CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
訪問看護は現在約50万人が利用しています。
病院から退院したとき。
介護が必要になったとき。
そのようなときをきっかけに、看護師が家を訪れるのが訪問看護です。

ただ、まだ一般には、
聞いたことがない、
訪問介護と区別がつかない、
といった声が寄せられます。

私達は、訪問看護を知ってもらい、安心な療養生活のために活用していただけるようにと
考えています。



2018年12月17日

平成30年度研修 受付中のセミナーのご紹介

現在受付中のセミナーをご案内します。

 精神障がい者の在宅看護セミナー【3日間研修】
 ※若干名の募集です。お早目にお申込みください。
【東京会場】平成31年2月22日(金)23日(土)24日(日)

 訪問看護基礎講座 〜思いきって一歩〜【2日間研修】
【東京会場】平成31年3月9日(土)10日(日)


【詳細およびお申込み方法】 当財団のホームページをご覧ください。
       http://www.jvnf.or.jp/kyouiku/kensyu.html
 ※定員になり次第、締切となりますのでお早目にお申込みください。 


posted by houmon at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー開催情報

2018年09月14日

【開催報告】小児訪問看護の実践力向上のための研修2018(新潟会場)◆日本財団助成事業◆

平成30年9月7日(金)・8日(土)・9日(日)に「小児訪問看護の実践力向上のための研修2018(新潟会場)」を開催しました。5日には台風、6日には大きな地震と、自然災害に見舞われての開催でしたが、20都道府県から38名の方にご参加いただきました。

研修では、在宅で療養する小児に関わる施策、小児の理解に必要な成長発達やフィジカルアセスメント、小児看護に欠かせない家族支援、そして小児の在宅医療の現状と訪問看護の実際などの講義、加えて小児救命処置や呼吸器の演習が展開されました。
今回は小児訪問看護の経験者が7割近くを占めていました。そのため講義は日頃担当しているお子さんをイメージしながら、改めて、ご自身のケアを振り返る機会や知識の確認をされていたようです。シミュレータ等を活用した小児救命処置や小児看護技術の個別演習指導では「救命処置は定期的に練習が必要と感じた」「日頃のケアの振り返りができた。自信が持てた。」等、感想をいただきました。

救命処置の演習場面.jpg
●救命処置の演習

人工呼吸器 マスク装着体験の様子.jpg
●人工呼吸器 マスク装着体験


3日目には昨年度の研修修了者から受講後の実践活動の発表をいただきました。実践するうえでの困難についてもお話しがあり、参加者からも共感の声や、それぞれ工夫した取り組みなどの意見交換が行われました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
〜受付中のセミナー・イベント〜
●集中セミナー/平成30年11月10日(土)http://www.jvnf.or.jp/kyouiku/kensyu.html
 ・P1:在宅療養支援のための臨床推論★認定看護師のためのフォローアップセミナー(認定資格更新6ポイント取得セミナー)
 ・P2: 非がん療養者のエンドオブライフケア
    ・P3:看護職起業家交流セミナー
● 訪問看護サミット2018/平成30年11月11日(日)http://www.jvnf.or.jp/2018/summit
● 平成30年度の報酬改定活用セミナー【東京会場】/平成30年12月8日(土)http://www.jvnf.or.jp/kyouiku/kensyu.html
● 請求業務の基礎講座【東京会場】/平成30年12月9日(日)http://www.jvnf.or.jp/kyouiku/kensyu.html


posted by houmon at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー終了報告

2018年09月07日

平成30年度研修 9月受付開始セミナーのご紹介

9月12日(水)10:00〜
以下セミナーの受付を開始いたします。

 平成30年度の報酬改定活用セミナー
【東京会場】平成30年12月8日(土)

 請求業務の基礎講座
【東京会場】平成30年12月9日(日)


【詳細およびお申込み方法】 当財団のホームページをご覧ください。
       http://www.jvnf.or.jp/kyouiku/kensyu.html
 ※定員になり次第、締切となりますのでお早目にお申込みください。 


---------------------------------------------------------------------------------------------------
〜受付中のセミナー・イベント〜
●集中セミナー/平成30年11月10日(土)http://www.jvnf.or.jp/kyouiku/kensyu.html
 ・P1:在宅療養支援のための臨床推論★認定看護師のためのフォローアップセミナー(認定資格更新6ポイント取得セミナー)
 ・P2: 非がん療養者のエンドオブライフケア
    ・P3:看護職起業家交流セミナー

● 訪問看護サミット2018/平成30年11月11日(日)http://www.jvnf.or.jp/2018/summit
続きを読む・・・
posted by houmon at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー開催情報

2018年08月14日

【開催報告】質の高い在宅看取りケア実践のためのELNEC-J2018◆日本財団助成事業◆

平成30年8月4日(土)・5日(日)に「質の高い在宅看取りケアの実践のための2018(大阪会場)」を開催しました。14都道府県から57名の方にご参加いただきました。
当財団研修では、在宅看取りにおいても系統的な専門知識と援助技術が必要とされていることから、在宅看取りケアに携わる看護師を対象とした研修に取り組んでいます。今年度も訪問看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師等が、実践に即した講義や演習指導を実施しました。
講義の様子.jpg
●講義の様子

グループワーク:ケーススタディの様子.jpg
●グループワーク:ケーススタディの様子

参加者から、「在宅看取りケアに必要な広い知識を学ぶことができた。」「アセスメントの視点を学び、多職種で情報を共有するためにも言語化する力を身に付けたい。」と感想をいただきました。また、グループワークを通して、参加者の交流を深める機会となり、「情報交換ができて有意義だった。」等、好評でした。
今後も参加者にとって、実践力向上と交流の場を提供できるような研修会を行っていきます。

information-------------------------------------------------------------------------------------
〜受付中のセミナー〜
●精神障がい者の在宅看護セミナー【松山会場】(平成30年8月31日(金)・9月 1日(土)・ 2日(日))
●集中セミナー(平成30年11月10日(土))※同時開催のため複数選択はできません
@在宅療養支援のための臨床推論★認定看護師のためのフォローアップセミナー
A非がん療養者のエンドオブライフケア
B看護職起業家交流セミナー

●訪問看護サミット2018(平成30年11月11日(日))

〜キャンセル待ち受付のセミナー〜
小児訪問看護の実践力向上のための研修2018※日本財団助成事業【新潟会場】(平成30年9月7日(金)・8日(土)・9日(日))
続きを読む・・・
posted by houmon at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー終了報告