CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【報告】(6/25.​水)「H26年度 第1回 仙台市障害者施策推進​協議会」の傍聴報告 | Main | 【アンケート結果】(9/7開催)第2回 誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014のアンケート結果»
プロフィール

条例の会・仙台さんの画像
条例の会・仙台
プロフィール
ブログ
 全 体 会 議 
 定期 ニュース 
会議日程と報告
最新記事
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
Google

Web全体
このブログの中
最新コメント
http://blog.canpan.info/jyourei/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jyourei/index2_0.xml
【フォーラム開催】(9/7.日)第2回 誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014 〜差別をなくし共生社会の実現を目指して!〜参加無料@エルパーク仙台 [2014年08月01日(Fri)]
条例の会仙台・フォーラム


第2回 誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014
〜差別をなくし共生社会の実現を目指して!〜

開催のお知らせ

無題.png


■内容
障害者関係の団体だけでなく、子ども・女性・反貧困分野などの幅広い分野で活動している人をお招きし、文字通り“誰もが暮らしやすい社会”をキーワードに、より幅広い一般市民の方々と一緒に、より幅広い視点で『障がい者差別禁止条例』を考えるフォーラムとし、“差別”や“共生社会”“誰もが暮らしやすい社会”をテーマに新たな横の繋がりを作り、誰もが暮らしやすい仙台市について考えます。

■概要
日時:9月7日(日)
会場:エルパーク仙台 (6階)スタジオホール
時間: 13:00〜16:35 〔開場 12:30〜〕
※入場無料
※情報保障:要約筆記有、手話通訳有、点字資料有(点字資料が必要な方は事前にご連絡下さい)


■タイムスケジュール
(1)開会あいさつ
(2)条例の会仙台の活動報告 
(3)パネルディスカッション
   テーマ:分野をこえた“生きにくさ”について語る、誰もが暮らしやすい社会の実現に向けて
(4)質疑応答
(5)まとめ
(6)条例の会仙台 アピール宣言
(7)閉会のあいさつ


■パネリスト

1.《反貧困を考える》
弁護士 新里宏二さん

A1.JPG
1952年盛岡市生まれ。1983年仙台弁護士会登録、消費者問題に積極的に取組み、日弁連多重債務対策本部事務局長などを務めた。2010年仙台弁護士会会長、翌年度日弁連副会長。市民運動でも「反貧困みやぎネットワーク」初代共同代表を務め、被災者支援に取り組むパーソナルサポートセンターの代表理事、ブラック企業対策全国弁護団副代表、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会代表を務める。



2.《女性を考える》
ハーティー仙台 八幡悦子さん

mark2.jpg
ハーティ仙台では、暴力被害女性、主にDV被害者・性暴力被害者のサポートする活動をしている。具体的には、DVや性暴力について電話や面接の相談、離婚やDVをテーマに自由に話し合いができる場の開催、DV被害から逃れた後、安全に自分の経験などを語る場の提供、シェルターの運営、女性への暴力根絶のための啓発運動など。活動のきっかけは、女性弁護士の呼びかけで、25年前に女性ための離婚相談を15名の女性で始めたこと。その後、セクハラ裁判支援を行い、16年前からシェルターの運営を開始。最も力をいれているのは、22年前から始めたDVと離婚についてグループで話し合う「しんこきゅうタイム」という活動。スタッフの半分以上がDVサバイバー。参加者は別居、離婚、調停、裁判中の方も多い。語りあうことで、力を取りもどしてゆく。各種の相談窓口から紹介されて来ている。「必要な事を必要なうちしよう」がモットー。



3.《子どもの権利を考える》
NPO法人 チャイルドラインみやぎ 代表理事 小林純子さん

小林写真.jpg
子育て中にNPO活動に関わる。1998年、米国でNPO研修を受けたことをきっかけに、子どもの権利擁護を目的としてNPO団体を設立、その後、仙台市指定管理第1号の「子育てふれあいプラザのびすく仙台」の運営や児童館の指定管理などを手掛ける。2001年に子ども電話「チャイルドラインみやぎ」を設立、現在に至る。東日本大震災後は、それまでのネットワークを生かし、被災地の子ども支援を行っている。



4.《薬物依存を考える》
仙台ダルク 代表 飯室勉さん

tsutomu.jpg
1963年横浜市生まれ。自身は14年間薬物を使用し続け、生きることも死ぬこともできなくなっていた時ダルクプログラムと出会う。1998年仙台ダルク代表就任。以来、薬物依存者と共に歩み続けている。現在、宮城県薬物相談指導員(塩竃保健所・非常勤)、薬物防止戦略推進会議委員。宮城、山形両刑務所の民間協力者も務める。薬物予防啓発講演は年間40回を超え、それを生き甲斐と感じている。



5.《障害当事者を考える》
仙台スピーカーズビューロー 川村有紀さん

DSC00567.JPG
1984年 宮城県仙台市生まれ。大学時代に統合失調症と診断される。約2年にわたる入院生活により、人生を、自分の可能性を半分あきらめていたが、2009年に仙台スピーカーズビューローに出会い、様々な立場の市民を対象に講演活動を仲間と行っている。趣味はパイプオルガンを弾くこと、料理をすること、夫と小旅行に行くこと。

※仙台スピーカーズビューロー
精神疾患・精神しょうがい(者)の誤解や偏見の解消と、正しい知識の普及啓発のために自らの体験を語る講演活動を主に行っている。

以上
ぜひ、皆さんのご参加お待ちしております!!


主催 誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会(愛称:条例の会仙台)
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1丁目6-1(CILたすけっと内 担当:杉山裕信)
〔電話〕022-248-6054 〔FAX〕022-738-9501
〔Mail〕jyoureisendai★gmail.com (★→@に変えて送信)
コメントする
コメント