CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
クルミのみ
宮沢賢治とクルミの実 (10/06) そらいろ太陽
木漏れ日 @ 鴻ノ峰ハイキング (06/14)
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
まほら三桃さんと本について語る @ 山口市立小郡図書館 [2018年07月31日(Tue)]
山口市立小郡図書館は開館10周年を迎えます揺れるハート
その記念事業として、講演会「児童文学作家まほら三桃さんと本について語りませんか」が開催されますぴかぴか(新しい)

内容は、
かわいいまほらさんによるお薦めの本の紹介
かわいいまほらさんへお薦めの本を紹介

まほら2018.8.png

るんるん日  時るんるん 2018年8月27日(月)14:00〜15:30
るんるん場  所るんるん 山口市立小郡図書館 2F会議室
るんるん対  象るんるん 小学校高学年〜高校生
るんるん定  員るんるん 20人程度
るんるん持 参 物るんるん まほらさんに紹介するお薦めの本
         ※何でもOK
るんるん申込締切るんるん 8月15日(水)
         ※先着順
         ※定員になり次第締切
るんるん申  込るんるん 山口市立図書館各カウンターへ直接申込
        FAX、郵送の場合は小郡図書館へ
         山口市小郡下郷609-1
         fax to083-973-2442
         ※電話での申込不可
るんるん見  学るんるん 自由
るんるんサイン会るんるん 講演会終了後
         ※会場での本の販売はないので、事前に用意すること
るんるん問 合 先るんるん 山口市立小郡図書館
         電話083-973-0098


『奮闘するたすく』(講談社 2017.6)
奮闘するたすく.jpg
ベストセラーとなった介護マンガ『ペコロスの母に会いに行く』の作者、岡野雄一さんが大推薦!
「うなずいて笑ってしんみりして……。介護現場に飛び込んだ佑(たすく)に、誰もがエールを送りたくなるはず!」

最近、佑のおじいちゃんの様子がおかしい。自宅の近所で道に迷ったかのように歩いていたり、やかんをコンロにかけっぱなしにしてボヤ騒ぎを起こしたり、お風呂の水が廊下まであふれているのに立ち尽くしていたり……。佑のおじいちゃんは、やはり認知症だった。
「行きたくない」としぶるおじいちゃんをなだめすかして、佑はデイサービス(通所介護)に連れて行くことになった。しかも、あまりに強い目力で逆らうことのできない早田先生は、デイサービスで見たこと、聞いたことをレポートして、それを夏休みの自由研究として提出しなさいと、うれしくない提案までしてくれた。
友だちの一平と“ケアハウス こもれび”に通うことになった佑は、たくさんのお年寄りたち、介護福祉士の資格を取るためにインドネシアから来たリニさんをはじめとした介護職の人たちとふれ合いながら、介護される人と介護する人、それぞれの気持ちに気づいていく。

小学5年生が介護現場をルポ! アクティブ・ラーニングの授業にも使える物語。

講談社HP)


『疾風の女子マネ!』(小学館 2018.5)
疾風の女子マネ.jpg
高校陸上部で選手と共に戦う女子マネ物語。
男子4×100mリレーが熱い!
爽快!感動!!の高校陸上部青春物語!

“いい男狙い"で運動部マネージャーを志望した女子高生、咲良。そんな彼女が、ある男子の走る姿に思わず目を奪われ入部した陸上部。ひとめぼれの彼はリレー選手だった――。敏腕で厳しい先輩マネージャーと行動を共にするにつれ、描いていたマネージャー像を覆され、その存在意義に目覚める。咲良自身のおごった感情との葛藤、部員たちとの衝突などを通し、大きく成長していく姿を、痛快かつ颯爽と描いた青春物語。

小学館HP)


『鉄のしぶきがはねる』(講談社 2011.2)
鉄のしぶきがはねる.jpg
工業高校機械科1年唯一の女子、冷たく熱い鉄の塊に挑む!
めざせ「ものづくり」の真髄!!
「高校生ものづくりコンテスト」旋盤青春物語。

「高校生ものづくりコンテスト」とは……
全国の工業高校生の精鋭たちが、技術・技能を競い合う大会。「高校生技能五輪」「ものづくり甲子園」などとも呼ばれ、日本の高校生による「ものづくり」の頂点をめざす大会として注目を集めている。

