CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

海上保安庁の活動や海洋に関するニュースを満載。タブロイド判4〜8ページ、月4回(原則毎週木曜日)発行で、購読料は年間7,530円。購読は葉書、電話または下記フォームよりお申込み下さい。
〒104-0043 東京都中央区湊3-3-2 前田セントラルビル5F
公益財団法人 海上保安協会 TEL 03-3297-7580
submit.gif
海上保安庁「きれいな海」へ海浜清掃や環境教室 [2017年07月19日(Wed)]

★6月は海洋環境保全推進月間
★日本財団の「海と日本プロジェクト」で100カ所で清掃活動

 海上保安庁は6月を「海洋環境保全推進月間」に設定し、「未来に残そう青い海」をスローガンに、海浜清掃や環境教室の開催、漂着ゴミ調査などに全管区をあげて取り組んだ。
 また、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環として、4月〜12月に全国の保安部署が計100カ所で海浜清掃活動を行う。

★児童が漂着ゴミ調査
 酒田保安部は6月7日、山形県酒田市浜中あさり海水浴場で、酒田市立浜中小学校4年生の児童ら計25人が参加し、海浜漂着ゴミ調査を行った。
 集めたゴミの総重量は約24`で、児童たちは外国からの漂着ゴミを見つけたり、ゴミをプラスチックやペットボトルなどに分類し調査票に記入していた。
途中で仙台航空基地の航空機が海浜調査のため訪れ、低空飛行を披露した。 (酒田)

★園児に「環境教室」
 石垣保安部の巡視船「よなくに」若手乗組員らは6月16日、石垣市登野城保育所で園児約60人に「海の環境教室」を開いた。
 はじめに、海洋汚染や、環境悪化による動物被害の状況についてのスライド上映と環境紙芝居を行った。
 園児たちは、海のゴミで被害を受けた動物の映像を真剣な表情で見つめていた。最後に、うみまる・うーみんによる「環境クイズ」と記念撮影を行った。(石垣よなくに)

替え◎環境2石垣.jpg
        (写真は「環境クイズ」を出題する「よなくに」乗組員)

★海浜清掃や稚魚放流
 紋別安部は5月28日、紋別市元紋別カリヨン広場の前浜で行われた海浜清掃に参加した。
「海と日本プロジェクト」と地元のイベント「もんべつが一番きれいになる日」の一環で、海上保安友の会紋別支部が毎年行っている。
 今年は、紋別大谷認定こども園の園児など約60人が参加。園児たちは、うーみんに見守られながら、空き缶やロープなどを拾い集めた。
 また、サケの稚魚約100匹の放流が行われ、「無事に戻ってきてねー」と声をかけていた。                                   (紋別)
西之島の新海図を発行 [2017年07月13日(Thu)]

◎海底地形図も
◎EEZが50平方`拡大

 海上保安庁は、活発な噴火活動が続く小笠原諸島・西之島周辺の新しい海図と海底地形図を製作し、6月30日に発行した。
 同島の海図は平成17年6月以来の更新。島の海岸線を正確に明記した新しい海図の発行で、国連海洋法条約に基づく領海の範囲も更新され、日本の領海は西に約70平方`、排他的経済水域(EEZ)も西に約50平方`それぞれ拡大した。

海図地形図合成のコピー.jpg
(右が西之島の海図、左は海底地形図=いずれも部分) 


 西之島は25年11月に火山活動を再開した。その後27年11月までに、流出した大量の溶岩が旧島を覆うようにたい積し、面積は旧島の約9倍、東京ドーム約58個分にあたる2・72平方`にまで広がった。
 
 海上保安庁海洋情報部は、同島の海図や海底地形図の作製のために、昨年10月27日から延べ5日間、島への上陸調査や周辺海域の測量を実施した。
 その際、台風接近による悪天候のため観測機器を現地に置いてきたが、今年1月までにすべてを回収。得られた観測データを基に海図などの作製作業に取り組んでいた。
 
 新海図は縮尺2万5000分の1。西之島が今年4月20日から再び噴火活動を活発化させていることから、火口のある山頂から半径0・9海里(約1・6`)の航行警報範囲も破線で示している。
 海底地形図は縮尺5万分の1。10b間隔の等深線で、島周囲の断崖や急傾斜の渓谷などの複雑な地形状況を描いている。
                              (小野信彦記者)
| 次へ