CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
緑・健康研究部会ワークショップ 2018「なにわの緑に癒やされてみまへんか?」開催報告 [2018年05月24日(Thu)]
緑・健康研究部会ワークショップ 2018 「なにわの緑に癒やされてみまへんか?」の開催報告
−初夏の大阪で街中の緑を体感する−

日本緑化工学会緑・健康研究部会では、2018年5月13日(日)にワークショップ「なにわの緑に癒やされてみまへんか?」を開催しました。
こちらはワークショップのチラシです。
WS_poster.jpg


今回は、仕事と余暇活動が混在する「梅田」界隈に着目し、グランフロント大阪に代表される新たな修景空間と新梅田シティに作られた都心の里地里山空間といった対照的な街中の緑があり,これら対照的な緑地環境が人にどう作用するのかをテーマとして実施しました。


日本緑化工学会 緑・健康研究部会の活動についてはホームページをご参照下さい。

緑・健康研究部会のみなさんから、開催報告と写真を頂きましたので、ご報告します。
(みなさんから頂いた文章から抜粋・修正などを加えさせて頂き、掲載しております)

garden.jpg
 
satoyama.jpg


(山本幹事から届いた開催報告・コメント)
雨にも関わらず、スタッフ含め15名の参加を頂き、なんとか無事終了しました。
東京方面や、学生など、また、都市緑化技術研究部会からも参加者がありました。ありがとうございました。

ワークショップの内容は、都心部の形態の異なる緑の空間としてグランフロントの緑地(ザ・ガーデン)と新梅田シティの緑地(新・里山)を取り上げ、そこを散策することで、癒やしの効果がどの程度異なって「認識される」のかを抽出することを目指しました。

あいにくの雨(ほとんど嵐)のため当初目的としたイメージにはなりませんでしたが、雨だからこそわかったものもあったように思います。


(岩崎部会長からの感想・コメント)
大阪駅前には久々に訪れましたが、なかなか奥の緑地まで見学することも無かったため、私自身はとても楽しめました。
今度は天気の良いときに伺いたいと本当に思います。

遠方からご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
社会人の方と学生が混ざってWSをすることで、学会の次世代を担う学生達にも大いに勉強になったと思います。

多くの学生さんに参加して頂き、WSも活発な議論が出来ていましたので、継続して続けていきたいと思います。
2018年1月・阿蘇のススキ種子の精選作業が終了/阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト [2018年04月02日(Mon)]
生態・環境緑化研究部会が中心となって取り組んでいる「阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト」では2017年11月に阿蘇市波野地区、荻岳周辺で採取したススキ種子の乾燥〜精選作業を行っていました。
部会幹事の入山さんから、精選作業が終了したと報告を頂きました。
2018年1月19日、精選作業が終わった種子の様子です。
20180119_seeds.jpg

今回、11月の活動成果として約37 kgを採取しました。持ち帰り分について、研究部会幹事の所属種苗会社(紅大貿易株式会社および雪印種苗株式会社)にて、1月中を目指して精選(純度80%以上)を進めてきました。
精選後のススキの種子量は約24kgになりました。採取効率はそこそこよかったのではないかと思います!参加して下さったみなさん、おつかれさまでした!

精選を終えた種子は、純度検査、発芽試験を行います。幹事が担当して試験を進めました。
発芽試験、粒度検査の詳しい結果は、採取効率等の結果などとあわせて学会誌で報告が掲載される予定です。
20180126_Germination01.jpg 20180126_Germination02.jpg

2017年の現地調査、作業に参加した会員に優先して採取した種子を配分するため、希望を聞いたところ、採取した24kgはすべて参加会員が実費で引き取ることになりました。使って頂けてよかったです。

種子を送るときには、このような証明書を添付してお送りしました。
種子品質証明書_阿蘇産ススキ_201803.jpg

阿蘇のススキを阿蘇の草原再生に積極的に使用して頂けるとよいと考えています。
ススキを採取して使用する範囲について、研究部会としての見解をまとめておりますので、ご参照ください。
(日本緑化工学会誌第43巻第3号特集 <2018.2.28発行>「緑化用種苗のトレーサビリティをいかに確保するのか−阿蘇における復元と種苗確保の取り組み」)
http://www.jsrt.jp/research/research_ecology.html#201802
特集の8.)阿蘇周辺自然公園の草原再生に関する種苗の使用範囲についての見解  −生態・環境緑化研究部会

なお、今回の採取活動は全員が無償参加、公開行事として行いました。種苗会社所属の部会幹事が中心となって、2017年に学会員が分担して実施した現地活動から種子を引き渡しすることが可能な金額を算出しましたので、ここでご報告致します。(注:あくまで学会の活動事業として行った、今回限りの試算です)
その結果、今回の採取種子については、1 kgあたり約10万円となる試算となりました。

ススキの種子も、このくらいの価格であれば取引が促進されるのであればよいと考えていますが、種苗会社の会員からは、純度か、播種量かどちらかをうまく調整すれば、それほど高価な事業にはならないのではないかとの提案もあります。たしかに、発芽率がよい種子であれば大量に播種する必要はありませんので、そのあたりの制度設計が必要であると考えます。

このようなことの技術提案も、プロジェクトの中で検討していきたいと考えています。
会員のみなさんからの積極的なご提案など、お待ちしております。

「阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト」については、ホームページもご参照下さい。
【後援行事】東北建設系技術交流会「ロードキル対策のあるべき姿」 [2018年01月25日(Thu)]
日本緑化工学会生態・環境緑化研究部会 後援行事
東北建設系技術交流会(第4回)

日本緑化工学会生態・環境緑化研究部会の後援による
東北建設系技術交流会主催の研究交流会「ロードキル対策のあるべき姿」が2018年2月21日(予定)に 株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北において開催されます。

参加者は官公庁・コンサルタント・設計及び施工担当者 が主な対象ですが、関心のある方はどなたでも参加して頂けます。学生さんも歓迎!ぜひご参加下さい。
※この行事は 緑化・環境CPD協議会 認定行事です


第4回 東北建設系技術交流会
「ロードキル対策のあるべき姿」


◆日時(予定) 2018年2月21日 18:30〜21:00
 ※ 日程は予定だそうなので、出席希望の方はメールで問い合わせしてからご参加下さい
◆場所 株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北 3階会議室
 宮城県仙台市青葉区花京院2-1-65 花京院プラザ
 http://www.e-nexco-engito.co.jp/
◆内容
1.話題提供
 簗瀬 知史  東日本高速道路株式会社 
 「高速道路のロードキル対策の歴史と現状」
2.討論会(グループ討論)・参加者全員 〜発表/グループ代表数名
 「ロードキル対策のあるべき姿」、「グループ討論のまとめ」

◇主催 東北建設系技術交流会
◇後援 日本緑化工学会 生態・環境緑化研究部会

お申し込み・問い合わせ:
株式会社ネクスコ・エンジニア東北 環境緑化部
環境技術課 大槻  t.otsuki.sce-nexco.co.jp (※ ★は@になおしてください)
| 次へ