CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日本の漢方医薬学を学ぶ ―さくらサイエンスプラン― | Main | 「第4回日中医学交流フォーラム」が順天堂大学で開催 »
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/jpcnma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jpcnma/index2_0.xml
「日中婦人科良性疾患交流サミット」開催[2017年12月15日(Fri)]
11月4日㈯北京の長富宮飯店において、「日中婦人科良性疾患交流サミット」が開催されました。

日本と中国の子宮内膜症専門家の交流促進を目的に、当協会が武田(中国)投資有限公司と協力し、2015年開催した「第2回日中医学交流フォーラム(婦人科領域)」、2016年の「3回日中医学交流フォーラム(婦人科領域)」・「日中子宮内膜症交流サミット」に続き、今年は例年のテーマ「子宮内膜症」に「子宮筋腫」を加え、婦人科領域の交流内容を広めました。

EO4A8349.JPG


大阪府済生会富田林医療福祉センター総長星合昊先生(日本側座長)のご紹介で、聖路加国際病院副院長/女性総合診療部部長百枝幹雄先生と川崎医科大学婦人科腫瘍学教授/川崎医科大学附属病院産婦人科部長塩田充先生に演者として、ご訪中いただきました。

星合先生とYU先生.jpg

星合昊先生と北京協和医院婦人科副主任郁g先生


百枝先生.jpg

ご講演中の百枝幹雄先生


塩田先生.jpg

ご講演中の塩田充先生


午前の学術シンポジウムでは、北京近辺の婦人科医師約130名が会場に集まりました。日中双方の専門家たちが子宮内膜症と子宮筋腫の臨床経験、特にこれらの婦人科良性疾患に対して治療効果が顕著とされているGnRHaに関する不妊症、内膜症、子宮筋腫、合併症など様々な症例応用(投入の分量、使用開始のタイミングなど様々なアプローチから)について、合計6本の講演を行い、パネルディスカッションと質疑応答も活発に行われ、日中両国の良性婦人科疾患の診断治療の相違点等について交流しました。

会場の様子.jpg


双方の演者座長.jpg

演者座長

 
午後は中国中山大学第一附属医院における1)腹腔鏡下瀰慢性子宮腺筋症の保存的手術;2)腹腔鏡下深部子宮内膜症病巣切除術が、中国全国にライブ中継され、北京の会場では3D映像をとてもリアルに見ることができました。中国では3Dのライブ手術への関心が高く、学会のシンポジウムで取り入られるようになっているようです。

シンポジウムとライブ手術両方とも、それぞれ北京の長富宮飯店会場と中国各地に配信され、ネットの閲覧者数は2245人で、アクセス件数は3520件という、反響の大きい大会となりました。
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 09:28 | EVENT | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/jpcnma/archive/100
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1325042
 
コメントする
コメント
プロフィール

日中医学協会さんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集