CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

こどもユニットWakabaさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/k_unit_wakaba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/k_unit_wakaba/index2_0.xml
「やまびこプレーパーク」 からのおたより [2019年10月06日(Sun)]
皆さま、こんにちは。
千葉市内の児童養護施設・房総双葉学園で里親支援専門相談員として働いているNと申します。
市内他施設の相談員たちと協力して、月に1回程度「こどもユニットWakaba」の場所を
利用させていただき「やまびこプレーパーク」を開催しております。
いつも便宜を図っていただいて、本当に感謝しております。
「やまびこプレーパーク」には、千葉市内や近郊の里親家庭・ファミリーホーム(自宅に
5〜6人まで子ども達を預かって養育する、少し大きな里親家庭)の親子が遊びに来ます。
流しそうめんをやったり、みんなでお昼を作って食べたり
(写真は子ども達と作った「アンパンマンのり巻き」や「犬のお尻お稲荷さん」です)、
‚Ì‚è‚Ü‚≪.jpg

Œ¢‚Ì‚¨�K.jpg

段ボールハウスを作って、中で非常食を食べたり、
部屋中に新聞紙ドミノを並べて「セーノ!!」で倒したり・・・、
穴にブルーシートをかぶせての天然プールも楽しみました。
“V‘Rƒv�[ƒ‹.jpg

でも、「やまびこプレーパーク」の中で一番好評なのが、多分まったり過ごす午後の時間です。
優しい里父さん達が庭で子ども達と思いっきり走り回って遊ぶ姿を見ながら、
里母さん達はコーヒーを飲んでおしゃべりに花を咲かせます。
日々育って行く里子たちに感じるちいちゃな心配や成長への驚き、
友達関係や学校保育園のこと、そして里親家庭ならではの悩みもあります。
子ども達は今の生活をどう感じているのかしら、将来のこと、実親さんとの関係・・・。
安心して何でも話せ、笑い転げ、明日からのエネルギーに変えていける場所、それが
「やまびこプレーパーク」なのだろうな、と元気に帰っていく里親子たちに手を振って
見送りながら感じます。
この小さなプレーパークが、里親さんや子ども達にとって、
ホッとできるスペースとしてあり続けてほしいな、
少しはそう定着してきたのではないかな、と思うこの頃です。
今年も秋には、里親制度を地域の皆さまに知っていただくための
1週間のパネル展示を開催します。
今年の会場は、千葉駅近くの生涯学習センターアトリウムで、
期間は11月1日(金)〜7日(木)です。
里親家庭やファミリーホームのあたり前の日常をプロの写真家が撮った写真展「フォスター」も11月2日〜7日に同時開催します。 
ぜひ皆さま、お誘いあわせて覗きにいらしてくだされば、と願っています。(N)
Posted by サミー at 18:58 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サンサンゴーゴーあそぼうズ8月「わくわく実験ペットボトルロケット」報告 [2019年10月06日(Sun)]
8月26日(日)13時〜16時 41名参加 スタッフ6名
8月はペットボトルロケット。
講師ははっぱの利用者さんでもある「わくわく実験工房」でご活躍の糸日谷美奈子さん。
P8250004.JPG

円錐形にしたロケットの先っぽと、発射台(地面に刺せるペットボトルホルダーや植物の鉢の台)
に固定できるようにスカート状にしたものをそれぞれ牛乳パックで作り、
ペットボトルにビニールテープでしっかり止めて、
マジックで絵や線を描いて、ロケットの出来上がり。
P8250006.JPG

P8250011.JPG

お水を1/3くらいペットボトルに入れて発射台に設置、
ペットボトルの口に自転車の空気入れのパッキンをぎゅっと差し込み、
ひたすら空気入れハンドルを押します。力のない子も一生懸命押す押す押す、
ひたすら押すのです。頑張りました。
P8250015.JPG

ペットボトルロケットの醍醐味は、どのタイミングでロケットが飛び出すのか、
高く飛ぶのか(高すぎて木にひっかるのか)低空飛行なのか、飛距離が伸びるか、
あるいはよく言えば至近距離?しょんぼり目の前に落ちてしまうのか・・・
ハンドルを押している本人にも、ロケットが発射するまで全く予測がつかないところ。
そして発射の時にあがる水しぶきのオマケがついてくるところ。
「遠くに飛ばなくてくやしい!」「リベンジ!」
「いやいや絶好調だったけど次はもっと高く!遠くに!!」 
水の量を変えてみたり、発射台の角度を工夫してみたり、みんなが何回も何回もお水を入れ、
ハンドルを押しまくり打ち上げました。
P8250019.JPG

P8260069.JPG

中には塀を乗り越えてお隣のお家の庭まで飛ばした子もいました。
子どももおとなも皆んながハマっちゃったね〜!!という感じの盛り上がりようでした。
おやつはところてん。各自でつき、黒蜜味とポン酢味でおいしく頂き、
P8260072.JPG

