CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

JUMBO〜Moving Sweet Dreamer〜

自分に乾杯と言える人生

一秒悩んだら次の一秒はアクション


おもしろきこともなき世をおもしろく。

(たわいない世をサーカスに。)
じゃんぼ版

Moving Sweet Dreamer...


迷ったら?

道徳と直感で決める。
キリバス訪問編その1 [2015年11月19日(Thu)]
2015年10月19日から22日までの4日間、太平洋のほぼ真ん中に位置するキリバス共和国(以下キリバス)を訪問した。キリバスは太平洋に浮かぶ島国で、北はマーシャル諸島、西はナウルとソロモン諸島、南はツバルとクック諸島が接している。33の島はほとんどがサンゴ礁でできており、島の面積を全て足しても対馬ほどの面積しかないのに、世界第3位を誇る広大な排他的経済水域を有している。また隆起性珊瑚でできているバナバ島の最高地点が81mであることを除いて、ほとんどの島では海抜3.5mを超えるところがなく、地球温暖化による海水面の上昇が深刻な問題になっている。2055年までに最大30センチ近く上昇すると予測されていて、世界銀行によると首都タラワ周辺の島の5〜8割りが浸水する可能性があり、政府は将来の国民の海外移住も視野にフィジーの土地購入を決定し、国民の職業訓練も行っているという。

キリバス1.jpg

キリバス3.jpg

キリバス5.jpg

WHO(世界保健機関)が定める公衆衛生上の問題としての制圧目標(人口1万に1人未満となること)は人口100万人以上の国を対象としているため、現時点で制圧を達成していない国はブラジルのみとなっているものの、キリバスは有病率が1万人に1人以上の国でもある。初訪問となる今回の目的は、多くの離島を持つ太平洋島嶼国がどうやってハンセン病対策を行っているか、その現状について保健省やWHOの担当者から報告を聞いて実際に現場を見ることである。

ホテルに到着しマニエバ(Maneaba)というこの国特有の深い屋根の集会場で、WHOと保健省のハンセン病担当者エレイ女史から説明があった。

エレイ女史によると、キリバスの人口10万人に対して毎年100〜200名の新規患者が発見され、10月の時点で121人が治療中だという。患者は貧困層に多く、南タラワに集中しているもののそのほかの地域では患者が少ないわけではなく、発見できていないだけだという。たった3人のハンセン病担当者で広大な範囲を持つキリバスを管轄しており、特に人口密度の多い南タラワとアウターアイランドと呼ばれるメインの島の周りにある島をいかにフォローすることが課題となっている。キリバス27.jpg

翌日から視察をスタートした。曇っていた前日とくらべ快晴で遠浅の海が白くエメラルド色に輝き美しい、しかし赤道に近い首都タラワは日中35度以上にもなる。道路はL字型の島と同じように細長く伸びていて、道の両側に海が広がるという世界でも珍しい景色を望むことができる。丁度朝の通学時間で、鮮やかな青い制服を羽織った子供達が物珍しそうにこちらを見て人懐っこく手を振ってくれる。

キリバス32.jpg

まずは空港のあるボンリキ地区のナワーワ病院を訪れた。午前10時を過ぎたばかりだが既に炎天下で、水色の壁と白い屋根を有する爽やかな雰囲気の病院で、ニュージーランドのPacific Leprosy Foundation(以下PLF)がリノベーションを行ったスキンクリニック(皮膚病のためのクリニック)に入った。3人の患者が私の訪問を待ってくれていた。カノンガオちゃんという11歳の女の子は母親が発見し病院に連れて来てくれ、顔にも手にもほとんど症状が出ていなかったが、薬を飲んでいて治療中だという。16歳の男の子のベベルティくんは顔全体と主に鼻にハンセン病のリアクションが出ていたが、笹川会長が薬を根気強く飲めば必ず治ると励ましたところはにかんだ笑顔を見せてくれた。
キリバス18.jpg

キリバス17.jpg

保健省のエレン女史によると子供の患者が多いのが太平洋地域の特徴で、患者の20〜30%が子供だという。病気の発見方法、年齢、場所などをデーターベース化しており、1人家族に症状が出たら家族全員も調べることも行っているという。

キリバス20.jpg
病院を後にし、空港のすぐ目の前にあるボンリキ村を訪れた。週に2回しか飛行機がやってこないからか、騒音とは無縁のようだ。ヤシや他の多くの植物で鬱蒼とした集落には高床式の小屋と、マニエバスタイルの屋根が深い小屋があり、中で子供が昼寝をしていたり、ハンモックにゆらゆらしているおじさんがいたりとのんびりした雰囲気だ。小屋の中にはタターケさん26歳がそのお父さんと生活していた。彼の足は麻痺しているようだが、ハンセン病が原因ではないとのこと。離婚したのだそうだが、その理由がハンセン病になる前だということで少しほっとした。村には親戚一同が住んでいて、足が麻痺しているので友人に来てもらい課外活動をするのが楽しみだという。薬はポケットに常に入れていて、飲んでいるそうだ。お父さんは曾おじいさんから聞いた第二次世界大戦中の日本軍がハンセン病患者を火に放り込んだという話も聞かせていただき、とても心が痛んだ。

キリバス21.jpg

 次に道路沿いにあり大きなヤシの木の下にトタン板の屋根でお店を構えるKimwaere Mikaereさん(62歳)のいるナベルビレ村を訪れた。彼は手に少し障害があるが、PLFが患者に対して行っている支援事業により、電気コンプレーッサーポンプを購入し、タイヤの空気入れと車の洗浄を行い、1日12時間の労働で最低でも20オーストラリアドル、多い時で30ドルを稼いでいるという。国の平均が12ドル50セントということを考えると大変なことで、彼も支援によって仕事を始めてから自信が持てるようになったという。PLFのフィールド部長のウェインさんによると、39人に果物を育てたり、魚を取って乾燥させたりするノウハウや帳簿のつけ方などのトレーニングを行っているという。彼の店の看板には大きな文字で「PLFサポート受けている」と書かれていたのが印象的であった。キリバス22.jpg

キリバス26.jpg

キリバス24.jpg
ミャンマーのハンセン病快復村 [2013年09月26日(Thu)]
これからミャンマーの写真をアップロードしていきます。
第1回目は、マンダレーのナンダミアン村にある学校で取りました。この学校はハンセン病快復村の中心にあり、日本の快復者によって寄付されました。2人のハンセン病新規患者である生徒さんにインタビューさせて頂きました。9歳の女の子は、MDTというハンセン病の特効薬のアレルギーが出て、薬を飲むのをストップしています。ハンセン病専門医によるとこのケースはとてもまれだそうです。
もう一人の7歳の女の子は、ハンセン病によって手が変形しかかっていたので、看護婦さんがそうならないようなトレーニング方法を教えていました。

Here I ganna upload some picture about Myanmar.
First time, the photo took at a school of Nandamyan village in Mandalay devision. This school located in the center of Leprosy community which built by Japanese leprosy affected person. I interviewed two of new patient who are studying this school. One of the girl has stopped to take MDT(Multi Drag Therapy) due to drug allergy, which is a very rare case(by leprosy doctor in Yenada hospital.
IMG_0073.JPGIMG_0025.JPGIMG_0057.JPGMandalay1.jpgMandalay2.jpgMandalay3.jpgMandalay3.jpg
バーミンガムと唐桑を [2013年03月11日(Mon)]
For 2011 Japan earthquake, we are holding an EXHIBITION and a Bake sale in University of Birmingham.
Please feel free to involve this events!

ここバーミンガムでも震災の展示とケーキを売って募金を集めています。唐桑とバーミンガムを繋げます。

----------------------------------------------------------------------------------
+++++ Never Forget the Great East Japan Earthquake,
from Birmingham to KARAKUWA +++++
Contact: Shiori Homma: SXH274@bham.ac.uk
----------------------------------------------------------------------------------
Can you tell what happened in Japan on March 11th two years ago, 2011? The great Japan earthquake. We are holding an event to reflect on the earthquake and see how the disaster was and how the cities and people are now.

【EXHIBITION】
Date: 11th and 12th March, 2013
Time: 18:00-20:30
Location: Arts Building Lecture Room 7, University of Birmingham Edgbaston Campus
Arts Building (Edgbaston Campus): Red Zone R16
http://www.birmingham.ac.uk/Documents/university/edgbaston-campus-map-oct12.pdf
http://www.birmingham.ac.uk/contact/directions/edgbaston-directions.aspx

There will be displays and the movies about the earthquake in the room which would be informed soon. Feel free to walk in whenever you like and talk to anyone in the room. There would be some Japanese in the room at all the time.
On this occasion, we would like to focus on a specific town in Miyagi Prefecture宮城県, Kawakuwa唐桑, where one of the Japanese students who's now studying at Birmingham University experienced volunteering two years ago, and see how the situation has changed during the past two years and what is going on right now. Let's make a donation to the city, Kawakura. Invite anyone and feel free to ask anything!

【BAKE SALE】
Date: 11th and 12th March, 2013
Time: 12:00-16:00
Location: Arts Building Mason Lounge, University of Birmingham Edgbaston Campus
Cakes would be sold and the money would be all donated to Karakuwa 唐桑, a town in Tohoku area.
--------------------------------------------------------------------------------
-facebook event page
http://www.facebook.com/events/263745643760131/

-Karakuwa
http://www.pref.miyagi.jp/kankou/EN/sightseeing/camp/camping_07_kesennuma_karakuwa.htm
-volunteering at Karakuwa
http://www.listentotheworld.net/index.php?option=com_content&view=article&id=185%3Avolunteer-work-in-the-tsunami-stricken-areas-in-thoku-japan&catid=36%3Aarticles&Itemid=62
-the project in Karakuwa (Sorry, there is only Japanese version)
http://karakuwamaru.net/
-facebook page for Karakuwa
http://www.facebook.com/karakuwamaru − at We Will Never Forget the great Japan earthquake, from Birmingham to KARAKUWA.
http://www.birmingham.ac.uk/Documents/university/edgbaston-campus-map-oct12.pdf
www.birmingham.ac.uk
2013 初日の出 [2013年01月01日(Tue)]
バーミンガムのとある近所の公園で一人ゆっくり初日の出を拝む。

太陽はとても美しい。贅沢な時間だ。

初日の出2013.jpgこの日の本に故郷があるんだなあ。新年迎えられたことに感謝。

謹賀新年。今年も宜しくお願い申し上げます。

I am waiting for new year sunrise myself at nearest park in Birmingham. The sun is very beautiful, and it is precious time.
There is my home country in that direction. Thank you for all to be able to have new year.

A happy new year to all!
Wish your happy!
年末の挨拶 [2012年12月31日(Mon)]
今年もまた実家で年越しができない。ばあちゃんごめん。

1年間振り返ると好き放題やってきたなと思う。

香港にて年越し。中国の春節はハンセン病快復村で過ごし、その足でフィリピンへ。
3月にはミンダナオ島での台風災害支援そして5月まで滞在。

5月には大阪の中崎町天人で働く。祖父の死、九州一周、小牧じいちゃんに会いに行く。
7月イギリスへ。2年越しで叶った留学。
中国のハンセン病支援NGOの原田さんからは、『勉強できる機会は貴重、思い切ってやって来いと』言われたけど、1年間終わってそれができたかは正直怪しい。

正直このままでいいのかなと何度も思った、でもそんな自問とずっと向き合って行くしかないのかな。

2年前会社を辞めて、好きなことばかりやってきたけど家族,FIWC,JIA,唐桑,CS,KFC,天人,そしてバーミンガム大学の皆さんの支えがなければこんなに好きなことばかりできなかったと思う。

いまだに大きな小学生と言われるが、来年は大きな中学生と呼ばれるよう、青春ど真ん中を突っ走って行きたい。

皆様よいお年を。

写真はニューヨークの国連本部にて。

I am not able to spend new year with my family again, feel so sorry for my grandma..

