CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/jpcnma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jpcnma/index2_0.xml
中国の若手医療衛生行政官が日本の病院を訪問[2017年04月26日(Wed)]
中国の若手医療衛生行政官11名は、科学技術振興機構の実施する日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」中国行政官招聘プログラムにて来日され、4月20日、国立国際医療研究センター病院を訪問され、協会が同行しました。
1.jpg
センター病院の概要説明の後、院内施設をひとつひとつ丁寧にご案内いただきました。
国際感染症センターでは特定感染症指定病室を視察しました。全国の指定医療機関は4病院10床のみで、その内4床が同センター内にあり、日本における指導的役割を担っておられます。
2.jpg
スキルアップラボでは模型を用いて様々な臨床技術トレーニングを行っている様子を見せていただき、また中国からの健診受診者が多い人気の人間ドッグや東京都で一番多くの救急車を受け入れている救命救急センターなど、先進的な医療施設を参観・交流し、中国行政官からの様々な質問が帰り際まで続きました。
3.jpg
今回の訪日を契機として、日中両国の若手行政官の交流が発展していくことを期待しています。
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 14:04 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日中笹川医学奨学金制度第39期歓迎式典[2017年04月13日(Thu)]
 2017年4月11日、日中笹川医学奨学金第39期研究者が来日しました。
4月12日、午前中は日本での研修生活のためのオリエンテーションを行い、16時からは歓迎式典を行いました。
 
39.JPG


 歓迎式典には駐日本中国大使館 阮公使他多くの来賓の方々がご臨席いただき、研究者一人ひとりが日中医学協会 久会長より認定書を授与されました。

39akushu.JPG



 日中医学協会 小川理事長、笹川医学進修生同学会 趙群理事長、日本財団 尾形理事長、笹川記念保健協力財団 紀伊國会長よりそれぞれ激励の言葉をいただき、翌13日に各々の研究先に向かって出発しました。
第39期の皆さん、健康に留意して、この1年が楽しく成果のある1年になるよう頑張ってください。ぴかぴか(新しい)

39konshin.jpg

Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 17:11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日中笹川医学奨学金第38期研究者 研究報告会[2017年04月13日(Thu)]
 2017年3月28日、日中笹川医学奨学金制度第38期研究者研究報告会及び修了式が行われました。
11時から始まった報告会では第38期研究者全員が1年間の研究成果の発表をいたしました。

happyo.jpg


 報告会にお越しいただいた日本の専門家の先生方からの質問、講評を受けながら全員の発表が終了し安達副会長から総評をいただきました。

akushu.jpg


 引き続き行われた修了式では、日中医学協会 小川理事長から修了証をいただき、来賓の方々から祝辞をいただきました。

38shugo.jpg


皆さん、帰国しても日本の思い出を忘れないでください。そして良き医療者となり、中国の医療向上のために尽くしてください。




Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 16:03 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日中笹川医学協力プロジェクト協定書調印式[2017年02月21日(Tue)]
日中笹川医学協力プロジェクト協定書調印式


 2017年2月17日、北京 人民大会堂で「日中笹川医学協力プロジェクト」協定書調印式が行われました。このたびの調印は2018年度より開始する第5次プロジェクトに係るもので、中国側は、国家衛生和計画生育委員会 崔麗副部長、日本側は日本財団 尾形武寿理事長、日中医学協会 小川秀興理事長の三者が協定書に調印いたしました。

記念撮影(全出席者)(事務局長撮影).jpg
参加者の記念撮影


guibinshi.jpg
小川理事長、崔麗副部長、尾形理事長


choin.jpg
三者の調印


woshou.jpg
調印者・立会人の記念撮影


 調印会場となった人民大会堂には、横井 裕 駐中国特命全権大使もご臨席いただき、日中のメディアも多数参加しました。又、中国各地から本制度で研究した同学会会員約30名が駆けつけ、新しいプロジェクトの始まりを皆で祝いました。

