CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
日本科学協会 商議員introduction企画 〜協会との関わりNo5★小出 良幸 先生★〜 [2017年03月21日(Tue)]
 
 日本科学協会の商議員は協会を支えてくださっている素晴らしい専門知識を有された学識経験者ばかりです。今回は本企画5人目の先生をご紹介いたします。
「水惑星プロジェクト」に関わっていただいたきっかけと事業について思い出していただき、素敵な写真をご提供くださいました。
―――――――――――――――――――――――――――
 ご紹介するのは、小出 良幸 (こいで よしゆき)先生です。
小出先生は、「水惑星プロジェクト」※に関わっていただきました。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください
A: 濱田元会長の時代に日本科学協会の「水惑星プロジェクト」で研究に参加しました。濱田元会長は、神奈県立生命の星・地球博物館館長も兼務されていました。私は、その時、同博物館に勤務しており、研究テーマが、水惑星に関するものだったので、水惑星の関する研究に参加させていただきました。

Q:協会での事業でのエピソードや、そのご感想など教えてください。
A: この研究では、水惑星の歴史的変遷を、総括的に概観していくことを目的にした。博物館的な視点で、実物資料を重視して、産地や現地の様子を記録することも重要と考えて取り組んだ。地質学的にキーになる事件のあった時代の地層や岩石を対象に野外調査をした。マイル・ストーンとなる現地資料と情報をもとに、地球が水惑星になり、その環境を維持し続けるために、どうような条件が必要であったのかを概観していくことにした。
 この研究を通じて、いろいろな分野の研究者と成果を持ち寄り、自身の研究の進行状況と今度の方針などを報告し、いろいろな議論をいただいた。分野の違う研究者の意見が非常に参考になり、そして刺激にもなった。

※「水惑星プロジェクト」は、1998年〜2000年度まで日本財団の助成を受けて実施された事業です。海への依存度が高いわが国は、その実情を理解し深刻な事態が予想される全地球的な環境問題の解決への寄与を目指すことが重要であると考え、複雑系研究の新しい視点である超領域科学のセンスを取り入れた海洋科学の立場から、水惑星(地球)の実態を明らかにするため、物理、科学、生物及び複合関連システムに分け16研究テーマについて各々領域の専門学者の調査・研究により生活科学・生活文化のレベルで理解できるように「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」調査報告書をまとめました。
(報告書 https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00824/mokuji.htm

小出先生写真.jpg
カナダの調査にて

★ご協力ありがとうございました★

―――――――――――――――――――――――――――
小出先生 プロフィール
所属・役職:札幌学院大学・教授
専門分野:地質学、科学教育、科学哲学
主な著作:「地質学における分類体系の研究」 札幌学院大学総合研究所
     「大学的北海道ガイド」(共著) 昭和堂.
     「早分かり地球と宇宙」 日本実業出版




Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:26 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本科学協会 商議員introduction企画 〜協会との関わりNo4★岸 道郎 先生★〜 [2017年03月15日(Wed)]

 日本科学協会の商議員は皆さん過去に当会の事業で中心的な役割を果たしてくださっていた方、これから事業でご指導いただきたい方など、専門知識を有された学識経験者ばかりです。 そこでこの度協会を支えてくださっている素晴らしい先生方を多くの方に知っていただくために、ご本人に掲載の許可をいただけた先生を順番にご紹介いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 ご紹介するのは、岸 道郎 (きし みちお)先生です。

 岸先生は、研究船実行委員会の委員として調査研究船を利用した海洋科学体験研修の開催「研究船で海を学ぼう」※1(以下「研究船事業」という)という事業にご尽力いただき、たくさんの高校生に海の魅力を伝えてくださいました。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください
A:研究船事業

Q:協会での事業でのエピソードや、そのご感想など教えてください。
A:単に「高校生に海で観測」させるだけではなく、採集したデータをまとめて、研究発表させる体験をさせることが出来た。このことで、この行事に参加した多くの高校生が大学で「海洋学」や「水産学」分野に加入してくれた。2016年の今でも参加者とのつきあいがあるのがうれしい。
 また、この事業を通して、体験させるだけでなく「その先の一歩」まで背中を押すことが肝心だと思った

※1 調査研究船を利用した海洋科学体験研修の開催「研究船で海を学ぼう」とは?
 日本科学協会が、東海大学及び日本海洋学会との共催で、“海”に関心がある高校生などを対象に、調査研究船「望星丸」の船上で二泊三日の観測・実習を行い、海について学ぶ体験学習をする事業です。海の研究者とともに、海の観測、生き物の観察を通して、教科書やコンピュータでは学べない「海の不思議」や「海の魅力」を体験し、将来の海洋科学を担う人材育成と、一般社会に海洋科学の重要性を伝えることを目的とした事業です。

