CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
『もしも地球が立方体だったら』〜穎明館中学高等学校で出前講義を開催しました [2017年11月01日(Wed)]

 平成29年10月31日、宇宙物理学者の今村剛教授(東京大学)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を、穎明館中学高等学校で実施しました。
 受講した中学3年生〜高校2年生の550名は、立方体になった地球で起こった環境の変化から金星・地球・火星を考察することで、それぞれの惑星の現在の環境を決定している主な要因と、太陽系の惑星の中でも際立つ地球環境の希少性を認識しました。
 また、金星探査衛星あかつきによる最新の研究成果の紹介があり、科学が開拓しているフロンティアに対する素直な驚きだけでなく、その背後にあるたくさんの関係者の苦労も感じることができました。
 講義終了後には、何人もの学生が今村先生に熱心に質問していました。


P1070972.JPG
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 15:24 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1314533
コメント