CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト【ススキ種子の精選作業】 [2018年01月17日(Wed)]
生態・環境緑化研究部会が中心となって取り組んでいる
「阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト」
では2017年11月に阿蘇市波野地区、荻岳周辺で採取したススキ種子の乾燥〜精選作業を行っているところです。

研究部会幹事の入山さん(雪印種苗)が2018年1月12日、作業中の様子を撮った写真です。

脱粒前の乾燥調製です。種子が枯死しないよう35℃で乾燥させます。
01_Drier.jpg 02_Drier_inside.jpg

脱穀した種子は、篩にかけてより分けます。篩にかける前の種子(花穂)の状態です。
06_seed.JPG

種子を篩の上で手で揉み落とします。篩と、その下に落下させた種子の様子。
07_seed.JPG

その後、茎の除去を手選で行います。
こちらの写真が、手選終了後の種子です。
08_seed.JPG

1月中には今回採種した種子の精選を終え、参加者への分配を予定しています!
今年度中に活用して頂けるよう、2月には種苗会社で発芽試験などをするよう、各種作業を進めているところです。

日本緑化工学会が取り組む「阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト」についてはこちらをご参照下さい


ちなみに、こちらは脱穀に使用する、試験用の小型脱穀機です。
今回、ススキは花穂ごと切り取って採種しましたので、茎から種子を取り外す必要があります。
脱穀機は屋外で運転するので、雨天と強風時が続いたため今回は使用しませんでした。
03_thresh.jpg 04_thresh.jpg
【後援行事】海岸林から考える ふるさと・里浜の復興デザイン [2018年01月16日(Tue)]
日本緑化工学会 後援行事
海岸林から考える ふるさと・里浜の復興デザイン

「⽣態系サービスの享受を最⼤化するʼ⾥浜復興シナリオʼ創出」プロジェクトチーム主催によるフォーラムが2018年2月24日(土)に 東北学院大学土樋キャンパスにおいて開催されます。

東北地⽅太平洋沖地震・津波(東⽇本⼤震災)で被災した海岸では、海岸林の再⽣が市⺠や企業、⾏政など多彩な⼈々の連携の下で進められています。このフォーラムでは、誰しもが想い、願う「ふるさとの、うるわしい海岸林・海辺」を創出するために、被災後7年間の取り組みをふり返り、課題やアイデアを共有します。そして、これからを⾒据えて、「地域の⾃然と歴史に学ぶ森づくり」、「⼈づくり・地域づくりと連結する森づくり」について考えます。

日程:2018年2月24日(土) 11:30(開場)〜15:50
会場:東北学院⼤学⼟樋キャンパス 押川記念ホール
  http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/access/
共催:「地域の⾃然と歴史に学ぶ⾥浜復興」研究会

 ※参加費・事前の参加予約は不要です。

プログラム:
基調講演「これまでの海岸林、これからの海岸林」
 吉ア真司
(⽇本海岸林学会会⻑・⽇本緑化⼯学会副会⻑・東京都市⼤学環境学部⻑)

講演(プロジェクト成果報告)
 地域とともにあった海岸林: 仙台湾岸の里浜史を読み解く
 菊池慶⼦(東北学院⼤学)
 よい海岸林は、よい砂浜から: 砂浜海岸エコトーンにおける砂丘・森・湿地の共存
 岡 浩平(広島⼯業⼤学)
 本当に海岸林は津波防災に有効か?:歴史と科学から考える海岸林の効果検証
 柳澤英明(東北学院⼤学)

森づくりから、地域づくりへ :参加者間の情報・意⾒交換

問い合わせ:
 平吹喜彦 yhiramail.tohoku-gakuin.ac.jp (※ ★は@になおしてください)
 Fax. 022-773-3706

20180224_1_s.jpg20180224_2_s.jpg

【後援行事】あまみずコーディネーター養成講座2017 [2017年11月21日(Tue)]
2017年12月15日(金)―16日(土)に福岡大学多目的ホールにて、日本緑化工学会後援行事である、「あまみずコーディネーター養成講座2017」(主催:あまみず社会研究会)が開催されます。
参加費は無料(テキスト付)です。
申し込み締め切り:2017年11月30日

詳しくは、あまみず社会研究会さんのホームページをご覧下さい。
amamizushakai.wixsite.com/amamizu/h29

amamizucoordinator2017_flyer1.jpg

amamizucoordinator2017_flyer2.jpg