CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本緑化工学会平成30年現地見学会「東北中央自動車道の現場見学会」 [2019年01月06日(Sun)]
2018年12月7日(金)に日本緑化工学会現地見学会を実施しました。
現地をご案内くださいました東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)東北支社山形工事事務所 の阿部重雄所長、企画を調整実施してくださった簗瀬理事、本当にお世話になりました。そしてお集まり下さった会員のみなさん、関係各位にも御礼申しあげます。
開通前の貴重な機会に現地を見学でき、たいへん有意義な一日を過ごすことができたと思います。参加者からは、開通後(緑が生き生きとしてくる季節に)にぜひまた見学したいとの声もありました。できればまた半年後か、その次年度に会員の皆さんと見学をできたらよいのではないかと考えています。

実施概要
★日程: 2018年12月7日(金)
★見学地:
「東北中央自動車道平成30年度中の開通予定区間」(南陽高畠IC−山形上山ICの24.4 km)およびその前後・周辺
★案内: 東日本高速道路株式会社 山形工事事務所 阿部重雄所長

 現在整備中の区間は多雪地域に位置しているため、全線にわたって、多雪地ならではの工夫、メンテナンスへの考慮がなされているそうです。舗装はメンテナンスが容易なアスファルト舗装としていること、トンネル出入り口付近には凍結防止のため排水溝切りを施していること、ランブルストリップスを深く、さらに樹脂で埋めていること、防雪柵の高さへの配慮、除雪作業区間・箇所を減らすためスノーシェッドを多く設置したことなどを現場で説明していただきました。

1207報告_01_栗子隧道の碑_s.jpg 1207報告_02_道の駅米沢_s.jpg
栗子峠は板谷峠を越える米沢街道の代わりとして、明治時代に栗子山隧道を掘削し通された「萬世(万世)大路」と名付けられた道です。道の駅米沢に碑が移されていました。道の駅は、木材をふんだんに使用した印象的な建物に、置賜地方の物産や情報がたいへんわかりやすく配置されており、観光振興等に大いに役立っているようです。参加者の皆さんもほぼ全員がおみやげを入手していたようで、特に農産物やお酒などの地産品の売り場に長くとどまっている方が多かったように見受けました(笑)。

高畠深沼橋は、南陽高畠ICに近接しているため4車線の高架橋を施工していて、国道13号と113号の上を橋梁で超すようになっています。年度内の完成を目指して現在、最終舗装工事が進められているところです。工事中の橋梁に入らせて頂きました。橋の上まで来ると、風当たりの強い環境がよくわかりました。
1207報告_03_深沼橋_s.jpg 1207報告_05_深沼橋_s.jpg
この橋は2018年7月に、長さ約100 m、重さ約670 tの桁を特殊台車に載せ、橋脚に設置したものです。軽量化を図るため、廃ガラスを主原料とした軽量資材スーパーソルが使われているそうです。
1207報告_04_深沼橋_s.jpg 1207報告_06_深沼橋_s.jpg

建設中の南陽PA付近に「びっき(蛙)石」という巨石を置くために整備された「びっき石公園」があります。この岩は「びっき石まつり」が開催されるなど付近の中川地区の地域文化財として大切にされてきたそうですが、今回、自動車道計画に位置していたことから、工事に伴って移したものだそうです。近隣にある中川小学校のみなさんが付近の見所をまとめた地図で作った看板も設置されていました。
1207報告_07_びっき石公園_s.jpg 1207報告_08_中川小作成の看板_s.jpg

堂満山の中腹に作られた切土長大のり面を歩きます。かみのやま温泉ICの造成に必要な土砂を確保するために切土斜面としたそうで、上り線12段、下り線8段、高低差最大80 mの長大のり面が完成しています。新第三紀中新世の凝灰岩を主体とした地質で風化しやすいことから水対策を重点的に行っていると説明がありました。
1207報告_09_堂満山のり面_見下ろす_s.jpg 1207報告_10_堂満山のり面_排水と柵_s.jpg

山形PAは、南陽高畠IC - 山形上山IC間開通時に供用を開始する予定で建設中のパーキングエリアで、スマートインターチェンジが設置されるそうです。植栽には山形市の木であるナナカマドを中心とした「山形盆地の森」をコンセプトに選んだ樹種を中心にしているそうです。山形市では、PAが須川沿いにある西公園に近接することから、PAと一体化した公園整備事業を行っているそうです。スマートインターが有効に活用されるとよいと思いました。
1207報告_11_山形PA_説明_s.jpg 1207報告_12_山形PA_客土_s.jpg