岸(退職記念講演).jpg
岸先生 退職記念講演の様子

※岸先生をもっと知りたい方へ
・いいね!Hokudai バトンリレーより
http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/like_hokudai/contents/article/485/
・ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E9%81%93%E9%83%8E

★ご協力ありがとうございました★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岸先生プロフィール
所属・役職:北海道大学名誉教授/桜美林大学非常勤講師/村上産業株式会社監査役
専門分野:海洋物理学・水産海洋学・海洋生態系モデル
所属する団体(学会・委員会):水産海洋学会/日本海洋学会/日本たばこフリー学会
主な著作:Kishi et al,(2007)NEMURO-a lower toophic level model for the North Pacific
marine ecosystem.
Ecological Modelling,202,12-25
海はめぐる、地人書館、日本海洋学会編、代表編集委員2012年
主な受賞歴:日本海洋学会賞/水産海洋学会宇田賞

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:12 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
バイオカフェ(くらしとバイオプラザ21主催)に行ってきました! [2017年03月13日(Mon)]
 
 2017年3月10日、日本橋のとある喫茶店で開催された、『バイオカフェ』に行ってきました。

 くらしとバイオプラザ21は、一般の方々へのコミュニケーションの場を提供し、バイオの理解と信頼を築くことを目的に設立されたNPO法人です。(http://www.life-bio.or.jp/
 バイオカフェは、サイエンスカフェの「バイオ版」で、気軽にお茶を飲みながら科学を楽しむ場で、毎月開催されています。(バイオカフェ予定:http://www.life-bio.or.jp/biocafe/index.html

 バイオカフェでは、毎回始まる前に音楽の演奏をしてくださいます。
科学の話を聞く前に音楽を楽しんで、頭をリラックスさせるために毎回演奏があるそうです。私は、仕事帰りに参加したので、この音楽を聴きながら一日の疲れが癒され、リラックス効果を実感しました。

image2.JPG
フルートとクラリネットのアンサンブル
私たちになじみのある曲を演奏してくださいました

  
 さて、バイオカフェの内容ですが、今回は味の素の方が「アミノ酸ってすごい」という内容で、私たちの身近にあるアミノ酸についてわかりやすいスライド資料を用いてお話しくださいました。「アミノ酸と聞いて知っていることは?」「アミノ酸は何種類あるでしょう?」参加者も一緒に考えながら、アミノ酸の効果について勉強することができます。

image3.JPG
分かりやすい説明ありがとうございました


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 10:24 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本科学協会 商議員introduction企画 〜協会との関わりNo3★沖野外輝夫先生★〜 [2017年03月10日(Fri)]

 日本科学協会の商議員は皆さん過去に当会の事業で中心的な役割を果たしてくださっていた方、これから事業でご指導いただきたい方など、専門知識を有された学識経験者ばかりです。 そこでこの度協会を支えてくださっている素晴らしい先生方を多くの方に知っていただくために、ご本人に掲載の許可をいただけた先生を順番にご紹介いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ご紹介するのは、沖野 外輝夫(おきの ときお)先生です。
沖野先生は笹川科学研究助成にご尽力いただき、1998年から13年間の長い間、評議員として日本科学協会を支えてくださいました。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください
A:当時の高橋正征理事の依頼で評議員となり、笹川科学研究助成に関わりました。

Q:協会での事業でのエピソードなど教えてください。
A:若い研究者への継続的な研究助成が基礎科学や若手研究者の育成に大きな貢献をしているとの印象を強く持ちました。

沖野A.jpg
「諏訪湖は自分の半生です」と振り返る沖野先生

※沖野先生が湖沼を研究テーマに選んだのは「人間の生活に近いから」だそうです。
当時、諏訪湖は当時生活用水などで汚濁して、住民も近づかない「死んだ湖」といわれてました。アオコの発生原因の解明などから、水質浄化に向けた様々な対策の基礎づくりにご尽力され、現在では多くの方が諏訪湖の湖畔を訪れるようになっています。
(参考:2016年9月19日 信濃毎日新聞「年輪」沖野先生掲載記事)

★ご協力ありがとうございました★
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
沖野先生プロフィール
所属・役職:信州大学名誉教授
専門分野:陸水生態学
所属する団体(学会・委員会):日本陸水学会、環境科学会、応用生態工学会、
International Society of Limnology(理論、応用国際陸水学会)
主な著作:湖沼の生態学(単著)共立出版(2002)
     河川の生態学(単著)共立出版(2002)
洪水が作る川の自然(編著)信濃毎日新聞社(2006)
主な受賞歴:環境大臣表彰(研究)(2015)
日本陸水学会田中賞(2015)
日本河川協会功労賞(2013)


