CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2006年01月 | Main | 2006年03月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2006年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
リンク集
月別アーカイブ
梅がほころびはじめました! [2006年02月25日(Sat)]
マンションのエントランスに小さな梅の木が生えています。

このの木、ようやくつぼみがほころびはじめました!

そろそろ、湯島さん(湯島天神)の梅も見ごろかな?まる

素敵なお皿をGET!〜花巻文化村の続き【花巻余録】 [2006年02月24日(Fri)]
さて、こちらの、花巻文化村では、陶芸の創作活動や体験教室も行われています。




いろいろな作品が展示されていて、買うこともできるんです。
私も、思わず、素敵な和皿を2枚買ってしまいました!



そのお土産を手に、東北新幹線で帰路につきました。



花巻市民活動支援センターをはじめ、このフォーラムのスタッフのみなさん、ほんとうにお世話になりました!まる
1万アクセス突破記念!〜ネット世界の自分探し〜2/24のおれ [2006年02月24日(Fri)]
昨年の9月1日からオープンしたこの「晴耕雨読」のぶろぐが、ついに1万アクセスの大台を突破しました!

〓  〓  〓

9月からちょうど半年、長いみちのりだったけど、ようやくここまできたなぁと、大台突破の感慨にふけっていたら、

自分はネット世界でどうなってるんだろう?

ふとこんなことが気になり、ネットで自分を検索してみました。




「荻上健太郎」をキーワードにフレーズ検索してみた結果は、

Google:257件
Yahoo:230件

でした。

今度は、「荻上」でフレーズ検索してみると、

Google:46,400件
Yahoo:130,000件

でした。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

悔しいことに、「荻上」のキーワードで1番にヒットしたのは、自分のサイトではなく、あろうことか、父親の「荻上紘一」のホームページでした。困ったちなみに、私のブログ「晴耕雨読」は7番目でした。悲しい

今回、この検索をしてみて驚いたのは、意外にも、「荻上」という名前の人がいるということでした。「荻上」という苗字は親戚くらいしかいないだろうと思ってました。

一例をあげると、

荻上直子さん(脚本家・映画監督)
荻上千佳さん月刊アフタヌーンに連載中の木尾士目さんのマンガ『げんしけん』に登場するキャラ)

などなど・・・

みなさんも、ネット世界の自分を確認してみてはいかがでしょう?まる
花巻文化村にお邪魔しました!【花巻余録】 [2006年02月22日(Wed)]
先週の花巻出張

IIHOE花巻市民活動支援センターにより、『市民協働フォーラム-市民参加と協働によるまちづくり-』が開催され、このフォーラムの中で、『自治体とNPOの協働環境調査報告会in花巻』も行われました。


さて、その翌日、花巻文化村にもお邪魔しました!



こちらの花巻文化村は、あの宮沢賢治の思想である「農民芸術概論網要」を中心に、芸術家の創作活動を支援したり、交流を通して地域の人々の文化意識の向上を計ったりなど、<文化創造>に向けた様々な活動を展開されています。



<農民芸術概論網要の序章から>
おれたちはみな農民である
ずいぶん忙しく仕事もつらい
もっと明るく生き生きと
生活する道を見付けたい
世界がぜんたい幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない

この思想って、故笹川良一会長の、

世界一家人類みな兄弟

の思想と一緒ですね!

こちらの花巻文化村、季節ごとに古民家や庭で様々なイベントが行われます。
みなさんも、北東北に遊びに行く際には、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう!まる

花巻市民活動支援センター【花巻余録】 [2006年02月21日(Tue)]
先日、花巻で、IIHOE花巻市民活動支援センターにより、『市民協働フォーラム-市民参加と協働によるまちづくり-』が開催されました。

このフォーラムの中で、『自治体とNPOの協働環境調査報告会in花巻』も行われました。

さて、その翌日、花巻市民活動支援センターの事務所にお邪魔しましてきました。

<花巻市民活動支援センターの外観>


NPOセンターの事務所ってたいてい、県や市などの施設に入っていることが多く、そういう施設の多くは、よくありがちな「公共施設臭」がするんですよね。

でも、こちらのセンターは、地元の建築デザイン関係の会社(SS建築デザイン室さん)の一室を間借りしているので、木の香りのする、ほっこりと落ち着く事務所でした。まる

<花巻市民活動支援センターの事務所>
就業規則(育児休暇制度)の改正について [2006年02月21日(Tue)]
先日、規則改正に関する職員への説明会がありました。

今回の改正は、
1.育児休暇制度
2.職員寮制度
の2つについてでした。

説明会の趣旨は、
1.職員への説明
2.職員の意思確認(制度の改正には過半数以上の職員の同意が必要)
です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

さて、2の職員寮については、
・元々「住宅に窮余する職員への福利厚生」である寮が、現状は「住宅に窮余していない職員」による利用が多い。
・独身寮のニーズに比べ、独身寮の部屋数が不足している。
・採用職員の高学歴化、多様化に伴い、採用時の職員年齢が高齢化している。
など、一言で言えば、当初の目的と現状のミスマッチが生じており、このミスマッチを改善することが目的の制度改正でした。

