CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ■公益ポータル | Main |  |-レポート(その他セミナー・講座)»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
【レポート】地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト東北ブロック会議in仙台(2009年5月18日開催) [2009年05月21日(Thu)]
月曜日に、宮城県仙台市で、せんだい・みやぎNPOセンターさん主催により、

地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト東北ブロック会議in仙台(2009年5月18日開催)

が開催されました。

この会議には16名(荻上カウントで)の方がご参加されました。
みなさまどうもありがとうございました。

この会議のレポートをお送りします。

【レポート】
■開会挨拶
加藤哲夫さん(せんだい・みやぎNPOセンター)
・ITの進化に伴い、NPOの情報開示や情報発止の仕方も変化し、それの支援の仕方も変化してきている。
・団体の情報開示の推進をしっかりと全国的に展開することと、中間支援のあり方の向上を連動して進めていきたい。
・役所の信用だけでシステムを開発したり、信用創造を進めることの是非。
・勉強会を通じて、この情報開示のあり方について議論することで、土壌形成をしていきたい。
・NPO法人の事業報告書も内容は課題が多く、情報開示のあり方を行政とも一緒に検討していきたい。

■推進会議の趣旨説明
川北秀人さん(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])
・企業も行政も「ここをみれば大丈夫(信用できる)」という情報を求めている。
・助成する(=支援のプロ)が求めている情報(申請書の項目)を調査し、団体情報基本シートを作成した。
・情報開示を促したい、ということは支援する側も、情報を開示しする側も求めている。
・促進するためには共通の基盤(強制する必要はないが)が必要となる。
・資金提供者が期待することは、@状況の緩和、改善、A原因の解消、B基盤の整備、C担い手の成長の4点。
・ITの進化で情報発信の手段が多様化、安価化し、流通する情報量は爆発的に増えた。
・河北新報だけで、NPO,市民活動というキーワードは年間3000件以上出てくる。市民の目に触れる機会は増えた。
・しかし、「情報がない」「団体のことがわからない」という話はいまだに減らないのはなぜか?
・情報の量は増えたけど質が向上していない。
・質=相手の知りたいことに答える情報。
・91機関、133プログラムの助成金申請書で尋ねられる項目を調査し、団体基本シートを作成。
・必ず尋ねられることは、@団体の概要、A事業のニーズ、B事業の実現可能性の3点。
・団体基本シートがあれば、就職活動におけるエントリーシート、大学入試におけるセンター試験のように、活用ができる。
・団体の情報には、随時更新すべき情報(活動情報(フロー情報))と蓄積していくべき情報(団体概要(ストック情報))との2種類がある。
・情報を必要とする支援する側(行政、助成機関等)が自分たちにとって都合のよいやり方で情報収集し、自分たちだけで利用しているので、まっとうなNPOがまっとうに情報開示できる基盤がない、広がらない。

■事例紹介「せんだい・みやぎNPOセンター」
加藤哲夫さん(せんだい・みやぎNPOセンター)

・みんみんポータル(http://minmin.canpan.info)のと利組紹介。
・まっとうな情報開示ができる団体を支援する取り組み。
・CANPANと連携することで、独自の取り組みでとどめず、全国的な展開の流れをつくっていきたい。
・連携することでそれぞれの役割を分散化することができ、分散の集合で大きな力を発揮できる。

■CANPANの事業紹介
荻上健太郎(日本財団)



■事情共有
○畠山順子さん(遊学舎)
・あきたスギッチファンドを運営。
・助成金は事業内容の審査に重きを置き、資金使途は問わない方式。

○東海林靖志さん(山形県)
・やまがた社会貢献基金を運営。
・1億円(県5000万円、他5000万円)を目標にしていたが、ある大口寄付があったために目標は達成済み。
・寄付者への税制優遇がある。