sasakawasei.jpg
各地から調印式に参加した同学会会員


renmindahuitangjpg.jpg
人民大会堂前で


新しい制度でさらに日中医学交流が促進されるよう、関係者一同協力して行っていきます。今後もご支援ご協力お願いいたします。晴れ
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 11:23 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日中笹川医学奨学金制度30周年記念行事開催[2016年10月19日(Wed)]
10月14日(金)、ベルサール新宿グランドで「日中笹川医学奨学金制度30周年記念行事」が開催されました。
 この行事に向けて、笹川同学会の会員(日中笹川医学奨学金制度で日本で学んだ中国の医療関係者)が300名余り来日し、成田空港・羽田空港では旧交を温めあう方々で大混雑でした。

 14日の午前中は「日中医学学術交流大会2016東京」と題し、笹川同学会会員の現在の研究成果を発表する場として、
 1.がん診断治療と最新医療技術
 2 看護学と老年医学
 3.伝統医学と新薬
 4.予防医学と健康教育
の4つの領域に分かれて分科会を開催しました。

017のコピー.jpg
分科会会場の様子


Lixiaoyang.jpg
「がん診断治療と最新医療技術」の座長 李曉陽氏

fenjing.jpg



huxiuying wuxiaoyu.jpg
「看護学と老年医学」の座長 胡秀英氏・呉小玉氏


hanjingyan.jpg
「伝統医学と新薬」の座長 韓晶岩氏


yamada.jpg
「伝統医学と新薬」の座長 山田陽城氏


kangxixiaong.jpg
「予防医学と健康教育」の座長 康熙雄氏


昼食と記念撮影の後、午後からは記念講演会と記念式典が開催されました。

記念講演会は江藤一洋業務執行理事の司会のもとに始まり、高久史麿会長のご挨拶の後、笹川同学会会員で中国科学院院士の魏于全氏と慶應義塾大学医学部生理学教授の岡野栄之先生が基調講演を行いました。

eto.jpg
司会の江藤一洋業務執行理事



高久先生.jpg
高久会長ご挨拶



hibi wangxiqun.jpg
座長の日比紀文業務執行理事、王喜軍氏


wei2.jpg
中国側演者 魏于全氏
 演題:Tumor Microenvironment and Biotherapy



arai han.jpg
座長の新井一業務執行理事、韓晶岩氏


okano.jpg
日本側演者 岡野栄之先生
演題:Regeneration of CNS and Investigation of Neurological/Psychiatric Diseases using iPSCs-technologies




質疑応答の際には、参加者から多くの質問が寄せられ、この領域に対する関心の高さがうかがえました。和やかな雰囲気の中、30周年記念に相応しい、とても有意義な講演会となりました。

記念講演の内容は、当協会機関誌『日中医学』Vol.31.No.4(2017年3月発行予定)に掲載いたします。

その後行われた記念式典の様子については日本財団のブログをご参照ください。
http://blog.canpan.info/nfkouhou/archive/811








Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 16:17 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日中笹川医学奨学金制度第38期研究者来日[2016年04月21日(Thu)]
2016年4月12日、日中笹川医学奨学金制度第38期研究者25名が来日し、13日、日本財団で歓迎式典が開催されました。第38期研究者は日中医学協会 久会長より一人ずつ認定証を授与されました。

図6.jpg>

▲日中医学協会久会長より認定書を授与


式典には、日本財団、笹川記念保健協力財団、駐日本国中華人民共和国大使館、第38期研究者指導教官、日中医学協会役員の先生方が出席され、来賓の方々からご祝辞をいただきました。


図4.jpg>
▲日中医学協会 小川理事長

  
図3.jpg

▲日本財団 佐藤常務理事

 
  
図1.jpg

▲笹川医学奨学金進修生同学会 王喜軍副理事長



  
図7.jpg

▲駐日本国中華人民共和国大使館 阮参事官


  
図2.jpg

笹川記念保健協力財団 紀伊國会長

  
第38期研究者を代表して、四川大学華西医院の魏霞蔚さんが、「それぞれの分野で第一人者になり、世界の医学医療の発展と、中国と日本の学術交流の架け橋になりたい」との誓いの言葉で述べました。


