CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
「科学と宗教〜対立と融和のゆくえ〜」4/25刊行!5/19出版記念セミナー! [2018年04月24日(Tue)]
 日本科学協会では、研究助成制度を始め30周年を迎えましたが、研究者としてのあり方がますます重要になってきている現状を鑑み、研究者自身の専門分野の研究のみならず、バランス感覚と国際的な視野を持った若手研究者になってほしいと、科学隣接領域研究会を立上げました。

 科学隣接領域を、科学と「宗教」「倫理」「アート」という3つの分野に絞り討議を重ね、第1弾として「科学と宗教」について、11名の研究者が執筆した「科学と宗教〜対立と融和のゆくえ〜」を出版いたしました。GWに本を読みながら「科学と宗教」の歴史と未来について見つめ直してみませんか。
http://www.jss.or.jp/ikusei/rinsetsu/religion/book.html

 また、5/19(土)出版を記念して、執筆者の中から、伊東俊太郎氏(東京大学名誉教授)と植木雅俊氏(NHK文化センター講師)をお呼びしてセミナーを開催いたします。本を読むだけではわからない科学と宗教のお話をじっくり聞くチャンスです。事前登録の上、ご参加お待ちしております。
申込はこちら→https://fs221.xbit.jp/g229/form3/

ご案内画面→http://fields.canpan.info/topic/detail/21054
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:25 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜名古屋経済大学市邨高校で出前講義を開催しました [2018年03月09日(Fri)]

 平成30年3月8日、名古屋経済大学市邨高等学校で、気象学者の立花義裕先生(三重大学)を講師として『もしも地球が立方体だったら』というテーマの出前講義を実施しました。
 地球の大気循環や海流、放射などについて立花先生から説明を受けた受講者の1〜2年生30名は、地球が立方体になったらどんな環境になるのか友人同士で話し合い、また、スマートフォンに赤外線カメラをつけて、自分や友達、壁や天井など周りの物が同じように赤外線を出していることを確かめました。
 立方体地球の今まで想像したことのないような世界や、赤外線サーモグラフィの目に見えない世界に触れ、自由に想像して考えることの面白さを体験しながら、生徒たちは、実際の地球環境のしくみを学びました。


P1070085.JPG


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 15:09 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』折り紙編 〜はまぎんこども宇宙科学館で出前講義を開催しました [2018年02月19日(Mon)]

 平成30年2月17日、気象学者の森厚教授(桜美林大学)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を、横浜市のはまぎんこども宇宙科学館で実施しました。
 今回の講座は地球の形がテーマで、小学生と保護者20名が受講しました。

 子どもたちは、地球が立方体になったらどうなるのかなどを、立方体と球を比較しながら考え、SF動画「もしも地球が立方体だったら」を見て、地球が球体であることの意義を学びました。動画を見た後は、めくると違う絵が出る六角形や、四角い地球の風船、Fujimoto Cubeの折り紙をしました。大人でも難しいと感じる人もいるFujimoto Cubeなどを試行錯誤しながら作ることで、思考力・想像力や、図形に対する感覚を養いました。



P1080272.JPG



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:05 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』気圧編 〜はまぎんこども宇宙科学館で出前講義を開催しました [2018年02月13日(Tue)]


 平成30年2月11日、気象学者の森厚教授(桜美林大学)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を横浜市のはまぎんこども宇宙科学館で実施しました。
 今回の講座は気圧をテーマとするもので、小学生と保護者20名が受講しました。

 森先生は、映像や実験から圧力が変わるとどういうことが起こるかを説明した後、500円玉がすり抜けるペットボトルの手品を披露しました。子どもたちは、どうしてペットボトルに500円玉を入れる時に水がこぼれないのかを考えながら、先生の指導に従ってペットボトル2本を使って工作をしました。途中で種明かしをされると目に見えない気圧の働きに驚きの声を上げ、それぞれが作成した手品用ペットボトルをお土産として持ち帰りました。


P1080259.JPG
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:00 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜武雄青陵中学校で出前講義を開催しました [2018年02月07日(Wed)]