講談社HP)


かわいいまはら三桃(まはら・みと)さんかわいい
児童文学作家。
1966年3月3日福岡県北九州市生まれ。 山口市在住。
2005年「オールドモーブな夜だから」で第46回講談社児童文学新人賞佳作となり、翌年『カラフルな闇』と改題し刊行。
工業高校の女生徒が「高校生ものづくりコンテスト」に臨む『鉄のしぶきがはねる』(講談社)で2011年度第27回坪田譲治文学賞、第4回JBBY賞を受賞。
絵本『おとうさんの手』(長谷川義史/絵 講談社)が2011年読書感想画中央コンクルール課題図書、『白をつなぐ』(小学館)が2016年第28回読書感想画中央コンクール指定図書、『奮闘するたすく』(講談社)が2018年度第64回青少年読書感想文全国コンクール小学校高学年課題図書に選定される。
2015年度の山口県公立高校試験問題に『なみだの穴』(小峰書店)収録の『ぼくらの歩幅』が採用。
中学1年生の国語教科書(教育出版)に書き下ろし作品『音を追いかけて』、2018年度から採択された高校の国語教科書(数研出版の現代文 B)に『鉄のしぶきがはねる』が使用されている。
その他の著書に小説『最強の天使』『たまごを持つように』『鷹のように帆をあげて』(以上講談社)がある。
見島に秘められた古代の謎を追いかけて @ 萩市立萩図書館 [2018年07月30日(Mon)]
秘境の離島に日本最古の田んぼ? 
大地に刻まれた“奇跡の風景“の謎を解く旅がはじまる


講演会「『千年の田んぼ』の著者が語る見島に秘められた古代の謎を追いかけて」が萩市立萩図書館で開催されますぴかぴか(新しい)

千年田んぼ2018.png

るんるん日 時るんるん 2018年8月7日(火)14:00〜15:00
るんるん場 所るんるん 萩市立萩図書館2F
         萩市江向552‐2
         電話0838-25-6355
るんるん講 師るんるん 石井里津子
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん主 催るんるん 萩市立萩図書館


千年の田んぼ 国境の島に、古代の謎を追いかけて
(石井里津子/著 旬報社 2017.12)
千年田んぼ.jpg

秘境の離島に日本最古の田んぼ?
いったい誰が? なんのために?
大地に刻まれた奇跡の風景≠フ謎を解く旅がはじまる−−

山口県見島。
日本海の荒波に浮かぶ国境の小島に、
15ヘクタールもの広大な水田が広がり、
約100個もの小さな溜池が点在している。
その不思議な光景に惹かれて島を訪れた著者は、
やがてそれが7世紀中央政府の手による
「条里田」ではないかと考えるようになる。
現存する条里田だとすれば、まさに奇跡の田んぼ。
しかし、なぜそんな国家事業をこの小さな離島で?
いったい誰の手によるものなのか?
隣接する古墳群が意味するものは?
古代史の謎を解き明かしながら、
日本人と稲作の深い関わりに迫るノンフィクション。

【第64回青少年読書感想文コンクール課題図書 中学校の部】
【2017年度 全国学校図書館協議会選定図書】NDC616

旬報社HPより)


かわいい石井里津子(イシイ・リツコ)さんかわいい
佐賀県生まれ・香川県育ち。香川大学卒業後、出版社に勤務。 埼玉大学卒(社会人編入)。20年以上にわたって全国の農村を訪ね歩き、 地域文化・農業についての取材執筆を続けている。 “農山漁村に残る大切なものを伝えること"を自身のテーマとする。 中山間地域の棚田保全への関心・知見も広く、 全国棚田(千枚田)連絡協議会機関誌『棚田ライステラス』編集長。 編著に『棚田はエライ』(農文協)がある。
第8回秋穂図書館まつり [2018年07月29日(Sun)]
8月4日、第8回秋穂図書館まつりが開催されますぴかぴか(新しい)
先着200名様に「特製しおり」がプレゼントされますexclamation×2

秋穂図書館まつり2018.png

るんるん日時るんるん 2018年8月4日(土)9:30〜15:00
るんるん場所るんるん 山口市立秋穂図書館、秋穂地域交流センター
るんるん内容るんるん 【会場】
   
   かわいいブックリサイクル【交流スペース】

   かわいいミニコンサート【大会議室】〔カプリチオ〕
      10:30〜
      子どもも大人も楽しめるステキな演奏

   かわいいおはなし会スペシャル【多目的室】〔おはなしぐるるんぱ〕 
      11:00〜
      すてきな音楽に合わせた楽しいおはなし

   かわいい大村益次郎の紙芝居上演【交流スペース】〔夢ひこうき〕 
      13:30〜
      大村益次郎についてもっと知ろう!

