CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2008年9月22日 今日の空 | Main | 2008年9月23日 今日の空»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
【レポート】情報開示ワークショップ〜信頼と資金へつなげる、確かな発信〜in名古屋 [2008年09月22日(Mon)]
おととい、昨日の二日間にわたり、愛知県名古屋市で、参画プラネットさん主催により、

情報開示ワークショップ
〜信頼と資金へつなげる、確かな発信〜


が開催されました。

このワークショップには、荻上カウントで、

・一日目:33名
・二日目:19名

の方にご参加いただきました。

どうもありがとうございました!

このワークショップのレポートをお送りします。

【レポートその1】
情報開示ワークショップ(理論編)
〜信頼と資金へつなげる、確かな発信〜


■講義「自発的・積極的な情報開示が信頼と支援を促す・支える〜情報開示の意義とポイントを再確認しよう!〜」(川北秀人さん(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]))
・資金提供者が期待することは、@状況の緩和・改善、A原因の解消(再発の抑制、防止)、B基盤の整備(社会にも、団体も)、C担い手の成長(特に、自主財源率の改善)、以上の4点。
・活動がいいから資金提供をするのではなく、資金提供することで基盤が整う、担い手が成長することを期待している。
・助成金の報告書も、資金提供者にただ提出するだけではもったいない。
・成果の冊子を売ることで資金源とするなど、自主財源率を向上することにつなげるところまで考える。
・ITの進化で、NPOに関する情報は膨大に、NPOに対する関心は非常に高く、なってきた。
・しかし、支援や寄付が増えない、広がらないという感じをもつのはなぜか?
・その根本原因は、「相手の立場から考えた情報」を出していないから。
・91機関、133助成プログラムの申請書、報告書の設問を調査した。
・申請書で聞かれることは、団体の概要(実績、歴史も)、事業のニーズ(本当のニーズかをデータや事例で)、事業の実現可能性(詳細かつ現実的に)
・IIHOEの事業報告書の工夫からお勧めしたいこと、@表紙や目次にハイライトを記載、A財政状況は数年分で経年変化が分かるように記載、Bこれまでの活動を年表にする、以上の3点。



■ワーク「信頼と資金につながる団体紹介シート作成」
○ワークの内容
・A3用紙に次の項目を記入する。
・表には、@読んで欲しい相手、A活動の目的と設立趣旨、B活動概要(10項目以内)を記入。
・裏には、C活動実績(15項目以内、時期、連携・協働相手、波及効果、社会的評価など)を記入。
・4人程度でグループをつくり、お互いの団体情報を添削する。
・記入した用紙を回し読みし、気になった点に下線を引き、質問や助言を付箋で書く。
・自分の用紙に書かれた付箋の確認と、他の人のを読んで気になったこと、学んだことを共有する。

○ワークから気がついたこと
・思いが伝わるような書き方ができていないことに気がついた。
・目的を書くときには、目的をもって書かなくては目的にならない。
・責任者は自分で書けるけど、他の人がちゃんと書けるか。
・概要は書けていても、詳細が書かれていないと伝わりにくい。
・誰に読んで欲しいのかを考えることの重要性を再認識した。
・読んで欲しい相手をきちんと定義しないと、自分がその伝えたい相手だと思ってもらえない。
・具体的な数字の記載がインパクトをもつ。
・伝えたい相手に響く言葉をつかうことが必要。
・活動実績には、いつ、どこで、何人という具体的な情報が必要。
・団体名が「地名+活動内容」というところが多く、ぱっと伝わりやすい。
・短い時間でこれだけの情報を書くのが難しい。

○ワークをへて川北さんから
・商品の基本条件は、@名前、A規格、B値段、C再現可能性(再生産性)、以上の4点。
・定款はつまらないもの、ではなく、定款も分かりやすい意味のあるものに変えればよい。
・団体の活動実績を定量的に表現できないのは、記録をつけていないから。団体の活動で記録を取るべきものをきちんと把握し、かつ記録をつける。
・すぐにできるお勧め、@団体の概要と実績を名刺に書くこと。A機関誌の住所欄に今年度のワンポイントアピールを記載する。



■質疑応答
Q.CANPANのカード決済の仕組みはいつから使えるのか?
A.2008年11月からの予定。

Q.団体情報開示機能の★印の目安は?
A.CANPAN側で設けたルールに沿って、入力した項目数に応じて自動的に★がつく仕組みになっている。
※このルールの詳細は、こちらの「よくある質問」をご参照ください。

