CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年02月 | Main | 2007年04月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2007年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
デンソーのCSRはすごい!!の続き(デンソーステークホルダーダイアログ) [2007年03月05日(Mon)]
2007年2月27・28日に開催された、「デンソーステークホルダーダイアログ」に参加しました。そのレポートをお送りします。

※昨年の開催状況はこちら→デンソー環境社会懇談会「オープンハウス2005」

※レポートその1を読みたい方はこちら→レポート(デンソーステークホルダーダイアログ2006)その1


【レポート(デンソーステークホルダーダイアログ2006)その2】

■担当専務より
○あいさつ
・対外的な数字では、売り上げも増収であり、まずまず良い状態。
・品質、安全、交通事故の防止の面ではまだまだ。
・2000年に非常事態宣言を社内で出したが、いまだに解除できていない。品質のデンソー復権に向けもっと努力が必要。
・愛知県は交通死亡事故ワースト1。従業員の安全対策にもっと力を入れていきたい。
・自分たちでは気がつかない、見えない部分を、ご指摘、ご意見いただきたい。
○環境への関わり
・肌で感じる地球温暖化。
・80年代のなかばに、フロンのオゾン層破壊がとっかかり。製造の工程で多くのフロンを使用していた。
・フロンからはじまり、地球環境問題にも活動を広げていった。

○社会との関わり
・もともと社是に、本業を通じて社会に貢献するということを掲げていた。
・1980年代に海外展開が進み、米国において、地域社会と企業の関わり方について多くのことを学んだ。
・社是を作り変え、デンソー企業理念と改めた。

○CSRについて
・若手社員が、役員を洗脳してくれた。
・2005年1月、経営企画部にCSR推進室を設置。
・デンソーエコポイント制度も若手社員が中心に動いて実行へ。
・ボトムアップ的に進んできたのがデンソーのCSRの特徴。
・会社全体の意識から、従業員一人一人が意識し、行動するところまででいかなければだめ。CSRからISR(Individual Social Responsibility)へ。

○質疑応答
・外国人労働者の問題について、今後どのよううな対応の予定か?
→デンソー本社では外国人労働者(単純労働)はいない。
→サプライチェーンまで含めると多数の外国人労働者(単純労働)がいることは承知している。
→デンソー本社としては、外国人労働者の雇用についてはまだ明確な方針は無い。
→行政との協力については検討している。教育基金など。
→正規社員としての雇用の道の検討も。グループ会社のアスモでは、外国人労働者の正規社員雇用を実践中。
→デンソー本社だけではなく、グループ全体の底上げの必要性に気がついたところ。
・デンソーが所在している西三河のコミュニティの問題への認識は?
→会社の地域への影響力が大きいので非常に難しい、繊細な問題。
→例えば市長選挙などでも、会社の影響力が様々に利用されることにつながる可能性があるなど。
→地域との関わりは、青少年育成や障害者などの分野を中心に。
・CO2の排出量が総量では増えている点はどう考えているか?
→削減の努力はもうやる尽くしているに近い状況。社内では排出権の購入の是非も議論されている。
・リサイクルしやすい製品の推進については?
→新型製品についてはほぼ100%に近いリサイクル率を達成できるように設計段階で盛り込んでいる。
・物流の観点で交通安全についての取り組みはどのようなものが?
→物流部会では交通安全については検討していない。CO2排出量が話題の中心。
→とはいうものの、CO2排出量と交通安全の問題は関係性が濃い。
・デンソーの哲学を聞かせてもらいたい?
→人事体系において、技能系と事務系の差がないのは、デンソーの特徴。
・デンソーに納品している立場では、毎日納品はCO2排出量などの点では負担が大きい。在庫のジャストインタイムの方針は良く分かるが、検討してもらえないか?
→きまじめなところがデンソーの特徴でもある。指摘については検討させてほしい。

■各部会からの報告(環境)
・決めたことは徹底的にやるところは強み。
・応用力が足りないのは弱み。
・従業員一人一人が社会の中で環境行動を求められたときにはまだまだ。
・CO2排出量の総量の削減は厳しい状況。

