいっぱいの絵本です。

以上のような内容です。

そうなんです。絵本なんですね。
妻はこの絵本のイラストを担当しました。

妊娠が分かる前にこの話がきて、絶好の機会だからと喜んで挑戦したんですね。
その後妊娠が分かったんですが、つわりに苦しみながらもあきらめることなく、胎児の成長とともにこの絵本も少しずつ完成へと向かって行きました。

そしてそして、娘が無事に誕生した直後の2月15日に、この絵本も晴れて出版となりました。

なんだかすごい縁を感じてしまいます。

夫の自分が言うのもなんですが、柔らかだけど元気さもあるいい雰囲気のイラストに仕上がってます(笑)

学校教育関係者の方、教育に関心のある方はもちろん、絵本に興味のある方、イラストが好きな方もぜひご一読ください。
【レポート】市民活動スキルアップセミナー@川崎(2月4日) [2010年02月05日(Fri)]
昨日、かわさき市民活動センターさん主催による市民活動スキルアップセミナーで講師を務めました。

2010年初、久しぶりの講師ということで、ちょっと不安もありましたが、なんとか無事に終了しました。ご参加いただいたみなさん、主催いただいたセンターのみなさん、貴重の機会をどうもありがとうございました。

ということで、簡単にレポートをお送りします。

<レポート:市民活動スキルアップセミナー@川崎>
■講座のレジュメ
○パワポ


○助成金活用マニュアル


■参加人数
12名(男性3名、助成9名)

■質疑応答
Q.申請書式で書きにくい項目があった場合はどうしたらよいか?項目を変えてしまってもよいのか?
A.基本的には項目に沿って書くこと。
書式は助成する側がそれなりのこだわりをもって作成している「知りたい情報」なので、書式に沿わないということは、助成する側が知りたいことに答えないことにもなってしまう。
また、厳しい場合は書式を守ってないということだけで不採択になってしまう場合もあるので注意が必要。

Q.自己負担について知りたい。対象外経費を自己負担するということなのか?
A.少し意味が異なる。
たとえば、事業に必要な総額を100、対象外経費が20、対象となる経費が80とした場合。
対象外経費20は予算書の中に入れること自体ができません。
そして、対象となる経費80のうちいくらかを自分たちのお金で負担してください(たとえば2割を自己負担であれば16)というのが自己負担という意味。

Q.人件費と諸謝金の違いは?
A.人件費はスタッフ(団体のメンバー)に関わる経費、諸謝金は外部の人(講師など)に関わる経費。

Q.事前相談で会いに行くことはできるのか?
A.できる。
近場で会いに行くのが困難でない場合はできるだけ会いに行くことをお勧めする。
電話よりも会うことで相手に伝えられることは多いので、よりよい関係性を築きやすいので。

Q.予算書の精度はどれくらい?
A.助成制度によって異なる。
数万円の助成金であれば10円単位の精度を求められることが多いし、百万円の助成金であれば100円単位の精度を求められたりする。
募集要項をよく確認することと、わからない場合は事前相談で確認すること。

Q.以前に、付属資料を出したらその情報によって不採択にされたことがあるが、情報の出し方はどうしたらよいか?
A.(気持はわかるが)基本的には情報はしっかりとありのままに出すことが一番。
たしかに、実績を書きすぎると不採択にされたりする場合もあるかもしれないが、だからといって情報を隠してまで助成金を取りに行くことはいい姿勢ではない。
むしろ、自分たちの実態や体力・レベルにあった助成金をしっかりと前向きに取りに行くことを通じて成長を目指すポジティブ姿勢でがんばってもらいたい。

■講座の模様
○後半のワークの模様


以上
【祝】北海道地域公益ポータル「どさんこ」 [2010年02月01日(Mon)]
本日2月1日、北海道地域公益ポータル「どさんこ」がオープンしましたね。

おめでとーございまーす!!

CANPANがプラットフォームを提供する公益ポータルとしては9番目になりますね。先日もブログで書きましたが、CANPANの団体情報のページでずらっとならぶ認証マークを見るとすごいなぁと感嘆してしまいます。

先日の記事はこちら

一年前の今頃、「ほんとうに公益ポータルを増やすことができるのかしら?」って心配症なメンバーからいつも言われて、「まぁ大丈夫っしょ!」と根拠もなく楽観的に笑っていた自分を懐かしく思い出します。

ところで、この「どさんこ」のオープンですが、私はツイッターで知りました。どさんこのツイッターも要チェックです!
今日から2月! [2010年02月01日(Mon)]
早いもので今日から2月ですね。
ついこの間「さぁ2010年、新しい年もがんばるぞ!」と言っていたような気がします。

ところで、みなさんはなぜ2月の日数が他の月より少ないかご存知ですか?
当たり前すぎて気にしていないことですが、ちょっと確認しみましたらこんな記述がありました。

「2月だけ28または29日なのは、初代ローマ皇帝アウグストゥスが紀元前8年、8月の日数を30日から31日に変更し、そこで不足した日数を2月から差し引いたためである。」

ローマ皇帝って月の日数まで変えられちゃうんですね。アウグストゥスとは「尊厳なる者」という意味だそうです。でも、今どきなら「アウグストゥース!!」って春日っぽい感じになっちゃいそうですね。。。

ちなみに日本の如月という名称についてはこんな記述がありました。

「日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。『如月』は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の『きさらぎ』という名称とは関係がない。『きさらぎ』という名前の由来には諸説ある。

・旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから『衣更着(きさらぎ)』
・草木の芽が張り出す月であるから『草木張月(くさきはりづき)』
・前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから『来更来(きさらぎ)』
・陽気が更に来る月であるから『気更来(きさらぎ)』
・他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もある。


ふーん、なるほどね。八百万の神の国日本らしい、万物の諸現象と密接に関係した由来ですねぇ。

ということで、2月も頑張っていきまーす!