○コメント
・経過の発信と結果の報告の両方が必要。
・いつまでも県の運営だけでは限界があるので、情報開示を促進するためにも運営協議会のような運営方式も検討したらよいのでは。

以上
【レポート】「社会貢献支援事業」説明会(東部会場・西部会場)in島根(2009年4月25・26日開催) [2009年04月27日(Mon)]
土日に、島根県松江市と浜田市で、ふるさと島根定住財団さん主催により、

「社会貢献支援事業」説明会(東部会場・西部会場)

が開催されました。

この講座には、東部会場17名、西部会場名(荻上カウントで)の方にご参加いただきました。
みなさま、どうもありがとうございました!

【一言】
今回の説明会は、3月26日付で島根県とふるさと島根定住財団そして日本財団が連携し、4月1日から運営がスタートしたしまね地域ポータルサイトだんだん、そしてしまね社会貢献基金の関連講座でした。

このしまね地域ポータルサイトだんだんは自治体とCANPANが連携する初の事例となりますが、今回の説明会でも、島根県そして定住財団のみなさんの熱い意気込みにふれることができ、私自身も改めて思いを熱くしました!


【レポート】
■4月25・26日の説明会で登録された団体
美郷町心の健康を守る会
NPO法人ターミナル・難病・重度障害者いずも在宅支援ネットワーク
NPO法人たすけあい平田
平田青年会議所
桜江古文書を現代に活かす会
特定非営利活動法人 斐伊川流域環境ネットワーク
ハートでつなぐドラムサークルしまね
大田ルーテル・ラブリー児童クラブ
A-GENERいわみ
ひまわり
あじさい
NPO法人はとぽっぽ
NPO活動推進室
以上13団体

■4月25・26日の説明会で開設されたブログ
はれたらいいな-(美郷町心の健康を守る会)
おやこ劇場日々あれこれ(hotori)
いずも在宅支援ネットワーク(NPO法人ターミナル・難病・重度障害者いずも在宅支援ネットワーク)
まめなか通信(NPO法人たすけあい平田)
☆社団法人平田青年会議所のブログです☆(平田青年会議所)
温故創新by古文書(桜江古文書を現代に活かす会)
斐伊川くらぶ(特定非営利活動法人 斐伊川流域環境ネットワーク)
ハートでつなぐドラムサークル(ハートでつなぐドラムサークルしまね)
日々是好日(翔太郎)
大田ルーテル・ラブリー児童クラブのブログ(大田ルーテル・ラブリー児童クラブ)
A-GENERいわみ(A-GENERいわみ)
NPOひまわりブログ(ひまわり)
あじさいブログ(あじさい)
浜田・はとぽっぽ ブログ(NPO法人はとぽっぽ)
くろブログ(黒川)
ぼんの活動日誌(orange)
中山間地域で暮らす(藤本 穣彦)
定住財団新人スタッフブログ(島根の大江)
チームNPO奮戦記(NPO活動推進室)
以上19ブログ

■講座のレジュメ
○ブログ活用とCANPAN紹介


○ブログ開設マニュアル


○団体登録マニュアル


■講座の模様
○西部会場はいわみーる


○みなさんに熱心に団体登録とブログ開設に取り組まれました


■開催要項
開催要項はこちら

以上
【レポート】コツを覚えてサクサク更新!NPOのブログ活用講座【入門編〜団体情報登録からブログ開設まで〜】in千葉(2009年4月24日開催) [2009年04月25日(Sat)]
昨日、千葉県千葉市で、ちば市民活動・市民事業サポートクラブさん主催により、

