CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【5月親学講演会】私の子育て論、教育論<山田 宏先生> | Main | 定期総会開催しました。 »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
【一言】 「ココロのたからもの」[2008年06月17日(Tue)]
今月に入って、秋葉原の事件、岩手・宮城内陸地震と事件、事故が続き日本中が暗く落ち込んでいます。事件・事故の被害にあわれた方々に対して心より哀悼とお見舞い申し上げます。

現在教育問題について語ると、きまって「道徳教育の充実」「家庭のしつけ」といったことにたどり着きます。それでいて道徳教育は一向によくならず、非行、いじめ、自殺、青少年犯罪は増える一方です。

十二の徳目
一、 孝行 子は親に孝養をつくしましょう
二、 友愛 兄弟、姉妹は仲良くしましょう
三、 夫婦の和 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
四、 朋友の信 友達はお互いに信じ合ってつき合いましょう
五、 謙遜 自分の言動を慎みましょう
六、 博愛 広くすべての人に愛の手をさしのべましょう
七、 修学習業 勉学に励み、職業を身につけましょう
八、 智能啓発 智徳を養い、才能を伸ばしましょう
九、 徳器成就 人格の向上に努めましょう
十、 公益世務 広く世の人々や社会のためになる仕事にはげみましょう
十一、 遵法 法律や規則を守り、社会の秩序に従いましょう。
十二、 義勇 正しい勇気を持って、国のためにをつくしましょう


これは、私たちの祖先がまもり伝えてきた日本人の生き方を記した教育勅語の十二の徳目です。
 身近な暮らしの中のことをわかりやすく紹介し解説したものです。子供たちにもカンタンに理解できる内容ですよね。
こんな当たり前なことを当たり前に実践したら犯罪や問題は起きないのではないでしょうか。
Posted by 事務局 島本、橘 at 22:00 | 一言 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jyanken/archive/13
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/325171
 
コメントする
コメント
幼児誘拐、殺害の宮崎勤が死刑執行されました 裁判の傍聴を続けた佐々木隆三氏は家庭内の問題が最後まで反省も謝罪もしない異常な人格を作ったと語っていました。秋葉原のような事件が起きると決まって、「犯人を作り出した社会をつくった側が反省をはじめることから事件の解明を始めるべき」という人たちがいます。家庭内、学校教育に巣くってしまった、戦後の教育の思想に問題があると思うのですが・・・。
Posted by:miyamaetarou  at 2008年06月17日(Tue) 23:45

プロフィール

日本児童文化教育研究所 「じゃんけんぽん」さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jyanken/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jyanken/index2_0.xml