CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中国の若手医療衛生行政官が日本の病院を訪問 | Main
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/jpcnma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jpcnma/index2_0.xml
日中笹川医学協力プロジェクト 同学会華東支部交流会の開催[2017年05月15日(Mon)]
華東支部交流会

 笹川医学奨学金進修生同学会 華東支部交流会が杭州で開催されました。
参加したのは、上海市、浙江省、江蘇省、江西省の同学会員で、総勢約70名の集まる盛大な会となりました。

 本会には、笹川同学会 優秀代表である浙江大学医学院 院長の段樹民氏(中国科学院院士)が参加され、ご挨拶をされました。また、本事業を支援いただいている日本財団からは担当の原田貴美子チームリーダーが参加され、ご挨拶をされました。


DSC00628.JPG

段樹民氏(中国科学院院士 浙江大学医学院院長)の挨拶



杭州2.jpg

原田貴美子 日本財団 審査本部チームリーダーのご挨拶

 今回は、中国の医療関係者の関心の高い「医改(医療改革)」をテーマに外部の専門家や同学会会員が講演を行いました。日本からは日中医学協会 監事の小野喜志雄先生が「日本の医療改革の方向性について」というタイトルで日本の医療の現状についてご講演されました。

DSC00632.JPG

小野喜志雄先生の講演 


 講演では医療改革に関するいろいろな問題点が行政官、病院医師等、異なった立場の医療関係者から挙げられました。又、同学会会員が中心となって行っている医学知識の普及活動も紹介され、新しい中国の医療の一面を見ることができました。

 講演の終了後は、年齢も領域も異なる会員同士が夜遅くまで交流し、和やかに閉会しました。
 華東支部の皆さん、お疲れさまでした。又、お会いしましょう。ビール
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 18:19 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jpcnma/archive/80
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1271390
 
コメントする
コメント
プロフィール

日中医学協会さんの画像
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集