CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年08月06日

「エンドオブライフケアと症状コントロール」セミナーのご案内

皆様は人生の最期をどこで、誰と、どのように過ごしたいですか?

病気や歳を重ねることで、誰もが人生の最期を迎えます。

”エンドオブライフ” その時に、またその時に至るまで、ご利用者やご家族に出来ること、訪問看護師としての役割は何か等、一緒に考えてみませんか?

日本訪問看護財団では日本財団の助成をいただき、9月に盛岡で、11月に横浜で「エンドオブライフケアと症状コントロール」セミナーを開催いたします。

内容は
・緩和ケアの基本と実践
・高齢者のエンドオブライフケアの基礎と実践について
 
 お二人の講師をお招きしております。

皆様のご参加をお待ちしております。

くわしくは日本訪問看護財団のホームページをご覧の上、お申込みください。

posted by 松井美嘉子 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー開催情報

9月のセミナーのお知らせ

毎日、暑い日が続いています。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 訪問看護では、この時期に、ご利用者・ご家族の熱中症予防や体調の変化に細心の注意を払いながら、看護師がケアを行っております。

体調の変化といえば、フィジカルアセスメントの大切さは皆様も実感していらっしゃることと思います。
そこで「フィジカルアセスメント」のセミナーを9月1日(土)に福岡県看護協会で行います。訪問看護で実践できるフィジカルアセスメントの基本を一緒に学びながら触診・打診などの演習も行います。

皆様のご参加をお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

くわしくはフィジカルアセスメント(福岡)案内FAX.doc または日本訪問看護財団のホームページをご覧ください。

posted by 松井美嘉子 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー開催情報

2010年06月15日

セミナーの報告とご案内

  6月12日に
 「フィジカルアセスメントの学び方・教え方」のセミナーが行われました。
 午前中はフィジカルアセスメントの概論の講義で、午後は聴診器を
 用いて参加者同士で心音や吸気音などの確認をしながらの講義が
 行われました笑顔
  また、記録や報告についても医師が理解できるような具体的内容・
 共通スケールを用いるなど基本に沿った講義で、参加された方々からは
 分かりやすく丁寧な講義であったとの感想を頂きましたラブ

  セミナーのご案内
 7月11日、ケアマネジャー・介護福祉士のための
 「在宅での看取りのケアセミナー」が開催されます。 
 お申し込みは当財団のパソコンホームページhttp://www.jvnf.or.jp/ 
 またはホームページの研修一覧からFAX申し込み用紙を
 ダウンロードされて、FAXでのお申し込みも可能です。
 多くの方の参加をお待ちしています笑顔

2010年05月24日

ブロック研修のご案内

 今回は5月より開始されている、平成22年度全国ブロック研修
 「在宅での看取りのセミナー」のプログラムについてご紹介しますウインク

  午前中は実際に在宅医療に携わっている医師の立場から
 エピソードを交えた「在宅での看取り」についての講義を、
 午後は訪問看護認定看護師からの「在宅看取りの看護の実際」
 の講義が計画されています。
  そして最後に研修の締めくくりとして「在宅で看取るために」を
 テーマに意見交換が行われます。力こぶ

  研修日時や開催場所、講師等の詳細については当財団の
 ホームページ  http://www.jvnf.or.jp/ をご覧ください。
 また研修のお問い合わせについては
  黒電話 03−5778−7005でお受けしています。

2010年05月17日

全国ブロック研修がスタート

  5月15日は「訪問看護管理者のための経営・運営セミナー」が
 開催され57名の方が参加されました笑顔
  参加された方々はグループワークのみならず、休憩時間や
 昼休みにも活発な意見交換や名刺交換をされていましたハート

  16日は「在宅での看取りのケアセミナー」で95名の方が参加
 されました。
  午前中は新宿で在宅医療を積極的に行っている医師が、
 午後は当財団のあすか山訪問看護ステーション所長の講義が
 行われました。

  研修が学びや発見の場であるばかりでなく、参加された方々の
 出会いや意見交換の場になることを改めて感じた次第ですラブ

  

2010年04月27日

研修のお知らせ

  訪問看護基礎・管理者入門講座が4月24、25日の両日、
 開催されました。この研修には155名の方々が参加され、
 好評のうちに終了しました。拍手

  当財団では今後も多様な研修を企画しています。
 6月12日は「フィジカルアセスメントの学び方・教え方」を、
 7月11日は「ケアマネジャー・介護福祉士のための在宅での
 看取りのケアセミナー」を行います。

  研修参加を希望される方は財団ホームページ 
 http://www.jvnf.or.jp/ 教育・研修一覧から「申し込みフォーム」、
 または FAX 03−5778−7009で参加申し込みができます。
 参加をお待ちしています。ラブ

2010年03月31日

訪問看護基礎・管理入門講座

 ☆ お申し込みの〆切が 迫っています。(4/16(金)〆切)
     4月24日・スタッフの方対象  
     4月25日・管理者の方対象

    訪問看護を担っている看護職の方々を対象に、
    訪問看護の制度や知識、技術、看護展開等
    訪問看護の基本的な内容となっています。
     また、4/24には現場で即活用できるコミュニケーション
    やフィジカルアセスメントの演習を予定しています。

    講座の申し込みと受講料については
      03−5778−7005 でお受けしてます。
    多くの方のご参加をお待ちしてます。

2009年08月23日

感染予防セミナー

新型インフルエンザが一段と心配落ち込みになっています。
死亡者がでたこと、沖縄の患者数の多さ。
そして、夏休み終了とともに流行の拡大への不安困った

ずっと前から今年の秋冬の流行拡大は必至と言われてきましたが、
どうやら夏でもこのウイルスは非常に活発なようですね。

おそらく冬には季節性インフルエンザとも重なり、
例年より厳重な対応が求めらるでしょう。
日本訪問看護振興財団では、
10月10日午後に感染予防の研修を追加で行うことにしました。
開催地は東京渋谷区の日本看護協会ビル学校です。

私たち訪問看護は、受診や通院が困難で、
かつ重篤になりやすい基礎疾患を持っている人々に
多く接します。
冬になる前にセミナーを受講して、
この機会に職場ダメまるの感染対策を見直して見てください。

2009年06月18日

コミュニケーションをスキルアップ

「連携調整のためのコミュニケーションスキル」を来る7月4日開催します。

日時:7月4日(土)10:00〜17:00(9:30〜受付)
場所:東京都看護協会(最寄り駅:JR総武線電車飯田橋)

これは、職場内外の連携調整を効果的に行うための、
コミュニケーションスキルウインクの研修です。

職場のスタッフとのコミュニケーションに悩む管理者。
ケアマネさんや病院の退院調整看護師とすれ違いを感じる管理者。
主治医病院との連携をもっと深めたいと願う管理者。
利用者との会話に課題を感じる訪問看護師。
利用者のことでヘルパーさんにうまく話せないと悩む訪問看護師。

このような皆さんの悩みが軽く出来れば、
と考えて企画しました。

財団の今年の研修は、早くから満員ダッシュになる傾向があります。
ただ、この研修は多少余裕がありますので、
まだ研修参加の予定がない方には、お奨めです。

それではお申し込みをお待ちしております。ラブ

2009年05月15日

看取りのケアセミナー東京は申し込み殺到

東京で行う、看護師対象の「看取りのケアセミナー」
日本財団で助成を受けた事業のひとつです。

とても嬉しいことに、東京会場が満席になってしまいました。
東京会場を希望されていた方々には、本当に申し訳ありませんでした。すいません
ただ、福岡、愛媛、秋田の各会場は、まだまだゆとりがあります。
よろしければ、こちらの会場の参加をご検討ください。

思い切って飛行機バス新幹線遠くに行くと、
その地区の訪問看護師との交流なども図れ、
思わぬよい気づきもあるかもしれませんよ笑顔