コツを覚えてサクサク更新!NPOのブログ活用講座
【入門編〜団体情報登録からブログ開設まで〜】


が開催されました。

この講座には、10名(荻上カウントで)の方にご参加いただきました。
みなさまどうもありがとうございました。、

【一言】
今回の講座は、ちば市民活動・市民事業サポートクラブさんが運営される公益ポータルサイト「ちばのWA!」の推進の一環として開催されました。

このちばのWA!は主催者だけでできるものではなく、趣旨を理解し、情報開示に積極的に取り組む団体が増えることで初めて、その価値と効果が高まるものです。

今回の講座にご参加いただいたみなさんも、ぜひ、今日をきっかけとして情報開示に積極的に取り組み、ちばのWA!を支える一員として頑張って下さい。

それでは、今回の講座のレポートをお送りします。

【レポート】
■4月24日の講座で登録された団体
特定非営利活動法人コラボしろい
山武市市民交流サロン
NPO法人DV被害者支援活動促進のための基金
森林塾かずさの森
パソコン物語
NPO法人セカンドスペース
特定非営利活動法人 子ども劇場千葉県センター
以上7団体

■4月24日の講座で誕生したCANPANブログ
活き活きしろい(特定非営利活動法人コラボしろい)
山武市民交流サロンブログ(山武市市民交流サロン)
DV被害者支援活動促進のための基金(NPO法人DV被害者支援活動促進のための基金)
ちばのWA!基金ブログ(基金担当)
そまびと(森林塾かずさの森)
物語ブログ(パソコン物語)
NPO法人セカンドスペース(NPO法人セカンドスペース)
子ども劇場千葉県センター(特定非営利活動法人 子ども劇場千葉県センター)
以上8ブログ

■講座のレジュメ
○ブログ活用とCANPAN紹介


○ブログ開設マニュアル


○団体登録マニュアル


■講座の模様
○主催者からのご挨拶


○パソコンに向かって団体登録とブログ開設を行いました


■開催要項
開催要項はこちら

以上
【レポート】全国初!自治体と日本財団が公益ポータル連携 [2009年03月27日(Fri)]
昨日、島根県松江市にある島根県庁本庁舎にて、島根県ふるさと島根定住財団日本財団による、「CANPAN公益ポータル活用の連携調印式」が行われました。

この調印式には、島根県環境生活部の錦織部長、ふるさと島根定住財団の松原専務理事、そして日本財団の前田常務理事が出席し、連携合意書への調印、今後の活用に向けた対談を行いました。

【調印式でサインした合意書を手に記念撮影】


【調印後は対談も行われました】


【こちらが調印した合意書】


※山陰中央新報社のサイトで写真付きで紹介されています。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=511018004

■全国初!CANPAN公益ポータルを活用した自治体と日本財団の連携
今回の連携により、まもなく、2009年4月1日より島根県がスタートする「しまね社会貢献基金」において、基金への登録用件にCANPANでの団体情報の登録・開示が義務づけられるとともに、ふるさと島根定住財団がCANPAN公益ポータルを活用して運営する「しまね公益サイト」(http://shimane.canpan.info/)(4月1日より閲覧可)が情報基盤として稼働することになります。

自治体の運営する基金の情報基盤を既存の民間サービスとの連携により運営するというのは、CANAPNとしては全国初であるのはもちろんのこと、そもそも全国初の事例ではないかと思います。

■今回の連携の意味は?
今回の連携は、これまでの「団体データベースを各地の自治体が自前で作りたがるけど、作っただけで活用されない、団体にとっても地域にとっても役に立たないことが多い」という現状を官民連携で打破する、大きなきっかけになるものと期待しています。

CANPANは、2005年6月の開設当初から、日本の公益データベースを変革し、本当にみんなの役に立つ、そしてより豊かな社会の実現に貢献するデータベースを構築、促進していきたいという構想をもっていました。

この構想が、2008年度にスタートした公益ポータルにより実現へ向けた大きな一歩を踏み出しました。

■CANPAN公益ポータルの取り組み状況
これまでにも、

せんだい・みやぎNPOセンター(宮城県)の運営する「みやぎの公益活動ポータルサイトみんみん」(2008年6月10日オープン)
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(千葉県)の運営する「市民、NPO、企業を結ぶ公益ポータルサイト ちばのWA!」(2009年2月25日オープン)
とちぎコミュニティファンド(栃木県)の運営する「とちコミポータルサイト」(2009年3月3日オープン)

