CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
★Seamen のための 「全国 港の宿」海員会館 だより★
全国に7館の海員会館を運営する(財)日本船員厚生協会のブログです。
各海員会館には宿泊施設・レストラン・大浴場等の設備を備え、船員とその家族・海事関係者の福祉サービスを60年以上にわたり運営しております。
もちろん、一般の方にも公共の宿としてご利用頂くこともできます。このブログの中で Seamen ならではの世界観を全国の海員会館よりご紹介できれば幸いです。
「ここには海を愛する者たちの「特別」があります・・・」
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
室蘭海員会館の改修[2010年06月09日(Wed)]
室蘭海員会館の改修 が公開されました。

事業内容:室蘭海員会館の整備改修工事
建物の躯体調査等により、十分な強度があることから、長期の使用に耐える補修、修繕と利用者ニーズに応えられる設備の改修、省エネ設備を採用することとした。       
主として、@外壁、屋上の防水、Aロビー、レストラン及び老朽設備の改修(電気配線、給排水管)B客室の洋室化等 C館内のエレベータ及び客室のバリアフリー対応 D客室インターネットの充実 E大浴場の拡張と温泉装置の設置他を実施した。
平成19年10月1日より休館して工事の準備に入り、同年10月29日に入札、同年11月1日に着工、平成20年3月17日に建物の引渡しを受け、同年3月25日に改修披露式を行い、同年4月1日より宿泊を再開した。
事業目標の達成状況
  客室の洋室化等とバリアフリー化、ロビー、レストランの改修及び大浴場の拡張と温泉化によって、明るいイメージが醸し出されたこと、国際交流のための客室のIT設備も好評で、時代の要請にかなった建物となり、さらに、レストランも外部委託で運営することとしたことから、改修目的の10%増客が期待できる。  
事業成果物:
パンフレットを作成し、これをお客様や広報用に使用する。
  日本財団よりの助成金を得て改修した旨のプレートを、会館内に設置した。




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
横浜で「Y151」が開催[2010年05月21日(Fri)]
■横浜セントラルタウンフェスティバル「Y151」が華やかに開催されます。

Y151とは、昨年の開港150周年で開催されたY150に続く、横浜のイベント。
開港以来横浜はさまざまな歴史と文化を積み重ねているなか、昨年開港150周年が終了し、今年から民間事業者団体が(横浜中華街・元町、山下公園通り、馬車道、関内、山手)が中心となり「Y-200」に向けて新たな横浜を目指し、さらに発展させるた「151,152,153・・・・Y200」を一歩一歩着実に歩むということから始まったもの。
横浜の良さをもっと楽しんでいただくために今年は6月の4、5、6日の3日間開催されます。



概要
@メイン会場コンサート・・5、6日 山下公園石のステージ  ジャズ・ポップス・ハマこい踊り
Aウォークラリー・・4〜6日 スイカ、パスモ。お財布携帯のタッチ式ラリー
Bはまコスフェスティバル・・6日 リカちゃんコスプレコンテスト
C横浜ベイスターズ×Y151コラボゲーム 球場でオリジナルタオルマフラーを先着で進呈
DJR東日本「Y151記念列車運行」・・5、6日 ハマトラ・リカちゃんが乗車しY151っをPR

各地域イベント内容として、中華街地区、元町山手地区、山下公園通り地区、馬車道地区、関内地区でコンサートやパレードが開催されます。

お泊りは、ナビオス横浜、エスカル横浜をご利用ください。


恒例 「横浜開港祭」が開催[2010年05月20日(Thu)]
■第29回「横浜開港祭」が開催されます。



1981年「第1回横浜国際デー“プレ横浜どんたく”」として産声を上げ、港を彩る風物詩として多くの市民に親しまれてきた「横浜開港祭」。
第29回目となる今年は5月29日〜30日、6月2日の間、”thanks to the port” 「開港を祝い、港に感謝しよう」〜市民の新たな夢へ向けて出港!そして未来に輝く子どもたちのために〜をコンセプトとして、151年目を迎えた横浜の港に感謝し、更なる港の賑わいの創造をめざして開催されます。



開催中となる6月2日は、横浜開港記念日で市内の公立学校は休み。個人的にはわたくしも休みをいただき、横浜のバースデーをお祝いしたいことろですが、そうはいかないようです。

詳細は公式WEBからご覧ください。

お泊りの場合は、開港祭会場に隣接する「ナビオス横浜」「エスカル横浜」をご利用ください。
「氷川丸」が傘寿迎える[2010年05月18日(Tue)]
■横浜山下公園に係留されている「日本郵船氷川丸」が生誕80年、傘寿を迎えました。


<画像は80周年式典当日の氷川丸全景で晴天に恵まれた>

「日本郵船氷川丸」は昭和5年に北太平洋航路用に建造された豪華貨客船です。
デンマーク製の最新鋭大型ディーゼル機関を搭載し、SOLASによる水密区画配置など先進 の安全性を誇っていました。
一等客室にはフランス人デザイナーによるアールデコ様式の内装が施され、太平洋戦争後 には、秩父宮ご夫妻、チャーリー・チャップリンをはじめ、約1万人が乗船し、華々しい歴史を刻みました。


<氷川丸船尾にはお祝いの横断幕が>

その後、戦雲ただならぬ中なか、政府徴用船、及び海軍特設病院船となり終戦までに3回も触雷しましたが、日本郵船の大型船では唯一沈没を免れたのです。

戦後も引き続き病院船のまま復員輸送に従事し、昭和22年に復元工事で貨客船に戻り、国内航路定期船、のちに外航不定期船、昭和26年8月からはシアトル・ニューヨークおよび欧州航路定期船に就航しました。

昭和28年には内装をアメリカンスタイルに改装し、シアトル航路に復帰、フルブライト留学生制度での渡航者約2,500人を含む乗客、約1万6,000人を輸送し、活躍しました。

昭和35年、船齢30年に達し、同10月シアトル、バンクーバーから神戸に寄港、係留地横浜への回航を最後に第一線を退きました。その間のべ太平洋横断254回、船客数は2万5千余名。


<優雅な一等ダイニングサロンでの楽団(再現)>

引退後は、神奈川県と横浜市の強いで横浜の山下公園に係留され多くの人々に親しまれ、平成15年11月には横浜市指定有形文化財にも指定されました。

生誕78年目にあたる平成20年4月25日、新生「日本郵船氷川丸」としてリニューアルオープンし、2年後の今年4月傘寿を迎えました。


氷川丸は生まれ故郷でもあるこの横浜で、海運の発展と海事思想の普及のために今日も多くの乗船客を乗せて、元気に働き続けています。

当協会が運営する、横浜海員会館「エスカル横浜」はこの氷川丸に隣接して建っています。
エスカルは船員のための保養施設なので、もし氷川丸が現役で横浜港に寄港していたら、多くの氷川丸クルーが宿泊していたことでしょう。
「波涛を越えて」写真展が開催中[2010年04月23日(Fri)]
■写真展「波涛を越えて」の作品のダイジェストをエスカル横浜の館内に展示



エスカル横浜に隣接する、横浜山下公園の秋のイベントとしてすっかりお馴染になった、働く海の男の写真展「波涛を越えて」(展示責任者;三上保則)のダイジェスト作品が横浜海員会館の2階ロビーに5月9日(日)まで展示されています。

エスカル横浜は、単なる船員さんの宿泊施設ではなく横浜の港湾施設として日々、海事思想と広報の普及に励んでおり、今回もその一環で毎年この時期に開催。

エスカル横浜には毎日のように乗下船に伴う外国人船員が宿泊しており、自分が乗船した経験のある船の写真が展示されているのをみて、仲間の船員に自慢する光景が時々見受けられるのも海員会館らしいといえます。

展示されている写真の数は、全部で35点でさまざまな国や港や船上で撮影されたものばかり。一般の宿泊客が写真をみて、船や港に魅力を感じられたら幸いと、エスカル横浜の和田館長は来館を歓迎しております。



展示に加えて、「船と海と世界のまめちしき」と題したコーナーも併設しております。
野毛大道芸が開催されます[2010年04月07日(Wed)]
■第36回野毛大道芸が開催されます!



横浜の春の風物詩としてすっかり定着した下町野毛の大道芸が、4月24日、25日の2日間開催されます。
国内外からトップパフォーマーが40組集結し、多くの観覧者を魅了します。



場所は、JR又は横浜市営地下鉄の桜木町駅、京浜急行の日ノ出町駅が最寄りとなり、徒歩で数分です。一か所でのパフォーマンスでなく、至る場所でさまざまに行われているので、いろいろ巡ってみるのが面白いかも。
ただし、この両日はたくさんの人出となりますので覚悟をしてください。

多くのパフォーマーの妙技を見た後は、今や外国人らが観光で訪れる野毛町内の焼鳥屋さんで一杯と行きたいところです。
 
横浜は春夏秋冬1年中さまざまなイベントが開催され、味覚・視覚・聴覚とからだいっぱいで楽しめる魅力的な街です。
日帰りではもったいないので、宿泊での計画をたててお越しください。

横浜中華街に隣接するエスカル横浜とMM地区に隣接するナビオス横浜でお待ちしております。
新生 にっぽん丸 就航[2010年04月06日(Tue)]
■商船三井客船所有 豪華客船「にっぽん丸」が装いも新たに就航


横浜港で日本郵船の飛鳥U同様にすっかりとお馴染みになった、にっぽん丸が船体をネイビーに塗り替えて先月就航しました。

実は、にっぽん丸の改装は横浜市本牧にある三菱重工横浜製作所で行われましたが、改装に携わった多くの船員が11月から2月までエスカル横浜に宿泊していました。多い時には一日30人にものぼる、関係者が泊まりました。

