CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月17日

災害支援その2

被災者の方々を支援する時に、限られた資源の中で何ができるのか、柔軟性を持って皆で考えることが大切と思います。

医療・支援スタッフのアイディアを出しながら、各自の得意とする分野の力を尊重・発揮しあうことも大切ですね。これをリソースというのでしょうか?


これは震災直後に派遣された災害支援ナースが作成した患者情報ファイルです。インデックスやクリアファイルがない中、白紙にガムテープを折り込んで、アイウエオ順に閉じてありました。

大変な中、後に使う人たちのためにも一生懸命作成したのだと思います。敬意を持って、大切に使わせていただきました。
posted by 松井美嘉子 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害支援

2010年度 在宅での看取りのケアセミナー 

2010年度 在宅での看取りのケアセミナー  が公開されました。

1.事業名
2010年度 在宅での看取りのケアセミナー

2.目的
在宅終末期ケア(特に最後の1週間)に必要な知識・技術を理解し、利用者の意向を尊重した看取りを可能とする調整が実施できる。

3.事業内容
@在宅での看取りのケアセミナー 最期の1週間のケアを問う
  開催場所:全国8ヶ所
  参加者:574名
  内容:終末期における現状と動向、在宅ケアの意義、看取りにおける訪問看護の役割と課題・看取りまでのプロセス 等

A在宅での看取りのケアセミナー 癒しのエンゼルケア
  開催場所:東京都、愛知県
  参加者:128名
  内容:在宅ならではのエンゼルケア・生前からの準備、エンゼルメイクの実際 等

Bケアマネジャー・介護福祉士のための在宅での看取りのケアセミナー
  開催場所:東京都
  参加者:33名
  内容:緩和ケアの基礎知識・緩和ケア、看取りまでのプロセス、医療との連携 等

C在宅での看取りのケアセミナー 終末期を在宅で過ごすための退院調整セミナー
  開催場所:東京都
  参加者:76名
  内容:退院に向けた終末期患者と家族へのアプローチ、退院が円滑に進むための病院内外の基盤調整





成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
posted by 宮澤智子 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物