CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

こどもユニットWakabaさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/k_unit_wakaba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/k_unit_wakaba/index2_0.xml
はっぱのおうちの看板 [2018年11月08日(Thu)]
はっぱのおうちの開設日に掲げている看板をkさんのご主人が、
右から左からも見えるようにと、もう1枚新しく作ってくださり、
今までの看板も綺麗に手直ししてくださいました。
これで、両側から見やすくなりました。ありがとうございました。
IMG_20181009_140928.jpg
Wakabaプチファーム [2018年11月08日(Thu)]
9月129日に冬野菜の種を蒔きました。
その前に、山崎お父さんがトラクターでフカフカに畑を耕して下さり、そしてお母さんの
ご指導を仰ぎながら、二十日大根、かぶ、大根とブロッコリーの苗も植えました。
今年の夏はミニトマトが大豊作でしたはっぱ利用者の皆さんに喜んで頂き、
小さいお子さん達にも収穫体験を通して野菜をもっと身近に感じて頂けたように思います。
畑仕事は素人ですが、愛情たっぷりの肥料にきちんと応えてくれる『プチファーム』の野菜達!
これからの冷たい空気と風を吸収して、甘くて美味しい冬野菜になぁーれ!と
成長をみんなで見守って下さいね。
IMG_20181016_100442.jpg

10月に入ってからほうれん草、ミニ小松菜の種も蒔いてみました。
「早く出て来い、可愛い芽」そんな声を掛けたくなる畑です。
そして収穫できた野菜達をどんなお料理をして食べようか、
今からわくわくしているFarmerです!(kf)
“はっぱのおうちwithおそと”リレートーク [2018年11月08日(Thu)]
9月の開設日:8回、利用者数述べ:大人 71人、子ども 102人、スタッフ 18人
★“はっぱ”関係者さんに寄稿していただくリレートーク。利用者のkさんです。★
母になり様々な事が変わりました。その1つは食に興味をもつようになり
「季節の手仕事」を楽しむようになったことです。
きっかけは親子で参加した味噌作り教室。
時間はかかりましたがシンプルな材料で簡単に美味しい味噌が仕上がり感動しました。
息子は目を輝かせながらお手伝いをしてくれ、
熟成中の味噌瓶に毎朝挨拶をする程に親しみを持ったようです。 
 初夏には「はっぱのおうち」をレンタルして木陰で涼みながら親子で梅干しを作り、
自宅では梅シロップに梅酒、赤紫蘇ジュースを作り、秋は
紅玉でリンゴパイや渋川煮でモンブランを作り楽しみました。
これからの季節はレモンや柚子、金柑をシロップやジャム、ポン酢に…
寒くなったら大好きなお豆をコトコト煮ようかなとわくわくしています。
 一緒に梅干し作りをしたのが楽しかったので、また何かみんなでできたら嬉しいです。
どれもお店で簡単に入手することはできますが、季節を感じながら
親子でゆったり?と向き合う時間が贅沢で幸せだなと感じています。
子どもが成長し多忙な日常の中でも、ほっと心が和むようなお袋の味になったらいいなと
願いも込めて、季節の手仕事をこれからも楽しみたいと思います。(kk)
・ワンコインカフェ 2018年10月 レポート [2018年11月07日(Wed)]
【プラ板でハロウィン&蜘蛛の巣編み】10月19日(金) 参加人数6名 スタッフ3名
今回は二本立て!!
まずは、いつものように自己紹介&近況報告などいたしまして、
そのあと、急遽?『人間力アップのためのプチ講座』が開かれ、
講師の小林さんのお話にどのお方も真剣に耳を傾けていました。
何でも、これから毎回やることにする!?ようですので、
こちらもお楽しみにしていてくださいませ。
さてさて、この日のメニューの1本目の『プラ板でハロウィン』ですが、
端から見ていてもワクワク感が感じられる程で、
「面白ーい」「楽しーい」と声が上がっていました。
IMG_20181019_105013.jpg

オーブントースターから取り出すタイミングを間違えて失敗もありましたが^_^;、
それぞれ2〜3個作り、満足げなご様子でした。
昼食&スイーツ(かぼちゃのケーキとキャラメルプリン)タイムを挟んで、
1539931669663.jpg

午後からは2本目のメニューの『蜘蛛の巣編み』をいたしました。
3本の小枝を使って六角形に編んでいくのですが、編み始めはちょいと大変だったようですが、
次第にクルクルと順調に編めていたようで良かったです。
1539931678188.jpg

1539931741906.jpg

1539931820036.jpg

後日談ですが、参加者のお子様が『やりたがったので小枝と毛糸を
探しにいくことになりましたー』とのことで…♪
おウチでも楽しんでいただけるようで嬉しく思います(^^)/(km)
NPO法人 こどもユニットWakabaの2018、11月の予定 [2018年10月30日(Tue)]
毎週火曜・木曜 10:00〜14:00 子育てひろば“はっぱのおうちwithおそと”

10日(土)        OHみつわこどもまつり(みつわ台北小)
19日(月) 9:30〜11:30 理事会・はっぱ便り発行
24日(土)         レンタル使用
25日(日)13:00〜16:00 サンサンゴーゴーあそぼうズ(五平餅作り)※
                 (こどもユニットWakabaはらっぱ) 
26日(月)10:00〜14:00 ワンコインカフェ(エコなアクリルたわし)※ 
26日頃           若葉区子育て通信「○○ほっぺ」の発行
 
※は要申込み
若葉区の子育て通信〇〇ほっぺ 2018、11月号 [2018年10月26日(Fri)]
○○ほっぺ11月号です。
若葉区の子育て支援情報と、イベント情報の2ページをwebで発行します。

必要に応じて、印刷するなどしてご活用ください。
こちら⇒1811ほっぺ.pdfのPDFファイルでご覧になれます。

子育てひろば”はっぱのおうちwithおそと”では印刷したものを置いています。

子育て支援イベントの案内や情報などメールでお寄せください。

20日締め切りで、翌月号に掲載となります。
メールはこちらまで、、chibaw@yahoo.co.jp

“はっぱのおうちwithおそと”リレートーク [2018年09月30日(Sun)]
8月の開設日:6回、利用者数述べ:大人63人、子ども109人、スタッフ14人
今回は“リレートーク”、利用者のtさん寄稿していただきました。
・・・「小さな幸せ」・・・
 わが家には3歳ともうすぐ2歳になる2人の娘がいます。
母親になりまだ3年。日々試行錯誤で上手くいかないことも多く
イライラして怒ってばかりでなかなか良い母親にはなれません。
初めてはっぱのおうちを利用したのは長女が1歳の頃です。
あれからもう2年以上毎週のようにお世話になっています。
あの頃は「まだ歩けない娘とどこへ遊びに行けばよいのか]「どうしたら友だちができるのか」
初めての育児への悩みや苦手な家事で日々不安でいっぱいでした。
でもはっぱのおうちに出会い一緒に遊ぶお友だちができ
私自身も悩みを相談できる場ができとても救われました。
私から離れることが苦手だった娘も少しずつ外の世界へ出て行けるようになりました。
悩みしかなく不安だらけで始まった育児ですが、今は日々小さな幸せを感じています。
子どもが生まれ出来なくなったことは数えきれません。
大変なことも多いし毎日育児と家事に追われてヘトヘト。
それでも投げ出すことも出来ないし、仕事のように休むことも出来ません。
365日家事と育児を繰り返す日々が続き正直大変です。
それでもやっぱり大変さ以上にわが子は可愛くて、可愛くてしかたがありません。
だから「子ども達が毎日元気に大きくなってくれている」
それだけでありがたいのだと思うようになりました。
何か大きな幸せがあるわけではない普通の日々が同じように過ぎていく
当たり前の毎日こそが幸せなのかもしれないと思います。
こんな風に幸せを感じる余裕がもてるようになったのも
たくさんの人に支えられているからだと思います。
はっぱのおうちとの出会いは私にとってかけがえのないもので本当にありがたい場所です。
これからも子ども達と一緒に様々な経験をし日々成長していきたいと思います。(tm)

