CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«これまでのファイナリストが語る!edgeとの出会い、そして今【レポート】【edge2007ファイナル】 | Main | 伝えるコツをやってみようその1【レポート】【NPOのための広報スキルアップセミナー】»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
最終審査結果の発表!と審査委員からのメッセージ【レポート】【edge2007】 [2006年11月27日(Mon)]
2006年11月23日(木)に開催された、

社会起業家をめざす若者のためのプラン・コンペティション
edge2007ファイナルプレゼンテーション(公開最終審査会)


のレポートをお送りします!

【レポート】

<最終審査結果>

■優秀賞
Internashokunal(インターナショクナル)
(菊池信孝さん・林和子さん・東浜美咲さん)



■奨励賞
ネクタイTPO化計画〜衣のバリアフリー化
(春名竜太さん)

Empwer&Develop Community project「食」を通じてコミュニティの維持・再生・進化と人材育成を目指すプロジェクト
(森衿夏さん・金山崇さん)



■MOSTドネーション賞
Internashokunal(インターナショクナル)
(菊池信孝さん・林和子さん・東浜美咲さん)

■審査委員からのコメント、メッセージ
教育を志す学生コミュニティの支援(杉山史哲さん・松村幸裕子さん・田中統章さん)へ
・魅力的な教師とはどんな教師か?という点をもっと掘り下げてほしい。
・教師という枠にとらわれずに社会を見ることを忘れないでほしい。

NPOコミュニティ化構想(株式会社enzin縁人(嘉村賢州さん))へ
・セミファイナルからファイナルへの改善度が少なかった。
・中間支援をテーマにしているので、問題点の浮き彫り化が難しかった。
・プレゼンテーションは分かりやすくまとまっている点は評価したい。

ネクタイTPO化計画〜衣のバリアフリー化(春名竜太さん)へ
・プレゼンテーションにはインパクトがあり、情熱も伝わってきた。
・一方で、一人プロジェクトで周囲を巻き込めていない、という印象を与えてしまった。
・社会性の視点を忘れずに。

Empwer&Develop Community project「食」を通じてコミュニティの維持・再生・進化と人材育成を目指すプロジェクト(森衿夏さん・金山崇さん)へ
・自分ひとりではできない。仲間をどうやって作っていくか。
・右手と左手、右足と左足を全部動かそう。4つの方向性を同時に模索しながら。
・食を通じて、通じるためにはある程度のパイをもたなければ、という点を考えてほしい。
・プレゼンテーションのうまさというのも必要。自分に対して努力目標を設定すること。

Internashokunal(インターナショクナル)(菊池信孝さん・林和子さん・東浜美咲さん)へ
・edgeで人が育ち、プランが洗練されていくといういい例。
・周りを巻き込みながら、自分も成長していく、後半の展開はすばらしい。
・最優秀賞ではなく優秀賞にしたのは、地に足をつけて成長してほしいという思い。

○審査委員長から
・燃え尽き症候群にならないように。
・最優秀賞がなかったということは、燃え尽きるにはまだ早いということ。
・これを機会にますます精進してもらいたい。

以上
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント