CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2008年10月10日今日の空 | Main | 2008年10月11日今日の空»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
【レポート】秋の助成金講座in鳥取 [2008年10月10日(Fri)]
昨日、鳥取県倉吉市で、とっとりNPOネットワークさん主催により、

秋の助成金講座in鳥取

が開催されました。

この講座は午後の部と夜の部のダブルヘッダー開催だったのですが、

午後の部:20名
夜の部:7名

の方にご参加いただきました。(荻上カウントで)
みなさん、どうもありがとうございました!

今回の講座のレポートですが、遠足計画のブログで、石原さんがとてもすばらしいレポートを書いて下さっています。

自分の講座が他の人からどのように見られているのか?どのように伝わっているのか?
とても良い勉強になりました。

みなさんもぜひご覧下さい。
遠足計画のブログでのレポート

それでは、講座のレポートをお送りします。

【レポート】
秋の助成金講座in鳥取

■講座のレジュメ


■講座の模様
○会場はシビックセンターたからや


○午後の部は20名の方にご参加いただきました。


○夜の部は7名の方にご参加いただきました。


■質疑応答
Q.公的な補助金で2分の1補助の場合に、残りの自己負担分を助成金申請することは可能か?
A.申請できるかは制度によって異なる。
申請するだけならできる場合もある。申請が可能かどうかは募集要項で確認してほしい。
ただし、助成してもらえるかといえば、日本財団の場合は不採択になる。他の補助金や助成金が主となる事業への補填的な助成は行わない。

Q.同時に複数の事業を申請することは可能か?
A.可能。
日本財団の場合は、同時に複数の事業の申請も可としている。
また、同じ年度に、福祉車両、改修事業、通常募集と複数の制度に申請することも可能。

Q.福祉車両の制度で対象になる福祉車両の範囲は?
A.いわゆる福祉車両の範囲。
高齢者や障害者の移送サービスなど、いわゆる福祉車両的な使用範囲となる。
ただし、移送サービスを中心にしながら、たまに他の利用を行うくらいであれば問題はない。

Q.CANPANはどんな人が見ているのか?また利用できるのは日本財団の助成先だけか?
A.どんな人が見ているのかはわからない。助成先に限らずどなたでも利用可能。
CANPANは現在、月間訪問者140万人、月間の閲覧ページ数1000万ページくらい。ただし、どのような人が見ているのかまでは分からない。おそらくなんらかの形で市民活動や公益活動に関わっている人が中心だろう。
CANPANは助成先でなくてもどなたでもご利用可能。「世のため人のため」という広い意味での公益的な思いのある方であればどなたでも無料でご利用可能。

Q.株式会社は対象になるのか?
A.対象にならない。
いわゆる非営利組織である、財団法人、社団法人、社会福祉法人などの公益法人や、NPO法人、法人格のない任意団体が対象。

Q.補助率は決まっているのか?
A.募集要項を参照してほしい。
法人格の有無や対象分野などによって少しずつ異なるが、基本的には補助率があるので自己負担金が必要となる。

Q.対象の経費はどうなっているのか?
A.募集要項を参照してほしい。
ちなみに、事業に直接関係する人件費であれば対象になる。

Q.活動実績は必要か?
A.ある程度は必要。
具体的に何年以上などの決まりはないが、審査では助成という投資をするのにふさわしい相手かどうか?という視点で見るので、活動実績も大事な要素となる。
特に、助成金額が大きくなるほどこの実績も大きく求められると思って欲しい。

Q.団体の財務状況は判断材料になるのか?
A.審査の判断要素としてみる。
審査では団体が実行力、実現力があるかどうかを見るので、その一環で財務状況も確認する。

Q.関係者に有名人がいると審査で有利か?
A.あまり関係ない。
有名人を巻き込む力があるということはプラス材料にはなるが、有名人がいるから採択するということはない。
補足だが、たまに政治家を知っているからよろしく、というようなことを言われるが、いわゆるコネは効かないと思って欲しい。

Q.行政などとの連携はプラス材料になるのか?
A.他の組織と連携できるということがプラス材料になる。
他の組織との連携ができる団体の方が、大きな成果をあげてくれる可能性が一般的には高いので、審査でもプラスの判断材料になる。
補足だが、申請書の活動実績の欄にはきちんと実績を書いた方がよい。たまに、あんまり実績があると自力でできると判断されて審査で不利になるのは?と考える方もいるが、実績はきちんと書いた方がよい。

以上
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
石原@遠足計画さん♪

こちらこそ倉吉での講座では大変お世話になりました。

そもそも石原さんがお声がしてくれなかったら実現しなかった講座ですので、改めて感謝です!

また近いうちに鳥取でもお会いできることを楽しみにしています!

荻上@日本財団
Posted by: 返)石原@遠足計画さん  at 2008年10月13日(Mon) 19:51

昨日、一昨日、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。

講座自体も、その後も、本当にお世話になりました。変な話ですが、思ったよりも多くの方にご参加いただき、ニーズを実感でき、NPOネットワークにとって、とても有意義だったと思います。

また相談させていただきますので、ぜひとも、年明けぐらいに鳥取へお越しください。
よろしくお願いします。
Posted by: 石原@遠足計画  at 2008年10月11日(Sat) 16:44

申請書出す方向で頭を回しています。
役員に出来たら報告。だめもとでやってみます。
今度は夫が私を迎えに来ると思うので。ガンガン飲みます。お付き合いしますので。
Posted by: kusumoto  at 2008年10月11日(Sat) 11:14