エスカル横浜は、船員の厚生施設なので毎日のように多くの海事関係者が宿泊しておりますが、この改装スタッフのほか、このにっぽん丸の船長も航海前の前夜は常宿にしています。そのような、理由から今回の改装はエスカル横浜にとっても非常に喜ばしいことです。

新生にっぽん丸はお披露目式を横浜港大桟橋で既に行い、その後ショートクルーズを繰り返し早速この5月11日から7月1日まで横浜、神戸を経由してハワイやロスを巡る太平洋一周クルーズに出発します。

最も高価なお部屋で一人880万円ですが、リニューアル後初めてのクルーズなので恐らく満室状態で航海にでることでしょう。

5月11日は大桟橋を12:00に出航します。感動的な出航シーンを是非見学しませんか。
ご宿泊はエスカル横浜で承ります。


ご安航をお祈りします。
横浜港広報艇「はまどり」とお別れ[2010年03月19日(Fri)]
■横浜港の海事広報艇「はまどり」が長い航海に出港。

横浜市が7億円で1989年に購入した本船(299トン)は、主に市内小学生を対象に海事思想の普及を目的として約20年間運航し、延べ45万人以上の乗船者があったといいます

しかしながら、市の財政状況の悪化から年間1億円程度の維持費を抑えるためにやむなく売船を決断したようです。

個人的には、横浜港は国際港都として自治体所有の船舶を所有するのは自然と思いますが、民間観光船会社に任せることも出来ますから、今後は協力体制を構築する必要があります。

ちなみに、本船は個人が3,600万円で落札し、3月の19日早朝に横浜港とお別れし、最終的にはロシアで第二の人生を送るようです。

横浜港の付帯施設として、多くの船員や港湾関係者に親しまれている、エスカル横浜ナビオス横浜も、日ごろ海事思想の普及活動に貢献しております。




ボンボヤージ!ハマドリ!!
横浜中華街 まかないカレー[2010年03月17日(Wed)]
■横浜中華街の「まかないカレー」は癖になる味。

横浜中華街のメインストリートとなる中華街大通りの中ほど広東料理「同發」では、半世紀年前から引き継がれている、まかないで出されている特製カレーを一般メニューに加え、ちょっとした話題になっている。



そのまかないカレーをいただけるのは同發の中でも本館のみ。
同發は1880年ころに創業、創業時は食材や雑貨を扱う商店でしたが、戦後に料理店をオープンさせた中華街でも老舗中の老舗。

多くの調理人を舌を満足させた特製カレーのレシピは以下の通り。

 @玉ねぎと豚肉の旨みを「油通し」で閉じ込める。
 A同發本館秘伝(伝統)の中華スープをベースにカレールーを作ります。
   中華スープは味の決め手で、鶏肉や豚肉と各種の香味野菜で作ります。
 B油通しをした玉ねぎと豚肉をカレールーに合わせて中華料理ならではの火加減で仕上げます。
 
カレーは2種類、プレーンが840円(税込でスープ付き)、パイコウカレーは945円(同)
薬味ははじめから付かないので、オーダーしても出てきません。





同發本館はテーブルが少ないので、すぐに満席になります。平日のランチタイムはOLやサラリーマンで賑わいます。

わたしも実際に食べてみましたが、ボリューム満点で本当においしかったです。
2人で注文して取り分けていただくのがちょうどよい量かもしれません。


場所やその他不明瞭なことは、中華街に隣接するエスカル横浜にお立ち寄りいただければ、丁寧にご案内いたしますのでお気軽に。
「横浜三塔物語」イベント開催[2010年03月15日(Mon)]
■船員の航海安全祈願、「横浜三塔物語」という都市伝説。

横浜市内には多くの歴史的建造物が今でも存在しますが、なかでも都市伝説として幸せを呼ぶタワーが存在するのをご存知ですか。

それらのタワーはジャック・クイーン・キングの名で親しまれている公共的な建物(横浜市開港記念会館・横浜税関・神奈川県庁)を指します。

三塔はかつて横浜港に入港する船舶が寄港時に目印にしたといわれた大切な役割のランドマーク。
また、横浜出港時にはその三塔に向かい船員が航海の安全を祈願したともいわれています。
そして現在、この三塔が一望できる3か所を全て巡ると幸せになれるという都市伝説があるのです。

それらに関連し、3月10日から21日までは記念日の3月(さん)10日(とう)にちなみスタンプラリーなど多彩なイベントが開催されていますので、是非出かけてみてはいかがでしょう。


≪ジャックこと横浜市開港記念館≫


≪クイーンこと横浜税関≫


≪キングこと神奈川県庁本庁舎≫

お泊りは、横浜観光に便利なナビオス横浜とエスカル横浜が最適です。

お問い合わせは、同実行委員会 電話045‐211‐2304
| 次へ
プロフィール

財団法人日本船員厚生協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/jswablog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jswablog/index2_0.xml