CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本現地見学会およびシンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」 [2017年04月10日(Mon)]
日本緑化工学会では、3月18日に現地見学会・3月19日にシンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」を開催致しました。

現地見学会では
1.立野の大規模崩壊地
2.北向山原生林の崩壊地
3.内牧温泉の地割れ現地
4.阿蘇カルデラ草原の生態系と管理の現状
などを見学しました。

立野では、阿蘇大橋が大規模な崩壊により落橋してしまいましたが、その後、不安定土砂を無人遠隔操作で取り除く、最先端の技術による処理が行われました。
20170318_01.jpg 20170318_02.JPG

20170318_03.JPG

南阿蘇村に通じている重陽大橋の現場は対岸に見えています。
20170318_04.JPG

森林総合研究所の黒川様からは、北向山の照葉樹原生林の地震による崩壊について説明をして頂きました。今回2016年、4月の地震ではそれほど大きな崩壊がなかったものの、2016年6月の豪雨によって非常に多くの場所で崩壊した箇所が見られました。天然林に崩壊地が少なかった、とは言えないそうです。
20170318_05Kitamukiyama.jpg

阿蘇カルデラ周辺では、まだ通ることができる道が少ないこともあって、当日も途中、ミルクロードではたいへんな渋滞に巻き込まれてしまいました。そのため予定していた見学地のうち、草原の表層崩壊など、割愛することになってしまいました。たいへん残念でした。

草原学習館で、短い時間でしたが、草原をいかに維持しているのか、どのように維持し続けるのかについてお話を伺いました。20170318_06_GStock.jpg

そして日のある間に何とか最後の見学地として、内牧温泉の、液状化により地下で生じた水平滑りによる地表面の地割れが見えるところへ行くことができました。20170318_07Uchinomaki.jpg

ご案内など不備なこと多々ありました中、ご参加頂いたみなさんのご協力のおかげで、スムーズな運営ができましたこと、御礼申し上げます。

当日行くことが叶いませんでしたが、行く予定であった仙酔峡の周辺の写真をご紹介致します。
20170317_Senshikyo.jpg
ここでは、2012年豪雨災害の崩壊地と、2016年熊本地震の崩壊地が両方あり、再生状況など見比べることができます。
20170317_caldera.JPG

表層崩壊であれば、4,5年経つと、草本植物が再生してくることが体験的にわかっているそうです。2012年の崩壊地では、自然にススキなどが侵入しているところが多く見られます。

福島県海岸林再生の現地見学会/大藪崇司 [2017年03月05日(Sun)]

福島県海岸林再生の現地見学会を2017 年2 月24 日に実施しました。
企画・事業部会長 大藪崇司


学会員・福島県・福島県森林・林業・緑化協会、NPO 法人など総勢22名により、松川浦クロマツ植林地、南相馬市広葉樹植林地、宮脇方式植林地、かしまの一本松、を見学しました。
Fukushima_01.jpg
松川浦では、民間ボランティアによるクロマツによる緑化が進められている状況について福島県の佐藤氏より説明がありました。一部では排水不良のため枯損が生じているとのことで、排水工事が行われつつ、隣では次年度の植林地の造成が行われていました。

Fukushima_02.jpg
Fukushima_03.jpg
南相馬市広葉樹植林地では、福島県への災害派遣により全国から応援に来られた方が戻られるときに記念的に植樹する現場として、緑化が進められていました。一面の草地に見えますが、コナラ、クヌギ、ヤマハンノキ、アキグミ、ヤマザクラ、ケヤキなどの苗木が植栽されていました。

盛土への幼苗の高密度植栽です。
Fukushima_04.jpg

かしまの一本松は残念ながら枯死していました。
Fukushima_05.jpg
現地見学会およびシンポジウム「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」 [2017年02月18日(Sat)]
日本緑化工学会では、2017年3月18日に現地見学会、3月19日にシンポジウム
「熊本地震災害から学ぶ“緑”の役割とその再生」を開催(企画:生態・環境緑化研究部会)します。
平成28年熊本地震からもうすぐ1年が経過します。一度現地を見て、今後の対策のあり方について、考えてみようと企画致しました。
現地見学会で見学させて頂く場所が概ね決まりました。

2016年12月に現地下見に行ったときの写真です。阿蘇外輪山を抜ける主要ルートのひとつ、俵山トンネルルート(県道熊本高森線)が2016年12月24日に開通しました。
20161225_tawarayama.jpg

開通の翌日に通ることができ、南阿蘇村へ早く入ることができるようになりました。カルデラの周辺や内部では斜面の崩壊などがたくさん起きました。地震そのものの崩壊等ももちろん多かったのですが、その後の豪雨で崩壊地が広がったり、さらに土砂災害が起きたところも多くありました。
急ピッチで対策工が進んでいるところも多くあります。
IMGP7892 - コピー.jpg


3月18日は、国道57号線の対策工事をしている現場を見学させて頂きます。
現場の様子は熊谷組さんのホームページでご覧頂くことができます。
http://www.kumagaigumi-aso.com/index.html

また、草原の維持管理、生態系保全を目指し、野焼き支援ボランティア活動などの草原保全活動をはじめ、阿蘇をフィールドとした様々な活動を行っている阿蘇グリーンストックにご協力頂き、草原の見学をします。
阿蘇地域では平成24年豪雨災害の被害が大きかったのですが、そのときに崩壊した草原斜面の再生状況と、平成28年熊本地震で被害のあった場所と見比べてみる予定です。

概要
2017年3月18日(土)12:00〜18:00 現地見学会
場 所: 熊本空港〜阿蘇地域 国道等の事業現場,阿蘇カルデラ内の草原
定 員: 20名 
集合:10:00 熊本駅付近(予定)/12:00 熊本空港 解散:18:00 阿蘇駅 〜19:30 熊本駅到着予定(どちらでも可)

現地見学会の時間が充分にはとれず、もっと行きたいところはたくさんあるのですが、また時期を変えるなどして、企画したいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月19日は水前寺共済会館にて、シンポジウムを開催します。
プログラム・時間割の予定等はホームページをご覧下さい。

2017年3月19日(日)10:00〜14:00 シンポジウム
会 場: 水前寺共済会館 グレーシア 1階 芙蓉
〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺1丁目33-18
定 員: 100名

こちらは会場に余裕があるので、多くの方にご参加頂きたいと考えています!
2月末にまた、九州担当の内田理事が現地の下見に行ってきて下さる予定です。また現地の様子などを報告させて頂きます。
| 次へ