CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
所在地
《賛助会員募集》
天気予報
カテゴリアーカイブ
最新コメント
美保子
稲刈り日和 (10/25) 宮原
泥棒捕まる! (09/23) 牧田恵理
星六味噌のワークショップ (03/04) ねこぱんち
流し素麺 (07/07) S.K.
今日は大勢! (04/16)
Google

このブログの中から
CANPANの中から
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
さんわーく かぐや

さんわーく かぐやさんの画像
http://blog.canpan.info/kaguya-s/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaguya-s/index2_0.xml
月別アーカイブ
大豆の収穫 [2016年11月25日(Fri)]
IMG_0332.JPGIMG_0323.JPGIMG_0321.JPGFullSizeRender.jpgIMG_0342.JPG津久井在来大豆の収穫に午後から2時間程中里までお手伝いに行って来たが、みんな慣れたもので仕事も遊びの内で、豆が付いた枝を機械に入れると大豆とカラが別々の場所から出て来て
大豆はセットしてある袋に入り、殻が風圧で外に吹き飛ばされ山に積もった殻をみんなで蹴りながら畑に散らしていく作業は、ほぼ遊び!
だけど全身ゴミだらけになりながら皆良く頑張りました!
お疲れ様でした。
金沢動物園 [2016年11月23日(Wed)]
IMG_0302.JPGIMG_0266.JPGIMG_0274.JPGIMG_0291.JPGIMG_0299.JPG今日遠足に行って来るって言ったら「お前の行っている所はしょっちゅう何処か行っているんだな!」と伯父さんに言われたんだ〜。
とたまにしか来ないSさんが朝来るなり言っていたが、そう、かぐやは月に一度は遠足の日がある。
普段中々来ない人でも遠足だと来れるという人もいる。
今日は紅葉狩りも兼ねて山がある所が良いねという事になり金沢動物園に行って来た。
オカピのはっとする後ろ姿の綺麗さに驚くと共にシマウマと馬のハーフかと思いきや何とキリンの仲間だとの事、そう言えば後ろ姿が似てない事もないか?
暫く歩くと外国に来たような錯覚に陥る程カンガールが広場にいっぱいいて私達の前を行ったり来たり、中でも
お母さんのお腹の袋に入っているカンガールの赤ちゃんが出たり入ったりしているのが何とも可愛らしくみんなで暫く見入ってしまった。
今日は11月とは思えない程の暖かさ。予報では雨との事だったが天気も最高!
みんなも大満足!
来月は遠足を兼ねて城ヶ島まで汐汲みメロディ
綿花からタオルを作ろう! [2016年11月17日(Thu)]
IMG_0162.JPGIMG_0164.JPGIMG_0225.JPGIMG_0240.JPG綿の種を蒔き今年は沢山収穫出来たので何とか服までには行かなくとも紡いで機織りしてタオルぐらいは出来るかなと挑戦しているが、まず種を取るのが一苦労~_~;。
種を取り除いたら紡いで糸にして機織りして‥‥。
かなりの工程を経て布が出来る。
みんなの力と知恵を借りて完成出来たらみんなの汗と涙をそのタオルで拭えたら最高に幸せな気持ちになりそう(^∇^)
がんばろ〜!
帰ってきたとりさん!! [2016年11月05日(Sat)]
かえってきたとりさん!!.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPGimage5.JPG10月24日の朝、とりさんにごはんをあげようと小屋の柵を外したら、ものすごい勢いで一羽のとりさんが外へ出て行きました。
見るとそのこは、首のうしろと右の羽に、けがをしていました。その小屋に暮していたのは二羽のとりさん。もう一羽のこが、突っついたようでした。まずは、
けがをしているこが安心して休めるよう、ひとりで小屋にいられるようにしました。突っついたと思われるこは、一時的に作業場の中へ行くことになりました。

その日は田んぼの作業。帰ってくると、作業場にその姿が見当たりません。かぐやに残って作業場で作業をしていたみんなに聞いても「
いなかった」と。どこか旅に出たんだね、と、みんなで話していました。

けがをしたこは落ち着き、いままでとは別の小屋のみんなと仲よく暮らせるようになったので、元の小屋は、いなくなったこが帰ってきたときに入れるように、
開けておきました。しかし、帰ってくる様子はなく、空っぽのまま…。

11月2日、もうすぐみんなの帰る時間。作業場で連絡帳を書いていました。みんなも作業で使ったものを片付けたり、田んぼへ行っていたみんなも帰って来たところ。
きょうも一日平和におわってよかった〜なーんて思っていた、ら

ババババババサバサバサバサバサ

ものすごい音とともに、とんでもないいきおいで何かがやってきました。本当にあまりにもものすごいはやさで、ひゃーっ(><)と目をつぶるほど。
何が起こったのかさっぱりわかりませんでした。

何だったんだ!?と音のきこえてきた方を見ると、みんなが、びっくりした顔で、こちらをみています。

???なんだなんだ、と、正面に戻ると…

!!!!!

連絡帳の上に、一羽のにわとりが!!!見事に着地?しているではありませんか!!!作業場の横の物置のスペースから、迷いなく、一直線に、
ここまで飛んできたのです。

「あのこだー!!!」行方不明になっていたあのこが帰ってきたのです\(^O^)/

それにしても、なんとかっこいい登場なのでしょう!!!みんな、大感動。

着地したあともしっかりと、二本の足で連絡帳の上に力強く立ち、からだはすこし、ほっそりとしていたけれど、なんだか、とてもたくましく、誇らしげな表情。

行方不明になった日から、ちょうど、10日間の旅。作業場の横の物置のスペースから外に出ることもできたはずなので
、外へ出て、動いたり、お水を飲んだり、何かを食べたりも、していたのでしょう。しかしいままでとはまったく異なる世界の中、10日間、
雨の日も、風の日も、あった中、ひとりたくましく生き抜いた、とりさん。一体どんな大冒険をしていたのだろう。

きのう、竜さんが、とりさんの飛んできた、物置のスペースから卵を発見しました。あのこが産んだ卵です。そんな大冒険の中、
卵も産んでいたなんて…。いつも以上に、卵のありがたさを、感じました。泥がたくさんついている卵を見ながら、どんな状況で、どんな想いでこのこはこの卵を産んだのだろう、と、これまた感動。

小屋の中で、ごはんをもりもりと食べ、
三日間で少しずつほっそりから回復してきました。毛並みも、つやつやしてきました。ほっそりしたせいもあるけれど、やっぱりなんだか精悍な顔立ちになったように感じます。
そしてけがをしたこのけがも、もうほとんど治ってきました。帰って来たこを、小屋の外から、一羽のにわとりが見に行っていたよ、と、
これまた竜さんがおしえてくれました。もしかしたら、けがをしたあのこだったのかもしれません。

ずっといっしょに暮していたあのこと、あの時はたまたまけんかしたけれど、きっととっても心配していたんじゃないかな。そして突っついたあのこも、
この旅で何かが変わったんじゃないかな。なーんて、思いました。

おかえり♡そして、おつかれさま。元氣に帰ってきてくれて、ありがとう(o^^o)

なんだかとっても感動的な出来事でした。日々、感動がいっぱいです。みんなみんな、ありがとう。