CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

JNANさんの画像
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaikei-tantou/index2_0.xml
10年目の理事会…[2018年04月12日(Thu)]

新しい年度を迎えられた皆さま、忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。

会計のお仕事で苦手なこと、色々あるのですが、とりわけ3月の理事会が苦痛でした。

決算予測の資料を作り、それを元に次年度の予算を立て資料を作る。
毎年繰り返してきた作業で大分まともな資料が作れるようになってきたと思うのですが…。
問題はその先。資料をもとに説明が必要ですよね。
普段事業に関わりのない理事が納得できる説明…上手くできずに苦労していました。 
会の中でサポートしてくれる人もなく、「針のむしろ」に座っているような気分のときもありました。

しかし、今年は少しちがいました!
事前のスタッフ会議で資料を見てもらい、打合せが出来たことでスムーズに報告ができました。
会の中でもサポートしてもらうこともでき、よかったです。

もう一つ、長い間理事会で問題だったのが補正予算を出す出さないという議論。
理事の中に社会福祉法人に従事している方がいて、決算前には補正予算を出すのが常だと。
補正予算がNPO法人の会計で必要か否か、はっきりとした説明が出来ず、なかなか納得してもらえませんでした。
ここは、荻野さんに相談!いただいたお言葉をお借りして説明を続けた結果、「予算に対して決算はこんな風に終わりそうです。」の報告で済むようになりました。

そして今年の理事会の翌日、ある理事の方からアドバイスとねぎらいのメールをいただき、いたく感動いたしました。

長年会計を担当しているのにベテランと言われるのが恥ずかしいくらいの私ですが、どうにかこうにか10年目の春を迎えました。
いよいよユーザー登録です![2018年04月11日(Wed)]
NPO法人ポータルサイトへログイン!

前回、「NPO法人ポータルサイトへの登録申請」にて
パスワード申請をしたところまででした。
そして、内閣府からパスワードが郵便で届きました!

JN1.png

内容は、初回パスワード、PINコードと、
「ユーザー登録完了までの手順」という
画面コピーしたマニュアルが入っていました。

JN2.png

JN3.png

さて、ではいよいよ!
「内閣府 NPO」を検索します。

JN4.png

内閣府 NPOの画面の、向かって右側のところで、
「法人ログイン」をクリックします。

JN14.png

NPO法人ポータルサイトという画面にも
「法人ログイン」があります。
どちらからでも同じです。
JN7.png

やっとログイン画面にたどり着きます。
ここで、前回、申請するときに決めたユーザーIDをいれ
今回、郵送で届いた手紙に記載の「初回パスワード」を
入力して、ログインします。

JN8.png

すると、今度は、PINコードをいれなければいけません。
郵便で届いた手紙に記載の「PINコード」をいれます。

JN9.png

そして、パスワード変更入力画面へというボタンをクリック

JN10.png

今度は、自分でパスワードを新しく入力しなければいけません。
ところが、パスワードのルールがあるようです。

JN11.png

4種類の文字をいれないといけないようです。
*大文字アルファベット
*小文字アルファベット
*数字
*記号
そして、8文字以上

これでパスワードを決めて入力してパスワード変更。

JN10.png

すると、今度は「マトリクス」を発行するので
確認するように、という説明がでてきて、
マトリクス発行をクリックします。

JN12.png

画面にマトリクスがでるので、印刷します。

JN13.png

そして、ログアウトです。

あらまあ、ログアウトしてしまいましたね。
結局、今回は、パスワード変更しただけで、
まだ、内容を登録するためにログインはできませんでした。

今度こそ、次回はログインしましょう。
貸借対照表の公告について[2018年04月07日(Sat)]
いよいよ「貸借対照表の公告」が、身近になってきました!

定款変更が必要ですよね。
そこで、定款の条文を以下のようにして、内閣府のポータルサイトに
データをアップ
しなければいけない場合に、データアップを
実際にやってみました!

