CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« トレーニング | Main | ニュース»
みやじま国際パワートライアスロン [2016年07月04日(Mon)]

世界遺産「安芸の宮島」で毎年開催される
みやじま国際パワートライアスロン。
第10回記念大会が無事終了しました。

13557904_1013727068677263_3769416929695690671_n.jpg

PW安全協会広島支部のもとに集う
水上オートバイ愛好家20艇が参加し
地元ライフセーバーやボランティアと協力して
スイム部門の安全管理を務めました。
10年の活動で安全に貢献する
水上オートバイのイメージも
大いに地元に定着してきたようです。
K38ジャパンも協力させて頂いております。
今年は5月21日(土)開催! [2016年05月04日(Wed)]

24時間でのライフジャケット着用人数の世界記録に挑戦!
水辺の溺水事故防止啓発活動の一環で、楽しく参加しながらライフジャケット着用の重要性を考えます。毎年日本からも多数参加して、世界記録更新に貢献しています。
どなたでも、どこでも、ライフジャケット着用して写真を撮れれば参加できます。
今年は5月21日(土)がチャレンジデーとなっています。
ぜひ参加してみませんか?

次項有Ready,Set,Wear it!

img-ready-set-2.jpg
Japan Boating & Water Safety Summit 2016 開催! [2016年04月20日(Wed)]

JBWSS連携協議会は、
4月23日(土)「Japan Boating & Water Safety Summit 2016」を
東京海洋大学越中島キャンパスで開催されます。

舟艇及び水上安全等に関わる様々な団体が
情報の交換、共有しながら
更なる水難防止と水上安全対策の向上を図る協議会です。

詳しくは
https://www.facebook.com/JBWSS/

12957538_263872637282395_535896068309672601_o.jpg
アメリカレポ vol.5 " MARISプレゼンと分科会" [2016年03月24日(Thu)]

3月8日
水難学会理事の安倍淳氏のプレゼンに続き、
マリンスポーツ財団の笹川理事長も当財団の事業や、日本の船舶免許制度についてプレゼンテーションを行いました。

12235427_739874449481543_286051287_o.jpg

12789921_739874609481527_1612115324_o.jpg

マリンスポーツ財団の色々な取り組みは、米国の方達にとっても関心の高い事業のようです。
発表後、たくさんの拍手を頂きました。

その後は、各分科会へ分かれてみなさん情報収集。
気になる内容のセミナーが目白押しです。

12837681_1014227705338006_1135365572_o.jpg
「インストラクタートレーニング」
パネルディスカッション

12165067_842301659213213_448029626_o.jpg
CPR Update
アメリカレポ vol.4 " TSUNAMIサバイバルストーリーと「浮いて待て」" [2016年03月23日(Wed)]

*3月5日〜16日のアメリカ滞在記をリポート*

3月8日(火) 4日目
8:00am IBWSS会場
水難学会理事の安倍淳氏による「津波で生き延びた体験談と溺水を防ぐ方法浮いて待て!の重要性」というテーマで東日本大震災における津波の経験と、「uitemate」についてプレゼンテーションが行われました。

プレゼンは先ず、震災から間もなく5年を迎える被災地への追悼の黙祷から始まりました。

938770_739841556151499_915175635_o.jpg

12842464_739841336151521_1051504368_o.jpg
映像や写真、阿部さん自身の描かれたスケッチをもとに、丁寧に当時の様子が語られます。

12194954_1161309767220404_564438877035291720_o.jpg

12837689_739841536151501_857925688_o.jpg
「UITEMATE」を伝えることの意味をプレゼン中

12828519_1161309690553745_4105981708183030203_o.jpg
朝一番のプログラムにも係わらず多くの方が参加されました。

最後に、震災時に来日して助けてくださった米軍のオペレーション"TOMODACHI"に対するお礼の言葉を伝え終了いたしました。
講演後、多くの方から「感動した」「胸がつまる思いでした」などの感想を頂きました。涙を流されている方もおられました。

途中、機械的なアクシデントもあり、もうこれ以上はプレゼンの映像が流す事が難しくなってしまった時、マリンスポーツ財団の笹川理事長、K38創始者ショーン氏、淳氏の弟さんの冨士男氏他、色々な方がその場をつないだり、解決策を探したりして見事にこのアクシデントを乗り切る事が出来ました。
これもまた思い出深い出来事の一つとなりました。
| 次へ