■各部会からの報告(社会貢献)
・特定地域に事業所が集中立地する地域密着型の企業。
・良き企業市民としての企業行動を継続。
・社会貢献の取り組みビデオを普段は社員食堂で放映している。社員参加を促進するため。
・グループ会社の連携はまだ進んでいない。
・社員一人一人の参画レベルの向上。
・協働するNPOを探し連携を促進する。
・社会評価の見える化。

■各部会からの報告(社員尊重)
・デンソー単体だけでなく、トヨタグループ各社とも協力し、託児所を設置。
・利便性の向上だけでなく、各社個別設置よりもコスト面でもよい。
・女性フォーラムにおいて「女性活躍推進」は会社施策であると社長から宣言。

■意見交換(環境)
○苦情への対応は?
・以前は苦情0を目標に掲げていたが、今は、苦情が無いことがよいことなのか?見直しをしている最中。
・環境も含め、地域とのコミュニケーションを進めるための窓口設置の準備をしている。
・地域とのコミュニケーションの場は少しずつ進めている。
○少しでも多くの子どもたちに環境学習の機会を提供するため、環境学習プログラムを学校教育に盛り込む。
・一企業だけでなく、他企業や行政とも連携、協働しながら取り組んでいきたい。
○企業にはないNPOならでは視点を有効活用してほしい。環境NPOとの協働を。
・NPOの捉え方が時代とともに変わってきている。
・NPOを市民の代表と位置づけるようになってきている。
○CSRレポートで使用した紙量を地域と社員で協力して植樹するなど、カーボンニュートラルな取り組みを。
○結果だけでなくプロセスを社会知として提供していくとよい。
・次回のCSRレポートでは、もっと分かりやすく見えやすく表現していく。
○CO2排出状況が分かる自動車メーターを導入しては。
・技術的には対応可能。商品として成立するかどうかのハードルは残っている。
○省エネ投資の回収年の目安を提示した方が、社員の納得性が高まる。
・省エネ設備は投資回収年を5年と設定している。
○生産増=環境負荷増を打ち破る、「カイゼン」を超えたコンセプトを。
・今すぐは無理だが、重要な課題と考えているので、一歩ずつ進めていきたい。
○生産工程だけでなく、自動車総論としての環境負荷削減という目標を立てて。
・今すぐは無理だが、重要な課題と考えているので、一歩ずつ進めていきたい。
○サプライチェーンまで含めた環境提案を進めてほしい。

■意見交換(社員)
○CSRレポートに現場の声、制度利用者の声を載せてほしい。
・社内向けに発行した社員の声を載せた「私たちのCSR活動」を、来年度はCSRレポートにも盛り込んでいきたい。
○環境、CSR担当の社員数は十分か?
○調達先の労働条件への配慮を「調達方針」の中で明確にしてもらいたい。
・国内でも様々な問題が起きている。
・特に調達先の現実を見つめ、改善の旗振りをしてもらいたい。
○CSRレポートの中で、役職率ではなく、見える化した結果の活躍率を開示してもらいたい。
・母数が少ないので、まずは母数をあげる努力をしていきたい。
○子育て支援においてNPOを活用してもらいたい。
○一度退職した人が復職しやすい環境作りとその情報開示。
○男性への育児支援や数値目標の設定を。
○女性の比率は3年間で0.3%しか伸びていない。このペースでは、仮に女性率目標を20%とすれば、目標達成までに100年かかってしまう。
○介護休暇など介護への支援が今後大きな課題になるので、取り組みを促進してもらいたい。
○高年者雇用への対応は?
・退職し再雇用。給与水準は下がる。
○メンタルヘルスの取り組みは?
・まだまだこれからの対応。

■ファシリテーター(川北さん)から
・外国人子女への技能教育に取り組んでもらいたい。
・ものづくりスクールの多言語版を実施。現場の国際化にプラスになる。
・社会的BCPの検討を。
・地域が災害で復旧活動中なのに、企業だけが早々に事業再開するのは、地域社会を考えるとどうなの?
・CSRレポートよりCSRケースブック(現場の取り組みを紹介する)を。
・託児利用者数や総子ども数も公表してはどうか。
・忘れないことが大事。