山形PAまでで今回の見学日程は終了。
阿部所長からはたいへんきめ細やかに、かつ、随時、設計、施工に関する説明に加えて、地元自治体や地域の関係者等との調整に関する苦労話などを含めて聞かせていただきました。
ありがとうございます。
置賜地方、本当にいいところですね...
在来緑化植物ヨモギの外国産緑化個体と在来個体間の形態及び遺伝的組成の違い/我妻聡 [2018年11月11日(Sun)]
2018年・第49回/設立30周年記念大会(東京都市大学)でポスター賞を受賞された我妻 聡さんからの投稿が届きました!
ポスター賞_我妻さん.jpg

在来緑化植物ヨモギの外国産緑化個体と在来個体間の形態及び遺伝的組成の違い
京都大学大学院農学研究科 我妻 聡


受賞ポスターはこちら!
Wagatsuma0_Poster_s.jpg


 この度は「在来緑化植物ヨモギの外国産緑化個体と在来個体間の形態及び遺伝的組成の違い」という題目で研究交流部門のポスター賞をいただき、誠にありがとうございました。大会当日は多くの方に研究内容に関して興味を持っていただき、多くのコメントを頂いたり、在来種を用いた緑化の現状を教えていただいたりしました。この場をお借りして御礼申し上げます。今回は簡単ではございますが、私の研究に関してご紹介いたします。

はじめに
 外来植物による在来生態系への悪影響を懸念し、法面緑化には在来植物の利用が推奨されています。しかし、種が同じであれば種子の採取地は考慮されないことが一般的なため、緑化に使用されている在来種の種子の大半が中国等の国外から輸入されています。また、日本国内でしばしば法面緑化に用いられるヨモギでは、日本で採取した種子を中国で育成して採種した「日本系統由来中国産種子」も緑化用に利用されています。しかし中国産及び日本系統由来中国産のヨモギと日本国内のヨモギの違いは未解明でした。そこで私の研究では、国内の法面緑化に用いられるヨモギを対象として、日本産および緑化用に輸入された中国産の種子を播種・育成し、それらの形態及び遺伝的組成を比較しました。

材料と方法
 中国産4集団及び日本系統由来中国産6集団、日本産13集団から採取した種子をもとに各集団につき10個体育成し、痩果・葉・頭花のサイズ等の形態を測定しました。また、形態測定に用いた育成個体及び日本国内32地点の自生個体より採取したヨモギからDNAを抽出し、MIG-seq法により一塩基多型(SNPs)を検出し、主座標分析及びSTRUCTURE解析を行いました。

結果と考察
 今回の実験から中国産は形態的、遺伝的に日本産および日本系統由来中国産とは明瞭に異なることが示されました。特に明瞭な違いがあった形態は痩果のサイズやシワの有無でした(図1)。日本由来中国産と日本産に関しては明瞭な差は見られませんでした。
Wagatsuma01_Fig1.jpg

 2664SNPsにもとづいた主座標分析の結果、中国産が日本産および日本系統由来中国産と遺伝的に大きく異なることが示されました。
Wagatsuma02_Fig2.jpg

 日本国内のサンプルのみ用いてSTRUCTURE解析を行ったところ、最適クラスター数は4となりました。各クラスターの地理的な分布から、北海道、関東以北、関西以西、九州の間で遺伝的な分化が存在することが明らかとなりました(図3)。
Wagatsuma03_Fig3.jpg

遺伝的に異なる個体を緑化に用いることによって、在来個体群に遺伝的撹乱をもたらす可能性があります。したがって、遺伝的に大きく異なる中国産種子の利用だけでなく、日本産でも地理的に大きく離れた地域由来の種子の利用は好ましくないと考えられます。

おわりに
 研究をおこなうにあたり多くの方々にご協力いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
公園の利用で地域住民の交流が活性化!健康増進にもつながる!/大塚芳嵩 [2018年11月09日(Fri)]
2018年・第49回/設立30周年記念大会(東京都市大学)でポスター賞を受賞された大塚芳嵩さんからの投稿が届きました!

