CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«公益ポータルの輪がどんどん広がっています! | Main | 【祝】北海道地域公益ポータル「どさんこ」»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
今日から2月! [2010年02月01日(Mon)]
早いもので今日から2月ですね。
ついこの間「さぁ2010年、新しい年もがんばるぞ!」と言っていたような気がします。

ところで、みなさんはなぜ2月の日数が他の月より少ないかご存知ですか?
当たり前すぎて気にしていないことですが、ちょっと確認しみましたらこんな記述がありました。

「2月だけ28または29日なのは、初代ローマ皇帝アウグストゥスが紀元前8年、8月の日数を30日から31日に変更し、そこで不足した日数を2月から差し引いたためである。」

ローマ皇帝って月の日数まで変えられちゃうんですね。アウグストゥスとは「尊厳なる者」という意味だそうです。でも、今どきなら「アウグストゥース!!」って春日っぽい感じになっちゃいそうですね。。。

ちなみに日本の如月という名称についてはこんな記述がありました。

「日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。『如月』は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の『きさらぎ』という名称とは関係がない。『きさらぎ』という名前の由来には諸説ある。

・旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから『衣更着(きさらぎ)』
・草木の芽が張り出す月であるから『草木張月(くさきはりづき)』
・前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから『来更来(きさらぎ)』
・陽気が更に来る月であるから『気更来(きさらぎ)』
・他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もある。


ふーん、なるほどね。八百万の神の国日本らしい、万物の諸現象と密接に関係した由来ですねぇ。

ということで、2月も頑張っていきまーす!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント