CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«<JUON NETWORK 協力>高橋礼二郎先生の課外授業 | Main | <JUON NETWORK 東海北陸地域ブロック> 利賀・八尾「おわら風の盆」を味わう!»
<JUON NETWORK 北海道東北地域ブロック>「秋保電鉄線路跡」を歩いてみませんか! [2007年08月16日(Thu)]

−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−
<JUON NETWORK 北海道東北地域ブロック>
「秋保電鉄線路跡」を歩いてみませんか!〜秋の風情を感じながらの一日〜
−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−|−−

「秋保電鉄」は、現在のJR長町駅前から仙台の奥座敷とも言われている秋
保温泉までの16kmを走っていたかわいい電車です。秋の一日を自然と歴史
に浸りながら歩いて見ませんか。
【と き】2007年10月27日(土) 9:00〜16:00
【参加費】会員・学生300円、一般500円
【締 切】2007年10月20日(土)
 「秋保電鉄」は、現在のJR長町駅前から仙台の奥座敷とも言われている
秋保温泉までの16kmを走っていたかわいい電車です。秋保石と湯治客輸
送のための馬車鉄道として1914年(大正3年)営業開始、1025年(大正1
4年)には全線電化、それから36年後の1961年(昭和36年)廃線になり
ました。その線路跡は現在道路や住宅地になっています。しかし、当時の地
図を現在の地図に重ねるとほぼ正確に線路跡をたどれます。更に最近、写真
集「思い出の秋保電車」も発行されました(2004.7)。
 そこで写真集「思い出の秋保電車」の撮影ポイントを推定しながら、活躍
した往時を偲び、廃線後45年の沿線の変わり様を見詰め、それでも変わらな
い自然の姿を探す、そんなハイキングを企画しました。 
◇ コース=長町ターミナル(出発)〜(16 km)〜秋保温泉駅
     〜秋保・里センター(解散)。
◇ 所要時間(昼食時間込み)=約7時間の予定、全線徒歩(16 kmを7時間
      ですから、かなりゆっくりしたペースです)。
◇ 途中で「往時の秋保電鉄」を良く知る次の方からお話を伺います。
    小林和夫氏(秋保電鉄オーナーのご子息)/
    菅原勝行氏(元秋保電鉄職員=整備、運転、駅長)
 最近、秋保温泉駅から笹谷峠越えで山形駅に出る仙山線計画(「幻の仙山線
」)があったことがわかりました。
 秋の一日を自然と歴史に浸りながら歩いて見ませんか。

【と き】2007年10月27日(土) 9:00〜16:00
【集 合】「太白区文化センター(たいはっくる)」入口(国道4号側)
【内 容】「秋保電鉄線路跡」を歩く
【参加費】会員・学生300円、一般500円、
     当日集金(資料代、傷害保険料)
【締 切】2007年10月20日(土)
【日 程】
 8:50 「太白区文化センター(たいはっくる)」入口集合
 9:00 開会、<小林和夫氏のお話をお聴きします>   
 9:15 出発⇒2.6⇒西多賀⇒1.8⇒鈎取⇒0.7⇒月が丘⇒1.1⇒旗立⇒
      0.5⇒(自由が丘公園) 
11:30 山田自由が丘公園で昼食
      <ここで菅原勝行氏のお話をお聴きします>  
12:30 出発⇒(第1トンネル)0.8⇒太白山⇒0.8⇒萩の台⇒(第2ト
      ンネル)1.9⇒茂庭⇒3.2⇒北赤石⇒1.6⇒磊〃橋(らいらいき
      ょう)⇒1.0⇒秋保温泉駅着(電車終着駅)0.5⇒秋保・里セン
      ター(15:30着予定、ここに秋保電車の資料や動く模型が
      ある)          ※コース中の数値はその間のkm
16:00 秋保・里センターで解散

【お申込・お問合せ先】
  塩谷 勝あて(記録の残る方法でおねがいします)
  〒982-0817 仙台市太白区羽黒台18−48
  TEL&FAX:022−245−3461  
  E-mail:qq4h2379k@sage.ocn.ne.jp
※ 申込記入事項:氏名、性別、年齢、住所、連絡用電話
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/721187

コメントする
コメント