CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月13日

災害支援ボランティアナースとしての活動


 この度の東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、各地で災害支援にご尽力されている皆様に心から敬意を表したいと存じます。

 日本訪問看護振興財団職員の私も先月末に日本看護協会の災害支援ボランティアナースとして活動させていただきました。この場を借りて、少しずつ書かせていただきます。

 派遣先は宮城県石巻市S中学校でした。埼玉県の病院勤務ナースと2名(写真)で4日間活動いたしました。
 ここでは約200名近い方々(子供23名・高齢者が70名ほど)が体育館で、家族・住所地区別の4班に分かれ、生活をしていらっしゃいました。私達が詰めていた保健室(体育器具室)には、戸棚には支援物資や医師会よりの医薬品(市販薬含む)・衛生材料が収納されていました。

 昼間は皆様の健康チェックを兼ねたラウンドや医師の診療補助、夕方は班長会議への参加、夜間は保健室で体調不良や不眠の方の相談対応、要介護者のケアなど行いました。

 朝から晩まで24時間、生活者の皆様と共に過ごし、ラジオ体操や配食、清掃などを一緒にやりながら「大変ね、でもみなさんがいてくれて安心して眠れる」などとありがたいお言葉も頂戴いたしました。“お互い辛い、けれど皆で助け合ってこの波を乗り越えよう”という気合を肌で感じました。 笑顔 
 
posted by 松井美嘉子 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害支援