びっくりしたのは、初めて内閣府のポータルサイトにデータをアップ
するためには、「登録手続き」をして「郵送」にて、手続き完了及び
初回パスワードが届くのを待たなければいけないということです。

定款の文章
*************************************
(公告の方法)
第○条 この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して
行う。ただし、法第28条の2第1項に規定する貸借対照表の公告については、
内閣府NPO法人ポータルサイト(法人入力情報欄)に掲載して行う。

***************************************

さて、それでは、まず、内閣府のページへ行きます。
検索ページで、「内閣府 NPO」と検索してみました。

NO1-1.png

これで、NPOホームページ/内閣府をクリックします。
この内閣府のNPOのページが開くと、向かって右側の下方に
「NPO法人情報ポータル」があります。

NO1.png

ここで、「法人ログイン」をクリックします。
すると、NPO法人ポータルサイトに移りますので
まずは、「新規ユーザー登録」から始めます。

NO2.png

さて、少し、長くなりそうな気配がするので、ページを変えます。
次のページ「NPO法人ポータルサイトへ登録」で続きを。
NPO法人ポータルサイトへの登録申請![2018年04月07日(Sat)]
「貸借対照表の公告」についての続きです。

いよいよ、内閣府のNPO法人ポータルサイトへ登録します。
「新規ユーザー登録」をクリック

NO2.png

登録の画面になり、説明が云々あります。

NO3.png

説明を読むと、流れ、のなかに、「郵送」とあります(>_<)

NO4.png

ふぅ〜、、がんばろう。。。!
では、「確認」をクリック

NO5.png

今度や規約が登場

NO6.png

そして、同意!

NO7.png

次に「ユーザー情報の入力」画面が登場

NO8.png

ここで、まず、自分の団体を検索?!しなければいけません。

NO9.png

自分の団体名をいれて検索!

NO10.png

そろそろ、疲れてきましたが、まだまだ。。です(汗)
団体の検索ができたら、団体名をクリックします。

NO11.png

そして、やっと、希望IDなどを入力します。

NO12.png

そして確認

NO13.png

注意事項が表示され

NO14.png

そして、画面に表示された画像文字?を入力して「申請」

NO15.png

さて、結構、ここまで手間がかかります。
がこのあとは、郵送物が届くまでは、待つしかありません!
働き方改革と言われても・・・[2018年03月18日(Sun)]
最近は新聞で働き方改革という言葉をよく見かけます。

私が努めている職場では、この働き方改革は、仕事を合理化、効率化して無駄な残業を減らすという文脈の中で職員に対して推進することを推奨されています。
大きな組織、歴史の長い組織であるほど、仕事のための仕事や、意義が不明確だが昔からやっていてなかなかやめられない仕事は多いのだろうと思います。

個人的には、このような「働き方改革」というフレーズが流行する前から、無駄な作業や仕事はできるだけ削除していこうと、自分の権限が及ぶ範囲内でなら従来からやってきたことではあるので、いまさら当然のこと、というように受け止めていますが・・・。ただ、仕事を合理化するために他の部署との調整が必要な案件については、なかなか改善が進まないケースもありましたので、組織全体が旗振り役になってくれたのは、そういった合理化を進めるためにはありがたいことではあります。

一方で、(私自身は経験していませんが)何でもかんでも働き方改革だからと、残業を減らしてくれという上司や部下からのプレッシャーで中間管理職一人の負担が増えているという話も、新聞などでは見聞きします。いままでこの人員でこの仕事量でやってきたものを、いきなり人員だけを減らされて、「無駄な仕事を減らして合理化してくれ」と言われても、いきなりできるものではないと思いますし、無理にそれをやろうとして、事故が起こったり職員のメンタルに不調を起こったりするようなこともありうるのではないかと思います。
現場を知らない人による改善提案や、性急な改善というのは、結局は現場に皺寄せがきて、負担を増してしまうのではないかな、という印象を持ちます。

・・・なんか、最近感じたことを徒然に書いてしまったので、会計とあまり関係ない話になってしまいました。すみません。

年度替わりで忙しい時期だと思います。私はちょっと体調を崩してしまいましたが、皆様もご自愛ください。
NPO法人会計力検定を終えて[2018年03月03日(Sat)]
 先日の2018年2月25日(日)に、一般社団法人NPO会計力検定協会主催の日本初の「NPO法人会計力検定試験」が行われたことをご報告します。
 今回は、「入門」及び「基本T」の2コースが実施されました。
 この試験は、このJNANの代表が今までの経験から、会計担当者はいつも日陰で、出来て当たり前ということから法人全体からの評価も受けにくく、会計担当者は本当はすごく頑張っているんだねということをわかってもらえるよう、またNPO法人の会計担当者の助けになるように、検定試験方式によって正当な評価を受けられるために企画されたものです。
 私もそれに賛同して協力させていただいた一人ですが、JNANからも協力してくださる方がでて、さらに認定NPO法人会計税務専門家ネットワーク(通称NPO@PRO)の監修のもと、試行錯誤を繰り返しながら、当日までたどり着きました。
 当日の試験会場は、東京、尼崎、神戸、福岡といきなり4か所での開催となり、大いに盛り上がりました。受講者からのご意見としては、全般的に好意的に受け止められ、今まで片手間でかつ、独学でやっていたが、本格的に会計を勉強する必要を痛感し、良い機会になったとのお声もいただいたようですので、とりあえず始めてよかったと思いました、
 これから、さらに「基本U」、「専門」(仮称)といった上級コースも作られていく予定ですので、会計担当者としての学びの幅も広がり、より質の高い学びができることを期待しています。詳しくは、「NPO法人会計力検定」をご覧ください。(T.I)
この時期の業務![2018年01月27日(Sat)]
荻野です!
年末調整の関係を終えて、ちょっとホッとしているこの時期、
いかがお過ごしでしょうか?

