CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2006年10月 | Main | 2006年12月»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
月別アーカイブ
NPOの広報物を通して学ぼう【レポート】【NPOのための広報スキルアップセミナー】 [2006年11月28日(Tue)]
2006年11月25日(土)に岡山で開催された、

伝えるコツを身につけよう
〜NPOのための広報スキルアップセミナー〜


に参加しました!

そのレポートをお送りします!

【レポート】
第3部:NPOの広報物を通して学ぼう
講師:鶴保 正明氏((株)電通 クリエーティブディレクター)

■NPOの広報物から学ぶ(実際のチラシなどから)
・作る人の思いを込めすぎた結果、キャッチフレーズが多すぎる。
→キャッチフレーズが多すぎると焦点がぼけてしまう。
・団体を説明するフレーズが多すぎる。
→団体を説明するフレーズは一つにし、しっかりとイメージをうけつけることが大切。ターゲットごとに使い分けない。
・連絡先がただ掲載されているだけ。
→何をしてほしいのか、どんなときに連絡してほしいのか、などもきちんと記載する。
・募金協力のチラシで、「募金にご協力ください!!」という直接的な表現。
→いいことをしているときこそ、押し付けにならないように気をつけることが重要。
・コンセプトを説明する文で、「思う」「考える」という文末を多用しすぎている。
→「思う」「考える」は自分たちのことなので、それだけでは相手を動かせない。
・情報量が多すぎて誌面がビッシリ埋まっている。
→色々盛り込みたい気持ちは分かるが、ある程度の空白も必要。
・親しみのわくイラストを使っているのに、多すぎる情報量に埋もれている。
→イラストを使う場合は、その周辺に空白を配置すると効果的。
・カラフルにしすぎて見にくくなっている。
→色の使いすぎには注意。カラフルにすれば良いというわけではない。
・コンセプトを説明する文章が長くなりすぎている。
→思いが先立ち、つい長くなってしまうが、長い文章は読むほうがつらいということを忘れずに。場合によっては、コンセプトそのものの再検討も必要。
・表裏のチラシなのに、表と裏の関連性がほとんどない。
→全体構成から考えなおす。表裏にする必要があるのか、伝えたいことは何なのかなどを考え直すと、全体構成も変わるかも。



【プログラム】
伝えるコツを身につけよう
〜NPOのための広報スキルアップセミナー〜

日時:2006年11月25日(土)10:00〜17:30
場所:ルネスホール
主催:NPO広報力向上委員会
協力:岡山NPOセンター日本NPOセンター
講師:鶴保正明氏(電通クリエーティブディレクター)
内容:
第1部伝えるコツをやってみようPart1
第2部伝えるコツをやってみようPart2・3
第3部NPOの広報物を通して学ぼう
伝えるコツをやってみようPart2・3【レポート】【NPOのための広報スキルアップセミナー】 [2006年11月28日(Tue)]
2006年11月25日(土)に岡山で開催された、

伝えるコツを身につけよう
〜NPOのための広報スキルアップセミナー〜


に参加しました!

そのレポートをお送りします!



【レポート】
第2部:伝えるコツをやってみようPart2・3
講師:鶴保 正明氏((株)電通 クリエーティブディレクター)

■コミュニケーションの3つのキーワード
(1)何を(コンセプト)
(2)誰に(ターゲット)
(3)どう(How)
・コンセプトとは、ただ考えや概念だけでなく、相手に響く、伝わるようになっていることをさす。
・何を×どう=メッセージ。
・発信者(送り手)と受信者(受けて)を媒介し、メッセージを伝えるのがメディア。
・発信者→受信者だけでなく、受信者→発信者のリアクションがあってはじめてコミュニケーションになる。
・発信者→受信者だけでは単なる伝達。
・発信者と受信者がいる場、とりまく環境も重要な要素。
・コミュニケーションは複雑なことではないが、構成要素を一つ一つしっかり考えていかないと、いいコミュニケーションは成立しない。

■ドリル「コミュニケーション考え方シート」
・コンセプトがはっきりしないのは、活動の課題とコミュニケーションの目的が明確にできていないから。
・メディアの選択は、方針に基づいて多様に選べばよい。たとえば、できるだけお金のかからないメディアを選ぶなど。
・伝えたいこと、知ってもらいたいことの本質「○○って何?」「○○は〜である。」をとことん追求する。ここをあいまいにすると、いい結果にはつながらない。

■話法や文体
・ミドリ安全のTVCMは、ワークウエア導入に影響力のあると想定される、経営者や総務部長などをターゲットに。
・経営者や総務部長など、比較的年配の方を意識した話法を採用している。
・何を言うか(What to say)とどう言うか(How to say)をセットで考える。

