CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
お客様とドクターとの交流の場として、コメント受付中。
« 2015年4月、第二病院「上越おもちゃ病院」報告 | Main | 第二病院へようこそ! 5月10日の患者様は、入院1名のみ。 »
最近、女児向けのおもちゃも、多くなりました。[2015年04月26日(Sun)]
日時 2015年4月26日(毎月第4日曜日)、午後1時〜3時
会場 上越市市民プラザ(正面エントランスホール)

変身ドレッサー(クリックで拡大)
女の子向けのおもちゃ、受付でもピンク色が目立つようになりました。
お客様の思い入れも強いため、診療には細心の注意が必要です。


変身ドレッサーは、ピンク色の枠の右上に「ステッキでここにタッチしてね!」
どんな風に変身するのでしょうか? 分解点検のため、入院決定。
おもちゃドクターがお預りして、ていねいに診療しますので、ドクターから連絡があるまで、しばらくお待ちください。

あむあむポケモン(クリックで拡大) せんたく機(クリックで拡大)

毛糸編み機、せんたく機など、おままごと遊びのおもちゃが多かったようです。
できるだけ傷つけないように、かつ、早くお返しできるように頑張ります。


パトカー(クリックで拡大) ラジコンカー(電子カルテにリンク)

男の子用おもちゃは、相変わらず、無理な力が加わって壊れたもの。

そして、意外に多いのが「孫のために治して欲しい。」と持ち込まれる古いおもちゃ。
お孫さんだけでなく、ご自身の思い入れもお持ちのようです。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jth-info/archive/51
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/1084644
 
コメントする
コメント
古いおもちゃについては、慌てて分解点検する前に、できるだけ情報収集してから、治療を始めても良いかを判断します。
保守部品は入手困難で、代替品を手作りする覚悟が必要ですが、それでも治らない場合もありますので、事前にお客様とよく相談しながら治療方針を決定します。
時には、そのままお返しして、飾り物として楽しんでいただいたり、アンティークとして大事に保存されることをお奨めすることもありました。
Posted by:上越おもちゃ病院 Dr.渡辺  at 2015年05月02日(Sat) 07:54

カテゴリアーカイブ
待合室だよりの検索
検索語句
最新記事
最新コメント
ToyDr.わたなべ
8月の定例病院 (08/31) ToyDr.わたなべ
2018年1月の定例病院 (02/27) ToyDr.わたなべ
2018年1月の定例病院 (02/27) ToyDr.わたなべ
12月の@リージョン (12/16) ToyDr.わたなべ
親子で の続き (12/16)