CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年02月 | Main | 2018年04月 »
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/jpcnma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jpcnma/index2_0.xml
第39期研究者研究報告会・修了式が実施されました。[2018年03月30日(Fri)]
第39期研究報告会・修了式が開催されました


 3月29日、日本財団ビルで日中笹川医学奨学金制度第39期研究報告会・修了式が実施されました。
24名の研究者は全員がこの1年間の成果をパワーポイントを用いて報告いたしました。多くの研究者がすでに研究成果を論文として投稿しており、1年間という限られた期間で成果を挙げたことに参加の先生方からも高い評価をいただきました。

 研究報告と同時に、日本語でのスピーチを行いました。ほとんどの研究者が日本語は来日前の2か月の語学研修で学んだのみでしたが、研究報告を日本語で行う研究者もおり、周りの方々と深く関わりながら、研究を進めてきたことがよくわかりました。

DSC01731.JPG


研究報告をする葉盛氏


 研究報告会終了後は修了式を行い、日中医学協会 久文麿会長より、一人一人に修了証が授与されました。

DSC01749.JPG

久会長からの修了証授与


又、日中医学協会 小川秀興理事長、笹川記念保健協力財団 紀伊國献三最高顧問、日本財団 尾形理事長より温かいはなむけの言葉をいただきました。

DSC01755.JPG


小川秀興日中医学協会理事長


DSC01770.JPG

笹川記念保健協力財団 紀伊國献三最高顧問


DSC01778.JPG


日本財団 尾形武寿理事長


 第39期研究者を代表して、劉恩涛氏(広東省人民医院)が謝辞を述べました。

DSC01787.JPG


謝辞を述べる劉恩涛氏


DSC00013.JPG

記念撮影


 第39期生の皆さん、お別れするのは寂しいですね。気を付けてご帰国ください。
そして、又いつか日本でお会いしましょう。ぴかぴか(新しい)

 
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 19:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本薬学会第138年会(金沢)訪日団−大阪府済生会野江病院参観[2018年03月28日(Wed)]
NEWぴかぴか(新しい)2018年3月26日(月)中国の病院薬剤部主任で構成された訪日団が、大阪府済生会野江病院を参観しました。同院薬剤科では3つの取り組み@チーム医療への積極的な参画A専門・認定資格取得の奨励B薬科大学との連携についてご説明いただきました。その後、薬剤科、一般外来薬局、救急外来薬局、救急外来、病棟、ナースステーションを見学しました。
DSC01714.JPG
中国の先生方より、日本の薬剤師の役割や勤務体制等、様々な質問が出ました。日本の病院薬剤部の現場を見学し多くを学ばれた様子でした。ご対応いただきました大阪府済生会野江病院の皆様に心より御礼申し上げます。
DSC01725.JPG
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 09:26 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
同学会日本支部総会を開催しました。[2018年03月23日(Fri)]

 笹川医学奨学金進修生同学会 日本支部2017年度総会・学術セミナーが2018年3月10日に東京で開催されました。日本支部同学会会員、39期生、日中医学協会の関係者等、約20名が参加しました。
 前半の総会では、袁会長より2017年度に日本支部が行った活動について報告がありました。報告では日本支部の重要な事業活動の一つである中国残留孤児の健康講座を関西地区と力を合わせて継続していくことが強調されました。また学術セミナーをさらに活発化させ、多くの在日同学会会員が積極的に参加できる仕組みを強めようと呼びかけました。

 この呼びかけに応じて、学術部門を担当する趙松吉委員長から2017年度の魅力的な学術セミナーの開催と2018年度学術セミナープログラム(案)の意義、内容について説明がありました。
 又、阿倉英実財務担当から2017年度の事業活動の収支報告があり、参加者より、承認されました。

写真3.10.jpg


 後半の学術セミナーは趙松吉学術委員長(福島県立医科大学先端臨床研究センター・教授)が座長を担当し、3名の日本支部同学会会員より、
1)腎癌の分子標的治療の開発:抗TRAIL Death Receptorモノクロナール抗体治療を中心に
 (兵庫医科大学泌尿器科講師・呉秀賢)
2)脳卒中高齢者の在宅療養支援に関する日中間の比較研究
 (埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科准教授・張平平)
3)腎透析患者のバスキュラーアクセス不全時の血管狭窄における肥満細胞由来のキマーゼの役割 (大阪医科大学大学院医学研究科創薬医学講師・金徳男)

という講演が行われました。

集合写真3.10.jpg


 総会・学術セミナーの後は、懇親交流会が行われました。懇親交流会では先輩・後輩同士で自己紹介、相互の専門分野、仕事について、語り合い、相互理解を深めることができました。新しい仲間と協力して日中両国の医療事業の発展に貢献しよう、との意を深めました。るんるん
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 15:35 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール

日中医学協会さんの画像
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集