CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【後援行事】海岸林から考える ふるさと・里浜の復興デザイン | Main | 【後援行事】東北建設系技術交流会「ロードキル対策のあるべき姿」»
阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト【ススキ種子の精選作業】 [2018年01月17日(Wed)]
生態・環境緑化研究部会が中心となって取り組んでいる
「阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト」
では2017年11月に阿蘇市波野地区、荻岳周辺で採取したススキ種子の乾燥〜精選作業を行っているところです。

研究部会幹事の入山さん(雪印種苗)が2018年1月12日、作業中の様子を撮った写真です。

脱粒前の乾燥調製です。種子が枯死しないよう35℃で乾燥させます。
01_Drier.jpg 02_Drier_inside.jpg

脱穀した種子は、篩にかけてより分けます。篩にかける前の種子(花穂)の状態です。
06_seed.JPG

種子を篩の上で手で揉み落とします。篩と、その下に落下させた種子の様子。
07_seed.JPG

その後、茎の除去を手選で行います。
こちらの写真が、手選終了後の種子です。
08_seed.JPG

1月中には今回採種した種子の精選を終え、参加者への分配を予定しています!
今年度中に活用して頂けるよう、2月には種苗会社で発芽試験などをするよう、各種作業を進めているところです。

日本緑化工学会が取り組む「阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト」についてはこちらをご参照下さい


ちなみに、こちらは脱穀に使用する、試験用の小型脱穀機です。
今回、ススキは花穂ごと切り取って採種しましたので、茎から種子を取り外す必要があります。
脱穀機は屋外で運転するので、雨天と強風時が続いたため今回は使用しませんでした。
03_thresh.jpg 04_thresh.jpg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1332202

コメントする
コメント