   かわいいワークショップ
     バルーンアート【スタジオ】〔小川博敏さん〕
      ふうせんでなにができるかお楽しみ♪

     缶バッジつくり【第1会議室】〔秋穂にこにこクラブ〕
      オリジナル缶バッチを作ってみよう

     折り紙教室【第1会議室】〔藤田順正さん〕
      ポロシャツ型の写真立て作り

     ビーズ教室【第1会議室】〔横尾浩子さん〕
      とってもキラキラ!ステキなブレスレット作り
      先着30人

   かわいい展示
     秋穂の古写真展示&貸出【大会議室】〔図書館と友だちの会・秋穂〕
      秋穂の古写真のスライドショー&貸出事業案内
      秋穂の町の変化を写真で見てみよう!

     山口県立大学レポート展示【第3会議室そば】〔県大図書館情報学研究室〕
      図書館情報学に関する研究結果のレポートをパネル展示

     布絵本展示【スタジオ】〔布絵本の会〕
      手作り布絵本を見て、さわって、楽しむ

   かわいい秋穂大師びな展示&体験コーナー【第2会議室】〔秋穂大師びなの会〕
     "おしゃれなふくろう" 作り

   かわいい昔遊び体験【中庭】〔伝承教室〕
     水鉄砲、ペットボトルロケットなど、昔の楽しい遊びを体験

   かわいいミニSL

   かわいい移動図書館ぶっくん【秋穂地域交流センター入口】 
     10:00〜15:00

   かわいいバザー
     とびっきりカレー【創作室T・U】〔市食推秋穂支部〕
     ポップコーン販売【玄関前】〔秋穂青年団〕

るんるん主催るんるん 山口市立秋穂図書館まつり実行委員会・山口市立秋穂図書館
るんるん問合るんるん 山口市立秋穂図書館
       電話083-984-0065
浦安の舞 鈴の舞が奉納されました @ 山口祇園祭J [2018年07月28日(Sat)]
【前回の続き】

檜扇を鈴に持ち替え、浦安の舞 鈴の舞が舞われましたぴかぴか(新しい)

この鈴は、「鉾鈴」と呼ばれ、柄に20cm程の鉾と鍔が付けられ、鍔の部位に6個、または8個の鈴が付いています。これは三種の神器を模したもので、鉾は天叢雲剣、鍔は八咫鏡、鈴は八尺瓊勾玉とされるそうです。柄の端には5尺ほどの五色の鈴緒が付けられています。

C931B17E-1FB2-498D-B515-DBD367F2F2C3.jpeg

7F43E390-E71D-41C2-82C6-01EDA1D49BCF.jpeg

D790340B-8091-4B9B-9E15-C588661BB059.jpeg

8207A5C8-22CC-450F-A371-A7AA0239550F.jpeg

FD521AFC-04B1-4DF7-BE9A-1D2311258D9E.jpeg

8E34E943-429B-4B5A-849D-4B66039BBB8B.jpeg

42D9DFDF-4AB5-45D8-B933-C232801CCCAA.jpeg

7689A2CE-0125-4D06-9F03-5E19C1365B19.jpeg

4844346F-96B2-472B-8BB1-65CE05FD2518.jpeg

0927350F-D07F-46CC-B987-AA774736DAF6.jpeg

9C2F7F97-E1FC-4AFD-BFA0-2F269E472E6A.jpeg

AA5F1E55-0803-4B50-A27C-D471C81A41BB.jpeg

A2176FAB-D4B6-4A5E-8C68-48AFB05E3BD7.jpeg

6CA75FF6-6494-476D-A001-2282FE7CA475.jpeg

5818FBE6-0175-455E-8E9A-FF2C2F48EF48.jpeg

0F6F4014-8E02-412E-9315-573CEC9C2631.jpeg

269DB282-0199-459F-B02B-1AF36D9B48B4.jpeg

407ECF1F-1659-4219-8FC1-7C8CA2B9F57B.jpeg

48E2B581-F58D-4127-834B-A2867E81C1CE.jpeg

C6D88A47-356E-4556-B900-FAAE61602811.jpeg

946D14AF-62FF-477C-8CBE-A7EFA46CB4F9.jpeg

F9360FCC-ABAA-46C9-8FF9-2F29D64C4E30.jpeg

9D5A7D4D-784B-4174-BC35-3AF6FD533F99.jpeg

D0CC5343-1BFB-4CEF-A81A-A9B83136DC24.jpeg

8F6D6711-BF36-4B31-902C-BC7C109EFF38.jpeg

6437F153-D711-4CC6-B9B3-E1ADD27FFBF7.jpeg

4974C26B-6536-4BFB-9DA2-F1974E373E83.jpeg

ABE255ED-E5A4-4562-89A6-7706355F30F9.jpeg

93239193-5DD6-4F61-9DD3-F131389843E5.jpeg

BECD2D4E-93D6-4FAD-BC2C-02A30B2E99E6.jpeg

BD007B54-0FEF-40A4-BCA0-E59706D75AD4.jpeg

EE0BACF7-F0D9-4E17-9E48-09B1211CE763.jpeg

8F6C3249-29B9-4DB0-9A3B-E47AA4B616F0.jpeg

「浦安の舞」は、1940(昭和15)年11月10日に開かれた「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせ、全国の神社で奉祝臨時祭を行うに当たり、祭典中に奉奏する神楽舞として新たに作曲作舞された神楽舞です。

(2018年7月24日撮影)
御中日祭で浦安の舞が奉納されました @ 山口祇園祭I [2018年07月27日(Fri)]
24日御旅所で御中日祭がありましたぴかぴか(新しい)

祝詞の奏上、大祓いなどの神事があり、

437B7D85-03E2-432E-845E-131623FEE4A8.jpeg

7060C19B-D01B-4256-83DC-7658601B1369.jpeg

そして、浦安の舞が奉納されました揺れるハート

浦安の舞を舞うのは、白石小学校5年の4名の巫女さんです。
7A3844A3-F0AB-464E-9B42-49DEB0EC915A.jpeg

まず、扇の舞るんるん

609D5D77-F2FA-4881-8ACF-2B79B1C07400.jpeg

3BE8A8E3-B75E-494B-88F4-C8337A2D7D80.jpeg

399531E2-746A-49CC-818C-0955948E4FEC.jpeg

34F641CF-11DD-4960-BC93-F8701DA108B7.jpeg

739DE6FA-F123-4E6D-A0BB-7690B2400643.jpeg

36634386-F2EC-4796-9A4C-4A07CC5C14DA.jpeg

A352EE81-90C8-4D51-887C-9EADA8971D17.jpeg

75F291DC-65C5-4ADD-91E6-812D2D617153.jpeg

D2CC2FDF-C337-4E52-8A9A-F95F115542E6.jpeg

F3A5FEC2-ECC8-42C2-9AEF-B78B7CBB7301.jpeg

0D3CA073-5650-4741-B9F5-90C03F1287B8.jpeg

631CDF9F-A513-4855-8739-DFAD63074AE6.jpeg

32B27AAE-1CAE-4162-9D6B-04D74D637D3D.jpeg

A7F0C6CA-E339-48CE-92C5-54905141F748.jpeg

B0D98993-0B94-496C-AA02-6F48F178349C.jpeg

37B3B7AC-73A7-41BC-8498-40096F2EA09B.jpeg

5DF2E311-133B-44CC-BF0D-A18CCC5943C7.jpeg

18B8713F-1EEB-4098-A823-54C8251405D6.jpeg

E43A0CD0-19AD-4B31-B5F8-00092E3E8CBA.jpeg

6BA3028A-557B-45F2-942B-8CFA725A54B3.jpeg

FE51DF55-6531-4214-886F-73145C070DCC.jpeg

442DA6F0-2CD7-4928-B1CC-8878C8030BFB.jpeg

7B5AFB01-9D97-4BE7-8E69-86573D6CA9D3.jpeg

70C16BEC-8E23-455D-B099-DC5ECEA4933F.jpeg

F51875C6-5B14-41C7-93B8-5F1514109F97.jpeg

31DC216C-14F6-4B69-9EA9-2FF54F7F2EC0.jpeg

D780466C-C3A7-4214-9BD6-1C9EAA3145F2.jpeg

1109AC03-6D9B-49DB-A633-2C5B46146B63.jpeg


鈴の舞は次回。


今日27日は、いよいよ最終日。
御還幸るんるん

19:00〜 御還幸御旅所祭
浦安の舞が奉納されます。

19:30〜 御還幸式。御神輿出発
女神輿も練り歩きます揺れるハート

21:00〜 御還幸本殿祭 八坂神社


(2018年7月24日撮影)
御神幸御旅所祭で鷺の舞が奉納されました @ 山口祇園祭H [2018年07月26日(Thu)]
7月20日、山口祇園祭の御神幸御旅所祭で鷺の舞を初めてみましたぴかぴか(新しい)
古式ゆかしい舞に感動しました揺れるハート

雌雄のに扮装した二人が、白帷子の長着に白襦袢、白帯、白袴で白脛巾をあて、鷺の頭の作り物を被り、背と両腕に羽翼をつけ、笛太鼓の囃に合わせながら、片翼を開いたまま大きく円形に左回り、雌雄向かい合って止まれば両翼をバタバタと羽ばたかせて、また、回ります。

その2羽の鷺を追って、それぞれの鷺の後へ赤熊髪(シャグマ)が二人、赤毛の頭を被り、濃浅黄色の麻地の鷺定紋入白貫染長着に縦縞袴および白帯、浅黄白段染の襷をかけ、釣太刀を佩(は)き、長い楉(しもと)を持ち、横に構えながら鷺の後をつけて円形に回ります。

かんこという二人の少年が、濃浅黄色の麻地に鷺の定紋入白貫染長着に、薄青色袴および紅白段染の襷をかけ、白黒段付烏帽子を被り、鼓を前方に吊るし、これを打つ短い棒を両手に持ち、腰鼓をトントンと打ってはねます。
596DA694-6F88-47FF-AC09-B620415EE71D.jpeg AEA2E22D-5E63-4EC9-8761-604858C94631.jpeg

その傍らで、上下袴をつけた太鼓一人、二人が囃し立てます。

簡単にいうとそんなような舞です。


70B99B9B-041E-44DB-9294-5CAD2ED7801F.jpeg


EF341A57-74D0-4725-ABA9-54671D0ABC65.jpeg

7A46BA8B-C0FF-41D9-8C52-483FDF1F5730.jpeg


4680305D-9C09-4084-B990-D2E2F282D5B6.jpeg

AB110FD3-5291-408B-9F7E-01D70BCE1E16.jpeg

F335421D-36B3-4F4E-87CF-974F3C0360E2.jpeg

633075E0-1452-4834-802B-25B1D74B8D7B.jpeg

B3B5C364-5660-41D2-8B47-B45E0A92E948.jpeg

B837AE35-5C91-44FD-B16B-4542F86B977E.jpeg

386488B4-1B30-44BE-A93B-AC4F57BBE0CC.jpeg

EB404757-92F6-4BA7-BAF9-CE4BDD7B76A4.jpeg

329074A2-1E1D-4DE0-A5E2-FC681C751790.jpeg

8430BC6C-3B97-4D38-BCBA-AE2D934CEFDE.jpeg

F472F6B7-AB34-47D5-8561-F0143A4792D3.jpeg

1442EFA1-44AF-454B-928B-813FA65C9E31.jpeg

51D7E570-0B45-4B40-9C36-71E0F8A598F7.jpeg

F9B63970-EF79-42E3-8C3C-A85350AF0EA8.jpeg

F098A10E-161A-457E-B95F-8961466824EA.jpeg

80E6913B-6543-440F-B7EE-CD27A93D16F4.jpeg

FE711A4D-7CE2-4434-AE8A-09E002B69C53.jpeg


(2018年7月20日撮影)
続きを読む...
御神幸があり、御旅所に御神輿が御鎮座されました @ 山口祇園祭G [2018年07月25日(Wed)]
7月20日、山口祇園祭の初日、御神幸がつつがなく行われましたぴかぴか(新しい)

