CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年03月 | Main
熊本現地見学会およびシンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」 [2017年04月10日(Mon)]
日本緑化工学会では、3月18日に現地見学会・3月19日にシンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」を開催致しました。

現地見学会では
1.立野の大規模崩壊地
2.北向山原生林の崩壊地
3.内牧温泉の地割れ現地
4.阿蘇カルデラ草原の生態系と管理の現状
などを見学しました。

立野では、阿蘇大橋が大規模な崩壊により落橋してしまいましたが、その後、不安定土砂を無人遠隔操作で取り除く、最先端の技術による処理が行われました。
20170318_01.jpg 20170318_02.JPG

20170318_03.JPG

南阿蘇村に通じている重陽大橋の現場は対岸に見えています。
20170318_04.JPG

森林総合研究所の黒川様からは、北向山の照葉樹原生林の地震による崩壊について説明をして頂きました。今回2016年、4月の地震ではそれほど大きな崩壊がなかったものの、2016年6月の豪雨によって非常に多くの場所で崩壊した箇所が見られました。天然林に崩壊地が少なかった、とは言えないそうです。
20170318_05Kitamukiyama.jpg

阿蘇カルデラ周辺では、まだ通ることができる道が少ないこともあって、当日も途中、ミルクロードではたいへんな渋滞に巻き込まれてしまいました。そのため予定していた見学地のうち、草原の表層崩壊など、割愛することになってしまいました。たいへん残念でした。

草原学習館で、短い時間でしたが、草原をいかに維持しているのか、どのように維持し続けるのかについてお話を伺いました。20170318_06_GStock.jpg

そして日のある間に何とか最後の見学地として、内牧温泉の、液状化により地下で生じた水平滑りによる地表面の地割れが見えるところへ行くことができました。20170318_07Uchinomaki.jpg

ご案内など不備なこと多々ありました中、ご参加頂いたみなさんのご協力のおかげで、スムーズな運営ができましたこと、御礼申し上げます。

当日行くことが叶いませんでしたが、行く予定であった仙酔峡の周辺の写真をご紹介致します。
20170317_Senshikyo.jpg
ここでは、2012年豪雨災害の崩壊地と、2016年熊本地震の崩壊地が両方あり、再生状況など見比べることができます。
20170317_caldera.JPG

表層崩壊であれば、4,5年経つと、草本植物が再生してくることが体験的にわかっているそうです。2012年の崩壊地では、自然にススキなどが侵入しているところが多く見られます。