■コミュニケーションのスタートとゴール
・スタートは?(疑問)、ゴールは!(気づき)。
・スタートは?、ゴールは??となってしまうコミュニケーションが多い。
・人類を動かしてきた2つの記号。「?」「!」
・世界で一番短い手紙(バルザック?)バルザック→出版社へ「?」、出版社→バルザックへ「!」

■鶴保氏の作成した広告の紹介
・「走」の漢字だけのキャッチコピー(1985年ワールドカップマラソン)
・「止まれのマーク」しらない話が、いちばん面白い(1988年DAYS JAPAN)
・「原子力のマーク」ほんとうの話が、いちばん恐ろしい。(1988年DAYS JAPAN)
・一冊で帰ってきてね、と妻が言った。(講談社文庫)
・スイリとスイマの、たたかいです。(講談社文庫殺人事件(ミステリーフェア))
・「ヤマ」「ブツ」「ホシ」(講談社文庫殺人事件(ミステリーフェア))
・推理小説ファンをターゲットにすることで、推理小説ファンの心に響く。

■記号と数字
・記号は上手に使うと、一文字で多くのことを伝えられる。
・数字も上手に使うと、多くのことを伝えられる。
・1、0という数字は強い力をもつ。
・3という数字のマジック。
・1は絞り込むのに勇気がいる。2はYES/NOの二者択一。3は多すぎず少なすぎない。
・3には多数という意味もある。三国一の花嫁など。
・日本人は3という数字が好き。日本三景や三大○○など。
・中国人は5という数字が好き。五経など。

■人は理屈(理性)では、動かない
・正しいことを正確に伝えればいいというわけではない。
・話法、文体、デザインにおける、トーン(調子)とマナー(態度、物腰)の使い分けが重要。
・言葉=理性、デザイン=感性。
・キーワードの選択が重要。

■インプットとアウトプット
・インプットなくしてアウトプットなし。
・日ごろから様々な情報を自分自身にインプットすることが必要。
・インプットの基準となるものを確立するとよい。新聞、雑誌、Webサイトどれでもよい。
・インプットしていると気がつくのは、キーワードとタイトル(ネーミング)の重要性。
・インプットのソースとして意外に役立つのはカルチャーセンターや公開講座の講座名。
・何かを思いつく瞬間が多い3ヶ所。(1)ベッドの上、(2)乗り物の中、(3)トイレ。

以上

【プログラム】
伝えるコツを身につけよう
〜NPOのための広報スキルアップセミナー〜

日時:2006年11月25日(土)10:00〜17:30
場所:ルネスホール
主催:NPO広報力向上委員会
協力:岡山NPOセンター日本NPOセンター
講師:鶴保正明氏(電通クリエーティブディレクター)
内容:
第1部伝えるコツをやってみようPart1
第2部伝えるコツをやってみようPart2・3
第3部NPOの広報物を通して学ぼう
伝えるコツをやってみようその1【レポート】【NPOのための広報スキルアップセミナー】 [2006年11月28日(Tue)]
2006年11月25日(土)に岡山で開催された、

伝えるコツを身につけよう
〜NPOのための広報スキルアップセミナー〜


に参加しました!

そのレポートをお送りします!



【レポート】
第1部:伝えるコツをやってみようPart1
講師:鶴保 正明氏((株)電通 クリエーティブディレクター)

■ガイダンス
・テキストの15のヒントからの学び、後半で実践してアウトプットを。
・思うようにはいかないのが普通。では、なぜうまくいかないのかも説明したい。
・How toを学ぶだけではだめ。How toを学べばうまくいくという勘違いが多い。
・そもそも伝えるとはどういうことか、コミュニケーションとはどういうことか、に向き合うことがまず必要。

■コミュニケーションって、何?
○コミュニケーションのスタートとゴール
・セミナーに参加する場合、チラシを見た時点ですでにコミュニケーションは始まっている。
・ゴールをイメージすることが重要。

○本質をつかむ
・うまくいかない場合、間違った場合は、多くの場合、問題設定や問いかけが間違っていることが多い。

○相手はどんなコトをするか
・コミュニケーションとは、相手に伝えて何か行動してもらうことが最終目的。

■TVCMの紹介
・チャップリンは、「あなたのベスト作品は?」という問いかけに対して、「次に作る作品が私のベスト作品である。」と答えていた。
・鶴保氏の最新作品、11月20日からオンエアされたばかりのTVCMを紹介。
・週に1回、1番組でしかオンエアされていないもの。
・ミドリ安全のTVCM「熟年離婚編」。30秒ものと60秒もの、120秒ものを比較。
・「気持ちが一つになるワーキングウエア」がテーマ。
・コマーシャルっぽくしないことをコンセプトに作成。
・出演者はハンガリー人。どこの人だろうと思わせる効果。
・映画的な演出にしたいので、演出家を誰にするかを考える。市川ジュン氏に依頼した。
・タイトル「熟年離婚」の重要性。スポンサーに説明する際に、テーマを明確に伝えることで、イメージをしっかりもってもらうことができる。
・欧米は、「はじめに言葉ありき」「言葉は神である」という、言葉がなければ世界は成立しないという価値観。
・ミドリ安全を紹介したのは、知名度の低い企業の取り組み(広報)を紹介したいため。
・一般的にNPOは知名度が低いので、誰でも知ってる企業の取り組み(広報)はあまり参考にならない。