P8260077.JPG

その後は恒例となったドッジボールで大いに盛り上がり、
小さい子たちもルールを教えてもらいながらゲームに参加していました。
P8260078.JPG

そして、お開きが近づくと参加の大人たちが率先して片付けを手伝ってくださり、
ああ、なんだかいいなあ、阿吽の呼吸的&勝手知ったる的連帯感、
そうそうそう!これがWakabaなんだよな〜、とふんわりしみじみ嬉しくなったことでした。(as)
NPO法人 こどもユニットWakabaの2019、10月の予定 [2019年10月03日(Thu)]
毎週火・木曜 10:00〜14:00 子育てひろば“はっぱのおうちwithおそと”
22日(祝)は休み

13日(日)        Eボート大会出場

21日(月) 9:30〜12:00 理事会・はっぱ便り発行

22日(祝)11:00〜14:00 魚沼産コシヒカリ 新米食べよう会&みのりマルシェ

26日(土)         レンタル使用

26日頃           若葉区子育て通信「○○ほっぺ」の発行

27日(日)13:00〜16:00 サンサンゴーゴーあそぼうズ
   ウォークラリー※  (こどもユニットWakabaはらっぱ)
※は要申込み
若葉区の子育て通信〇〇ほっぺ 2019、10月号 [2019年09月30日(Mon)]
発行が遅れてしまいましたが、○○ほっぺ10月号です。
若葉区の子育て支援情報と、イベント情報の2ページをwebで発行します。
必要に応じて、印刷するなどしてご活用ください。
こちら⇒ほっぺ1910.pdfのPDFファイルでご覧になれます。

子育てひろば”はっぱのおうちwithおそと”では印刷したものを置いています。

子育て支援イベントの案内や情報などメールでお寄せください。
20日締め切りで、翌月号に掲載となります。
メールはこちらまで、、chibaw@yahoo.co.jp
子どものあそび☆アート体験ひろば2019 [2019年09月01日(Sun)]
7月24日(水)きぼーる&千葉市文化センター
子ども達がプロの芸術家やあそびの講師との出会いを体験するこの企画は、
毎年夏休みに行われています。私は昨年に引き続き、紙コップや段ボール、
新聞紙を使って自由に遊ぶ「あそびのひろば」のお手伝いに行ってきました。
新聞紙をちぎったプールで思い切り弾ける子ども、
ものすごい集中力で紙コップの塔を積み上げる子ども、
段ボールでバーベキューセットや迷路を作り上げる子ども,と
どのコーナーにも嬉しい驚きが溢れていました。
改めて「子どもはあそびの天才だ!」と感心しました。
また、そんな子どもに余計なアドバイスなどをせず
見守っていた保護者の方々の姿勢にも心打たれて帰ってきました。
来年はゲームやスマホを放り投げてもっとたくさんの子ども達が参加してくれたらと願います。
(it)
プチカルチャーカフェ7月レポート [2019年09月01日(Sun)]
7月3日 (月) 参加人数5名 スタッフ3名
【ペーパークイリングのフォトスタンド】ペーパークイリングってご存知ですか?
専用の細長ーい紙を、クイリングバーとか言う専用の道具を使ってクルクル巻いてパーツを作り、
そのパーツを組み合わせてモチーフを表現するペーパークラフトで、ヨーロッパが発祥なんだとか?!
前回のプチカルの参加者さんからリクエストがありまして今回実施することになった次第で、
いつもは参加者、たまに講師をしていただくSさんに教えていただきました。
ゲリラ豪雨に遭遇しながらの紙の調達(まだ馴染みが薄く?限られたお店でしか手に入らないようで…)や、クイリングバーの代用品として竹串を加工していただいたりと、いろいろご面倒をお掛けしてしまいましたが、そのお陰で『ペーパークイリング』の魅力に触れることが出来ました♡
またまた参加させていただいちゃった私は、思わずスタッフであることを忘れ、
写真を撮り損なってしまう程夢中になってしまいました^_^;
パーツの大きさを揃えるのがちょいと難しく(割と簡単に大きさを揃えられるテンプレートボードなる物が用意されていたことを、後で知ったのでありました~_~;)、
小さいお花のモチーフを一つしか作れませんでしたが、皆さんはしっかり仕上げられました。
IMG_20190703_134358.jpg

初めて参加されたお方の「楽しかったです」のお言葉の通り、今回も楽しくて満足感いっぱいの時間となりました♪
ちなみに、この日のスイーツは『フロランタン』&『豆乳プリン』でございました。(km)
IMG_20190815_054047.JPG
サンサンゴーゴーあそぼうズ7月「流しそうめん&水遊び」報告 [2019年09月01日(Sun)]
7月28日(日)11時半〜15時 51名参加 スタッフ8名 青年スタッフ4名
待ちにまっていた流しそうめん!例年キャンセル待ちをしてもらう程、
大人気のイベントが明日に迫っていました。数日前からの天気予報に一喜一憂しながらも、
開催できますようにと祈る気持で当日を迎えました。無情にも外は雨です。
お昼頃には晴れの予報!判断の時間も迫るなか「予報を信じて!開催しよう!!」と決断して
準備する頃には雨も上がり、少し雲も切れて来ました。
早々に集まった参加者にも準備のお手伝いをしていただきました。
プチファームでミニトマト摘み!流して食べても楽しいよね。
受付ではまだ数世帯が来ていません。
今年も大穴にブルーシートを敷いて水を張り、サンサン特製大プールを作りました。
皆さん揃った頃には、子ども達は既に水遊びを始めてしまいましたが
P7290001.JPG