12月末決算の団体様は、今が決算処理で大変な時期ですね。
でも、3月末決算の団体様は、いかがでしょう?

3月末の団体様は、ちょうどこの時期は、次年度の事業計画や
予算を考え始める時期でもあります。
事業計画も予算も、実は、会計担当者には非常に関係があるのですね。

理事長は今の時期、今年度の結果を考え、また次年度について、
さまざまな思いを巡らして、頭がいっぱいになる時期なのです。
次年度の計画を立てるためには、今年度の経営がどのようであったかを
把握しておく必要があります。

そこで、会計担当者としては、4月から12月までの経営状況がどのようで
あったか、という資料を提供して、経営判断に利用できるように準備を
する必要がでてきます。さらにいえば、決算予測の数値も提供することで、
次年度の予算計画を立てやすくすることができます。

この時期は、以下のような資料を作成しているところが多くあります。
さらに、決算予測の右側に、次年度の予算を枠を作っているところもあります。
もし、まだこれから考える!という方は、一度、検討してみていただけると
いいでしょう(^_-)-☆

NO122.png
Posted by JNAN at 15:46 | つぶやき | この記事のURL
仕事を効率よくするコツ?[2018年01月14日(Sun)]
私は複数のNGOに関わっているのだが、先日その一つの団体の理事会と報告会があった。この団体では事務局員が私ひとりで、事務局作業をひとりで行っている。そのため何か事があると、1から10までひとりぼっちの作業になる。

相談する相手も仕事をシェアできる仲間もいないので、ひとりで悶々と悩むこともある。

小規模のNGOやNPOは事務局がひとりで運営していることも多いだろうと思うが、みなさんどのようにされているのだろうか。

情報共有できる場があればいいのだが、そういった場に出ていく暇もない。

昨年、還暦を迎え、昔ならリタイヤの年齢だわと思って、リタイヤできなくとも仕事の量が減ればと思っていたのだが、当分減りそうにない。

元来怠け者の性格で、あまり頑張るのが苦手なので一瞬で仕事が片付く魔法のスティックでもあればいいなと思う毎日を送っている。

あけましておめでとうございます![2018年01月04日(Thu)]
新年あけましておめでとうございます!

年末年始はよく体調を崩す正会員のNです。
今年もやっと風邪が治ってまいりました。

今回は、現在参加させて頂いている「NPO法人会計力検定テキスト作成委員会」について、
少し書いてみたいと思います。

以前から、JNANやNPO会計支援センター等で、テキストや冊子づくりをする際にお手伝い
させて頂いておりまして、今回も冊子の内容づくりではなく、冊子の原稿作りを主にお手伝いし
ております。といいますか、そこしかやってません(笑)

原稿の内容は、監修のみなさまや作成委員会のみなさまが原稿をたたいて叩いて出来上がった
渾身の内容です。

そこに、文章としての体裁をチェックするのが得意な方、データ作成がまあまあ得意な私、
が得意分野を生かしながら作ったのが本テキストとなっております。


さて、実際の冊子づくりについてですが、こういったデータ作成をする際、私はあまり文章を
読まないようにしています。

これは、初めて仕事に就いた会社が印刷業でそこで営業と事務をしていたのですが、その頃に
学んだことが影響しています。

その会社の工場長が、印刷物の原稿のことをすべて「模様(もよう)」と呼んでいました。
(使い方は、「3ページ目の模様の発色が悪い。」とかそんな感じです。)