Q.愛知ではみんみんポータルのような認証マークがつく予定はあるのか?
A.今のところ予定はまだ未定。
公益ポータルプロジェクトとして進めている中に、愛知では、参画プラネット、地域の未来志援センター、ボランタリーネイバーズの3団体も入っているので、今後、愛知でもこれらのセンターを中心にポータルが構築されることもある。

Q.資料をつくる場合に気をつけた方がよいことは?
A.一つの参考として。
ケアセンターやわりぎの石川治江さんの言葉。
「マニュアルは誰がみても分かるように指標を設け、そしてその指標に沿って誰もが指標化することが求められる。」
資料を作成する際に気をつけることの参考にしてほしい。

■CANPAN紹介のレジュメ


以上



【レポートその2】
情報開示ワークショップ(実践編)
〜信頼と資金へつなげる、確かな発信〜

■このワークショップで登録された団体
10団体(1団体はまだ非公開)

あかし情報誌グループ とまとPRESS
NPO法人男女共同参画フォーラムしずおか
しずおかおはなし会ネットおはなしききたい
岐阜市NPO・ボランティア協働センター
子ども劇場おやこ劇場岐阜県センター
npo設計士サポートセンター
特定非営利活動法人 ドリーム
NPO ウィ!エルダーマン
特定非営利活動法人手しごと屋豊橋

※団体情報開示のスタートお疲れさまでした。まずは情報開示度★1つからのスタートですね。ぜひ★5つを目指してがんばってください!
団体登録の方法はこちら→団体登録ガイド

■このワークショップで生まれたブログ
10ブログ(うち、団体ブログ:1、個人ブログ:9)

※団体ブログ開設の前に、当日開設できる個人ブログで練習いただいたブログです。
そのまま利用されるものもあれば、練習で終わりのものもあると思いますが、せっかくですので紹介させていただきます。

<団体ブログ>
とまとPRESS(あかし情報誌グループ とまとPRESS)

<個人ブログ>
キラッと輝くアナタの未来を応援します!(フォーラムしずおか)
放浪の虫が騒ぐんだな(Jamaa 萩野 )
子どもたちにやさしい心と夢と勇気を!(KAZUMI)
yume-jitugenn(まり)
ウィ!エルダーマン・テスト(エルダーマン)
ワイ・ワイ・ワイ(松村)
星降る夜に(vorabi)
志野のほ〜ん(志野)
発見・・・(吉田重一)

※本日より団体ブログが開設できる状態になっております。ぜひ、忘れないうちに、気持ちがさめないうちに団体ブログにも挑戦してください!

■団体登録のマニュアル
団体登録のマニュアルはこちら→団体登録ガイド

■ブログ開設のマニュアル
(←約8MBと重いです)

■パソコンルームで団体登録を実践中!


以上
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/6744

コメントする
コメント
内藤節子さん♪

おとといの助成金セミナーinあいちでも再会できましたね。

予想以上に参加者が多く、(主催者としてはうれしい限りですが)、個別相談で長い時間お待ちいただくことになってしまい、申し訳けございませんでした。

あの後、聞きたいことはちゃんと聞けましたでしょうか?

CANPANの方もどんどん活用してくださいね!

荻上@日本財団
Posted by: 返)→内藤節子さん  at 2008年09月30日(Tue) 12:11

NORIKOさん

すっかり遅くなってしまいましたが・・・

先日の情報開示セミナーでは大変お世話になりました。貴重な機会をいただきましてありがとうございます。

今回は二日目に実践編を設けたので、団体登録とブログ開設の練習までできましたね。

その後再会した方からは「その場で出来てよかった!」というお声もいただいています。

実践がとても有効なことを改めて実感しました。

まるさんかくしかくのブログの輪もどんどん広げていってください!

荻上@日本財団
Posted by: 返)→NORIKOさん  at 2008年09月30日(Tue) 12:08

荻上様
21日はお世話になりました。カンパンも拝見しました。これから少しづつ情報を追加していきますので、よろしくお願いいたします。28日にまた名古屋でお目にかかります。
Posted by: 内藤節子  at 2008年09月24日(Wed) 09:05

荻上さま
名古屋では、ありがとうございました。21日(日)に、つながれっとNAGOYAのICT室で、まずは一歩を記した団体の方々の情報やブログ…荻上さんのブログでリンクしてくださっていたので、さっそく訪問しました。

ほとんど無口でPCに向かっていた状況でしたが、できあがったブログから、それぞれの方々の表情がうかびあがってきました。

今後の展開を楽しみにしつつ…!
ブログ友達が増えそうです。
Posted by: NORIKO  at 2008年09月22日(Mon) 20:03