CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 第39期研究者研究報告会・修了式が実施されました。 | Main
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/jpcnma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jpcnma/index2_0.xml
第40期(学位取得コース)研究者来日 [2018年04月16日(Mon)]

新しい始まり〜笹川医学奨学金制度第五次制度キックオフ!
第40期(学位取得コース)研究者来日


2018年4月4日、笹川医学奨学金制度第40期(学位取得コース)研究者10名が来日し、5日、歓迎式典及び歓迎夕食会が日本財団にて開催されました。

本制度は、1986年中華人民共和国衛生部(現中国国家衛生健康委員会)と笹川記念保健協力財団、日中医学協会三者による調印でスタートして以来、第一次と第二次は各10年、第三次と第四次は各5年、計30年間に中国の医学・医療分野で二千名余の人材を育成し、中国の医療衛生水準の向上と、医学・医療分野の交流を通じた日中両国の相互理解の促進に貢献してきました。
 
2017年、中国の経済と科学技術等の発展並びに医学・医療の実情に相応しい制度を目指して、新たに日中笹川医学協力プロジェクト第五次制度協定書が北京で調印されました。第五次制度は今までの「日本における1年間研修」という方式から発展して、博士学位の取得を目的とする「学位取得コース」(毎年10名招請)と日中間のハイレベル医学研究者の共同研修を支援する「共同研究コース」(毎年20名招請)2つのコースで構成されています。

第40期(学位取得コース)研究者10名はこの新しい第五次制度の第1期生であり、新制度の先達者として博士学位取得を目指します。
歓迎式典には、ご多忙な中、研究者の指導責任者の先生方全員(代理も含む)が、出席してくださり、研究者を温かく迎えて下さいました。

挨拶まとめ3.jpg

   右上:尾形 武寿 日本財団理事長
   左上:小川 秀興 日中医学協会理事長
   下中:趙   群 同学会理事長


挨拶まとめ4.jpg

左:紀伊國献三 先生
右:陳 二等書記官


日本財団 尾形武寿理事長からは第五次制度誕生の経緯についてお話いただき、実施団体日中医学協会 小川秀興理事長と笹川医学奨学金進修生同学会(略;同学会) 趙群理事長は挨拶で、それぞれ第40期研究者への期待を込めた激励の言葉を述べました。笹川記念保健協力財団 紀伊國献三最高顧問からは、制度の創設に直接かかわった一人として、30年前の制度発足前後の背景や当時の様々な困難を乗り越えたエピソードをご紹介する祝辞をいただきました。また、在中国在日本国大使館の陳蕪等書記官からも大使館を代表して、温かいご祝辞をいただきました。

日中医学協会 久史麿高会長より、研究者に認定書を授与した後、研究者は一人ずつ、指導教官や来賓の前で、今後の研究についての決意を表明しました。
認定書授与.jpg

久会長より認定書を受領する研究者

決意表明.jpg

指導教官や来賓の前で決意表明


歓迎夕食会では、ご来賓の方々、本制度関係者一同が研究者を囲み、和やか且つアットホームな雰囲気の中で、親睦を図りました。

研究者とご来賓の方々


宴会 跡見先生.JPG

 本制度選考委員会跡見裕委員長(当協会理事)と研究者


研究者と指導教官2.JPG

研究者と指導教官3.JPG

研究者と指導責任者


4月9日から、研究者はそれぞれの研究先で研究生活が正式に始まりました。博士学位を目指し、指導教官のご指導の下、全力で頑張ることを祈念致します。

先生方、関係者の皆様方、今後とも温かいご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。




Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 10:47 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jpcnma/archive/108
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1352279
 
コメントする
コメント
プロフィール

日中医学協会さんの画像
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集