■知名度が低い企業の広報
・ミドリ安全の「喫煙亡命者編」(2000年)の紹介。
・2000年当時は公共施設禁煙への端境期で、分煙という考え方が出てきた頃。
・スポンサーに対しては、必ず複数案を提案する。
・ミドリ安全の場合は3案を提案した。
A案:さすらいのヘビースモーカー(喫煙に対して逆風が吹き始め、つらい立場になってきた喫煙者をテーマ)
B案:恋するスモーク(吐いた煙でハート型を作りプロポーズするが、分煙機で吸い込まれてしまう、分煙機の性能をアピール)
C案:喫煙亡命者(タバコを吸うために、分煙天国(喫煙天国)の日本にやってくる、喫煙に関する日米の文化の違いに焦点)
・3案はそれぞれ問いかけの設定が異なる。
・当時、日立やナショナルなどの超有名・大手企業も分煙機を製作していたので、知名度で圧倒的に劣るミドリ安全は思い切ったC案を選択した。
・インパクトのあるC案を採択したことで、ミドリ安全の知名度は一気に向上し、分煙機のシェアをほぼ独占するまでになった。

■コミュニケーションにおける3つの問題
(1)自分に問題がある
(2)相手に問題がある
(3)自分と相手の関係に問題がある
・相手が悪いと考えてしまうと、それ以上先に進めない。
・まずは、自分に何か問題があるのでは、というところから考える。
・アイ(I(私))からコミュニケーションは始まる。
・私(自分たちの団体)はいったい何者なのか?を考えることがスタート。

■ドリル1〜3
(1)私はどんな人間なのか?自分たちの団体は何者なのか?
・私はどんなキャラクターなのか?を考えることもよい。
(2)団体がいまやっていること、これからやろうとしていること。
(3)自分たちの団体はどんな団体だと思われているか?を想像してみる。
・相手から自分は(自分たちは)どう見られているのか?
・相手という鏡に映る自分を想像してみる。

■キャラクター
・キャラクターを簡単に考える2軸。まじめ←→おもしろい、やさしい←→パワフル
・2軸の裏の側面。まじめ=硬い、融通が利かない。おもしろい=不誠実、軽い。やさしい=優柔不断。パワフル=独断、自分勝手。
・自分の考えるキャラクターと相手から見えるキャラクターはまったく異なることもある。
・企業はこのキャラクター分析を徹底的にやっている。

■ドリル4〜5
(4)課題の整理
・組織・運営の課題、事業・活動の課題、広報やコミュニケーションの課題という3つの視点で整理する。
(5)コミュニケーションの課題
・団体の抱える課題を重要な順に洗い出す。
・コミュニケーションで解決できそうなものを選ぶ。



■質疑
・どれくらい費用かかったのか?
→制作費は約3000万円、広告媒体料は1回約500万円。
・お金をかけない方法は何かあるか?
→広告はお金がかかるが、報道されれば費用はかからない。報道されるようにがんばるという手もある。
・TVCMが効果的なのはどんなとき?
→一度に大勢の人に伝えるたい場合に向いているのがTVCM。
→TVCMは時間が短いので、商品の詳細を伝えるのではなく、商品を知ってもらう、商品名を覚えてもらうことを目的にし、その目的に合わせて作りこむ(商品名の連呼など)ことが多い。

・TVCMなどの効果の測定はどうしているのか?
→広告の効果の調査を専門にやっている会社も多い。
→商品を売ることが目的の場合、売り上げですぐに効果が判定される。

→副次的な効果としては、就職希望者から「あの広告を見て希望した」というように、企業のイメージアップにつながることもある。このような効果はすぐには測定できない。

以上

【プログラム】
伝えるコツを身につけよう
〜NPOのための広報スキルアップセミナー〜

日時:2006年11月25日(土)10:00〜17:30
場所:ルネスホール
主催:NPO広報力向上委員会
協力:岡山NPOセンター日本NPOセンター
講師:鶴保正明氏(電通クリエーティブディレクター)
内容:
第1部伝えるコツをやってみようPart1
第2部伝えるコツをやってみようPart2・3
第3部NPOの広報物を通して学ぼう
| 次へ