私は、御旅所で、御神幸を見せていただきました。
まず、子ども神輿が来ました。
子ども達が元気よく御神輿を担いでいます。

真車山(しんぐりやま)がきました!
囃子の笛と太鼓がのっています。
この真車山は戦後に作られたものですが、車輪が松の木で出来ています。
松の幹を輪切りにしたものです。
0480CBD8-4B38-4295-8A85-422959FF7F4F.jpeg

菊水鉾
こちらには囃子の鉦が乗っています。
菊水鉾をひくのは地元の小学生たちです。
495A9DA9-CB6C-4836-A0A0-CC83CA763340.jpeg

鼻高」と呼ばれています。
猿田彦の神の面です。
御神輿に乗った神様に順路を示す役割があり、怖い顔をしているのは道中の不心得者を威嚇するためです。
084A3D18-7567-48D3-8EAF-C95499C70F4D.jpeg

鷺の舞と浦安舞の巫女さん。
神輿が来るまで、巫女さんたちは神主さんの代わりにご奉仕。
157D410C-04C3-416E-9AC5-37528B0D65A8.jpeg

鷺の舞の人たちは休憩タイム。
39565B6D-C1DF-4C4C-AF4A-4E606C7FACCA.jpegB9FA707F-9E64-48A1-8FC3-6C964A483132.jpeg

95693DCD-35DC-44CA-96D3-0CE973E72D8A.jpeg

横屋六右衛門栄徳の1714(正徳4)年の『周防国山口祇園絵鷺之一巻』に

当代迄御座候鷺のかしら同羽の儀ハ、其昔雲谷の家中興等顔(俗名原次郎兵衛年代慶長年中ノ頃)堂の前町内に住宅ニて御座候時、右雲谷等顔の自作ニて候

また、1844(天保15)年に書かれた『風土注進案 山口宰判 上宇野令之二 廿一(周防国吉敷郡 上宇野令志 弐)』の「祇園社」の記事にも、

今の鷺の頭ハ慶長の頃等顔(雲谷家俗称原次兵衛尉)堂の前町に居(スミ)し時畫(エ)模(カタ)せし彫刻なりといへり

と「等顔」とあったので、マジマジと観察。

9B4B5CE7-5D07-4642-964A-D155B27DA0A8.jpeg085747E2-6C6C-4600-ADD0-8DA57B02AC64.jpeg

5D705774-4DC4-4D64-8DB2-426A2E42E6B6.jpegB0FA66CF-3D7C-4BDC-AB6A-1FE80A23E3DF.jpeg

そんなこんなしていたら、神輿がやっと来ましたexclamation×2

大殿地区の担ぐ4角です揺れるハート
07757DE5-2236-48F4-8DFB-65649039F349.jpeg

C86D1C8F-5187-44A4-A944-3F0D19A6D666.jpeg

FA083C28-266E-479B-B1BB-D3F53764229F.jpeg

EBC55415-49AD-4087-A0D1-3A5DDD6A7F60.jpeg

5B15F508-3201-424D-ACDE-4B7532DF0D5B.jpeg

5DFD7ABD-85A1-4D4B-9AC5-5CDD0B860642.jpeg

A730C5AD-E1CC-4767-88B5-B6DA7CC83F32.jpeg

A1E6A9E0-68B7-481A-A84C-D4EA2D8B3E87.jpeg

CB5F1A30-113F-459A-82E9-1F168FA8E4CF.jpeg

2B581190-8081-4E6F-BB7E-D82FF5FC9DFE.jpeg

52F2C267-9734-405D-8EE7-9E8DEBC71887.jpeg

147D1728-DF2F-48E3-811E-42A2F4572824.jpeg

7BEA8A55-AE1C-4240-86FE-5D79E0EDDD38.jpeg

白石地区の人の担ぐ6角です揺れるハート
8BD7A15E-DFB9-43BC-BEC5-58454333043E.jpeg

507C7F5E-4DAA-4E5A-B83C-BCD2A3B304D5.jpeg

45FEFB2F-A7DA-4E56-8EB3-6D452D68D6B5.jpeg

A77ED4D6-088C-455B-AF8B-FF65F8E882D8.jpeg

宮野の地区の人の担ぐ6角です揺れるハート
DBE11A13-BC89-4DBA-A811-B65DED69D52C.jpeg

37DA2BCA-C67C-452E-BEE2-162223BE4F27.jpeg

こうして、三基とも無事御旅所に鎮座されました。
ECC99567-321D-4B1F-9243-EF1275F23AEF.jpeg


時間が押していたので、すぐに、御神幸御旅所が執り行われました。
それは次回…


(2018年7月20日撮影)
御神輿遷霊祭が行われました @ 山口祇園祭F [2018年07月24日(Tue)]
7月20日から始まった山口祇園祭。

それに先立って、19日20:00〜八坂神社で御神輿遷霊祭が執り行われましたぴかぴか(新しい)