「お腹すいたよ〜!」と、お椀とお箸を手にスタンバイしている小さな子ども達が、
今かいまかと待ってくれていました。
準備OKの合図で『流しますよ!』の掛け声。いよいよ始まりました。
長くて立派な竹を今年も頂き、節抜きもスタッフで滑らかに整えました。
サンサン名物の野菜(かぼちゃ、なす、ピーマン)の素揚げや多種の薬味も並びました。
P7290005.JPG

子ども達は食べる事よりも掬う方が楽しくて、食べるのが追いつかない様子。
最後には掬って直に食べていました(笑)。
P7290003.JPG

P7290007.JPG

3_large.jpg

流し手はWakabaの青年達4人!スタッフにと準備から来てくれ頼もしい限りです。
15_large.jpg

お腹も満腹になり水遊び再開!
小学生と幼稚園児の2人がダイナミックに遊んでいる姿に感化され、
周りで様子を見ていた子ども達もドボン!
小さいプールも用意していたのですが、大穴プールでシャワーを掛けあったり飛び込んだり、
思いおもいの水遊びを展開して大穴プールは大賑わいでした。
P7290012.JPG

P1010036.JPG
ひと遊びした頃、お楽しみの「スイカ割り」
今年も4Lの特大サイズを支援者から寄付頂きました(感謝)。
子どもに負けじと続いて父母も奮闘。意外に、割れない!あたらな~い!
P7290021.JPG

P7290029.JPG

いつもより大盛り上がりでした。あま~いスイカをみんなで頂きました、ご馳走さまでした。
P7290028.JPG

「出来て良かったね~」「楽しんで貰えたね~」とスタッフも安堵。
その頃には青空も広がって来ました。しっかり遊べた充足感と満足感のある顔を見て、
私達も笑顔で見送る事が出来ました。片づけも皆さん率先して協力して頂きました。
台所スタッフ、青年達ありがとうございました。(kf)
NPO法人 こどもユニットWakabaの2019、9月の予定 [2019年08月28日(Wed)]
毎週火曜・木曜 10:00〜14:00 子育てひろば“はっぱのおうちwithおそと”
         (10日午前中・・・社会福祉士の学生の実習)

18日(水)10:00〜14:00 プチカルチャーカフェ(ワイヤーアート)※

22日(日)13:00〜16:00 サンサンゴーゴーあそぼうズ 「折り染め」※
             (こどもユニットWakabaはらっぱ) 

25日(水) 9:30〜11:30 理事会・はっぱ便り発行

29日(日)         レンタル使用

26日頃       若葉区子育て通信「○○ほっぺ」の発行
※は要申込み

若葉区の子育て通信〇〇ほっぺ 2019、9月号 [2019年08月26日(Mon)]
○○ほっぺ6月号です。
若葉区の子育て支援情報と、イベント情報の2ページをwebで発行します。

必要に応じて、印刷するなどしてご活用ください。
こちら⇒1909ほっぺ.pdfのPDFファイルでご覧になれます。

子育てひろば”はっぱのおうちwithおそと”では印刷したものを置いています。

子育て支援イベントの案内や情報などメールでお寄せください。
20日締め切りで、翌月号に掲載となります。
メールはこちらまで、、chibaw@yahoo.co.jp
プチカルチャーカフェ6月レポート [2019年08月01日(Thu)]
6月17日 (月) 参加人数5名 スタッフ3名
【レースの壁飾り作り】今年度から名称が変わりまして『プチカルチャーカフェ』となりました。
ワンコインカフェ同様、ご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。
さて、今年度最初のプチカル(略称)ですが、残念ながら参加者が少なかったので、
私もちゃっかり参加させていただいちゃいました。
講師は毎度お馴染みの小林さん!今年度もたぶん沢山ご登場いただくことになると思います!?
作り方は、竹串の先にレースの切れ端を包むようにして、
それを隙間無くドーム型のオアシスに、プスップスッと繰り返し差していきます。
そのため、結構な量も必要で、最初には山のようにあったレースの切れ端が、
終わる頃にはぺっちゃんこになっていたりして「あんなにあったのにー」と驚く程でした。
何種類かご用意いただいたレースの切れ端やビーズや造花を
アットランダムに差していくお方あり、何やら考え選びながら差していくお方ありと
様々でしたが、簡単な作業でしたのでお喋りも弾み、楽しく作ることが出来ました♪
IMG_20190617_102938.jpg

1560752510794.jpg

午後からはデザート(『梅の甘露煮入りゼリー』と
『人参ケーキのカボチャメイプルペースト添え』)を食べながらの
1560752492756.jpg

近況報告会となりまして、耳寄りな?情報をゲットした私…。
何でも満月の夜にお財布とか通帳とかをお月様に向かって振ると良いらしく、
満月だったこの日、早速実行したことは言うまでもありません。
ちなみに、今のところ効果はないようですが…(^-^;)(km)
| 次へ