以上
デンソーのCSRはすごい!!(デンソーステークホルダーダイアログ) [2007年03月05日(Mon)]
2007年2月27・28日に開催された、「デンソーステークホルダーダイアログ」に参加しました。そのレポートをお送りします。

※昨年の開催状況はこちら→デンソー環境社会懇談会「オープンハウス2005」

実は、このデンソーステークホルダーダイアログに参加したきっかけは・・・

CANPANが2006年11月から「CSRプラス」という、東証一部上場企業を中心に、企業のCSRに関する取り組み情報の開示度を調査し、一覧で見られるようにし、企業と市民のコミュニケーションの機会と場を提供するコンテンツをスタートしました。

そして、今回のダイアログのファシリテーターでもあり、なにかとCANPANでもご協力いただいている川北秀人さんから「デンソーのCSRはとにかくすごい、本業でここまでやるかというくらいやっている企業は、日本でも、いや世界でもそうはない、世界ですごい!取り組みをしているデンソーは必見」とお勧めいただき、CANPANでもCSRに切り込んだなら、世界ですごい!デンソーからしっかり学ぼう!ということで参加申し込みをした次第です。

参加してみての感想は・・・うわー、す、すごい!!

の一言につきるかもしれません。

デンソーはなにがすごいのか!?私としては、

@「工場の一つ一つの現場で、CSRの取り組みについてコストが数値化されるところまで「見える化」されている」

A「工場の一つ一つの現場で、一人一人が自分の役割の中でできることを「ボトムアップ」で取り組んでいる」

という2点がポイントと思いました。

と、ここまではいいことづくしですが、一言だけ、ぜひデンソーさんに取り組んでもらいたい、と感じたことは、意見交換会でも申し上げたのですが、

@結果だけでなく、現場で「見える化」しているその手法そのものを、社会の知恵としてCSRレポートで提供してもらいたい。

A先進的な取り組み者として、その手法を事例紹介、ハンドブック的に提供してもらいたい。
(川北さんからも、CSRレポートではなく、CSRケーススタディとしてもよいのでは?というご提案がありました)

という2点です。

今回参加して、久しぶりに工場見学もしたわけですが、企業の底力、すごさを肌で感じました。
企業はここまでできる、してしまう・・・とすると、企業のパートナーとして非営利セクターを振り返ったさい、パートナーたりうる「組織」ってどれだけあるんだろう!?非営利セクターももっと本気にならないと、本気になった企業のパートナーになれないかもという思いももちました。

なにはともあれ、デンソーのすごい取り組みの一端をお伝えできればと思い、私なりにメモした内容をレポートとしてお送りします。



【レポート(デンソーステークホルダーダイアログ2006)その1】

■開会
○デンソー経営企画部より
・これまでの取り組みから、CSRとは新しいことに取り組むことではないと考えている。
・内部の人からの見え方と、外部の人からの見え方の違いに

○ファシリテーター(川北秀人さん)より
・デンソーさんのステークホルダーダイアログは、自分たちに足りないものは?に気づくための場。
・外部の人に指摘をしてもらいたいと考え、こういう場を設けている。
・双方向のややり取りが重要。自己完結しないこと。
・今回は、できるだけ少人数のやり取りの時間を多くとり、お互いにヒントを与え合う場としたい。

■CSRについて知ってもらう会
○デンソーのCSRの取り組みの概要
・創業:1949年
・売り上げ:3兆円強
・従業員数:10万人強
・社会の持続的な発展に貢献し、企業の持続的な成長を実現。
・デンソーのCSRは、2003年ころ、アンケートからの気づきがきっかけ。
・個別課題から包括的な課題への指摘が多いという潮流の変化に気がついた。
・2003年12月に役員会に提案。役員もほとんどがCSRという言葉を知らなかった。
・事業活動中心から企業行動全般へ。
・法令規則対応中心から自主目標、ポジティブな行動中心へ。
・各社毎からグローバル・グループへ。
・GRI、朝日文化財団、日本経団連、経済同友会の4つを参考に自己診断を行った。
・環境保全活動、社会貢献活動は強み。
・多様な人材活躍、グループ展開、情報開示が弱み。
・強みを伸ばし、弱みを底上げ。
・CSR基礎分野にメンタルヘルスを入れていることは特徴。社員尊重からも切り離し、あえて一つのテーマとして設定。
・グループ会社、10万人の従業員に浸透するため、見える化を徹底。
・サプライチェーン各社への展開、浸透にも力を入れている。
・国によってCSRへの認識が異なること、どこまで取り組むのか?が難しいところ。

