CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
『もしも地球が立方体だったら』折り紙編 〜はまぎんこども宇宙科学館で出前講義を開催しました [2018年02月19日(Mon)]

 平成30年2月17日、気象学者の森厚教授(桜美林大学)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を、横浜市のはまぎんこども宇宙科学館で実施しました。
 今回の講座は地球の形がテーマで、小学生と保護者20名が受講しました。

 子どもたちは、地球が立方体になったらどうなるのかなどを、立方体と球を比較しながら考え、SF動画「もしも地球が立方体だったら」を見て、地球が球体であることの意義を学びました。動画を見た後は、めくると違う絵が出る六角形や、四角い地球の風船、Fujimoto Cubeの折り紙をしました。大人でも難しいと感じる人もいるFujimoto Cubeなどを試行錯誤しながら作ることで、思考力・想像力や、図形に対する感覚を養いました。



P1080272.JPG



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:05 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1339854
コメント