CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«六管本部 広島呉市で6月2日に「海上保安展」 | Main | 安全保障を強化  第3期海洋基本計画を閣議決定»
新型測量船「はましお」  三管本部に就役 [2018年05月28日(Mon)]

はましお.JPG

 三管本部は4月25日、横浜海上防災基地で新型測量船「はましお」(HS21、62d)の就役披露式を行った。
 
 同船は、3月に解役となった先代の「はましお」(27d、全長約21b)と比べ、全長約27・8bと船体が大型化したうえ、高機能な測量機器を搭載し、より深い海中まで測量が可能になった。
 また「防災情報等表示装置」を装備し、海洋調査や災害発生時に文字(ライトメ−ル)による航行安全情報の周知ができる。
 
 式典には、加藤幸弘・本庁海洋情報部長らが出席。宮ア一巳・三管本部長が「高度な海洋調査業務はもとより、当本部が対応する災害時の航路啓開支援など数多くの事案に迅速・的確に対処する」と式辞を述べた。続いて、梅垣裕至船長が謝辞を述べた。
 
 式典終了後には、出席者による船内見学会を実施し、海上保安友の会横浜支部会員17人も船内の最新の装備を見学した。           (三管海洋情報部)