提灯の炎だけがほのかに揺らめく浄闇の中、本殿から三基の神輿に神様の分霊をお遷りになられました揺れるハート


八坂神社の社紋「五瓜に唐花」が描かれている赤い提灯に灯りがともっています。
22C3495C-4A33-4DB6-A3B4-479465EB873D.jpeg

八坂神社の総代など御神輿遷霊祭に参列する人が神社に集まって来ています。
12824583-8EFE-404C-8837-98834C3FE46E.jpeg

EDF24643-B556-4638-9A33-E08BA4177659.jpeg

社殿の中では、神職の方が準備をされています。
C9177264-45F9-47F4-841C-7B332A8EF0F3.jpeg

拝殿も明るく、飾り物が垣間見れます。
CBDE340D-70E5-4635-AA74-BF15ABF9C6DE.jpeg

本殿は、今日のお昼間に見た雪洞(ぼんぼり)にも灯りがともっています。
20286003-6120-45D3-9522-790C5E591844.jpeg

神倉の扉が開いており、三其の御神輿が見えます。
2A9C1A2E-4AB0-4BFC-9BE5-3A7B9AD07ACC.jpeg

ご神霊がお遷りになれるように御神輿の扉?が開いています。
初めてみました。
8F87D024-BDF4-45EF-A6F0-20A7CA5DBA22.jpeg
378FDA5D-3E28-4690-ABDA-379A113194BA.jpeg

神倉の提灯にも灯りがともりました。
664CB6C3-31D8-4008-B498-2C8748694A46.jpeg

手名槌命・足名槌命は8角へ、素盞嗚尊は6角へ、稲田姫命は4角へとそれぞれお遷りになられるのですね。
87AC8497-1915-4F9A-99B8-C0E58669877D.jpeg

その後の神事は、私は参加できませんので、参列された方からのお話です。

祝詞が奏上され、蝋燭の灯りのみとなりました。

参列者は眼を閉じ、低頭(ていとう)といって、頭を深く下げました。
宮司が「おぉぉ〜」という声を発します。
これは、「神おろし」というものではなく、「警蹕(けいひつ)」といって、神殿から御神輿へ神様の分霊がお遷りになるとき、神様が自らお出ましになりますよ、神様がお通りになられますよ、ということをお伝えする蹕(さきばらい)です。

その後、直会(なおらい)がありました。
直会は神様にお供えした神饌を神様と共に頂きます。

というような話でした。


(2018年7月19日撮影)
御中日祭・御還幸 @ 山口祇園祭E [2018年07月23日(Mon)]
20日から始まった山口祇園祭。

御旅所には三基の御神輿と
7CCA41D0-6BC8-4055-9AB1-81C1C1BC6186.jpeg
(左から、4角(稲田姫命)、6角(素盞嗚尊)、8角(手名槌命・足名槌命))

子ども神輿と
6C44C941-7121-4138-90AE-90D091ADCBFC.jpeg

猿田彦が祀られています
1DE9557E-3408-441A-9228-A2E2ED70A63D.jpeg


24日(火)は、御中日祭が行われますぴかぴか(新しい)

19:30〜20:45 市民総踊り
中心商店街を舞台に「大内の殿様」の曲に合わせ、28団体・約1400人が踊り歩きます。

るんるん大内の殿様 恋をして
 京の姫を 嫁にした
 恋に燃えてる 築山御殿 (略)