 平成30年2月6日、佐賀県立武雄青陵中学校で、流体力学を専門とする山本勝先生(九州大学応用力学研究所)を講師として『もしも地球が立方体だったら』というテーマの出前講義を実施しました。
 山本先生は、太陽系の成り立ちや地球型惑星と木星型惑星との違い、立方体地球という設定で現れる様々な大気環境などを題材に比較惑星学、金星気象学の話をしました。
 金星探査衛星「あかつき」による観測の成果を紹介もあり、受講した3年生120名は、金星の硫酸の雲や大気のスーパーローテーションなど地球環境とかけはなれた想像もつかない事象にとても刺激されたようで、休み時間や質疑応答の時間に「立方体地球の自転軸が違ったらどうなるのか?」「地球外生命は存在するのか?」など想像力を働かせて活発に山本先生に質問をしていました。


P1080246.JPG

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 10:24 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜中央大学付属高校で出前講義を開催しました [2018年01月22日(Mon)]

 平成30年1月18日、東京都小金井市の中央大学付属高等学校で、人類学の専門家の藤田佑樹先生(国立科学博物館)を講師として『もしも地球が立方体だったら』というテーマの出前講義を実施しました。
 もしも地球が立方体だったら、生物はどうなるのか? 藤田先生は、立方体地球と実際の地球の島嶼環境の類似性を指摘し、島嶼で起こった生物の進化を手掛かりとして、立方体地球の生物がどのように進化すると考えられるかについて話をしました。
 生徒たちは、地球の長い歴史の中で起こったことと仮定の条件の下で起こりうることを限られた証拠から類推する藤田先生の講義を受けて、もしも〜だったらと想像力を働かせて考えることの大切さを学びました。


P1080235.JPG

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:12 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜境第一中学校で出前講義を開催しました [2017年12月19日(Tue)]

 平成29年12月16日、茨城県猿島郡境町の境第一中学校で、地球惑星科学の専門家の神山徹先生(産業技術総合研究所)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を実施しました。
 生徒たちは、映像の前編や、発泡スチロールのカップが半分くらいの大きさに縮んでしまう圧力実験から、立方体地球と金星、地球を比較してみて、人類が生活していく上で現在の地球の環境がとても恵まれたものであることを学びました。

P1080149.JPG



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 14:01 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本科学協会 商議員introduction企画 〜協会との関わりNo9★平山 次清 先生★〜 [2017年12月18日(Mon)]
 
 日本科学協会の商議員は協会を支えてくださっている素晴らしい専門知識を有された学識経験者ばかりです。今回は本企画9人目の先生をご紹介いたします。

ご紹介するのは、平山 次清 (ひらやま つぐきよ)先生です。
12年間にわたり笹川科学研究助成の選考委員として、研究助成を支えていただきました。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください
A:研究助成の審査委員を依頼されたのが最初ですが、戦前から刊行されていた雑誌「科学知識(財団法人科知識普及会)を継承していると知って驚きました。私自身、技術史・技術教育史にも興味を持っており、科学知識のバックナンバーも少しは見ていたからです。

Q:協会での事業でのエピソードや、そのご感想など教えてください。
A:『笹川科学研究助成』
優遇されない研究分野に光を当てるというコンセプトに共感して審査委員を継続しました。毎年、年末・年始、審査に追われる時期は大変でしたが。
今後もこのコンセプトは堅持していただきたいと思います。事後評価にも時間をかけましたが、その結果が必ずしも生かされていない点は残念な点でした。これは文科省の科学研究費補助金についても同じですが。
我が国は科学技術立国とともに観光立国を標榜していますが、科学技術観光立国を目指すのが良いと思っています。科学技術も広い意味で観光になり得るからです。どんな研究にも「見て・体験して・学んで楽しくなる」要素が必ずありますから、研究者自身が楽しむだけでなく、わかり易く世の中に発信することも重要です。

平山先生写真(海).png
 東京湾での海上試験:錘上下移動型新形式アンチローリングシステム(VWS)の開発
(日本船舶海洋工学会賞受章)
錘を左右に動かして横揺れを抑える方法は既にありますが、この発明は錘を縦に動かすものです。
そのメカニズムはexclamation&question考えてみてください!


