CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日中笹川医学協力プロジェクト 腹腔鏡実用技術研修 | Main | 笹川医学進修生同学会日本支部 健康相談会 »
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/jpcnma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jpcnma/index2_0.xml
日中笹川医学協力プロジェクト 第29回研究者セミナー[2017年10月17日(Tue)]
第29回研究者セミナーが開催されました


 2017年10月12日㈭〜14日㈯の日程で、日中笹川医学奨学金制度第29回研究者セミナーが開催されました。
 研究者セミナーは、日本で研究する本制度の研究者の意見を聞き、より良い研究生活が行えるようにしたい、という目的から始まったものです。1988年8月に第1回が開催され、以降、第25回(2013年3月)まで箱根アカデミー(神奈川県足柄下郡箱根町)で開催されていたため、「箱根セミナー」の名称で呼ばれ、本制度研究者共通の思い出として親しまれてきましたが、箱根アカデミーが老朽化して使用できなくなったため、第26回から28回までは箱根の他の施設を利用して行ってきました。
 今回は、本制度のOBである趙松吉教授(福島県立医科大学先端臨床研究センター)のご尽力で、福島医大のご後援をいただき、同学での実施が実現しました。

 研究者24名と研究者セミナーのために来日した同学会役員3名、その他総勢32名は全国から東京に集合し、新幹線で福島に移動し翌日、ワークショップ、講演、施設見学を行いました。

 ワークショップは「医療者の社会責任-我々は社会に対して何ができるか-」をテーマに4人一組になって討議を行い、討議終了後にメンバーが変わるワールドカフェ形式で行い、普段は全国に散らばっている研究者が仲間たちと熱心に話をしあいました。

DSC09105.JPG

ワークショップの様子



 午後は趙松吉教授の「東日本大震災後の福島復興の原状」の講演を聞き、復興中の福島の原状とRI内用療法についての知見を広めました。

DSC09162.JPG

講演をする趙教授



 仲間同士で医療者としての義務と責任について確認しあい、又、講演によって、福島の現状に対する正確な知識と核医学への理解が得られ、大きな成果となりました。

DSC09126.JPG

セミナー終了後の集合写真



 その後、福島医大の方々のご協力の下、先端的施設の見学を行い、日本初の統合型PET/MRIや最高級スペックの3ビームサイクロトロン等を参観しました。

参観.jpg

病院参観の様子


 自分達の研究機関とは異なった医療施設の見学は日本の医療に対する見識を深めることに大いに役立ったと思います。

 福島医大を辞した後は、仲間と大いに語らい、翌14日には世界遺産 日光東照宮を参観し、日本での研究生活の良いリフレッシュができました。14日夜には、日本財団 尾形理事長が夕食をご招待してくださいました。いろいろ美味しいものあったけど、あつあつのたこ焼き最高でした。ご馳走様でした!ビール

 39期生の皆さん、残り半年頑張っていきましょう!晴れ


Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 12:45 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jpcnma/archive/92
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1310820
 
コメントする
コメント
プロフィール

日中医学協会さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集