7月24日 子どものあそび☆アート体験ひろば [2018年09月30日(Sun)]
きぼーる&千葉市文化センターにて、恒例の「子どものあそび☆アート体験ひろば」
いうイベントがありました。今までは息子達と一緒に何度か参加していましたが、
今回は初めて「スタッフ側」で初参加させていただきました。
私がお手伝いしたのは、幼児と保護者対象の「あそびのひろば。
紙コップ、段ボールを使って自由にあそぼう」というコーナーです。
大量の紙コップで遊ぶという体験はなかなか出来ないことなので、
小さい子供達はとても楽しそうに遊んでいました。
イベント終了後の片付け作業では、息子達も使用した椅子テーブルを片付けるのに
地下へ行くなど、普段では入れない場所に行けたのが探検みたいで楽しかったと喜んでいました。
息子達も大きくなり、小さい子と触れ合うことも少なくなったので、
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。(ky)
第8回Eボート千葉大会に参加して [2018年09月30日(Sun)]
「見事念願のコスプレ賞獲得!!」
2018年9月16日(日)チーム名:Wakabaチクサク
昨年のリベンジとばかり、カリブの海賊ならぬ「ハーバーシティ蘇我の海賊Wakabaチクサク版」として、理事さんが一人で10人分の海賊風コスプレを工夫を凝らし、
子どもにも喜んでもらえて、なおかつ海賊の勇ましさを表現した物を作ってくれました。
IMG_20180916_105843.jpg

コスプレのポイントは「頭!」と気づいた理事さんは、
今年は海賊の黒い帽子を新聞紙を利用して作成。
そこに三つ編みの髪の毛や、金髪ウィッグや白い羽根で装飾。
黒い眼帯や髭も忘れてはいません。縞々の長いスカーフも雰囲気出てました。
こんな努力が実って、表彰式で司会者が「コスプレ賞はWa・・・」と言いかけたとたんに、
わ〜!!の歓声と拍手が・・・。みごと私たちのチームが獲得したのです。
いや〜、良かった、嬉しい、感動そのもの。

タイムは1回目は2分10秒、2回目は2分07秒。
優勝チームは1分18秒だから、まだまだ練習が必要と肝に銘じる次第。
received_249656842412729.jpeg

今年の参加者は、はっぱのおうち利用者のパパやママが多く、
昨年の経験者は2人だけとちょっと不安もあったが、
それでも44チーム中、25位なら褒められるタイムかな。
子どもたちの可愛い声援もあったから、パパとママは張り切ったんだね。
来年はファミリーチームでエントリーすると張り切っていた、
パパ・ママたちでした。期待しましょう。
Eボートの「E」はエンジョイのE、エクスチェンジ(交流)のEでもあるそうです。
また、〈E(いい)汗、E(いい)笑顔、気のE(いい)仲間と水辺で過ごすE(いい)一日〉
とのサブタイトルもありました。
本当にWakabaの仲間たち老若男女(1才から72才まで)が、
いい汗流して楽しい一日を過ごしました。
IMG_20180916_115823.jpg

理事達は子守り役と応援隊でエネルギー出し切った感ありです。
(sm)

・ワンコインカフェ 2018年9月 レポート ・ワンコインカフェ 2018年月 レポート [2018年09月30日(Sun)]
9月12日(水) 参加人数9名 スタッフ3名
『樹脂粘土スイーツのチャーム作り』
今回の講師は今まで参加者だったKさんです。
 樹脂粘土にアクリル絵の具で色をつけて、スイーツを作りました。
(もちろん食べられません)色といい、艶といい、本物そっくりなかわいいスイーツができました。
1536734509666.jpg

 始めはおしゃべりをしながら和気あいあいとした雰囲気でしたが、
だんだん口数が減って、皆さん集中して作っていました。
IMG_20180912_102303.jpg

 食べられるスイーツは、マーマレードのマフィン、どら焼き、レアチーズケーキです。
IMG_20180912_125523.jpg

いつもは2種類なのですが、今回は参加者のSさんかサプライズで
どら焼きを作って来てくれたので、豪華なスイーツセットになりました。(hy)
| 次へ