○ディスカッション(社員尊重チーム)
@社員に浸透するための、ポイント、仕掛け、苦労は?
・暗黙地を、デンソースピリットとして発行するなど、見える化の努力を推進した。
・フェーストゥーフェース、上司、先輩からの働きかけを大切にして推進した。
・経営陣へのインタビュー、社員へのインタビューなどを相当数実施。
・過去の話に触れるのは大変だが、デンソーは積極的に取り上げているところがすごい。
・浸透のリーダー(プロモーター)を各事業所や部署に配置しているのはポイントの一つ目。
・対話を尊重することがポイントの二つ目。
・対話は職場単位(課くらいの単位)で行っている。
・部署によって取り組みへの温度差はある。リーダーがチェックし、定期的にもう少し大きな規模でもチェックを行う。
A個性の尊重をどのように具体的に定義し、活動しているのか、その課題は?
・「一人光る、皆光る」という考え方に基づいている。
・個性を尊重することが会社全体が光ることにつながる。
・年度当初に目標設定、本人の目標、上司が期待する目標。これを年度末に振り返る。
・MBO的な手法の中で、CSRに関しても触れている。
B女性の活用の具体策は?
・メーカーでは、女性活用は以前からテーマにはあがるが、具体的には進まないことが多い。
・デンソーも部品産業で男産業社会。制度の充実に取り組み中。
・今年度は制度の充実からさらなる活用への取り組みを。
C偽装請負の対策は?
D多様化する社員のニーズに対し、どの部分にウエイトを置いているのか?
・モチベーションサーベイを以前はモラルサーベイとしてサンプリングで実施し、人事制度見直しの参考にしていた。
・多様化により、制度だけで対応することに限界を感じ、制度ではない部分を重視するようになってきた。
・モラルサーベイから全従業員を対象としたモチベーションサーベイへ。

○ディスカッション(その他チーム)
@社員への浸透方法、全部署への展開は?
・具体的な活動例を紹介するとともに、参加方法の案内も行っている。
・デンソーCSRフォーラムを2ヶ月に1回、各回テーマを決めて実施している。
・このフォーラムでは社員もパネリストとして発表を行う。
・経営企画部は旗振りを行い、フォーラムの実施はテーマごとに担当部署が担当する。
・CSRに関するサーベイを職員の10%を対象に実施する。
・社長の各種訓話には、必ずCSRというキーワードを入れてもらうように働きかけている。
・グループ各社、本社内は各部にCSRリーダーを置き、全部署への展開を促進している。
ACSRに対するトップの意識は?
・CSR推進室の設置は社長自らがゴーを出した。
B推進におけるポイントは?
・トップダウンも重要だが、交代すると一気に火が消える危険性がある。
・ボトムアップによる地道な動きも大切。
・社員に見える化することに力を入れている。
・目標の設定とサーベイによる見直しを実施。
・外部からの調査やアンケートも自分たちを見直すきっかけになる。
・ステークホルダーダイアログなどを通じてコミットすることも重要。
・CSRの成果を少しでも目に見えるようにすることが今後の課題。
CCSR推進におけるNPOの存在は?
・外の視点を入れる際に、意識の高いパートナーとして位置づけている。
・NPOの専門性を
・日本の組織
D海外マネジメントの育成について?
・海外での取り組みはまだまだ弱い。
・本社で部長クラスの人が海外に出ると社長になってしまう。立場が一気に変わってしまうので、変化への対応ができていない。
・経営層育成のための人材育成の取り組みがもっと必要。
E大地震を想定したBCPへの取り組みは?
・BCP(事業復旧計画)への取り組みははじめて1年半たったところ。
・東海地震を想定している。
・デンソーの部品供給が止まることは、世界中の車メーカーに影響を与えてしまうので、社会的責任としてのBCPが重要になっている。
・ボトルネックを明らかにすること、デンソーにしか作れない代替のきかない製品の洗い出しなどを行っている。
・デンソー単体ではなく、サプライヤーまでを巻き込んだ動きが必要。
F企業行動宣言の現状は?
・企業行動宣言そのものの発信、周知は行っていない。企業として当然のことなので。
・社外よりも従業員にどれだけ浸透できるかが最優先課題。
・癒着や贈収賄の禁止も、途上国など文化の違う国での事業展開をどうするのか?という反発が起きている。
・ゴルフのOBラインのように、国の文化、事情に応じて、ラインを引き、そのラインを超えないようにというところから。
G企業にとっての最大のリスクは?
・社員一人一人にCSRが浸透していないことがリスク。
・たとえ全社的に取り組んでいても、社員一人でも不祥事を起こせば
・内部告発が一番のリスク。どんなに対外的に整えても、内部から崩壊してしまう。
・デンソーの場合、本社社員ではない請負会社の従業員が多いので、この従業員の扱いも問題。