図8.jpg

懇親会には日本財団の尾形理事長も参加され、研究者の皆さんに励ましの言葉を述べました。


  
図9.jpg
また、懇親会に参加した日本在住の笹川生OBである、笹川医学奨学金進修生同学会日本支部の先輩方とも交流し、多くの方々に歓迎・激励されました。

これから日本の各地で一年間の研究生活が始まります。

図5.jpg
第38期の皆さん、健康に気を付けて、成果ある楽しい一年となるよう、頑張ってください。

Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 15:07 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
蘇州市立医院派遣医療従事者研修事業[2015年11月26日(Thu)]
ぴかぴか(新しい)蘇州市立医院派遣医療従事者研修事業

蘇州市立医院の医療従事者が来日し、日本の先進的な医療技術と医療サービス習得を目的とする研修事業がスタートしました。第一期研修生の看護師・賈沙風さんが2015年9月7日から約3ヵ月、東邦大学看護学部教授・近藤麻理先生のご指導の下、研修を行いました。研修期間中は東邦大学医療センター大森病院での病院実習も実施されました。

DSC02619#○.jpg
大森病院での実習


11月21日(土)の研修報告会では、賈沙風さんより日本と中国の看護の違いについて発表がありました。患者を中心とした看護理念、日本人看護師の業務への熱意と真摯な態度に触れ、多くのことを学んだとの報告がありました。

DSC03492−発表.JPG
研修報告会


DSC03525.JPG
東邦大学看護学部のナイチンゲール像前で記念撮影

第二期研修生2名が同じく東邦大学看護学部教授・近藤先生の下で、来月12月初旬より研修をスタートします。
Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 15:28 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年「突発的公衆衛生課題」研修を実施 「突発的公衆衛生課題」研修[2015年07月10日(Fri)]


JICA平成27年度(国別)「突発的公衆衛生課題」研修を実施ぴかぴか(新しい)


この度、JICAの受託事業として、平成25年度に続き、平成27年度(国別)「突発的公衆衛生課題」研修を6月23日から7月3日まで、2週間実施した。

研修の目的は「災害時の危機的状況下における公衆衛生課題の対応への理解を深める」ことであり、中国7つの省の衛生計画生育委員会の副主任7名、中央3名、計10名の高級行政官が来日し、研修を受けた。

一昨年同様、「感染症」、「災害時の医療対応」「国・地方自治体の公衆衛生課題対応」三つの要素を網羅した研修内容となっていたが、今年度は中国側の希望により重点を「災害」にシフトし、特に「突発的公衆衛生事案のサーベイランス、リスク評価と情報公開」、「地震等自然災害時の医療救援のやり方、経験」にフォーカスし、プログラムを組んだ。

突発的公衆衛生課題の国レベルの対応について、理解してもらうため、厚生労働省健康危機管理・災害対策室、国立感染症研究所、国立国際医療研究センター国際感染症センター、国立病院医療機構災害医療センターを訪問し、講義と視察を行った。また、宮城県と福島県入りし、被災地を視察し、災害の医療と行政との連携対応について学び、実践に基づいた研修内容と日本災害医療の骨格となるDMATの組織運営と人材育成の内容も研修に盛りこんだ。

今年初めて取り入れた福島県における放射線汚染対応の講義と、避難所対応シミュレーション演習は研修員に好評であった。

この研修の最後の報告会では、日本の災害医療対応計画が綿密で、具体的で、運用性が高いのでぜひ自国でも応用したい。災害対応医療チームの運営、基準、育成についてぜひ参考にしたいと発表した研修員が多かった。また今後日本と中国がお互いの経験を共有し、専門家同士の意見交換、交流をしたいとの将来への期待も語られた。

研修終了後のアンケート集計結果からも、研修員からの当研修への評価は非常に高く、特にDMATの組織運営、災害医療チームの人材育成、災害拠点病院、EMIS、NPO・NGOなど民間の活用、感染症分類の細分化に高い関心を示していた。