私自身は、そもそも、現在の寮そのものに問題があるのだから、寮のありかたそのものを改善しないと、問題解決にはつながらないと思いましたが、総務から「この改正は最初の一手であり、今後、寮の抜本的な見直しにも取り組む。」との説明がありましたので、私は、この制度改正に同意しました。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

問題は、1の育児休暇制度です。

今回の改正の内容の主なポイントは、
1.育児休暇を最長で小学校入学時まで約6年間取得できる。
2.時短勤務、時差勤務の制度は廃止する。
ということです。

では、この育児休暇制度の改正の目的はなにか?ということですが、説明によると、
・職員の育児支援
・財団の戦力確保
の2点ということです。

もう少し詳しくいいますと、

<職員の育児支援とは?>

親の存在がとても大切となる、出生から小学校入学までに時期に、親が子どもそばにいて、しっかりと子育てに取り組むことができるようにする。そのために、最長で小学校入学時までの6年間、育児休暇を取得することができるようにするということです。

つまり、日本財団の考える子育てとは、親性を尊重し、重要と考える「子育て」ということです。

<財団の戦力確保とは?>
日本財団には、職員数に定員があります。これは制度に決められているもので、好き勝手に変えられるものではありません。この定員というものがある一方で、近年は、業務の幅、量、質ともに、ますます大きくなってきており、今後も大きくなっていくことが予想されています。
そのため、財団経営としては、いかにして、増大する業務に対応できる戦力を確保していくか、ということが大きな命題となります。この命題に沿って考えた場合、時短勤務や時差勤務をする職員は、一人前の戦力として計算することができません。

つまり、財団としては、一人前の戦力として計算することのできない職員を雇用している余裕はもうない、ということです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

私は、育児休暇制度については、不同意としました。

この説明会のあった夜、なんとなく心の中がもやもやしているので、ご飯を食べながら妻と話し合いました。またまた、妻との「語り場」です。そして、自分がなぜ不同意としたのか、なにが問題なのか、ということを自分なりに整理することができました。


私は、常々笹川会長がおっしゃっている、
・子は国の宝
・国の将来のためにもたくさん子どもをつくりなさい
・親の役割は子育てが第一である
という考え方にはすごく共感しています。

私自身、三人兄弟であり、母親が専業主婦でいつも家にいてくれました。
小学生のころ、家にファミコンやラジコンがいっぱいある友人がいました。すごくうらやましかったのですが、その彼の家は、いつ遊びにいっても誰もいず、その彼が玄関の鍵をあけて家に帰るのです。いわゆる鍵っ子ですね。

冬なんかは、家が冷え切ってて寒いんですよ。それに比べたら、うちにはファミコンもラジコンもありませんでしたが、家に帰れば必ず母親が出迎えてくれて、お菓子を用意してくれました。ま、とかいいつつ、そういう母親がいやで反抗してる時期もありましたけど。

話をもとに戻しますと、私自身は、「職員の育児支援」について、

日本財団の考える子育てとは、親性を尊重し、重要と考える「子育て」ということです。

ということには共感しています。

ですので、今回の制度改正の理由が、

・日本財団の考える子育ての価値観とは、親性を尊重し、重要と考える「子育て」である。
・この価値観においては、仕事と子育ては両立しない。
・職員にもこの価値観を理解してもらい、この価値観に沿って子育てをしてもらいたい。
・だから、この価値観を実現できる制度に改正する。

というものであれば、私としては同意ができました。もちろん、この価値観そのものに同意できない人にとっては、話は別だと思います。

こういうたとえが適切かどうか分かりませんが、

トヨタ自動車が会社の経営戦略として「今後は環境第一でいくので、そのイメージとそぐわないスポーツカーはもうつくらない」と決めたとします。ある職員が「おれはスポーツカーこそトヨタのイメージだと思って入社したのに、もうスポーツカーをつくらないとはなにごとだ」と言っても、「それが会社の経営方針なのだから、スポーツカーをつくりたければ、日産にいってください」と言われておしまいですよね。

価値観という意味で言えば、今回の話も同じことなんでしょう。
もちろん、労働者の権利やらなんやらがありますので、この話はもっと複雑だとは思いますが。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

さて、話を戻します。私がなぜ不同意だったのか?その理由探しの旅の続きです。

今回の説明では、もうひとつの目的として、「財団の戦力確保」があげられていました。

私は妻と一緒にあれこれと考えてみました。でも、考えた結果でた結論は、

財団の戦力確保と今回の育児休暇制度の改正を結びつけると必ず矛盾が生じる

というものでした。

どういうことか?