と、民民連携により全国で3つの取り組みがすでにスタートしています。

また、まもなく、

きょうとNPOセンター(京都府)の運営する「きょうえんポータル」(2009年3月31日)
ふるさと島根定住財団(島根県)の運営する「しまね公益サイト」(2009年4月1日)

とオープンし、5つの取り組みへと増える予定です。

CANPANでは、今後この公益ポータルによる連携を、全国の中間支援組織や自治体、助成機関などと連携してすすめ、2011年度末までに50ポータルの構築を目指しています。

■2008年度を振り返って
この連携を進めるには、ビジョンの共有とコミットメント、そしてお互いの信頼関係が欠かせません。

なんのためにデータベースをつくるのか?
それは本当に活用されるのか?
それは本当に団体の役に立つのか?
それは本当に地域の役に立つのか?
それは本当に社会の役に立つのか?

それを本当に実現できるのか?
それを本当に継続できるのか?
それを本当に活用できるのか?

この相手で本当にいいのか?

情報基盤は運営基盤でもありますので、非常に重い意味をもっています。

だからこそ、様々なハードルを乗り越えて連携が実現すると、そこから得られる果実も大きなものになるのだと思います。

2008年度の一年間は、私自身にとっても「公益ポータルな一年」でした。

全国各地、本当にあちこち飛回りました。(その分おいしいお酒と肴も楽しみましたが)
そんな自分の一年の振り返りの意味も込めて、ここにまとめてみました。
【レポート】「しまね社会貢献基金(案)」の説明会in松江(2009年3月22日開催) [2009年03月23日(Mon)]
今度の日曜日に、島根県松江市で、島根県さん主催により、

「しまね社会貢献基金(案)」の説明会in松江

が開催されました。

この説明会には、13名(荻上カウントで)の方にご参加いただきました。
みなさま、どうもありがとうございました。

【一言】
島根県とCANPANは、4月1日にスタートする「しまね社会貢献基金」の情報基盤を連携します。

具体的には、この基金に利用登録するためには、CANPANの団体情報開示機能に団体登録をして情報開示をすることが要件になります。

地方自治体と民間サービスが基金の運営で連携する、しかも、核となる情報基盤の部分で連携するという新しい試みになります。

それではこの説明会のレポートをお送りします。

【レポート】
■説明会で配布した資料
○CANPAN説明資料


○CANPANへの団体登録マニュアル


○CANPANブログの開設マニュアル


■説明会の模様
○NPO活動推進室長より開催挨拶


○県担当者より基金の概要説明


以上
【レポート】CANPAN団体登録 合同説明会in宇都宮(2009年2月24日開催) [2009年02月26日(Thu)]
おととい、栃木県宇都宮市で、とちぎコミュニティファンドさん主催により、

CANPAN団体登録 合同説明会in宇都宮

が開催されました。

この講座には、12名(荻上カウントで)の方にご参加いただきました。
みなさま、どうもありがとうございました!

【一言】
とちぎコミュニティファンドさんとCANPANが連携し、3月3日のひなまつりの日から、「とちコミポータル」という公益ポータルサイトがスタートします。

これまで、とちぎコミュニティファンドさんは、地域による地域の地域のためのファンドの運営を、自前のウェブサイトを使ってこられましたが、このたび、CANPANの提供する公益ポータルサイトを使って連携することになりました。

この連携により、とちぎコミュニティファンドさんによる取り組みが、栃木という地域だけでなく、全国ともつながっていくことになります。

【レポート】
CANPAN団体登録 合同説明会in宇都宮

■講座のレジュメ
○講義の資料


○団体登録のマニュアル


■講座の模様


■開催要項
開催要項はこちら

以上