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:17 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜北播磨地球温暖化防止活動推進連絡会で出前講義を開催しました [2017年03月06日(Mon)]
 平成29年3月4日、京都大学の大西将徳先生を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を、兵庫県の北播磨地球温暖化防止活動推進連絡会で実施しました。
 受講者の市民40名は、SF映像中の立方体になった地球で起きた環境の変化や生物の進化と、現実の地球の歴史上の様々な変化を比較し、これからも地球環境が変化し続ける中で、起こりうることを想像力を働かせながら考え、議論し、行動していくことの大切さを学びました。


P1070848.JPG
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:16 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
商議員introduction企画 〜協会との関わりNo2★茅根創先生★〜 [2017年02月28日(Tue)]

 商議員は、皆さん過去に当会の事業で中心的な役割を果たしてくださっていた方、これから事業でご指導いただきたい方など、専門知識を有された学識経験者ばかりです。 そこで、この度協会を支えてくださっている素晴らしい先生方を多くの方に知っていただくために、ご本人に掲載の許可をいただけた先生を順番にご紹介いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ご紹介するのは、茅根 創(かやね はじめ)先生です。
先生は、水惑星プロジェクトに関わられたことをきっかけに、1998年から13年間にわたり本会の評議員として日本科学協会を支えてくださいました。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください
A:故濱田隆士委員長の水惑星プロジェクトに関わり、その後評議員になったこと、指導学生の何名かが笹川科学研究助成で研究を支援してもらいました

Q:協会での事業でのエピソードなど教えてください。
A:水惑星プロジェクトで、サンゴの幼生の分散、定着についての研究を行うことができました

※「水惑星プロジェクト」は、1998年〜2000年度まで日本財団の助成を受けて実施された事業です。海への依存度が高いわが国は、その実情を理解し深刻な事態が予想される全地球的な環境問題の解決への寄与を目指すことが重要であると考え、複雑系研究の新しい視点である超領域科学のセンスを取り入れた海洋科学の立場から、水惑星(地球)の実態を明らかにするため、物理、科学、生物及び複合関連システムに分け16研究テーマについて各々領域の専門学者の調査・研究により生活科学・生活文化のレベルで理解できるように「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」調査報告書をまとめました。
(研究報告書:https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00824/contents/061.htm

DSC00970.jpeg
茅根先生(南鳥島における調査の様子です)


★ご協力ありがとうございました★

――――――――――――――――――――――――――――――――――
茅根先生プロフィール
所属・役職:東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻・教授
専門分野:サンゴ礁、自然地球学、地球システム学
所属する団体(学会・委員会): 日本サンゴ礁学会,国際サンゴ礁学会
主な著作:サンゴ礁学(編著)東海大学出版(2011)
日本の海岸(編著)朝倉書店(2013)
     Coral Reef Science(編著)Springer(2016)

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:22 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
商議員introduction企画 〜協会との関わりNo1★松山洋先生★〜 [2017年02月24日(Fri)]

 日本科学協会の商議員は、皆さん過去に当会の事業で中心的な役割を果たしてくださっていた方、これから事業でご指導いただきたい方など、専門知識を有された学識経験者ばかりです。 そこで、この度協会を支えてくださっている素晴らしい先生方を多くの方に知っていただくために、ご本人に掲載の許可をいただけた先生をご紹介いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 最初にご紹介するのは、松山洋先生です。

 笹川科学研究助成過去助成者であり、本会の立方体地球出前講義の講師、またサイエンスメンター制度でもご活躍いただいております。

Q:協会と関わるきっかけを教えてください。
A:平成7年度笹川科学研究助成に採択されたことです。
 「岩手県石鳥谷町「たろし滝」のつららを用いた天候予測に関する基礎的研究」でした。その後,平成21年の春から「気象物語」(※)(もしも地球が立方体だったら)に呼んでいただきました。

Q:協会での事業でのエピソードなど教えてください。
A:上述した「平成7年度笹川科学研究助成」で研究したのはよいのですが,論文にせず放置していたところ,平成21年から「気象物語」に呼んでいただきました。その時の常務理事が「松山先生,笹川科学研究助成に続いてお世話になります」とおっしゃったため,あわてて論文を書き始めました。それが以下になります。
松山 洋 2011. 寒冬の年は暑夏になるか?−岩手県花巻市の「たろし滝」は何を表わしているのか?−. 地学雑誌 120: 926-943.(同じ号に口絵もあり)
「気象物語」がなかったら,論文を書くこともなかっただろうと思うと,不思議な縁を感じます。その後,サイエンスメンターとしてもよくしていただき,日本科学協会には大変感謝しております。