工場長曰く、文字として認識すると、見え方が変わるから極力文字としては見ないと言ってい
ました。文字としてみると、全体が見えにくくなって見えなくなるものがあると。


自分で原稿の校正をするようになって、その意味がじわじわと分かるようになりました。
(実際は、工場長の言っている意味と多少違うので自分なりの解釈ですが。。。)

まず一つは、文章として読むと誤字脱字を見つけにくいんです。目が、文字を勝手に補ってし
まうようなことがたびたび起こります。

もう一つは、全体のバランスに目がいかなくなることです。実は全体的に右によってたり左に
よってたりしても、あんまり気にならなかったりします。

ですので、今回お手伝いしたテキスト「NPO法人会計力検定 入門編・基本T編」も、印刷が
出来上がってからまともに内容を読みました。
(もちろん、作るときにも読んではいるんですけども、あまり理解しないで見ていました。)


こういったテキスト作りを通して感じることですが、一人で何でもかんでもやることの大変さ
の根幹は、視点の切り替えの難しさが影響しているのかなと感じます。

今回のように、チームの中で自分の役割がはっきりしているというのは、何をするにおいても
ありがたいことだと思います。

NPOで仕事していたころ、会計だけやれたらどれだけ楽だろうと思ったことは、一度や二度
ではありません。(三日に一回は思ってましたね。)

会計と、そのほかの雑多な事務と、その事業所の本来業務と、いろんなものを同じ立ち位置か
ら関わらないといけない大変さがあると思います。

このテキストを通じてその大変さを少しでも緩和するためのお手伝いが出来たなら、とても
うれしいことだと思います。

機会ありましたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。


それでは、ここまで読んで頂いてありがとうございました!


【正会員Nの近況】
以前はとある障害者関係の事業所で会計全般と事務を担当しておりましたが、2016年3月末で
退職し、現在はとある小売り業のおっきな企業で事務仕事で食いつないでおります。
転職の話が聞きたいという方はまたの機会に♪
自分で書いてね♪[2017年12月02日(Sat)]
あちらこちらでクリスマスソングが流れ、イルミネーションが光り輝く季節がやってきました♪
なんとなく気分も華やいで…って純粋に楽しめない時期ですよね、会計担当者にとっては。

12月に入ると、賞与(支払届)・給与・年末調整・源泉徴収票と大パレードがスタートしますものねぇ…。
うちの場合は給与ソフトが大活躍してくれるとはいえ、やはり面倒くさい大変なことには違いないです。

年末調整に関しては、20名ほどいるスタッフに提出期限を伝えながら
「保険会社の控除証明書と申告書を見比べたら誰でもできる説明文が書かれてるから自力で頑張れ!わからなければ質問して!!」
と、宣言しつつ保険料控除申告書を渡しています。
その代わり…といってはなんですが
「どこかに寄付したとか、病院でいっぱいお金払ってたら『確定申告』したらお金返ってくるかもしれへんから、私に内容がバレても良かったら書き方教えるよー!」
とも伝えています。

「えー、こんなんわからんわぁ!」
「普通は会社がやってくれるんちゃうの?!」
など聞こえてくる雑音声には
「とりあえずやってみて、わからないとこを聞いてもらえる〜?」
「間違ってたら戻ってくるお金が減るかもしれへんよー!」
と、なだめすかし、脅しつつ…できるだけ書いてもらっています。

いえ、確認作業は怠りませんよ。
実際は、証明書さえ出してくれれば記入されてなくても大丈夫ですものね。
でも。やっぱり。
「一から私が記入する」のと「書かれているものを確認する」のでは、かかる時間も違うし。
事務専任じゃないので、少しでも他のことを処理するための時間が欲しいのが本音です。
(最近は時短対策(?)で右手のペンを離さないで済むように、左手で電卓を叩く練習をしています…持ち替えるのって面倒ですよね?)

書き間違いや計算間違いを修正し、一通りチェックを終え、さて入力!

給与ソフト様が、今まで時間をかけて電卓をバシバシ叩いて確認した金額をほんの一瞬で計算してくれるのを見て
「ああ!計算はソフトに任せて、それを申告書に写せば良かった…」
と毎年のように同じ後悔をしてみたり(この考えは間違っている…?)。
それよりも、あの欄は。
給与ソフトを使っていなければ計算しないと絶対にわからないけれど、自動計算されるソフトを使っていても記入が必要なんだろうか?
あとで見返したり、監査が突然やってきた時の対策としてはいいのかも…でもそんな機会があるのだろうか…
そんなことを考えつつ、事務大パレードを乗り切ろうとしている正会員Tでした。
| 次へ