以上(その2へ続く)
【レポート】函館で17名のCANPANブロガーが誕生!(市民活動団体のためのインターネットを利用した情報発信講座in函館) [2007年03月05日(Mon)]
2007年2月21日(水)に函館で開催したブログ講座のご報告です。

この講座で、新たなCANPANブロガーが17名誕生しました!

講座に参加されたみなさん、この講座をスタートに、コツコツとマイペースでがんばりましょう!

講座の主催者であり、貴重な機会を提供くださった函館市企画部政策調査課(函館市市民活動サポートセンター)さん、どうもありがとうございました!

CANPANをご覧のみなさん、お知り合いの方もいるかもしれませんよ!?
今すぐチェックしてみてください!まる



【函館で新たに誕生したCANPANブロガー(市民活動団体のためのインターネットを利用した情報発信講座in函館)】

花と虫 (まさお)
さわやかさん (亀田)
サポート (なおことしょうこ)
ときどきまるにっき (函館@丸藤 競)
ドックを出るVLCC (川の会)
ブログ講座 (森 陽子)
函館 ともの会 (とも)
鈴木ブログ (鈴木雅子)
daisukihakodate (itienokai)
万里 (キクサン)
北海道和種馬保存協会道南支部 (和種馬保存協会 加藤)
函館の文学と音楽の会  (函館の文学と音楽の会)
のこの世界 (野澤 信子)
dog (kenn-hako)
箱舘丸 (hakodatemaru,hisami)
七福神 (津軽三味線)
函館歴風会 (函館歴風会)



市民活動団体のための
インターネットを利用した情報発信講座


あなたも無料でホームページ(ブログ)を作ってみませんか!

最近では、市民活動を行う上でも、インターネット上での情報の発信が、団体の活動内容などを広く知ってもらう上で大きな役割を果たすようになってきています。この講座では、市民活動団体のインターネット上での情報発信を支援するため、ホームページ(ブログ)をその場で開設しながら、その作成方法を学びます。

この講座に参加すると、あなたの団体のホームページがその日から全世界に発信されますので、まだ、ホームページを開設していない団体の皆さんは、ぜひともこの機会に講座にご参加下さい。受講料は無料です。

■日時
  2007年2月21日 (水) 18:00〜20:00

■会場
  SEC末広ビル
  住所:〒040-8632
  函館市末広町22-1
  MAP:こちらから
  ※駐車場はありませんので 公共交通機関をご利用下さい。

■内容
  日本財団のCANPAN※を使い、実際にそれぞれのホームページ(ブログ)を作成しながら、
  その作成方法を学びます。

  ※CANPAN:日本財団が公益活動促進のため開設している公益活動コミュニティサイト。

■講師  荻上 健太郎(日本財団情報グループCANPAN運営事務局)

■定員  20名
      定員になり次第締め切りさせていただきます。

■受講料  無料

■お申込み
 2月16日(金)までに下記へお申込み下さい。
 市民活動を行っている方で、ホームページの閲覧程度以上のパソコン操作ができる方に
 限らせていただきます。

■お申込み・問合せ先
   函館市企画部政策調査課函館市市民活動サポートセンター

以上、主催者ホームページより引用
| 次へ