 大内の殿様 おもしろい
 祇園の夜に 町人と
 ごちそう食べて 愉快な踊り (略) るんるん

参加団体は次の通りです。
陸上自衛隊山口駐屯地(41人)・山口大(70人)・山口銀行(84人)・山口県庁(39人)・日本赤十字社県支部(27人)・山口赤十字病院(67人)・県赤十字血液センター(25人)・中国電力山口営業所(122人)・山口井筒屋(40人)・すまいるフラワーズ(46人)・萩山口信用金庫(86人)・青藍会(100人)・おおすみグループ「絆」(14人)・山口市役所(92人)・済生会山口地域ケアセンター(68人)・西京銀行(45人)・県立大地域共生演習(30人)・とっぱらっちゃい隊(20人)・市地域自立支援協議会「施設支援部会」 (20人)・みんなで踊り隊(30人)・山口民踊ほたる会(10人)・秋穂民謡同好会(9人)・中清水子ども会(25人)・西糸米子ども会(73人)・西白石子ども会(51人)・龍王子ども会(30人)・東糸米子ども会(28人)・チーム白石小(65人)  計1357人参加予定

今年初めて募った個人での参加者の方は、「みんなで踊り隊」のメンバーと踊ります。

20:00〜 浦安の舞奉納 御旅所
白石小5年生4名が優雅に舞います。
浦安の舞.jpg


26日 (木) 19:00〜 奉納演武 御旅所
山口西京道院のメンバーが少林寺拳法の演武を奉納します。


27日(金)は、最終日ですぴかぴか(新しい)
御還幸女神輿が登場します。

19:00〜 御還幸御旅所祭 御旅所
「浦安の舞」が奉納されます。

19:30〜 御還幸式 御旅所
1997(平9)年の初登場以来すっかり定着した女神輿が登場します。
法被姿の約100人の女性たちが4角(稲田姫命、600キロ)を担ぎ、8角(手名槌命・足名槌命、700キロ)、6角(素盞嗚尊、650キロ)とともに御旅所を出発し、
再び市中を練り歩き、八坂神社をめざします。

2B581190-8081-4E6F-BB7E-D82FF5FC9DFE.jpeg
4角(稲田姫命)(2018年7月20日御神幸にて)

45FEFB2F-A7DA-4E56-8EB3-6D452D68D6B5.jpeg
8角(手名槌命・足名槌命)(2018年7月20日御神幸にて)

37DA2BCA-C67C-452E-BEE2-162223BE4F27.jpeg
6角(素盞嗚尊)(2018年7月20日御神幸にて)

21:00〜 御還幸本殿祭 八坂神社
神輿三基から本殿に分霊を戻します。

08C5C08A-D12B-40B1-A440-F68384A1774E.jpeg
八坂神社(2018年7月19日前夜祭・御神輿遷霊祭にて)


期間中御旅所では、約110年続く伝統の鷺替え行事(福引き)もあります。
C2AA992C-FBE9-49B8-9405-8654AF194403.jpeg
〈撫育金七十万両献金〉の謎 @ 山口県地方史学会 歴史講演会 [2018年07月22日(Sun)]
今日22日、山口県立山口図書館で歴史講演会「〈撫育金七十万両献金〉の謎」が開かれますぴかぴか(新しい)

撫育(ぶいく)とは、撫でて育てる、つまり、かわいがって大切に育てることです。

長州藩の中興の祖といわれる第7代藩主毛利重就(しげたか)は宝暦の改革が行い、藩の経済的自立及び貨幣経済の発展をもたらしました。

毛利重就.jpg
(毛利重就公像 防府天満宮)

1761(宝暦11)〜64年、宝暦の検地を執り行い、4万石の税の増収を得ました。
この増収分を特別会計に回して撫育方(ぶいくがた)と呼ばれる裏金作りの役所を発足させました。

撫育方は米、紙、塩、蠟(ろう)の増産に励み、干拓事業や港湾整備、越荷方 (倉庫業、金融業)も行って増収と蓄財に務めました。撫育方が必死に溜めた資金は負債には回されず、非常時のために取り置かれました。

長州藩のこの隠し財産の積み重ね「撫育金」は、次第に大きなものになっていきました。
幕末までには莫大なものとなり、それが倒幕用の武器購入資金となりました。
それでも余った100万両のうち70万両を毛利元徳は朝廷に献上した、と言われています。


るんるん場 所るんるん 山口県立山口図書館レクチャールーム
るんるん日 時るんるん 2018年7月22日(日)10:00〜12:00
るんるん講 師るんるん 田中誠二(山口県地方史学会会長、毛利博物館館長)
るんるん定 員るんるん 250名(当日先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん問 合るんるん 山口県地方史学会事務局(山口県文書館内)
          電話083-924-2116
るんるん主 催るんるん 山口県地方史学会

| 次へ