「財団の戦力確保」を掲げながら、今回の制度改正で、時短勤務や時差勤務を廃止するということは、時短勤務や時差勤務をする職員は戦力不足職員であるとみなす、ということです。

一方で、長期育児休暇を取得できる制度を新設しましたが、長期休暇取得後の処遇については、休暇中のキャリアを認めないことを前提としています。つまり、長期休暇取得後の職員は、休暇を取得しなかった場合に比べ、戦力不足であると位置づけていることになります。

時短勤務や時差勤務をする職員がいなくなることで、その戦力不足職員はいなくなります。しかし、長期休暇取得後の職員は戦力不足職員なのですから、やっぱり戦力不足職員が残ります。

さらには、この育児休暇制度の改正により、価値観に同意できない職員が出産を機に退職することがふえるかもしれません。そうすると、それまでその職員にたいして行ってた投資も無駄となてしまい、やはり、財団の戦力確保にはマイナスとなってしまいます。

ということはつまり、今回の育児休暇制度の改正を行っても、「財団の戦力確保」の問題解決にはつながらないということです。

したがって、「財団の戦力確保」を目的としてかかげ、今回の育児休暇制度の改正と結びつけてしまうと矛盾が生じるのです。 

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

説明会でも、総務より、「財団の戦力確保」の問題は、業務の改善や組織の改善など、他の手法とも併せて総合的に取り組んでいきます。その第一歩として今回の育児休暇制度の改正があるとの説明がありました。

総合的に取り組んでいくということには同意できますが、私の考えでは、育児休暇制度の改正は、「財団の戦力確保」の問題解決にはつながりません。問題解決につながらない制度改正は、残念ながら制度改悪になってしまう危険性があります。

私は、今回の制度改正に取り組んでいる総務チームとは同じ総務グループです。総務のみなさんが夜遅くまで残って一生懸命考えていたことはよく知っています。それに、規則の改正がどれだけ大変かということも、他のプロジェクトで経験しているので、とてもよく分かります。

ですので、正直いえば、今回育児休暇制度の改正に不同意するのは心が痛みました。同意しちゃおうかなとも思いました。でも、自分なりに信念をもたないと、総務のみなさんの努力をかえって裏切ることになる、そう思い直しました。

今回の規則改正がどういう結論になるのかは分かりません。
でも、自分なりに真剣に考え、そして自分の信念に基づいて行動したことは、自分の誇りだと思っています。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここまで記事を書いていたところ、総務から、就業規則の改正の趣旨に関するディスカッションの開催案内がきました。
どういう説明がなされるのかわかりませんが、もう一度話しを聞きにいこうと思います!
日本財団『ブログ道場』はじまる! [2006年02月20日(Mon)]
すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、Canpanブログのトップページに、インパクトのあるバナーが掲載されました。

その名も、日本財団『ブログ道場』!!!




公益にたずさわる、世のため人のためにがんばっている人たちのためのブログ、Canpanブログをもっと活用すべく、ブログ道場をスタートすることになりました!

私は、そのブログ道場の道場管理人の一人です。
同じく管理人である宮本さんと一緒に、しつこいくらいに宣伝していきたいと思います!まる
道後ビール【出張先地ビール飲み比べ企画】 [2006年02月20日(Mon)]
最近出張で各地に行く機会が多いので、出張先で地ビールを飲み比べることにしました。

まず第一弾は『道後ビール』です。



こちらの地ビールは、水口酒造さんの作品です。

水口酒造さんからの引用ですが、

日本で初めて開催された
ジャパン・ビア・グランプリ2000において、
道後ビールのスタウトタイプ「通称:漱石ビール」
が金賞を受賞いたしました。
又、アルトタイプ「通称:マドンナビール」は銀賞、
ケルシュタイプ「通称:坊ちゃんビール」は銅賞を獲得。
品質、味覚の両面において、ともに高い評価を頂きました。
私たちはこれからもおいしいビールを、
皆様にお届けできるよう努力してまいります。

とまあ、なかなかにすごい地ビールですね。

ちなみに、私も、アルトタイプとケルシュタイプを飲みました。
口の中にほんわりと甘みがひろがり、のどごしはしっかり麦の香りがしました。
とてもおいしかったです!まる
台温泉のかねがや旅館【花巻余録】 [2006年02月18日(Sat)]
さて、花巻出張のお宿は、台温泉かねがや旅館さん

ちょっと建物は古めですが、温泉もグッド!旅館のみなさんの対応はぬくもりがあって丁寧でした!
かねがや旅館さん、お世話になりました!



ただ、今回は宿泊者が多かったために部屋数が足りず、一緒に行った宮本さんと相部屋になってしまいました。困った



いやー、学生時代の合宿はもちろん雑魚寝でしたが、男二人で相部屋、しかも布団を並べて寝たのは初体験でした(汗)
台温泉【花巻余録】 [2006年02月18日(Sat)]
昨晩は、午後1時から夜8時過ぎまで、濃密なフォーラムとなりました。

フォーラム終了後、講師の方や関係者のみなさんと一緒に、宿泊する宿に移動しました。

宿泊先は台温泉という温泉地。

この温泉地は、約1200年前に坂上田村麻呂が開湯したという伝説をもつ歴史のある温泉です。

ちょっと山あいにあるので、派手さのない温泉地ですが、その分いい鄙びた感がありますよ。
それに、温泉もなかなかグッドです!温泉

台温泉のおすすめ
精華の湯
蕎麦房かみや

みなさんも東北地方の旅行を計画する際には、台温泉も検討してみてはいかがでしょう!まる

| 次へ