※「気象物語」は、気象関係の専門家が中心に集まって開催された検討会議です。そこで検討されたことは、「Cubic Earth もしも地球が立方体だったら」のDVD完成につながり現在も完成したDVDを利用して、日本全国の小・中・大学等への出前授業が行われ幅広い層の方に、地球が四角いという奇想天外な発想から科学を楽しんでいただいております。

image4.JPG
松山洋先生

★ご協力ありがとうございました★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松山先生プロフィール
所属・役職:首都大学東京 都市環境科学研究科・教授
専門分野:水文気象学,地理情報科学
所属する団体(学会・委員会):日本地理学会,日本気象学会,東北地理学会,水文・水資源学会,東京地学協会,地理情報システム学会,日本リモートセンシング学会,地球惑星科学連合
主な著作:1. 『自然地理学』(ミネルヴァ書房,編著, 2014年)
2. 『新編 地理A−ひろがる世界とつながる地域−』(二宮書店, 分担執筆,2012年)
3. 『新編 詳解地理B』(二宮書店, 分担執筆,2012年)
4. 『UNIX/Windows/Macintoshを使った 実践!気候データ解析 第二版』(古今書院,
  共著,2008年)
主な受賞歴:
1. 平成24年度 科学研究費補助金 模範となる審査意見を付した審査委員(2013年)
2. 平成24年度 日本地理学会賞(優秀論文部門)(2013年)
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 10:54 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜中央大学附属高校で出前講義を開催しました [2017年02月15日(Wed)]

 平成29年2月14日、宇宙物理学者の佐藤毅彦教授(宇宙科学研究所)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を、中央大学附属高等学校で実施しました。
 受講者の3年生50名は、短編映像『もしも地球が立方体だったら』を鑑賞した後、佐藤先生と一緒に映像中に見られる不思議な現象について考え、未知の世界を切り開いていく科学の方法を学びました。
 また、金星探査機「あかつき」に関する苦労話や、「あかつき」の観測方法の話、観測データから次々と浮かび上がってくる金星の謎についての話から、科学者の仕事について理解を深めました。


P1060661.JPG
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:54 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『もしも地球が立方体だったら』〜島田市立第二中学校で出前講義を開催しました [2017年01月23日(Mon)]

 平成29年1月20日、海洋学者の岡英太郎先生(東京大学准教授)を講師とする短編映像『もしも地球が立方体だったら』を用いた出前講義を、静岡県の島田市立第二中学校で実施しました。
 受講者の中学2年生220名は、短編映像『もしも地球が立方体だったら』を鑑賞した後、実際の地球の海はどうなっているのか、地球温暖化と海はどのような関係があるのかを、観測船や自動観測機器によって得られたデータから解説を受け、環境変化を予測するために科学がとても重要な役割を果たしていることを学びました。


019.JPG
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 10:25 | 立方体地球の出前授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本公益学会秋季研究大会に行ってきました! [2016年12月26日(Mon)]

 2016年12月17日、日本公益学会秋季研究大会に行ってきました。
 日本公益学会は人文、社会、自然科学といった既成学問の枠にとらわれることなく、自由かつ柔軟に非営利の公益や公益活動について総合的に研究することを目的としている学会です。(http://www.koeki.gr.jp/
 本会の大島美恵子会長は学会の名誉顧問であり、過去には会長に就任されていました。今回は基調講演として「日本公益学会のこれからと公益貢献」という講演の中で、公益学と日本公益学会の歴史、公益論と生命公益論について、理工系・自然科学の分野から語られました。
青山学院大学.jpg
青山学院大学青山キャンパスで開催

 「公益学」の歴史は始まったばかりで、東北公益文科大学という公益学専門の大学ができたのが2001年、当時の学長は、「不特定多数に良いこと見返りを求めず、非営利を原則とする自発性と任意性が重要、出発は善行である」と定義されたそうです。そして、ご自身の公益活動として、くらしとバイオプラザ21と日本科学協会の活動について紹介されました。
パンフレット.jpg

 現在の社会は細分化してすぎて、他分野のことが分からなくなっており、公益学はあらゆる学問を繋ぐ役割があるそうです。専門分野、職業などの垣根を超えて、よりよく調和のとれた社会になるよう、一人ひとりが考え、行動していく重要性を実感しました。

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:26 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