CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«サクラ サクよ。 | Main | 海外出張者に関する本部管理体制セミナー»
目 次
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaizokudan/index2_0.xml
Google

CANPAN全体
このブログの中
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
痴漢ポスターと安藤大将選手〜1/17のおれ〜 [2006年01月17日(Tue)]
先日、地下鉄の構内でこんなポスターを見かけました。



「今朝、痴漢の現行犯逮捕を目撃した。人として情けないと思う。」

よくある、痴漢ポスターなんだけど、ふと心に引っかかってしまった。

「痴漢」ってなんで「漢」なんだろう?

男女平等とか、ジェンダーフリーとかってことで、
「看護婦」→「看護士」
「保母」→「保育士」
とかいうように呼称が変えられたけど、なんで、
「痴漢」→「痴士」
とかってならないんだろう?

だって、痴漢は男が多いでしょとか、これまでそう呼んでたから、とかいろいろ理由はあるんだろうけど、でも、それを言ったら、看護婦や保母だって、みんな「看護婦さん」「保母さん」って親しみをこめて、普通に使ってましたよね。なのに、なんで痴漢は「痴漢」なんだろう?

別に、男女差別とかジェンダーフリーとかについてとやかくいうつもりはないのだけど、こういう、なんか「違和感」を感じることって暮らしの中で多いですよね。

注意  注意  注意

それはさておき、競艇の選手に、性同一性障害をかかえながら活躍した選手がいたのご存知ですか?昨年引退してしまいましたが、安藤大将選手選手です。最初は安藤千夏として女子選手としてデビューしましたが、39歳のときに、性同一性障害であることを告白して男子選手として再登録し、安藤大将として活躍されました。

ちょっといまさらだけど、安藤選手、お疲れ様でした!まる
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
安藤大将さんの検索でこちらにたどり着きました。男性になられてから、住之江で女性ファンに囲まれて輝いていた顔を思い出します。いろいろあったのだと思いますが、もうちょっと競艇選手で居てほしかったです。今、どうされてるのかな〜・・・。
Posted by: 千夏  at 2006年03月05日(Sun) 00:40