★★ご協力ありがとうございました★★



平山先生写真.png
〜平山次清先生プロフィール〜
【所属・役職】
・横浜国立大学名誉教授
・日本工学会・フェロー
・日本船舶海洋工学会・功労員
・海事技術史研究会・会長(2017年11月〜)

【専門分野】
 船舶海洋航空宇宙工学

【主な著作等】
・船舶工学用語集(分担、成山堂書店、1986年)
・Wave Generation’95(共編、ITTC、1995)
・Contemporary Ideas On Ship Stability(分担、ELSEVIER,2000年)
・ほか論文約190編

【主な受賞歴】
・平成元年度(1989)「日本造船学会賞(論文)」
 “長水槽における方向スペクトル波中航走時船体運動試験”
・平成元年度(1989)「関西造船協会賞(論文)」
 “長水槽用方向スペクトル波発生装置”
・平成22年度(2010)「日本船舶海洋工学会賞(発明考案等)」
 “錘上下移動型新形式アンチローリングシステムの開発”

飛行機平山先生からのご紹介:横浜国立大学 海空制御システム研究室のご紹介船
(こちら→http://www.seakeeping.shp.ynu.ac.jp/
私が37年間勤務し、数々の新規アイデアを共に実現してくれた研究室です

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 17:00 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本科学協会 商議員introduction企画 〜協会との関わりNo8  ★竹内 章 先生★〜 [2017年12月04日(Mon)]

ご紹介するのは、竹内 章 (たけうち あきら)先生です。
日本科学協会の商議員は協会を支えてくださっている素晴らしい専門知識を有された学識経験者ばかりです。少し間が空いてしまいましたが、今回は本企画8人目の先生をご紹介いたします。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください
A:10年以上前になるが、日本3深海湾(富山湾、駿河湾、相模湾)を切り口にして、日本を取りまく海洋の自然資産について、その地形・地質や生物・生態、さらに科学・文化・産業などを紹介する計画があり、私にもそれに参画するよう呼びかけがあったのが日本科学協会に関わるキッカケであった。計画を進めるうえでは『宇宙図』の海洋版やで3〜4次元のバーチャル海底ツアーができるウェブサイトの立上げなど、様々なデータやアイデアが集まってきたが、残念ながら諸般の事情からこの計画は頓挫している。

Q:協会での事業でのエピソードや、そのご感想など教えてください。
A:(1)人類の誕生と生存にとって宿命とも言える地殻変動(地震や火山噴火など)を対象に、陸域の山岳から海域の深海底までをカバーするフィールドワークが専門。
(2)東日本大震災を経験し日本社会が大きく変わろうとしている中で、社会から科学に掛けられる期待も一層大きくなる一方で科学の在り方への問いかけも増している。また近年は地学現象に関わる災害が頻繁に起きている反面、学校教育の現場では地学を担当できる教員が不在という歪んだ現実がある。当協会の商議員として、人類社会の幸福に役立つ科学の研究と教育が一層進展するよう、この協会の活動に大いに期待する。

竹内先生写真.jpg
2015年3月下旬に富山大学津波減災研究プロジェクトによる1998年7月17日アイタペ津波堆積物調査に派遣された際、パプアニューギニア大学自然科学部地球科学部門のヒュー・L・デーヴィス教授の研究室を訪問したときの記念スナップです。(写真の右端が竹内先生)

★ご協力ありがとうございました★

____________________________________________________________
〜プロフィール〜

所属・役職:元 富山大学大学院・理工学研究部教授
      現 富山大学名誉教授、富山大学理学部非常勤講師
専門分野:地質学・測地学・地震科学
所属する団体:日本地質学会,日本地震学会,日本火山学会,米国地球物理学連合など
主な著作:アジアの変動帯」,海文堂出版,1984(共著),「火山とプレートテクトニクス」東京大学出版会, 1989 (共著),「海の力」,日本海学の新世紀6,角川書店,2006(共著)
現在参加されている活動など:(一社)立山黒部ジオパーク協会 会長代行(http://tatekuro.jp/



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 17:54 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜ESDサイエンス・カフェ in 気仙沼 [2017年11月21日(Tue)]

 平成29年11月18日、宮城県気仙沼市の中央公民館で行われたイベント「第11回ESDサイエンス・カフェ in KESENNUMA 2017」で、須賀利雄教授(東北大学)が『もしも地球が立方体だったら』をテーマとする講演をしました。
 当日は気仙沼市ESD・科学発表コンクールの表彰式があり、受賞者の小中学生や、保護者、教員約100名がサイエンスカフェに参加しました。
 須賀先生は、立方体地球の重力と大気・海の形状について解説し、参加者は立方体と球体の地球を比較することで、地球の環境が絶妙なバランスの上に成り立っていることを学び、丸い地球が生命に満ちあふれたかけがえのない星だということを実感していました。


P1080011.JPG


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 14:35 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