ポスター賞_大塚さん.jpg

都市公園における利用行動の多様性と地域における交流状況との関係性
産総研人工知能研究センター 大塚芳嵩



受賞ポスターはこちら!
Otsuka01_Poster.jpg


 この度、第49回日本緑化工学会大会において優秀ポスター賞(論文部門)をいただきました。大変栄えある賞をいただきましたこと、誠にありがとうございます。また、本研究に関わられた共同研究者、関係者各位に対しこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
 本研究の目的は、都市緑地の利用促進により地域住民のソーシャル・キャピタルの向上が可能であるか検討することです。

 ソーシャル・キャピタルとは、地域住民間の信頼関係や日頃の交流頻度、地域活動への参加などの“地域の結束力”あるいは“交流状況”を指す用語で1)、公衆衛生学や社会経済学においては地域住民の健康状態と密接に関係することが示されています2)
 このため、現在は地域のヘルス・プロモーションや地域活性化のため、ソーシャル・キャピタルの向上させる取り組みや研究が行われています。しかし、多くの研究者がソーシャル・キャピタルを向上させる方法を模索しているにもかかわらず、実効性やあらゆる地域に対して普及可能性がある取り組みは未だ少ないのが現状です。
 また、公衆衛生学においては、“0次予防”による健康増進が進められようとしています。この0次予防は、従来までの生活習慣の改善、病気の早期発見や再発防止などの個人レベルに対するアプローチから、住むだけで健康になってしまう都市環境や社会制度の整った包括的なまちづくりへ予防医療の枠組みを拡大した点に特徴があります。現代の公衆衛生学においては、都市計画的なアプローチによる健康増進や交流促進に関する研究が、高い期待を寄せられるテーマとなっています。

 そこで、我々が着目したのが公園を中心とした都市の緑地です。公園は、どの地域にも必ずあり、いつでも誰でも無料で利用できる公共施設です。一方で、公園は老朽化などの維持管理上の問題から今後再開発が必要とされ、この際に健康増進や交流促進など多面的な効果の発揮することが求められています3)。WHOのレビュー資料によると、公園や森林などの緑地は周辺住民への健康増進効果や健康格差の縮小効果があること4)、緑地の利用頻度が高まるほど住民の健康状態が向上することや孤独感が緩和することが示されています5,6)。また、公園の利用形態と交流状況を検証することで、交流促進に有効な利用形態を特定することができ、その利用形態を誘発しやすくするデザインや公園の環境整備へ示唆を与えることができると考えました。

 本研究の結果としては、地域住民の公園の利用形態は5つに区分することができ、これらは「低利用型→散歩型→休憩型→活動型→多様型」と段階的に活動的な利用形態へと行動変容していくことが示されました。また、公園における行動変容が進むほど、ソーシャル・キャピタルが高まることが示されました。つまり、公園の利用促進や行動変容により、地域住民の交流状況が改善する可能性が示されました。詳細は、上記のポスターと論文を参照してください。
 これらの結果から、我々のグループでは、下図のようなフローにより地域住民の健康増進と交流促進を進めていきたいと考えています(図-1)。

@多様な利用形態に対応できるように地域の公園を再整備する
A地域住民の公園の利用頻度が向上し、段階的に行動変容する
B利用頻度の向上や行動変容に伴い、交流状況も段階的に発展する
C交流促進により、地域住民の健康状態も段階的に改善していく
D健康状態の改善に伴い、さらなる行動変容や交流促進につながる
E健康的なライフスタイルが定着しやすくなる

Otsuka02_Fig_1.jpg
図-1 公園の利用による健康増進の想定フロー

 今後は、地域の環境と社会経済状態、ソーシャル・キャピタル、住民の心理・生理・行動と健康状態を包括した統合モデルの構築とシミュレーション解析を人工知能により行い、より健康増進や交流促進に効果的で普及可能性の高い公園の利用形態を探っていきたいと思います!
 また、地域レベルでの社会環境と健康状態の関係性を解析するためには、社会疫学との連携、研究成果の社会実装には地域看護学や公衆衛生看護学との現場レベルでの取り組み推進が必要となります。課題は山積していますが、これからも緑の普及とより良い社会を目指すため、研究を続けていきたいと思います!

以上

続きを読む・・・
| 次へ