短い期間だったが、日中双方の突発的公衆衛生領域の専門家同士の交流と経験共有の場となったと確信している。

日中関係が難しい現状だからこそ、このような政治を超えた専門家同士の人的交流に、日中友好の未来と温もりを感じさせられた。

最後に、研修の総括者として、プログラムや講師の人選までご指導いただいた林謙治理事、講師そしてファシリテーターとして多くの研修に同行された林健太郎先生、ご多忙な中、研修を引き受けられた各講師、研修機関に深謝申し上げます。本当にありがとうございました。

今後とも、引き続きご指導、ご支援いただきますようお願い致します。

呉処長.jpg

自国の災害応急現状について紹介している
国家衛生計画委員会応急弁公室処長 呉敬



大友先生.jpg

研修員四川省衛生計画生育委員会杜波副主任と
講師大友康成先生



演習.jpg

避難所シミュレーション演習の様子


屋上.jpg

石巻赤十字病院屋上から被災地を眺める研修員たち


備蓄品視察.jpg

国立病院機構災害医療センターで
DMATの装備を視察する様子



報告会.jpg

集合写真(報告、評価会)



Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 10:09 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第2回日中医学交流フォーラムを開催しました。[2015年05月27日(Wed)]
第2回日中医学交流フォーラム開催


 5月13日、ザ・プリンスさくらタワーにて、「第2回日中医学交流フォーラム」を開催いたしました。これは、「消化器内科」「内分泌」「婦人科」「神経内科/神経外科」の4つの領域の日中両国の専門家が両国の現状を踏まえた講演とディスカッションを行うもので、昨年の第1回は北京・上海・広州の3か所の会場で行い、第2回は日本で各領域の専門家が一同に会して実施しました。

消化領域.JPG


セッションの様子 消化器内科


内分泌領域.JPG


セッションの様子 婦人科





神经内外科-集合写真.JPG


神経内科/神経外科 日中の専門家たち


4つのセッションでは各々活発なディスカッションが行われ、両国の専門家が交流を深める良い機会となることができたと思います。

中国の専門家はセッション終了後、領域に分かれて、東邦大学医療センター大森病院、杏林大学医学部付属病院、東京大学医学部付属病院を参観し、日本の医療システムについての理解を深めました。
中国と違っている部分も多く、非常に参考になったとの感想が参観した中国人専門家から寄せられました。

DSCI5695.JPG


東邦大学大森病院参観風景


このようなフォーラムによって日中両国の専門家の交流が今後も続いていくよう、日中医学協会は努力していきます。

中国の専門家の先生方、機会があれば、また、ぜひゆっくり日本にお越しください。ハートたち(複数ハート)


Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 17:02 | EVENT | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日中笹川医学奨学金制度第36期研究者帰国[2015年05月08日(Fri)]
2015年4月30日、日本財団ビルで日中笹川医学奨学金制度第36期研究者の研究報告会・修了式・歓送会が行われました。

・研究報告会
 第36期生全員が1年間の研究成果を発表いたしました。また、研究成果以外にも、1年間の交流で上達した日本語を披露するために、全員が日本語のスピーチを行いました。

報告会風景.JPG

研究報告会風景


・研究修了式
 日中医学協会 森岡会長より一人ひとりが認定書を授与されました。

認定書授与.JPG


 また、来賓の方々から祝辞をいただき、研究者代表が謝辞を述べました。

修了式 祝辞.jpg


尾形理事長の祝辞


お礼の言葉.jpg


研究者代表の謝辞


・歓送会
修了式後に行われた歓送会では、「日本語優秀者賞」の表彰が行われ、劉志江さんが優秀賞を獲得しました。指導教官の先生や、日本支部の先輩方と名残を惜しみ、帰国の途に着きました。

歓送会.jpg


指導教官と.jpg



第36期の皆さん、どうぞお体に気を付けて中国で活躍してください。かわいい

Posted by 公益財団法人 日中医学協会 at 18:13 | NEWS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

日中医学協会さんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集