Look back this year I only did what I want to do.
Spent New Year's Eve in Hong Kong. I spent at the leprosy recovery village during Chinese spring festival, meanwhile I moved to the Philippine. To help typhoon disaster area in Mindanao, I had stayed there for 3 month. I worked at AManto in Nakazaki-cho, Osaka on May. I moved to the UK after I lost my grand further. Actually this study abroad come true for two years preparation. Harada-san who leader of NGO"JIA", which having work camp for leprosy recovery village told me that it is seldom opportunity can study abroad so please do you best".
To be honest, I thought many times and I wonder if I leave this, but I have to face to my mind forever.
Leave the company two years ago, I have only done what I want to do.
I couldn't what I want to do without the support of everyone such as family, FIWC, JIA, Karakuwa, CS, KFC, AManto and friend in the University of Birmingham.
Actually many friends said that I am look like "a big elementary school boy", but I want to let them call me " "a big junior high school boy".
I am running on the road of right in the middle youth.

A having good new year for my friends!

This photo is at United Nation in New York.
コスタリカの国連平和大学 [2012年12月11日(Tue)]
Finally I met my nice friend Erick who teaching in University for Peace and run many successful local currency project in Costa Rica.

コスタリカの国連平和大学にて。ここで教鞭を取っていて地域通貨のプロジェクトを何個も成功させている友人エリックと。

Por último, me encontré con mi buen amigo Erick que la enseñanza en la Universidad para la Paz y ejecutar muchos proyectos exitosos moneda local en Costa Rica.

erick UPEACE.jpg
イギリスで俳優経験 [2012年12月02日(Sun)]
映画“All That Remains”の撮影二回目。
今回はエキストラではなく役をいただきました。
原爆が落ちた後、燃える家の中に取り残された子供を
助けようとする母親を止めようとする父親の役です。
表情がとても難しかったですが、母親役のMiwaさんという
女優さんのおかげで自然に演技することができました。
特殊メイクもしてもらい、どんなシーンに仕上がっているか
楽しみです。

Second time of filming for “All That Remains”,this time I got one of main acting part.
That is the father who are stoping his wife trying to save their child in the burning house after the atomic bomb fell.
It is difficult for me to make a sad face expression, but thanks to Miwa, a Japanese actress who acted as wife I was able to act naturally.
Even I got special makeup, so I am looking forward to see this scene.

http://allthatremainsthemovie.wordpress.com/about-all-that-remains/

filming.jpg
28歳。波をつくる。風をつくる。 [2012年11月29日(Thu)]
karakuwa7.jpg。』
28歳のテーマはこれに決めました。
お祝いのメッセージ本当にありがとうございました。
18の時に故郷を飛び出して10年、こんなに多くの大切な人ができるとは想像もできませんでした。
多くの人に支えられながら、突っ走れることを感謝します。
 
"Make a wave, Build a wind".
I decided this words as a title of the 28-year-old.
Thank you very much congratulatory message.
Jump out of the home for 10 years when I was 18, I have't expected to have such a many important friends.
I am grateful to be able to run swiftly while I was supported by many people.
バーミンガム大学開発学の文化交流会 [2012年11月21日(Wed)]
俺の所属する、バーミンガム大学の開発学ではさまざまな国から来ている学生が学ぶ。

今回はアフガニスタン人の呼びかけで文化交流パーティが開催された。

日本人は例によってソーラン節と、お好み焼きなど各自料理を振る舞った。

アイスランド人、コスタリカ人、ガンビア人など珍しい国の学生と一緒に
勉強できるのも魅力の一つだ。

idd-party.jpg
イギリスでの生活 [2012年08月04日(Sat)]
オリンピックモードで盛り上がるイギリスですが、
日本が勝ち進んでいるので、地元バーミンガムのパブ、SOAKで
日本人集団で応援しました。
エジプトに勝利!!
soak japan.jpg
| 次へ
プロフィール

じゃんぼ(日高将博)さんの画像
じゃんぼ(日高将博)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/jumbo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jumbo/index2_0.xml