CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«稲刈り日和 | Main | 生き物達と泥んこの中での稲刈り終了»
所在地
《賛助会員募集》
天気予報
カテゴリアーカイブ
最新コメント
美保子
稲刈り日和 (10/25) 宮原
泥棒捕まる! (09/23) 牧田恵理
星六味噌のワークショップ (03/04) ねこぱんち
流し素麺 (07/07) S.K.
今日は大勢! (04/16)
Google

このブログの中から
CANPANの中から
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
さんわーく かぐや

さんわーく かぐやさんの画像
http://blog.canpan.info/kaguya-s/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaguya-s/index2_0.xml
月別アーカイブ
七転び八起きの米作り [2017年10月23日(Mon)]
IMG_4196.JPGIMG_4201.JPGIMG_4198.jpegIMG_4197.JPGIMG_4195.jpg台風がどうか来ませんようにとお米を作る時に最初に祈ってしまうが、稲穂が垂れ下がりあと少しで収穫という時期に台風が来てしまうと、今までの苦労が水の泡になってしまう。
先日遅い稲刈りを半分終え竹に稲を掛けてやれやれという時に竹もと崩れ落ち、もう一度、はさかけをやり直し何とかできたかな、と思ったら今度は台風で全てが泥だらけ。
崩れ落ちた田んぼの稲を何回も車に積みかぐやに移動。
そして又竹を紐で組み、はさかけを作り、積み直していく作業で1日かかり、明日は又水に浸かってしまった稲を刈り、はさかけに積み上げて行く。
お米が口に入るまで気の遠くなる作業。今は機械があってあっという間に出来てしまうが、それを昔の人は当たり前のようにこなして来た。
こんなに天候に左右され
お米になって出来上がって来た時の喜びは、涙が出て来てしまいそうな程感動物。
そして何よりも色んな方達が一緒になってお手伝いしてくれるのが本当に有り難い。
今日もそして又明日もお手伝いに来てくれる。
辛い作業もみんなでやれば楽しみに変わってくるメロディ光るハート
あと少し頑張ろ〜!
飛び切り美味しいお餅が食べれるぞ〜ハート
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント