CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«B-6  今後の過疎高齢化地域のボランティアコーディネーションとは!? 〜人口減少社会を迎えた今、10年先を読もう〜 | Main | B-4 社協の攻めの戦略で、行動を新たな“力”に変える! 〜福祉教育プログラムで高校生の新たな役割を創る〜»
B-5 今でしょ!災害時にすぐに動ける大学ボラセンを創ろう!〜ここからならハジメラレル!!のポイントを発見(^^)v〜 [2013年12月03日(Tue)]

B-5
今でしょ!災害時にすぐに動ける大学ボラセンを創ろう!
〜ここからならハジメラレル!!のポイントを発見(^^)v〜


東日本大震災以降、多くの大学が被災地での活動を実施し、その後の豪雨災害等による被災地でも、多くの学生が若者ならではの力を発揮しています。しかし、実際に学生を被災地での活動に送り出すために、大学ボランティアセンターのコーディネーターは、学外だけでなく学内の調整にも力と時間を割かねばなりません。この分科会では、3つの大学ボランティアセンターの事例から、いざという時、すぐに動くことのできる大学ボランティアセンターを創るためには何が必要なのかを考え、学びあいます。

 ■定員/対象
  30名/大学関係者(大学ボラセンの職員・コーディネーター)、大学ボラセンに興味のある方、大学ボラセンを立ち上げたいと考えている方

 ■コーディネーター
 赤澤 清孝 さん(ユースビジョン 代表/JVCA理事)
 
 ■事例発表者
 竹田 純子 さん(元 龍谷大学ボランティア・NPO活動センター ボランティアコーディネーター)
 市川 享子 さん(明治学院大学ボランティアセンター コーディネーター)
 長谷川 万由美さん(宇都宮大学 教授)


【担当】
渡邊 直樹(大阪府立大学ボランティアセンターV-station学生スタッフ/JVCA運営委員)/
竹田 純子
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント